ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2005年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

自分の前はひらけているので、そのまま進めばいい、今日そんなことを思いました。
小賢しく考えてせこせこしなくても、素直に目の前をまっすぐいけばいい、と思いました。
そのほうがスムーズにうまくいくと思いました。

調子に乗り過ぎかもしれませんが、そう感じました。
今まではちゃんと生活するために、いろいろ考えてやらないと、あちらこちらにぶつかってしまうと考えていました。
好き勝手やっていたのではどうしようもなくなる、と思っていました。

それがどうも雲行きが変わってきて、自我でいろいろ考えてやるよりも自然に流れに任せてやるほうがスムーズにいくように思えるのです。
好きなように楽なようにするほうが、うまくいくと思えるのです。
どうも環境が変わってきているように感じます。

自我は昔の習慣が残っていて苦労をしたがる傾向があるので、それは考えないようにします。
楽にいけるように考えていきます。
これがどんな調子か、これから見ていきます。
by human-space | 2005-11-30 17:33 | diary | Comments(0)
相変わらず仕事が忙しくバタバタしがちでしたが、自分の思うようにやれてまずまず充実した一日でした。
細かいミスやちょっとカッときたりすることがあって、反省すべきことはもちろんあります。
でもあまり気にしないことにします。

仕事を楽しんでやろうとしています。
表面的にはあまり変わりませんが、内面的にはかなり変わってきています。
前は義務的にやっていました。

仕事も自分の人生の一部なので、例外をつくらないようにします。
どんなときも思ったように生きるということです。
といってもガンガンやるというのではありません。

自我はできるだけ押さえ気味でいきます。
自然体で流れるようにやっていきます。
そうしていれば必要なことは周りからやってくると思っています。

昨日もテニスのダブルスのパートナーの誘いと初代のiMacが来ることになりました。
自我との兼ね合いがまだはっきりしませんが、とりあえずは自我が行き過ぎないように見張っています。
ともかくあまり考えすぎないで、目の前のことをやっていきます。
by human-space | 2005-11-29 23:11 | diary | Comments(0)
危機一髪というほどではないのですが、仕事でのちょっとしたミスが休み明けに表面化して朝からバタバタしていました。
ちょっとしたといってもこのときに修正しておかないと、後になるとややこしいことになるところでした。
ちょうどそのぎりぎりのところでわかって、何とかたいしたことにならずに済みました。

今やっておかなければならないところで、うまく表面化したように思えました。
助けられているそんな感じがしました。
これは昨日お墓参りをしたせい?

ちょっとテレビの見過ぎかもしれませんが、ぴったりタイミングあっていたので、ちょっとそう思いました。
それにしてもうまく処理できました。
そのせいかミスしても落ち込むことなく、このように肯定的に考えることができました。

仕事も自分なりに楽しんでやろうと、前向きに考えられています。
実際はかなり忙しくバタバタしていて、それ程余裕を持ってできているわけではありません。
それでも確かに変化しています。
by human-space | 2005-11-28 22:20 | diary | Comments(0)
インターネットのすごいところは、今までのマスメディでは取り上がられることのなかったマイナーな情報を入手できるようになったことです。
テレビや新聞の情報は一般的な表面的なことばかりで、よくみるとほとんど意味がありません。
ただ出来事の羅列です。

それがインターネットでは、検索していけばかなり突っ込んだ情報が得られます。
またそれのリンクをたどっていくことができます。
今では当たり前になっていますが、考えてみるとたいへんな革命的なことが起こっていることになります。

これがなければ、一人で悶々としているかもしれません。
今日は久しぶりにあちらこちらのブログを覗いて回っていました。
皆さんいろいろつまずきながらも、同じ方向に進もうとしておられます。

すんなりといく人などいないといっていいくらいだと思います。
上がったり下がったりしながら進んでいます。
自分の道が間違っていないと思うことができます。

物理的なネットワークのことはいろいろ勉強して、それはそれで興味が持てて楽しめるのですが、それがもたらすものはとてつもなく大きなものです。
そのすごさには感心させられます。
今日はこのことを久しぶりに実感しました。
by human-space | 2005-11-27 22:51 | diary | Comments(0)
昨日いつだったか、ふと思いました。
自分の心は変えられるけれども、人の心は変えられない。
考えてみれば当たり前ですね。

簡単にはいかない場合が多いですが、自分の心は自分で変えられます。
でも人の心は変えようとすることはできるけれども、自分の心のように直接書き換えることはできません。
人にこう思ってもらおうとすることはいいですが、結果はどうなるかわからない、これが真実のようです。

ですから人によく思ってもらおうとするよりも、気にならないように自分の心を変えるほうが簡単、ということになります。
気に入らないからと周りを変えようとするのではなくて、自分が変わるほうが間違いありません。
周りを変えようとするのは、とても効率が悪いということになります。

前にもいったように、自分が思うということはある価値観からきています。
例えばそのことが悪いことだとという価値観を持っているために、そのことに対して怒りが起こってくるなどです。
ですからその思いを変えるためには、その元の価値観を変えればいいのです。

そことことは悪いことではない、そう思い直すことでそのことが気にならなくなります。
理屈は簡単です。
現実はなかなかそうもいきませんが、実際この相対的な世界は考えようによってどうとでも取れるのです。

たまたま今の環境では悪いことと思えるだけで、状況が変わればそうではないのです。
この世界の価値観に絶対はありません。
それは自分の想念を観察していればわかってくるはずです。

ですからどんな想念が起こってきても、人の心を変えようとするのではなくて自分の心を変えれば済むことになります。
そういうことなので、どんな想念が浮かんできても間違いではないので、それを判断しないでただ見ていることです。
ああ今こんな想念が浮かんできている、自分はこんな価値観を持っているんだと見ていればいいだけです。

もし直したければ、自分の価値観のほうを直せばいいのです。
それでも特に直さなければいけないことはありません。
その想念や感情をそんな感じで客観的に見ていれればそれでいいです。

それができれば、ニュートラルでいれていることになります。
思考の中にはまり込んでいないことになります。
今にいれていることになります。

これができていればだんだんと自我が薄れてきて、心が宇宙の根源の性質を持ってくるようです。
そして心の本来の力が戻ってくるようです。
そうなれば強い心でこの世界を楽に生きることができるようになるでしょう。

あまり意識しすぎることはないでしょうが、ともかく起こってくる感情や想念を批判しないでただ見ているようにすることです。
とりあえず意識することはそれだけです。
複雑に考えず、シンプルにいきます。
by human-space | 2005-11-26 15:34 | policy | Comments(0)
最近また夜中に目が覚めてしまいます。
目が覚めてすぐ寝れるときもあるのですが、なかなか寝付けないこともあります。
そうなると朝目が覚めるのがつらいです。

左肩をポキポキ鳴らしだして直っていたのにまた戻ってしまいました。
昨日は一日車に乗って、夜もテニスをして体が疲れているのに目が覚めてしました。
やはり左肩がかなりこっているからでしょうか。

今日は帰りの車の中で、肩をポキポキできました。
心がリラックスしてくると、自然に出てきます。
ポキポキと気持ちよくやれます。

自然にではなくて意識的にやると、肩が痛くなってうまくできません。
これは心のバロメータです。
今日はこれですんなりと寝れそうです。
by human-space | 2005-11-26 00:07 | diary | Comments(0)
今日は現地調査で、一日外に出ていました。
何となく今日はうまくいくと思えていたのですが、実際スムーズに終わりました。
前から予感のようなものがありました。

天気もこの時期にしてはまずまずで、途中山道で工事に当たり最初は通行できないと言われましたが運良く通ることができました。
また一日車の移動があるとけっこう疲れるものですが、それほど疲れずに済みました。

こんなときは自我をあまり働かせず、自然体でいるとうまくいきます。
自分から何かしようとしないほうが、物事がスムーズに進んでいきます。
宇宙の流れに乗っているのでしょうか。

こんな感じでやれると楽ですね。
心配事が浮かんできますが、すぐ消えていきます。
こういうときは心がフラットでいれているようです。
by human-space | 2005-11-24 23:28 | diary | Comments(0)
このエキサイトのブログに移って早1年になりました。
ほんとあっという間でした。
抜けた日もありますが、だいたい毎日書けました。

素直にその日の心の動きを書くようにしていたので、あまり力まず自然体で書くことができました。
面倒なので読み返してみたわけではありませんが、少しは進歩しているようです。
といっても画期的に変わったというわけではありません。

ほんと少しずつ少しずつです。
先ばかりを見ているといやになりそうです。
近頃は意識的に悟りのことは考えないようにしています。

まず目の前のことです。
今目の前のことが、今すべきことと思っています。
そして起こってくるすべての想念や感情を否定せずに認めることです。

あまり考えないようにしています。
必要なことは必要なときに起こってくるでしょう。
そのとき考えればいいです。

単純に今のこの現実を生きていくだけです。
それで目的の方向に向かっていくと思っています。
自我で考えすぎないほうがいいのではないかと思います。

この不確実な時代こそ、これが生きてくるのではないかと思います。
それをこの目で確かめたいと思います。
これこそが今ここにいる目的?
by human-space | 2005-11-23 22:34 | blog | Comments(2)
今日も相変わらずのゴタゴタがありました。
いつもならカッかきて、怒りが収まるのにしばらくかかっていました。
それが今日は何故かそれほどではありません。

いつも同じようなパターンの繰り返しなのですが、今日はちょっと違うような気がしました。
何と言ったらいいかよくわかりませんが、怒りの記憶はいつものように出てくるけれども、エネルギーが伴っていない感じです。
記憶だけでエネルギーがないようなのです。

ですから一見いつもと同じようにムカッとくるのですが、それだけで後がありません。
小さな線香花火のようです。
パパッと燃えたらそれで終わりです。

後それほど怒りが起こってきません。
怒ろうとしても怒りの感情が起こってきません。
何か拍子抜けして、逆に調子悪いです。

考えてみればすごくいいことなのですが、何か落ち着きません。
でもこれなら怒りの渦に巻き込まれないので、気持ちをコントロールできます。
これなら楽です。

これは溜まっていたマイナスのエネルギーが抜けたのでしょうか。
今日だけでは何とも言えません。
これからも想念を観察していきます。
by human-space | 2005-11-23 21:47 | diary | Comments(0)
前は仕事がいやでいやでしょうがなかったのですが、そうでもなくなりました。
といってももちろん好きだというわけではありません。
仕事は特別なものだったのが、普通の生活の一部になってきたということです。

長くやっているので、ただ慣れてきただけかもしれませんが、それだけでもないような気がします。
仕事がある程度自分の思うようにやれるようになってきたというのは、確かにあります。
それでも当たり前ですが、いろいろなことはあります。

休日明けでも、いやな気分にならなくなりました。
さあやるぞというわけではありませんが、普通にはいれます。
月曜の午前中は最悪、ということはなくなりました。

まず自分がいて、それが仕事を通して現れたり、休みの時はいろいろな趣味的なことに現れたりするといった感じです。
仕事はその中の一形態にすぎないという感じになりました。
気がついたらそうなっていて、ほんとに前とは大違いです。

今の仕事が好きなわけではないですが、特別嫌っているということはありません。
ずっとやりたいとは思っていませんが、今すぐやめたいとは思っていません。
少なくとも嫌で嫌でしょうがないということはありません。

今日なぜかこんなことを意識しました。
これからは仕事でも楽しんでやろうとも思いました。
我ながらこんなことを思うとは、ちょっとびっくりしています。

ちょっと前はやめたくてやめたくてしょうがなかったのに。
これは自分のなかの心の変化であって、周りから見れば特に変わっていないかもしれません。
でも気がついたら、内側では全然変わっていました。
by human-space | 2005-11-22 22:22 | diary | Comments(0)