ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2005年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今日もどちらでもいい、をやってみました。
あさ通勤のとき遅い大型車がいるとすぐ抜きたくなるのですが、ここで抜いてもいい抜かなくてもいいと思うと、遅いのがあまり気にならなくなりました。
そして少ししたらその大型車が車線を変更して、前が空くではありませんか。

こんなことはいつも起るわけではありませんが、ちょうどいいタイミングで起ったので、おお、と思ってしまいました。
確かにいろいろな場面で使えます。
これをやると、実際気分がすっきりするのがいいです。

あと、もっと大きなことにも使ってみました。
今頃は移動時期なので気になるところですが、このどちらでもいいじゃないか、を使うと、すっと気が楽になります。
現実的にどうなるかはまだわかりませんが、これで先の心配が減って、今の瞬間にいられやすくなります。

その他人生のいろいろなことに使えます。
どちらでもいいと思えると、そのことが気にならなくなります。
意識がそのことに飛ばなくなるので、自然と今に戻ってきます。

よく今にいるようにしなさい、といわれますが、これもひとつの方法です。
今日はちょくちょく使いました。
覚えておいて損はありません。

PS
明日から火曜日まで富良野にスキーに行ってきます。
荷物を先週送っているので準備もほとんどなく、ほんとに行くのか実感がわきません。

このブログもモバイルでやろうと思っていたのですが、結局準備できませんでした。
ネットワークスペシャリスト(最近はテクニカル)の資格を持っているので、わからないわけではないのですが、どうしようかと思っているうちにここまできてしまいました。
この前から、このどちらでもいいをやると、本当にどちらでもいいと思うようになってしまいました。(^^;

ということで2月中は更新できません。
まあ滑って、食って、飲んで、物欲三昧してきますか。(^^;
といいながらも若くはないので、程々にやるつもりです。
by human-space | 2005-02-25 22:04 | diary | Comments(0)
今日はテニスのスクールの日で、いつもはやる気で行くのですが、先週散々だったのでちょっと乗り気ではありませんでした。
あさ頭のなかに、どうしようかなあという想念が起ってきました。

このように迷うことはよくあります。
そんなとき今日は、どちらでもいいんだ、という想念が浮かんできました。
そう思えると、気分もすっきりしてきました。

外側に起ることを気にかける必要はないんだ、どっちになったっていいんだ、と思えました。
そのとき外側でのことは、大したことではないように思えました。
あさ早いうちはけっこう頭の中がすっきりしていて、いい感覚でいられました。

近頃あさの通勤の車で想念観察していると、おもしろい感覚を感じることがあります。
今日もこのように外側のことが、軽く何も気にかける必要がないものに思えたときがありました。
残念ながらこれがだんだん時間がたってくると、頭の中がぐちゃぐちゃになってきて、いつものようになってしまいます。

それで外側のことが気にならなくなると、どちらでもいいんだと、思えました。
そのことが頭の中から離れて、あと全然考えなくなりました。

昨日の天気予報では、今日は低気圧が高気圧の張り出しであまり接近できず曇り空ということでした。
いかにも最初の心のなかのようです。

それが昼になるとかなりの雨になっていました。
おまけに雪まじりです。
どうも高気圧が予想より張り出してこず、低気圧が進んできたようです。

テニスは屋外でやっているので、こうなると明らかに休みです。
これもすっきりとした心の中が外側に現れてきたようです。

これも偶然といえばそれまでです。
こんな話は最初から相手にされないかもしれません。
でも私にはそうとも思えないのです。

自分は自分の心の中のことがよくわかりますので、それが展開しているように感じるのです。
もやもやしていたものがすっきりとしたら、曇りから雨となったのがつながっているように思えるのです。
といってももちろん何となく思えるだけで、絶対そうだと言い切れるわけではありません。

ともかくこの、どちらでもいい、は確かに使えます。
それで気分がすっきりとすれば、うまく処理できたことになります。
あとは放っておいたらいいだけです。
宇宙がいいほうを目の前に見せてくれます。
by human-space | 2005-02-24 21:40 | diary | Comments(0)
うーん、今日もあまり代わり映えがしません。
ほんと昨日と同じような一日です。
よくも悪くもですが。

気がついたことは、ちょっと仕事がおもしろくなったということです。
毎年同じやり方でやっていたのを来年度から大幅に変更するので、その作業を手伝っています。
新しいやり方でここを取りまとめるのが、創造的でおもしろそうです。

あまり最初から順序立てて考えずに、そのときのひらめにまかせてやっています。
そのほうが、何か新しいアイデアが浮かぶ気がします。
といってももちろん、押えなければいけないところは押えるようにしています。

あと相変わらず、いつもの批判の想念は起ってきます。
これは気にしないようにしています。
ああまた同じようなことを考えているなと、感じたら受け流します。

ともかく、あまり頭の中に長居させないようにしています。
それは問題ないのだから、放っておこうです。
この調子で一日が終わってしまいました。

明日もやりたいことをやる。
これでいきます。
by human-space | 2005-02-23 21:52 | diary | Comments(0)
昨日は書いているうちにだんだんはまり込んできて、自分でも思っていなかったようになりました。
最初は考えて書いたのですが、あとはするするといってしまいました。
読み返してみて、ちょっとかっこ良すぎたかなあ、という感じです。(^^;

肝心の実際の生活で、このことを意識してやっていましたが、正直、うーんよくわからん、です。
そんなに悪いこともありませんが、これといってすごい、というのもありません。
小波(ちょっと上がったり、下がったり)が続いていたという感じです。

何かなかったかと考えてみたら、どうしようか迷っていたとき、周りのことではなくて、自分のしたいほうを選択できました。
もうひとつのことも、周りが気になるけれども、自分がしたいからやる、ということでやれました。
こういうときは、やった結果すっきりしなくても、自分で納得できますね。

そういわれてみると今日は生活がシンプルだった気がします。
今までの価値観にもとずいて、いろいろ考えて行動するのではくて、ただ自分がしたいからということでやれました。
これはなかなかいいですね。

したいことをする。
わかりやすいですね。
明日もこれでいきます。
by human-space | 2005-02-22 20:04 | diary | Comments(0)
今朝車で通勤しているときにふと思い浮かびました。
外側に対処しないだけでなく、想念そのものにも対処しなくていいんだ。
浮かんできた想念に対しても何もしなくていいんだ、と。

感情や想念を感じて、あとは受け流す、これはいままで何回もいってきたことです。
今日はそのことを実感しました。

ただ感じていればいいだけなのに、それに対して何かしなくてはいけないと思っていました。
何かしないと実際たいへんなことになる、と思い込んでいました。
そんなことはないのです。

内側の価値観を変えることで、問題解決できるのです。
外側を変える必要はないのです。

そしてもっといえば、その想念や感情にも対処しなくていいのです。
内側の価値観を変えようともしなくていいのです。
ただ見ているだけでいいのです。

ただ見ているだけで対処しようとも思わなければ、そのことに問題がない、ということになります。
内側レベルでも問題がないことになります。
実はそれは元々問題がなかったのです。

つまりこの世界には元々問題というものはないのです。
自我が問題があると思ってしまっているだけなのです。
元々問題がないのですから、問題ないと思えればそれだけでいいのです。

元々対処すべきものというのはないのです。
それは自我の思い込みだけです。

対処していることは、解決しているのではなくて、ただこの世界の中をかき混ぜているだけなのです。
元々問題というものはないのですから、解決しようがないのです。
ですから自我がどんなに思おうとも見ているだけでいいのです。

突き詰めれば、見ることしかできないのです。
神は見ているだけです。
ジタバタするのは自我です。

神になるというのは、見る人になるということです。
津留さんのいう、観察者ですね。
演技する人から、観察する人へ、です。

これがこの人間世界の究極の姿ではないかと思います。
神といってしまっていますが、そんなにたいそうに考えなくてもいいと思います。
観察者になれば、人間世界を楽に楽しく生きられるでしょう。

これが私の目指すところです。
それが手の届くところにあります。
今までは、本当にあるかないかわからない話でした。

それはあります。
ここにあります。
本のなかの話ではありません。
by human-space | 2005-02-21 21:23 | diary | Comments(0)
昨日やろうとしてうまくいかなかったので、今日はやるぞと思っていたのですが、完全に空振りでした。
今日はなぜか頭の中が落ち着きません。
何を言われても、何をやってもムカムカ、イライラしてしまいます。
どうなっているのでしょう。

マイナスのエネルギーが残っていて、それに反応してるいるのでしょうが、それにしてもほとんど昼間中そんな感じでした。
昨日のテニスの試合形式をやるとき集中するために、神経が興奮状態になります。
それが残っていたのでしょうか。

それにしても神性どころかひどい状態で、何とか修正しようとしましたが、結局一日どうしようもありませんでした。
やっとちょっと落ち着いてきたところです。
精神というより神経的にやられた、という感じです。

内側ではうまく処理できませんでしたが、外側にも対処しなかったつもりです。
外側で何とかすることはしませんでした。
ここは守ります。

またまた出直しです。
明日はやるで。
明日は何となくかなりやれそうな気がします。
by human-space | 2005-02-20 21:25 | diary | Comments(0)
今日も朝からゴタゴタ。
もういいかげんにしてと思ってしまいますが、何故かこれは最終テストだという想念が浮かんできて、これはがんばらねばと、いつものやつをやりました。
外側は完全であって、内側の価値観に問題があるんだ、です。

ハイヤーセルフはいつも自分の内側を見ていて自分の弱点を知っているので、そこを突いてきます。
ここの思い込みが激しいから、ここをクリアーできたら合格させてあげよう、という感じです。
ですからこれはほんとに厳しいです。

私は理屈に合わないことをされると、ムカムカしてしまいます。
何回も同じところで引っかかっていました。
ハイヤーセルフはできるまでしつこくやってくれます。

今日はかなり苦しかったですが、何とかクリアーできたと思います。
イライラしながらも、平静を保てました。
しばらくすると頭もすっきりとしてきて、そのことが頭の中を占めてしまうということはなくなりました。

そうすると、いろいろな感情を感じることができるようになって、想念観察もうまくできるようになりました。
それから時間があったので、簡単な瞑想をしました。
静かにして、想念観察しているといった程度です。

そのときこれが神のひな形だ、という思いが浮かんできました。
それは神の枠組みといったもので、こういうようにやっていれば神と呼べるのいうものです。
神とはどういうものかということが本などで書かれていますが、いざ説明してくれと言われると困ってしまいます。

このとき、ああこうだったんだとわかりました。
こんなにしている人が神なんだと、具体的にわかりました。
これは実現可能だと思いました。

まず外側に起っていることはすべて内側だけで処理できるということがあります。
外側に対処する必要はなく、内側を変えさえすれいいからです。
内側の価値観を変えれば、問題はなくなるからです。

内側だけで済むのですから、どこにも行く必要はないし、しなければいけないこともありません。
何とかしなくてはと、ジタバタしなくてもいいのです。
ですから外側に何もしようとしない人は神と呼べるのではないかと思いました。

でもここは物質世界なので全く何もしないわけにはいけません。
でも神は自分から動いて何かしなくても、自然と必要なものは集まってくるのです。
内側にイメージしたものは、目の前に現れてくるからです。

神は自分から何かしようとしなくても、内側にイメージするだけでやっていけるのです。
何かを手に入れるために、走り回らなくてもいいのです。
ただイメージしているだけです。

神は自分がまったく動かないというのではありませんが、自分から何かしなくてはと動き回りません。
簡単に言うとジタバタしないということです。
内側を気にしているだけで、すべてうまくからです。

漫画のテニスの王子様で「手塚ゾーン」といのが出てきますが、そんな感じです。
(テレビを見ていない人はわからないと思います、すみません)
相手の打ったボールが、どこへ打っても手塚部長の打ちごろのゾーンへ吸い寄せられるように集まってくるというものです。
そんなばかなと思って見ていたのですが、手塚部長は神だった?(^^;

すべては心の中で対処できるので、問題があると思うことがありません。
いつも平和な気分でいられます。
自然と幸せな気分がわき起こってくるでしょう。

つまり単純にいうと、外側に対処しない人を神と呼べるということです。
もちろんまったく何もしないというのではありません。
つねに自然体で生きていて、自分から何とかしようとしない人です。

これは自分でもできるような気がしました。
少なくともやり方のパターンはわかったので、これを実生活でやってみれば、すぐ神もどき?にはなれるのではないかと思いました。

最初は上手にできないかもしれません。
ピカピカの一年生ですからね。(^^;
でも慣れてくれば、いずれ本物の神になれるはずです。
あとは実践だけです。

このときやったーと思いました。
最終テストに合格して神としての第一歩を踏み出したんだ、と思いました。
でも現実はそうあまくはなかったですね。
(当たり前じゃーと、しかられそうです)

いざ現実でやろとすると、うまく機能しません。
強い感情に押されて、おろおろしてしまいます。
とうてい神であるというような認識は持てません。

目の前の出来事にも何とかしなくてはと対処してしまいます。
とてもじっとしていれば、うまくいくとは思えません。
たまらず動いてしまいます。

あー、昼に思ったのは何だったんだろうです。
それでも理論上はあっていると思います。
まだ昔の古い考えが強く残っているか、やり方もまずかったのかもしれません。

でも目標はできました。
できないことではないと思います。
明日からまたチャレンジします。
by human-space | 2005-02-19 23:58 | diary | Comments(0)
今日はきのうのを引きずっていたせいか、朝からすっきりしませんでした。
それでも日常のルーティーンはうまくこなしていたのですが、打ち合わせがあって、その行った先でジタバタしてしまいました。
端から見るとそんな大したふうではなかったと思いますが、自分の心の中では舞い上がってしまい、ほんとに情けないです。

言ってることと、やっていることが違いますね。
日ごろあれほど理屈を並べ立ていたのに、いざ人前であのざまです。
通常のときはだいぶんうまくやってきましたが、ちょっと環境が違うとうまくできませんでした。

実力がついてない証拠ですね。
子供の試験でいうと、期末テストはまあまあだが、模試で実力が出せないという感じです。
根本のところを押えているつもりなのに、どうなっているのでしょう。

今日はちょっといやになりました。
これも宇宙から見ると、予定どおり折り込み済みのことでしょうが、けっこう堪えます。
必要があって起ったことでしょうが、何とかならないものかと思いますね。

やはり抜けるためのは、中途半端ではだめで、行ききらなければいけないんでしょう。
やるしかないみたいです。
あんまり力んでもしょうがないのですが、やります。

それと昨日のことですが、ちょっと心にぐっとくることがありました。
それは車なんですが、帰り道であれは確かトヨタのスープラが横に並走しているときにみて、私もドキドキするような車が欲しいと思いました。
スープラが欲しいわけではありませんが、きっかけになりました。

今の車が今年7年目の車検なので、去年からチェックはしていたのですが、一時忘れていました。
あまり物欲にはしるのはどうかと思いますが、昨日はピッときました。
これは車を買ってもいいよ、というサインなのかもしれません。

何かエネルギーが流れてきた気がします。
物質化の前兆かもしれません。
本気でイメージします。
by human-space | 2005-02-18 22:38 | diary | Comments(0)
きょうは朝から調子がよく、自我の想念がよくみえました。
自我の想念を一歩離れたところからみている感じで、それに巻き込まれることもありません。
自分と自我は別のもので、ある空間から自我の想念がぽっぽと現れてきて、それを自分がみているという感じです。

相変わらず次から次へと、いつものしょうもない想念が浮かんできます。
自我はほんとに気まぐれでいいかげんだなあ、と思います。
このとおりすべて真に受けていたら、たいへんです。

こうやって客観的にみれていると、楽に対処できます。
想念観察がやっと実を結んできた感じです。
これはかなりいいところまで来たのでは、と思いました。

ちょっと浮き浮きした気分になっていましたが、昼を過ぎて疲れがたまってきたのか、だんだんともやもやしてきました。
それでもいつもより調子良くやれていました。
そのまま夜にいつものテニススクールに行きました。

けっこうきついクラスなのでいつもは気を引き締めてやるのに、今日は中途半端で集中できなく、さんざんな目にあってしまいました。
晴れから大雨になった感じです。
いつもだったら、ちょっと落ち込んでしまいそうです。

こんなときに何でこんな体験をするのだろう、とまた内に意識が向きました。
そういえば、インナーチャイルドというのを読んだことがあります。
あるひとつの子供の人格が癒されずに内側にいるというものです。

そういえば昔はよくこんな感じがあったことがありました。
あのころ、こんないやな思いをしたことがありました。
それがまだエネルギーとして残っているようです。

しばらくこんな感じになったことがなかったので、忘れていました。
またそのまま、昔のように落ち込みモードに入りそうになりました。
そこを一歩踏みとどまりました。

今また客観モードに入っています。
最近内側が照らされて、だんだんと明らかになっていっているので、内側に隠れていたものが現れてきたのでしょうか。
もう自分ではすっかり忘れていました。

これからまだまだ出てくるかもしれません。
ちょっとこわごわですが、これを超えなければ次はありません。

そういえば前に引いたカエルカードで、「真実」というのがあって、もし傷ついているとしたら、それを味わって、ありのままに受け入れることで解放してください、もう自分をごまかすことも裁くこともしないようにとのことでした。
まさにこのことでしょうか。

確かにこんな気持ちからは逃げ出したくなります。
でもそうではなくて、これはチャンスみたいです。
どうもこういうときに現れたのは、今がそれを何とかするときだ、ということみたいです。

今から、このエネルギーを解放してやります。
ちゃんと向き合って、慰めてやります。

今までほんとにたいへんな思いをしたなあ。
何でこんなことをしたんだろう、っていつも自分を責めていたよねえ、
ひとりで苦しんでいたなあ、
それでどんどん深みにはまっていく感じ。

でももう大丈夫。
そんなとこにいないで、出ておいで。
・・・・・

いつの間にかちょっと寝てしまっていました。
眠くてぼーっとしています。
まだよくはわかりませんが。どうもこれで解放できたみたいです。

もっとやりたいのですが、眠いのとしんどいのとで今日はこれ以上無理です。
何か心の実況中継みたいになりました。
お疲れさま。
by human-space | 2005-02-18 00:29 | diary | Comments(0)
今日もきのうと同じで、安定していました。
頭も回転していて仕事のこともさっと判断できるので、悩むことがありません。
普段は何も考えていないけれども、何かあってそのことを考えるとちゃんと筋道がとおってわかる、という感じです。

そのとき考えればわかるだろう、と楽観できるので普段は落ち着いていられます。
また周りのことを必要以上には気にしません。
取越し苦労をしない、です。

やらなければいけない目の前の仕事をやっているだけです。
あまり勉強熱心というわけではないですね。
余分なことをしないので、すっきりはしています。

といってももちろん普段の感情の起伏はありますが、長引きません。
外側ではなく内側の問題なんだ、と思うと感情に割とうまく対応できます。
しょうがないなあ、という感じであきらめられます。

先(将来)のことは、なーんも考えていない状態です。
今までだとこの時期考えることはあるのですが、ほとんど頭の中は真っ白です。
先も見えないかわりに、不安もありません。

ときどきは昔の考えが浮かんできますが、受け流しています。
いったい、どうなるのでしょうかねえ。
しつこいですが、いつもの目の前のことをやっていくだけです。
by human-space | 2005-02-16 20:53 | diary | Comments(0)