ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2005年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハイヤーセルフはスピリチャルな本によくでてきますが、ちょっとピンときていませんでした。
いっていることはわからないではないのですが、いまいちすっきりとしません。
それがなぜか、今日これがハイヤーセルフではないかと思ったことがありました。

といってもかなりあやしいです。
自分でも何ともいえません。
ただこんなことは思ったことがないので書いておきます。

朝はいつも6時過ぎに起きます。
通勤に1時間はかかるので、ちょっと早く起きなくてはいけません。
それでもだいたい目覚ましなしで目が覚めます。

昨日もかなり疲れていたのですが、ちゃんと目が覚めました。
その目が覚めたとき、これはハイヤーセルフが起こしてくれているんだ、とふと思いました。
どういうわけかはわかりません。

起きれるのは習慣といってしまえばそれまでです。
根拠は何もありません。
今朝なぜかそんなことを思ったのです。

ハイアーセルフといえば神に近い存在であって、高いレベルのことをやっていると思っていました。
それでこのときは、ハイヤーセルフはこんなことまでやっているんだ、と思いました。
毎朝こんなことまでやってくれているんだ、と思いました。

そういえば用事があって早く起きなければいけないときに、目覚ましを掛けた時間のちょっと前に目が覚めるということもありました。
今考えるとこれもそうなのかなあ。
自我は一緒に寝入っていると思うので、自我ではないと思います。

あまりに末端の体験で、ハイヤーセルフに失礼ではないかと思うくらいですが(^^;、そのときはほんとに思いました。
ともかく自分の内側に何かがあります。
ほとんど何もわかっていない、いい加減な自我ではなく、すべてのことがわかっていて、自分を支えてくれているものがあります。

このおかげで自我がすべてのことがわかっていなくてもやっていけます。
気まぐれでもやっていけます。
すべてのことがわかっているハイヤーセルフが24時間見守ってくれているからです。

自我でせこせこ考えなくても、それに任せていれば大丈夫のように感じます。
自分で何とかしようとしなくても、目の前のことをしているだけで、うまく事が進んでいくような気がしています。
このハイヤーセルフが段取りしてくれているような気がしています。

そんなことを考えていると、自分でこれから先何とかしなくていいので心が休まります。
気が楽になります。
今日はあやしい体験でしたが、今にいればこれからはっきりしてくるでしょう。
by human-space | 2005-09-30 22:56 | diary | Comments(0)
相変わらずのテニススクールの試合形式の練習のことですが、今日はうまく一球一球に集中できました。
いつものように相手のことや勝ち負けのことが頭に浮かんできて、ドキドキしてしまうのですが、きょうはすっとボールに集中できました。
もちろん結果は腕の関係で勝ったり負けたりですが、気分よくできました。

今日は一日現場回りだったので体はしんどかったのですが、終わってみれば楽しくやれました。
頭であれこれ考えないほうが、うまくいく場合が多いです。
ふと名案が浮かんだり、自然と自分でも思わぬプレーができたりします。

これが今にいるということのような気がします。
何も考えないから、気分的にも楽でいいです。
ただ目の前のことをやっていくだけです。
by human-space | 2005-09-29 23:18 | diary | Comments(0)
ここずっと左肩が凝っているようで、左肩をまわすとボキボキいいます。
右肩はほとんどないのですが、なぜか左肩だけです。
ボキボキいわすとすっきりするので、けっこうしばらくやっています。

これはたぶん急に左肩がこりだしたというのではなくて、今までこっていたに気づかずにいたのではないかと思います。
それもあまりにもこりすぎていて、気がつかなかったのではないかと思っています。
近頃は体調もよくまずまず健康でないかと思っているのですが、ひとつだけ気になることがありました。

それは夜中に目が覚めるのです。
何か心配事があってというのではなく、頭のなかが興奮していて目が覚めるという感じです。
寝付きは全然悪くないのに、なぜかふと目が覚めるのです。

目が覚めると寝ようと思ってもなかなか寝つけません。
しょうがなくトイレにいったりして、気を紛らすといつの間にかすっと寝つけたりします。
これが続いていたので、睡眠不足気味でちょっとつらい思いをしていました。

それがここずっと、夜中に目が覚めなくなりました。
それでも朝はさすがにつらいのですが、睡眠不足は解消されて前より楽になりました。
ふと思うのは、この左肩がボキボキいいだしたのと、夜中に目が覚めなくなったのがだいたい合っているような気がしています。

どうもずっと続いていた左肩のこりを解消しようと、ボキボキいわして左肩をまわすようになったのではないかと思っています。
これは自然治癒力が働いたのではないかと思っています。
だんだんと自我のなかから抜け出てきて、今にいれるようになってきたので、こういう自然治癒力が表面に現れてきたのではないかと思っています。

ちょっと都合良すぎるかもしれませんが、今はこうではないかと思っています。
ともかくけっこうつらかったので、夜中に目が覚めなくなったのはよかったです。
これも今にいるおかげ?
by human-space | 2005-09-28 23:22 | diary | Comments(0)
今日もまた車で通勤のときに感じたことです。
内側にエネルギーがあるのを感じました。

これがあると楽に感じます。
何かしようとがんばらなくても、楽に行動できるような気がします。
スムーズに動けるような気がします。

このエネルギーがあると、心が楽に感じます。
心を支えてくれるように感じます。
何かしようとがんばらなくても、これに浸っていれば大丈夫のような気がして、心が安心します。

このエネルギーさえ感じていれば、楽に生きられる気がします。
これさえあれば百人力?です。
こわいものなし?です。

どうもこれは宇宙の生命エネルギーのようです。
本来生物に備わっているものみたいです。
もちろん人間にもです。

ただ人間は意識が自我のなかにいて、自我のことにエネルギーを使ってしまうとなくなってしまいます。
意識が宇宙のなかにいないので、エネルギーが補充されません。
宇宙のなか(今にいる)と、宇宙の無限のエネルギーから補給されるのでなくなることはありません。

ですから今にいると、いつまでも疲れることはありません。
逆に今にいないとすぐ疲れてしまいます。
どちらがいいかは明らかですよね。

今にいることでエネルギーにあふれて楽に生きるか、自我のなかで疲れ果てるかです。
まだまだエネルギ−にあふれている、というふうにはなっていませんが、前よりは元気になってきた気がします。
ともかく今にいることですが、まずは自我のなかでいることに気がつけば抜け出るようにします。
by human-space | 2005-09-27 20:40 | diary | Comments(0)
きょう車の運転中にふと浮かびました。
自分の直感を信じて生きる。
基本的にはこれでいきたいと思っています。

これを道しるべにしてやっていこうと思っています。
思考で考えないでいたら、直感が表面に浮かびかがってきます。
逆に思考を使ってごちゃごちゃやっていたら、直感がみえなくなります。

今はできるだけ本などを読まないようにして、知識で頭のなかをいっぱいにしないようにします。
本はまた読む必要がある時に、読みたくなるでしょう。
ともかく頭のなかをすっきりしておくようにします。

しばらくこれでやってみます。
何となくこれが正解のような気がしています。
あとは実践でチェックします。
by human-space | 2005-09-26 21:01 | diary | Comments(0)
前にもこの題で書いたことがあったのですが、今日もまた意識しました。
朝からちょっとしたことがあって、ムカムカしています。
ほんとにちょっとしたことなのですが、自我が過敏に反応しています。

誰でもそうだと思うのですが、自分のなかには自分なりの正義の味方がいて、物事によい悪いを判断しています。
よいと思われるときは何も起こらないのですが、悪いと判断すると拒否反応が起こってしまいます。
イライラしているときはそれが激しい感情になってしまいます。

こんなときはどうしても外側のものが悪いと思ってしまいます。
普通はどうしようもないと思います。
これは自分のなかに固定した価値観があって、それに合わないものを拒絶しているだけです。

この固定した価値観こそが自分の正義の味方です。
これはだいたい世間一般の常識と合っているので、間違いないと思い込んでしまいます。
でもこの相対世界には絶対的なものはありません。

絶対に正しいというものはないのです。
それはその人のなかだけで正しいだけです。
その人の正義でしかないのです。

それを無理矢理他の人に押し付けてもうまくいきません。
他の人は他の人で、自分のなかに自分の価値観を持っているからです。
ですから自分の価値観を固定している限り、うまくいかないことが多いのです。

これを解決するには、相手に合わせて小手先だけでやっていてもきりがありません。
画期的な方法は自分のほうを変えることです。
自分の価値観を変えることです。

この世界は絶対はないのですから、どんなことでも絶対に間違っているとは言えません。
最初からすべてのことは問題ないと考えても、間違いではありません。
というかある意味これが正解です。

このように自分の価値観を変えることで、すべて問題がなくなります。
すべてOKということになります。
何かごまかしているように思われるかもしれませんが、これが真実だと思っています。

一般的に良いといわれている人ほど、この自分のなかの正義の味方に問題があることになかなか気づきません。
そういう人ほど、このこのことに気づきにくくなっています。
自分はいいことをしていると思い込んでいるからです。

世間一般的に誰がどう見ても悪いことと思われることは、頭から悪いことだと思い込んでいるために、自分を疑わないのです。
あまりにも当たり前になっているので、疑うこともしないのです。
それで自然に外側のものが悪いと思ってしまいます。

このことに気づくのは本当に難しいです。
わかっていてもいつの間にか、元に戻っています。
かなり意識しておかないと、忘れて相手が悪いと思ってしまいます。

その場しのぎはいろいろ方法がありますが、最終的には自分の自我のほうを修正しないと、いつまでたっても同じことの残り返しになります。
もうさんざんいやな気分を味わってきたので、もういいです。
私は自分の自我を修正することを選択します。

ではどうやって修正するかといえば、残念ながらまだ画期的な方法は気がつきません。
ぱっと切り替われるとはとても思えません。
できることからやるしかなさそうです。

まずやることは、こういう事実を認識して、これを変えることを選択することです。
気がついただけでも進歩といえます。
問題が外側ではなく内側にあるとは、なかなか気がつけません。

あとはつねに想念や感情を見張っておくことです。
外側のせいにしているときは、違いなく自我の想念です。
これはわかっていても、いつの間にか今までどおりになってしまっていますが、気がつけば直すようにします。

やはり地道にやるしかなさそうですが、大事なの変えることをはっきりと選択することです。
どうしてもここを抜けないと、いつまでたっても同じことの繰り返しです。
どうしても通らなければならない道です。

現実には外側ではなく、自分の内側が悪いと思うのは大変苦しいです。
言うは簡単、やるは大事です。
なかなかできません。

何せ何十年も当たり前にやってきたことを変えるのですから。
それも180度。
全く逆転しなければなりません。

でもできればかっこういいですね。
世俗から一歩抜け出れます。
抜け出れれば、この世界のことを客観的に見れそうです。

これこそ求めていたものでは。
これはやるしかなさそうです。
もうあとには引けません。
by human-space | 2005-09-25 12:40 | policy | Comments(0)
またこの前のNASAの宇宙の画像の続きをダウンロードして見ていました。
そしたら、ああここは神の国なんだと思いました。
ここはこんなにすごかったんだ、と思いました。

普段は日常に埋没してしまってなかなか気づきません。
自我と一体になってしまっているので、自我の世界観のなかでしか生きていないのです。
自我の狭い、グチャグチャとしたなかに住んでいます。

そこから抜ければ、この広大な美しい世界のなかでいれるのです。
これがほんとの神の国なのでしょう。
それなのに、こんな狭いなかでぶつかるように生きていました。

これからはそこから抜け出ます。
それはただ一日踏み出せばいいだけです。
それは例のごとく、今にいればいいだけです。

そうすれば神の国に入れます。
遠くの美しいところに行こうとする前に、まずこれです。
これができればあわてることはないでしょう。

日々神の国にいることができれば、いずれいろいろな美しいところへも行けるでしょう。
ひょっとしたら宇宙空間までも。
こういう画像を見ていると、どんどん想像が膨らみます。
by human-space | 2005-09-24 21:25 | diary | Comments(0)
今日から3連休なので、久しぶりに庭の手入れをしました。
こういったことはあまり好きなほうではないので、しぶしぶやりました。
やることはけっこうあるので、考えただけでもいやになってしまいます。

こんなとき、ふと思っていつもの今にいるをやってみました。
先のことは考えないで、いま目の前の作業に集中します。
どういうわけかわからないけれども、この作業は自分にとって大事なことなんだ、と思うようにしてやってみました。

今日は天気もよく気温が高いので暑いうえ、しゃがんで作業するので腰や足が痛くなります。
今にいたからといってこれらが軽減されるわけではありません。
ただ今にいるようにすると、それ以外のことは考えないで、もくもくと作業しているという感じです。

足は痛いけれども、つらくないという感じですか。
3時間はやっていましたが、時間がたつのをあまり感じませんでした。
ストレスをためるような苦痛にはなりませんでした。

これを最初のときのまま、いやいややっていたらけっこう苦痛だったと思います。
時間も長く感じたのではないかと思います。
自分の気持ち次第で変わるというのを感じました。

今にいるというのはこんなときも使えます。
というかこんなときこそ使えなければ意味がありません。
実生活で役に立てば、ほんものです。
by human-space | 2005-09-23 21:57 | diary | Comments(0)
気がしています。
家にいるときも仕事中も、割と意識的にいま目の前のことに集中できました。
ふと我に戻っている時間が増えたような気がします。

もちろんまだまだなのはいうまでもありません。
いろいろ雑念が浮かんできてそちらに気がいっていたり、相変わらずバタバタしていたりします。
それでも前よりはよくなっているような気がします。

目の前に現れている現実がベストだと思って、それを楽しもうと意識的にやっている時間が増えています。
でもいつの間にかまた無意識になって、今までのようにだらだら過ごしてしまいます。
ちょっとずつですが、改善されている気がします。

いつもいつも同じことばかりですが、ここはどんなにしつこくやってもやりすぎるということはありません。
完全に今にいれるまで続けます。
先のことは考えず、いまここです。
by human-space | 2005-09-22 23:47 | diary | Comments(0)
先日いっていたNASAの宇宙の画像をどんどんダウンロードしていたら1000枚近くになりました。
けっこうしんどいのですが、興味があるので次から次へと腕がだるくなるまでやってしまいます。
あとでサムネイルを見ているだけでも、カラフルでとてもきれいです。

自宅のiMacにiPhotoという画像ソフトがついているのですが、これだと見たい画像を選ぶだけで簡単にスライドショーを見ることができます。
標準で1枚3秒表示するので、1000枚あると50分かかります。
ちょっとした天体ショーです。

見ていると時々、おーっと歓声が上がります。
ほんと宇宙はすごいです。
このエネルギ−はとても人間でははかりきれません。

いつまで見てもあきません。
といっても50分となると、さすがに最後のほうはちょっと疲れてきます。
ものにはインド、いや限度がありますな。(^^;

今までダウンロードしたのが2003年までです。
まだあと1995年まで毎日あります。
こちらも宇宙に負けないくらい気が遠くなりそうです。(^^;

それにしてもうれしいですね。
今までどこかで見た画像もよく見かけます。
ここからきていたのですね。

多分他の画像ソフトでもできるのではないかと思います。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
ちょっとした宇宙旅行の気分が味わえます。
by human-space | 2005-09-21 21:05 | diary | Comments(0)