ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2004年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

ついに大晦日になりました。
月並みですが、一年早かったですね。
最後なので今年を振り返ってみます。

やはり内面が変化したと思います。
一気にではなく、徐々にではありますが。
上がったり下がったりしながら、ほんとにちょっとづつちょっとづづといった感じです。

新しい考え方が身に付いてきました。
頭の中にあるというのではなく、現実的にです。
実際の生活に使えると思うになってきました。

といってももちろんまだまだで、すっきりとはしていません。
その狭間でもんもんとしていることがあります。
ただ方向ははっきりとしています。

意識は新しい方法を向いています。
今までの古い考え方と入れ替え作業しているとことです。
普通にしていたら、古い考え方で想念や感情が起ってきます。

それでもこれが頭のすべてを占めずに、ああまた自分の一部がそう思っているなどと客観的にみれるようになってきました。
もちろんカッときたときは、いっぱいいっぱいになってしまい、とてもそんな余裕はありません。
そのあと落ち着いたら、新しい考え方でいまのはどうだったろうと考え直すことにしています。

あと今年の後半になって久しぶりにまた「神との対話」と「津留さん」に出会いました。
またなんてすごいんだろうと、感心させられました。
何か必要な時期に必要な情報がくるといった感じです。

外面的にはこれといったことはありませんでした。
もちろん細かいことはいろいろありましたが、総じて平穏でした。
なんとかやってこられたと思います。

仕事は転勤がなく変わらなかったこともあって、順調にやれました。
家族は健康で一年過ごせました。
趣味でテニスもだいたい思っていたところまでできるようになり、満足しています。

来年は外側に大きな変化が現れると思っています。
いままではまず内面を変えるようにやってきました。
この変化が外側に出てくるようになります。

具体的にどういうふうになるのかはわかりません。
それは宇宙の仕組みがやってくれます。
集合意識と混ざりあって、そのなかから最もあっているものが現れてくるようになります。

ちょっと楽しみ。
やっとこの一年を感謝できるような気になってきました。
また来年もやります。
by human-space | 2004-12-31 12:12 | diary | Comments(0)
近々大きな変化があります。
といっても激変というのではなく、とてもスムーズに移行していきます。
そのために心の準備が必要です。

もし行っていれば今日30日に帰ってくる予定だったので、意識が旅行のほうへいってしまいそれどころではなかったでしょう。
どうもそのために最初から行くようにはなっていなかったみたいです。
それでキャンセルになっても、あまり動揺がありませんでした。

今日外側にいろいろなことがあって、自然と意識が内側に向いていきました。
そんなつもりではなかったのに、はまったようにこうなってしまいました。
あらかじめ意識が内側に向かうような出来事がセットされていたみたいです。

そして意識が内側を見ている時、このことを感じました。
確かに意識が切り替わりました。
ただ具体的にどうなるかはいっさいわかりません。

前々から思っていることではありますが、思っているつもりでも心の奥では昔の考えを引きずっていました。
今日は意識の中ですっきりと切り替わりました。
それで大きな変化が起こるといっています。

根拠はこれだけです。
いままでやった新しい考え方からすると今度は現実が変わります。
ほんとうにそう思えます。
by human-space | 2004-12-30 19:07 | diary | Comments(0)
今日電源を入れてみたら、何とHDを認識しました。
昨日散々いろいろやってみたのは何だったんでしょう。
またダウンしないうちに、あわてていつも保存している連載物をDVD−Rに落としました。

たまたま?
昨日精神状況がよくなったため?
後者といいたいところですが、わかりません。

ともかく昨日悩むのをやめたのは正解でした。
悩んでいたら無駄になった、てことです。(^^;
また役に立ちました。

今日もいろいろとレッスンがあって、新しいやり方で対処してみたのですが、けっこうきびしかったです。
はげしい感情に流されそうになったのですが、何とか押し留まりました。
頭の中で古い考え方と新しい考え方が混ざりあって、ぐちょぐちょになりました。

古い考え方でやってしまえば楽なのですが、逃げません。
相手が悪いと言ってしまえば簡単なのですが、自分の内側を見ます。
まだまだすっきりとやれていませんが、がんばります。

自然にできるようになるまで。
無意識でできるようになるまで。
そうなれば、がんばらなくてもいいようになります。
by human-space | 2004-12-29 16:08 | diary | Comments(0)
ちょっとショックです。
HDが認識されなくなりました。
何回かいろいろ試してみましたがダメでした。

おまけに去年のボーナスで買っていたので、ちょうど保証が切れたところです。
まだDVD-Rに落としていない番組もあったのに。
家族からも言われ、いやな気分を味わいました。

こんな時ふといつもやっていることを思い出しました。
そうだこれは最悪に思えるけれども、起ったことが最悪というのではなくて、自分の中でそう思っているだけだ。
ということは自分の中でこれはかならずしも悪いことではない、と思えばいいんだ、ということを思い出しました。

そうして思い直してみると、これがけっこういけました。
気分が楽になって、あまり気にならなくなりました。
ほんと不思議なぐらいです。

明日もう一度やってだめなら修理に出せばいいや、と気楽になり、たいしたことではないように思えてきました。
これはいけますね。
やはり外側ではなく、内側に対処するです!
by human-space | 2004-12-28 21:56 | diary | Comments(0)
こんな言い方もなかなか言えませんよね。
これも津留さんの「内部対立」からです。
今日これを意識してみてみました。

何か想念や感情が起ったとき、確かに意識はそっちにいっています。
想念や感情に引きつけられています。
そのうちふと我に帰ります。

我に帰ると、今まで想念や感情に引きつけられていたことがわかります。
これが「思考の中に意識が落ち込む」というのでしょう。
完全にその中に入ってしまっています。

今度こそはちゃんと我を保っておこうと思っていても、いつの間にかその中に入っています。
何ででしょうか。
いつも浮かんでくる同じような想念ですが、その想念について考え込んでいます。

その中ではいつも堂々巡りをしています。
たいした結論になることはほとんどありません。
このなかに入るのでは、先に行けない気がします。

津留さんが言うようにそこから一歩出て、考えずにただ見ているだけ、ただ経験するというのがいいみたいです。
たしかにこの思考の中だけでは、きちっとなりそうもありません。
不確定要素が多すぎます。

どんなに考えても、理屈だけの完璧な答えなどないのです。
あるのは自分から見た事実だけです。
結局は自分からしか考えられないのです。

ともかくこの思考の中に意識が落ち込まないよう見張っていることです。
つねに見るようにします。
それでもいつの間にかはまり込んでいます。

これもコツコツやる必要がありそうです。
つねに意識していきます。
これからずっとです。
by human-space | 2004-12-27 22:10 | diary | Comments(0)
昨日日々の基本的心構えを出しましたが、早速試されました。
本人はそんなつもりは全然なかったのですが高飛車なものの言い方をしていて、あとできびしく言われてしまいました。
さすがにちょっとへこみました。

言われた時はぜんぜん余裕がなかったのですが、成果が出たのか少し落ち着くと、ああへこんでいるのは自我で自分ではないんだ、と客観的にみることができました。
自分の中の一部が落ち込んでいる感じです。
自分の性格をになっている部分が反応している感じです。

こうやって客観的にみていられると、そのはげしい反応もわりと早く収まってきます。
一時はワッとなっていたのが、ほとんど気にならなくなりました。
これはいけます。

といっても、もちろんこんな感情はもう味わいたくないですね。
味あわないことを選択します。
ほんとに言われたすぐはこたえます。

心の中をのぞいてみると、自分の中の性格をになう部分に偉そうな部分とまじめな部分があって、今回は前者が出過ぎたので後者があおりを被ったかたちでしょうか。
どちらもそれにこだわりすぎないようにする必要がありそうです。

最終的にはその性格というでこぼこもなくなって、まったく平になるのでしょうが、今はそれが個性であるので、それはそれでいいと思います。
ともかくその性格に固執しないようすることです。
それをゆるめればゆるめるほど、外側のものに反応しなくなるので楽になります。

ただいっぺんにはいかないので、目の前のレッスンをこなしていくだけです。
あまり考えないようにします。
そしてそれが一番の近道だと思っています。
by human-space | 2004-12-26 11:01 | diary | Comments(0)
いままでやってきたことをまとめてみると、こんな感じです。
まず外側のことはすべて完全であるとすること。
これは実際どう思えようとも、何も問題ないと思い込むことです。

これは前提です。
ここではいい悪いはいわないことにします。
ここをどうのこうのといってしまうと前に進めません。

ともかく外側のことについては批判しません。
外側で起っていることが完全だとすると、そう思えないないのはどうしてでしょう。
外側に問題ないなら、問題があるのは内側ということになります。

ですから外側にはいっさいさわらずに、問題のある内側に対処していくことにします。
内側だけを考えればいいのですから、簡単になりますよね。
相手が悪いのか、自分が悪いのか考えなくても済みます。

外側に起っていることを気にしないで済みます。
気が楽になります。
外側には何も問題ないのですから。

どんなことが起っても考えるのは、自分の内側です。
内側の対処方法だけを考えればいいのです。
ではそれはどうすればいいのでしょう。

まずしなければいけないのは、想念観察です。
内側に対処するためには、自分の内側がどうなっているかわからなくてはいけません。
それを知るために、自分の想念や感情をつねに観察するようにします。

自分が外側のことにどう反応しているかよく見ます。
自我は物事をひとつひとつ判断しています。
それによっていい悪い、好き嫌いや、怒りや喜びの感情が起ったりしています。

ではその反応はどうして起ったのでしょう。
それは自分が心の中にある価値観(ものさし)を持っていて、起ってきたことをそれに照らし合わせてあっていればいい、あっていないと悪いなどと判断しています。
それは単純な反応です。

実際はいろいろな要素が絡みあっているので複雑にみえますが、原理は単純です。
自分のものさしとあっているかどうかを見ているだけです。
これは無意識でやっています。

あっていないと感じるのは、外側に問題がないとすれば、内側の価値観(ものさし)に問題があることになります。
ですからその価値観(ものさし)を変えればいいことになります。
外側のものとあうように、その価値観(ものさし)を変えればいいのです。

車を運転していて割り込まれたらカッとしますよね。
これは自分の中に割り込みをしたらいけないという価値観(ものさし)をもっているからです。
してはいけないことをされたので、カッとくるわけです。

ここで割り込みはしてもいいんだと思い直せれば、何も思いません。
外側に起っている割り込みは何も問題ないことになります。
こんな感じでひとつひとつ対処していきます。

いまひとつ納得できないかもしれませんが、ともかく外側には問題ないという前提です。
それはただの思い込みというのではなく、高い次元から見ればほんとうに問題ないのです。
それは今のレベルからはよくわからないけれども、自分が進化するためにそういうレッスンが起っているということです。

いまこのレッスンにうまく対処できればひとつ進化できるのです。
絶好のチャンスが与えられているのです。
ほんとうは感謝してもいいくらいなのです。

私も理屈ではわかっているつもりですが、今まで長い間をかけて古い考え方を自分の中にための込んできているので、これはなかなか面倒です。
気がつけば、いつの間にか古い考え方に戻ってしまっています。
変えなければいけないのは自分の中と考えていても、いつのまにか相手が悪いと思ってしまっています。

これは根気よく続ける必要があります。
元に戻っていても、気がつけばまた思い直します。
これは一生続けることになります。

ですから最初からあまり力まなくてもいいので、ちょっとづつやっていきます。
慣れてくれば自然にできるようになります。
意識しなくてもやっているようになります。

そして気がつけば、外側のことに問題がなくなっている。
何も問題がないので、悩むこともありません。
これは神意識のことではないでしょうか。

何か先が見えてきた気がします。
いままではまず何をしたらいいのかもよくもわかっていませんでした。
やっと手に入れました。

実際はもっといろいろなことがありますが、まず基本的にはこれです。
これを知ってるだけで、人生の価値があります。
お金よりも心の平穏が得られます。
by human-space | 2004-12-25 15:24 | policy | Comments(2)
今日もスクールがはいっていたので、テニスをしました。
練習の最後には試合形式でやります。
試合になるとどうしても緊張してしまいます。

俗にびびってしまいます。
こんなとき、いや今この時を楽しむためにやっているんだ、うまくいくなどと思い直してやると、気持ちが切り替わります。
こういうときは、実際うまくポイントがとれます。

とれなくても、いい内容のゲームができます。
といっても、もちろんうまくいかないこともあります。
どんなにしても気持ちを切り替えられない時もあります。

こういうときは、最初からうまくいかないようになっている日だ、と思ってあきらめるしかないですね。
こんなときはどんなにやってもうまくいきません。
あきらめが肝心ということでしょうか。

ともかくまず心の中を変えていきます。
心が変わると、結果もそれにあわせてついてきます。
今まで言っていることですね。

まだ余裕があるわけではありませんが、これは使えます。
実際に役に立ちます。
いつも内面が先です。
by human-space | 2004-12-24 23:28 | diary | Comments(0)
今日はちょっと打ちませんかと声をかけられ、昼から1時間ばかりテニスをしました。
天気も12月の終わりにしては暖かい日で、少し動くとTシャツでできるほどでした。
夫婦2組で軽く練習のあと試合をしました。

3-6で負けてしまったのですが、力が接近していてまあまあいい内容でした。
気持ちよく集中でき、楽しんでできました。
とりあえずこのくらいまでできるのが目標でした。

今日は自分の思っていたくらいまではきたなあ、と思いました。
もちろん自慢できるほどうまいわけではありません。
思っていたのは、今日のようにちょっとやりましょうというときに、あまり力まずにさっと相手できるようなレベルになることでした。

もちろんこれで終わりではなく、これからも改良していきます。
うまくなる余地は膨大にありますからね。(^^;
なんといっても運動していると肉体的にいいでなく、いいことをしているような気がして精神的にもいいですからね。(^^;;;
by human-space | 2004-12-23 16:50 | diary | Comments(0)
テニスの王子様で越前リョーマがよく言っている言葉です。
最近私もだんだんとわかってきたつもりですが、津留さんの「もう悩みのなくなったあなたにとって、「反応」こそが変換人へ到る最良の道しるべです。」なんて言葉を聞くとまだまだだね、と思ってしまいます。
ほんとに、全体的に、本質的にわかっていないと言えないですよね。

すべてがわかっていないと出てこないです。
出直してきます、という気持ちです。
といってももちろんあきらめたわけではありません。

自我はどうしても、いっぺんにわかろうと思ってしまいます。
あせってしまいます。
そうではなくて、人それぞれにやり方があって、その人にあったやり方があります。

その人にあったやり方が順番に現れてきます。
それは宇宙が段取りしてくれています。
目の前の段取りどおりやっていれば、自動的にうまくいくようになっています。

自我は先先行こうとししてしまいますが、あせらないで目の前のことをやっていくことです。
今自分に言い聞かせているところです。
あまり考えないで、目の前のことをやっていきます。

PS
このあともう一度「反応」を読んだら、このやり方を続けていたら覚醒にいたれるのではないかと思いました。
心の中がだんだんとフラットにないっていって、中立になり、物事に縛られなくなり、本当の自由になれる、そんな気がします。
私はこれを続けていきます。
by human-space | 2004-12-22 10:46 | diary | Comments(0)