ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

先週は調子が悪かったのですが、会議が2日続いてあったり、休みにテニスをやったりして気分転換ができたせいか、調子もよくなってきました。
今日は仕事も進んで、前よりいいくらいです。
たまっていた仕事の気になっていたことが解決したり、ちょっとしたトラブルも頭のなかで整理ができてパッパと処理していくことができました。

また電話での対応の雰囲気が悪かったときも、前にいった意志を強く持つことで、あまり気にならなくなりました。
そういえば昨日のテニスの試合をやっているとき、何となく雰囲気が悪く感じても、意志を強く持つことで試合に集中することができました。
懇親大会なのですが、4勝1敗で賞品ももらうことができました。

これはがんばって何かやるというのとはちょっと違って、頭のなかで意識を強く持つという感じです。
頭のなかだけでやっている感じです。
あとは普通に外側のことをやっていくだけです。

言い訳をしようとしていたり、弱気になっていたのが消えていきます。
今のところうまくいけている感じです。
これはいろいろなところで使えそうです。
by human-space | 2005-10-31 22:34 | diary | Comments(0)
今日夜の9時からのNHK特集で、北海道の畜産農家のことを放送していました。
牛肉自由化やBSDなどの大きな衝撃にさらされて大変な目にあって、やっと新しやり方が軌道に乗ってきたところをやっていました。
最後のほうのインタビューで、初めて自分の仕事の充実感を感じているようのことを言っていました。

ずっと苦労されているのを見ていたので、ジーンと来るものがありました。
他にぴったりする言葉が浮かびませんが、感動するというよりやはりジーンときたという感じです。
そしてそのあと、こんな感情は神様では体験できないだろうなと思いました。

何でもすぐ手にはいる神様では苦労することがないので、そのあとやっとの思いでできた!という思いは浮かばないだろうと思います。
こんな感情は人間でないと味わえません。
というかそのために人間になっているのではないかと思いました。

これこそ今肉体を持って生まれてきている意味なのではないかと思います。
肉体を持っていないと、味わうことのできない感情があります。
そのため今ここになります。

しかしそれを味わうために、あまりにも苦しい思いをしなければいけません。
それはあまりにもきびしすぎるような気がします。
ほんとにもうだめだと思ってしまいます。

自我は思い詰めてしまいますが、考え方さえ変えればそれは何とかなるのでしょう。
切羽詰まっても抜け出る方法があるのでしょうが、なかなか気づきません。
元々自分が創っているのですから、それはあるはずです。

最悪になることはないと信じて、今この肉体でやりたいことをやっていこうと思います。
今こういう状況にいるのは、それなりのわけがあるはずです。
今こうなっている必要があったのでしょう。

今までのことをどうこう言うのはやめにして、今からやりたいことをやっていきます。
死んだら誰でも救われます。
思い残さないよう、今やりたいことをやります。
by human-space | 2005-10-30 22:54 | diary | Comments(0)
現実はいろいろなことが起こり、頭のなかでゴチャゴチャ考えますが、これからは何があっても強く生きることを選択します。
昨日の死後のことを考えて、今肉体を持っていることを大切に生きると決めたので、いま自分のやりたいことをやることにします。
そのためには何があろうと気にしないことにしました。

ほんと言い訳をすればいくらでもあります。
いままではそのせいにしたりして逃げていました。
けっこうちゃんとした理屈もあります。

誰に聞いてもそう思うだろうというのもあります。
その考えに同意して、いつまでもうじうじやっていました。
昨日のこともあって、もうやめることにします。

強い意志を持って生きることにします。
もう頭のなかの想念や感情は気にしないことにします。
それに負けないように強く意思を持ちます。

ちょっときついですが、いつまでもうじうじ文句ばっかり言っているよりはいいです。
今まで気弱で、何かあるとすぐ落ち込み気味になっていましたが、これからは強く生きます。
しっかりと意識していきます。
by human-space | 2005-10-29 22:36 | diary | Comments(0)
井原さんという霊能力者がテレビでいっていました。
ああこの人は本物だなと思いました。
霊のことはテレビなどでよくやっていますが、今までは否定的にみていました。

霊のことを信じていないわけではないのですが、恐怖心をあおるような番組が多くてとても見る気になれませんでした。
この井原さんは違いました。
霊のことを肯定的に見ていますし、発言をきていても違和感がありません。

とくに番組の最後の結びで言っていた、死後の世界を知ることで、今どう生きるか考えていくというのは、とても心を打たれました。
生きる勇気がわいてきた気がします。
本当にそういうことだと思います。

生と死はコインの裏と表で同じものだ、とよくいわれますが、こういうことなのでしょう。
死ぬと肉体がなくなるので、ある意味楽になります。
今は肉体を持って大変なこともあるでしょうが、今しかそれを味わえないので後悔のないよう一生懸命生きていきましょうということでしょうか。

最後は誰でも楽になれます。
失敗を恐れることなく、後悔のないように生きたいと思いました。
ここ最近ちょっと調子が悪く、落ち込み気味だったのですが、ほんとに元気が出ました。

それと昨日今日と年に一回担当者が集まる会議があって行っていました。
初日は懇親会があって後電車で帰ったのですが、翌日のタクシー代用に崩しておこうと1万円札で切符を買いました。
次の日の朝、財布を確認したら1万円札しか入っていません。

何と小銭のおつりをとってお札を取り忘れていました!
お酒に酔っていたこととはいえ、さすがにショックでした。
昨日今日とすごくいい天気が続いていて、直感的にこんなときは悪いことは起こるはずがないと思っていました。

実際会議のほうもこれといったこともなく、スムーズに終わりました。
まずまずいい感じだと思っていたのに、どうしてこんなことが起こったのだろうと納得できませんでした。
次の日期待はしていなかったのですが、同じ駅の忘れ物の問い合わせ窓口できてみたら、何と届けられていました!!
ちゃんと9000円のおつりが返ってきました。

お金のことはもちろんうれしかったのですが、自分の勘もあっていたことがわかりました。
終わってみれば何ともありませんでした。
後で考えてみれば、タクシーを使わない方法もあって、そちらにしていれば両替のことも考えることはありませんでした。

そちらにしていれば何でもなかったかもしれません。
どちらにしても昨日今日は問題は起こらなかったのでしょう。
過去のことにとらわれずにもっと柔軟に考えていたら、タクシーではない方にしていました。

今回直感のこととか、未来の出来事のこととかちょっと考えさせられました。
あまり複雑に考えず、自分のしたようにするのがいいような気がしました。
自分の思う方向にまっすぐ行くのがいいのではないかと思いました。
by human-space | 2005-10-28 21:15 | diary | Comments(0)
ここずっとイライラしているせいか、怒りっぽくなっています。
ちょっとした矛盾も気になって、すぐムカムカしてしまいます。
なんでこんなことをやっているんや、という感じです。

ようは自分の頭のなかにあるものと違うことがあると矛盾だと思っているだけなのでしょうが、わかっていてもなかなか止められません。
理屈ではわかっているつもりでも、実際はうまく対処できません。
それ程のことはないと思いますが、押さえきれずあやしいこともあります。

神経的にイライラしているときは、ちょっとどうしようもない感じです。
できることは起こってくる感情を、ただこれはほんとうの自分ではないと思い直して、思い込まないようにすることです。
そうしないと怒りに種が残ってしまって、いつまでも消えずまた何かの拍子に出てきてしまいます。

今日みたいに調子の悪いときはほんとに苦しいですが、何とかその感情に取り込まれないようにします。
それにしても今週は調子が良くないです。
感情にはまり込ましようにして、乗り切らなくては。
by human-space | 2005-10-26 23:12 | diary | Comments(0)
ここ2、3日よくムカムカします。
コントロールがうまく利きません。
最近仕事が忙しいせいかもしれませんが、よくわかりません。

ひょっとしたら前と変わっていないけれども、最近意識的になってきて自分の想念によく気づくようになってきた?
うーん、それもちょっとはあるかもしれませんが、やはり仕事のイライラが原因のような気がします。
不動心を保つというのはなかなかできませんね。

これといった考えはありませんが、とりあえず自我の想念や感情を見張っています。
これさえできていれば何とかなるでしょう。
この想念や感情は自分ではないということを意識するようにします。
by human-space | 2005-10-25 22:11 | diary | Comments(0)
今にいよう、目の前のことをやっていこうといっていますが、ここ2、3日は特に感情に流されてしまっています。
イライラ、ムカムカ状態です。
ちょっとは冷静でいられていますが、ほとんど感情にはまってしまっています。

今日は仕事が忙しかったので、なおさらひどくなりました。
とても偉そうなことを言える状態ではありません。
それでもちょっとずつは感情にはまり込まないようにはしています。

わかっていても感情に対抗するのはなかなか苦しいです。
時には本当にどうしようもないのではないかと思ってしまうときもあります。
それでも懲りずにやるしかないですね。

ここであきらめるわけにはいきません。
もう後戻りはできません。
前に進むのみです。

今までのようなことはもういいです。
苦しいと感じても、先に行きます。
後には何もないけれども、先には何かある可能性があります。
by human-space | 2005-10-24 22:00 | diary | Comments(0)
とこれは大げさですが、今日ちょっとそんなこと思いました。
昨日自分のテニスのビデオを見ていやになってしまって、テニスへの強い執着がなくなりました。
といってもやる気がなくなったわけではありません。

早速これからまずサーブの修正をしようと思っていますし、これからもまだまだ続けていこうと思っています。
ただビデオを見て思ったのは、私は基本的にスポーツ選手向きではないことがわかりました。
一生懸命やっているつもりですが、どたどたへなへなやっているように見えます。

他の人を見ていると、キビキビ力強くやっています。
これから変えていくつもりですが、どうも先が見えてきた気がします。
いい意味でも悪い意味でも、なんか冷静に見れるようになりました。

ともかく執着はなくなった気がします。
欲はなくなりました。
やめるつもりは全然ありませんが、やめても悔いは残らない感じです。

この世界の欲望のひとつを手放した?
これでいつ神になってもいいです。(^^;
冗談半分ですが、ちょっぴりそんなことを思いました。

それとこのビデオを見る前まで、書こうと思っていたことです。
それまでは逆にテニスを肯定していました。
その前までとても幸せな気分でいました。

前にもいった土曜の夕方から半日やっているテニスのサークルは、人数も少なく上手な人ばかりではないのですが、コーチ代わりをやってくれる人もいて、しんどいながらも楽しくやれています。
たまにふと今の状態がいつまで続くだろうかと、ちょっと気がかりになることがあります。
これからどうなるだろうかと思ってしまいます。

そんなときいつも思うのが、先のことは考えずに今を楽しんでればいいんだ、ということです。
それ以外よい考えは浮かびません。
これしかないと思います。

幸せは永遠に続くわけではない、というのは真実だと思いました。
幸せを永遠に求めてはいけない、と思いました。
やはり幸せは自我のなかにあるものだと思いました。

二元性の性格を持ったもので、上がったり下がったりするものです。
原理的に永遠にあるものではありません。
求めることが悪いことではありませんが、やはり執着してはいけないものです。

これが実感として感じました。
こんなことを言っていても現実はとても神とはほど遠いのですが、ともかく今を体験していくだけです。
これこそが今ここにいる理由であると思っているからです。
by human-space | 2005-10-23 20:13 | diary | Comments(0)
近頃はだいぶん自分のことが好きになれてきました。
よくやっているのではないかと思えるようになってきました。
前は自分のことが好きななることなど考えられませんでした。

それを思うとずいぶんな心境の変化が起こっています。
テニスやスキーは遊ぶ程度はできるし、パソコンのこともネットワークも含めてまずまずわかります。
割とまじめだし、けっこういいやつでないかと思えるようになってきました。

もちろんいうまでもなく欠点は言い出したらきりがないくらいありますが、あまり考えないようにしておきます。
それで何といっても宇宙の仕組みを真剣に考えています。
物質的なことと精神的なこととのバランスが取れているのではないかと思っています。

このままでいいとはとても思えませんが、ここから変化していける基盤のようなものはできてきているのではないかと思っています。
ここからいろいろとやっていけるのではないかと思っています。
そんな折、一角が崩れてしまいました。

最近特によくやっているテニスです。
この前のシングルスの練習試合のビデオを撮っててくれていて、ダビングしてくれました。
それにしても見るに耐えませんね。

そんなに上手でないのはわかっているつもりですが、ここまでとは。
フォームがどんくさい上に、動きが基本的にスポーツ選手ではないですね。
自分のビデオを見るとショックを受けるというのを聞きますが、よくわかりました。

あーあ、せっかく好きになりかけていたのに、また元に戻ってしまいました。
まあ元々スポーツマンタイプではないのですが、もうちょっとやれていると思っていたのに。
ほんとイメージしていることと、実際は違いますね。

これは許せない範疇に入ります。
懲りずに一晩寝たら忘れるかもしれませんが、修正していきます。
上がったり下がったり、これがこの世界の仕組みということでしょうか。
by human-space | 2005-10-23 00:00 | diary | Comments(0)
今日は自我の声が大きくて、なかなか今にいれませんでした。
わかってはいるけれど、コントロールできませんでした。
まだまだですね。

こういうとき自我が何とかしようといろいろ考えますが、逆に考えないようにしてただ今にいるようにしました。
今日はあまりうまくいきませんでしたが、やり方としてはこれでいいはずです。
頭で処理しようとせず、思考から抜けたところにいることです。

こうすれば自然にいいアイデアが浮かんでくるはずです。
それがうまくスムーズにいくコツではないかと思っています。
懲りずにこのまま続けていきます。
by human-space | 2005-10-21 21:05 | diary | Comments(0)