ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2006年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

こんな日もあるのですね。
今日は朝から、リゾートホテルののテニスコートでテニス三昧でした。
天気もよく、久しぶりの青空の下のテニスで、リラックスしてできました。

県内の島に船でいくので、朝早くから出かけていきました。
異動の間を含めて、朝早くから帰るまで、ほんとほとんどいやな思いをすることがありませんでした。
スクールのあとでやった試合もそんないいプレーができたわけではありませんが、そこそこ勝ったので変にあせることもなく、ボールに集中することができました。

今日は朝から何となくうまくいくような予感がありました。
不安も全然なく、一日中自然体でいれました。
最近はあまり厳しい体験をしなくなってきていましたが、今日は特によかったです。

今日は今日でこれで終わり。
明日は明日で、明日になって考えます。
ともかく意識することは、心の波動を乱さないようにすることです。

心の波動が乱れていなければ、あとは自然体です。
何も考えず、その時の起こってくることをするだけです。
そうしていれば、いいことがあります。
by human-space | 2006-04-30 21:22 | diary | Comments(0)
怒りや憎しみなどの激しい感情が起こってきますが、それらを押さえ込んで我慢するのではありません。
それらの感情や想念は、ただの感情や想念であって、自分ではないのです。
ですから、そんな感情や想念が浮かんできたと、ただ見ていればいいだけです。

最近やっと、その分離感を少し感じるようになってきました。
それでそれらに飲み込まれず、平静でいられるようになってきました。
といっても激しい感情が起こっているそのときはかなり厳しいです。

何とかいつもの理由を付けて、それらになりきらないようにがんばっています。
そしてそれが収まると、さっと平静な状態に戻れるようになってきました。
それでもすっきりせず、感情がくすぶっていることもよくあります。

まだまだすっきりとはいっていませんが、だいぶん雰囲気がつかめてきました。
心がニュートラルでいられる状態ができてきました。
そうなれば、あとは自然体でいるだけです。

あとの現実化は宇宙に任せて、ただ現れてくる場面を楽しむだけです。
そのほうが自我で考えて、ジタバタするより余程いいことがあります。
あまり考えず、お任せしておきます。

そうしていると、いいアイデアが浮かんできて、そうすることでうまくいったり、幸せな気持ちになったりして、満足のいく生活が送れます。
自我に頼って先のことは考えるのではなく、目の前のことをやっていく。
人生を楽しむには、最終的にこうなっていくのだと思います。
by human-space | 2006-04-29 22:59 | diary | Comments(0)
今日はほんとに自分をほめてあげたいと思います。
よくある外面はいいようにとりつくろっても、内側ではカッかきているというのではなくて、逆に外面はあまりほめられたものではなかったのですが、内面は感情に押し流されずに、今までいってきたことが実践できました。
今までいってきたことを試すのには、ほんとにいいテストでした。

今日は仕事のことで、けっこう厳しく怒られてしまいました。
もちろん私も悪いところはあったのですが、こちらも言い分はあってカッかしそうになりました。
こんなとき、これは否定的なことではなくて自分を成長させるために起きたことなんだ、その人が悪いわけではなく、自分をテストするために必要なことだったんだ、と思い直すことができました。

それでもときどき怒りの想念が沸々と起こってきますが、そんなときも、先ほどのことを自分に言い聞かせました。
それで自分の内面は、まだもやもやとはしていますが平静に保つことができました。
我ながらよくやれたと思います。

外面はうまくできても、内面は正反対ということがよくあります。
今回はほんとに内面の波動を乱さずにできました。
何となくやり方がわかってきました。

またきょうのことも、その人を悪く言うのではなくて、その人が上司でなくてよかったと、別のいい面を探して、いいほうに意識を向けるようにできました。
けっこうきびしいお試しでしたが、自分としては合格点をあげたいと思います。

何かコツがつかめてきた感じです。
これがあれば、何でもそこそこ対処できそうです。
せっかく上がってきた魂のレベルを下げないようにします。
by human-space | 2006-04-27 23:24 | diary | Comments(0)
昨日書いている途中で眠くなって、何とか結論までたどり着いたはずですが、何を書いたか記憶がなくなっています。
まだ仕事の遅い日が続いて、ちょっと睡眠不足気味です。
ちょっと心配だったので、今日読み返してみました。

自分で言うのもなんですが、我ながらいいことを書いています。
これはほんとに役に立つと思います。
自分でも忘れないように、しばらくして読み返してみたいと思いました。

それにしても人生の勝利者なんて、書いた記憶がありません。
ちょっと格好よすぎかもしれませんが、それくらいの価値はあると思います。
このことを日々忘れないようにします。
by human-space | 2006-04-27 00:33 | diary | Comments(0)
といっても目新しいものではありません。
このブログでも何回も書いてきたことです。
それが今日は実感として感じました。

それは意識を楽しいこととか、常に肯定的なことに向けておくというものです。
意識は油断するといつの間にか否定的なほうに向いています。
人も批判をしたり、文句ばっかり言ったりしています。

ほんと気がつけば、そんなことばかりです。
それでうまくいっていないと、いつも嘆いています。
でもちょっと冷静に考えてみると、この世界にはいいこともたくさんあることに気がつきます。

今日ちゃんとご飯を食べられました。
国によっては満足に食べられないとこともたくさんあります。
帰ってちゃんと寝るところもあります。

もっといくらでも肯定的なことはあります。
面白くないと感じるのは、面白くないことに意識が向いているだけです。
そうでない楽しいこともたくさんあります。

そちらに意識を向ければ、楽しい気分になれます。
理屈は簡単です。
ただそれだけです。

なんで今まで気がつかなかったんだろうと思います。
スピリチャルな本には、このことは書いてありました。
そのときもなるほどと思って、自分としてはわかったつもりでいました。

それが今実感している感じからすると、そのときはほとんどわかっていなかったと言ってもいいくらいです。
ただ理屈だけで納得していただけでした。
今はほんとに、このことはすごい強烈な武器になると思っています。

この人生を楽しく有意義にするための武器です。
弱気、不安、憎しみ、怒りなどの想念が浮かんできたら、それを感じてあとは別の楽しいことに意識を向けていきます。
そうすればそのような現実を引き寄せてきます。

心のなかに思っていることが、外側に現れてくるということです。
常に心を見張っていて、悪い想念がきたら、意識的に肯定的なほうへ意識を向けていきます。
その繰り返しです。

ほんと今日はそれを実感しました。
これさえ知っていたら、人生の勝利者になるのは間違いありません。
ほんとにそう思えます。
by human-space | 2006-04-26 00:24 | diary | Comments(2)
今日そんなことを感じました。
今日は説明会をやらなければならなかったのですが、人前は苦手で、すぐ舞い上がってしまっていました。
それが今日は落ち着いていて、自分としてはまずまずうまくやれました。

といってもそのこと自体が特別すごいことというのではなく、自分としてはうまくできたというだけです。
それでもこれは自分のなかでは、明らかな変化です。
確実によくなっています。

この時もいつもなら自分の順番が近づいてくると、どきどきしていましたが、今日は前の人の話を聞いて、この仕事に携われるのは幸せだ、という気持ちが起こってきたりしていました。
またこういう試練が起こってくるのは、それに耐えることができる準備ができたので、こういうことが起こってきたんだ、と思えました。
行きの電車の中で、大勢の人前で話すときも、へんに意識しないで二人で話すときのように、普通に話すときのようにすればいい、という想念が浮かんできました。

そうしているうち、気が楽になって、自然体で臨むことができました。
実際説明会でも、普通どおりうまくいったと思っています。
思っていたことはほとんど言えました。

あと思ったのは、このようなことは自分からバタバタしないでいれば、自然に起こってくるということです。
それもいい方向に向かっているような気がしています。
自我を出しすぎないようにしていたら、それが現れてくるというものです。

人生これから、いいように転がっていくような気がしました。
前世から決めていたのでしょうか。
それはともかく、風向きはよくなっているので、風の方向を間違わなければ自然いうまくいくと思っています。

自我を出しすぎないようにしていればいいだけです。
あとは宇宙が準備して、目の前につくってくれます。
自分は感謝して、目の前のことをやっていくだけです。
by human-space | 2006-04-25 00:53 | diary | Comments(0)
この前の斉藤一人さんの本に書いてあったことですが、これは日々役に立ちます。
なぜか完璧を求めていて、自分で自分を追いつめています。
元は誰でも神様なので、そういう傾向になりやすいのだろうと思いますが、人間になった限りは100点は難しいのでしょう。

最初から78点でいいと思うと、気が楽になりますし、一日終わって78点なら今日はこんなもんだと、自分を許すことができます。
今まで自分で自分の首を絞めていました。
自分で自分を苦しめていたということになります。

理屈がわかれば対処することができます。
最初から78点でいいと思えばいいだけです。
それなら毎日楽になります。

実際そう簡単に割り切れるわけではありませんが、それでもだいぶん楽になりました。
これだけでもかなり違います。
毎日ちょっとしたことはいくらでもありますから、これがどちらでもいいとなると、だいぶん違います。

今日もテニスの親睦大会でけっこうミスりましたが、78点ならまあいいか、という感じになります。
まだすっきりとはいっていませんが、それでもいつもよりかは違います。
今日はもういいので、また明日という気になります。
by human-space | 2006-04-23 21:12 | diary | Comments(0)
否定的なことを体験しな方法、何とこれは簡単なことでした。
いままでいろいろやってきましたが、ひと言で終わってしまいました。
つまりどんな体験でも、否定的なことではないと思うこと、それだけです。

どんなつらいと感じたことでも、それはつらくはあっても否定的なことではないということです。
人をからかっているのかと怒られそうですが、すごくまじめです。
ごまかされているように感じるかもしれませんが、これが真実だと思っています。

前にも言いましたが、この世界は常に神の意志に従って動いています。
ここはその神の国です。
もともと否定的にものなどありません。

否定的なことがあるのは、自我のなかにあるだけです。
自我がそういうふうに思っているだけです。
それ以外は神の愛に満ちあふれています。

それは自我が気づいていないだけです。
ですからすべきことは、直そうと外側に働きかけるのではなくて、内側の自我に対処すればいいだけです。
単純には自我が否定的と思っていることを、否定的でないと思えばいいだけです。

心から単純にそう思えれば、それで終わりです。
もちろんすぐにはなかなかそう思えません。
それでも最近本気でそう思うようにしています。

何かあっても、これは理由はわからないけれども自分に進化のために起こっているんだ、と思うようにしています。
ほんとに何もかもです。
例外は認めていません。

そうなると、この人生に否定的なことはなくなります。
起こるのは、進化のための出来事です。
これは残念ながら、楽しいことばかりとは限りません。

それでも否定的なことが起こらないと思うと気が楽になります。
どんなことも悪いことではないので、気にやむ必要がなくなります。
どんなことが起こっても、後悔する必要はなくなります。
by human-space | 2006-04-22 23:52 | diary | Comments(0)
もちろんこれで十分とは思いませんが、だいたい思っている感じでやれています。
未だに仕事は遅くまでやっていて、バタバタするときもよくありますが、それでも大きな波動の乱れは起こらないようになっています。
細かい上下はしょっちゅうですが、激しい感情は起こってきていません。

感情が小さいうちに処理してしまっています。
大きくならないうちに、収めてしまっています。
これなら楽にできます。

激しい感情になってしまったら、収まるの待つしかありません。
とてもコントロールはできません。
今まで散々やろうとしましたが、全然だめでした。

起こってきる出来事や人間関係を、すべて自分の成長のためにあるんだと、なんとか思えています。
それが自分のなかでは納得できています。
ぱっと見はとてもそうとは思えませんが、何か意味があると思うようにしています。

そしてその現実から逃げないようしています。
それは自分のために現れているのだから、逃げないで正面から受け取ったほうが、結局その体験が自分のためになります。
目の前のものを、ひとつひとつ体験していくだけです。
by human-space | 2006-04-22 00:12 | diary | Comments(0)
ここまで豪語しておきます。
我ながらよく言うものだと思いますが、こう言わなければ否定的なことを体験してもいいと、自分に言っていることになります。
そしたらそのような否定的なことを体験することになります。

もう否定的なことはさんざん体験したので、もういいです。
もう体験しなくていいです。
ですので自分で宣言します。

何かやけくそで言っているように思われるかもしれませんが、根拠が全然ないでもありません。
何か困ったことが起こりそうになると、いやこれは自分のために起こっているんだとか、いつもの「ありがとうございます」で、否定的になりそうなことを肯定的なことに変えることができるようになってきました。
まだ完璧にできているわけではありませんが、これでうまくやれるようになってきています。

これができるようになると、もう否定的なことを体験することはなくなるはずです。
ただの思いつきではなくて、実生活でいろいろやってみて、これはいけそうだと思えるようになりました。
内心勝算はあります。

ともかく実践です。
毎日、毎瞬が勝負です。
例外はあり得ません。

この神の世界に、そのとおり動いていないものはありません。
最初はこれを意識しながらやっていきます。
これが自然にできるようになれば・・・
by human-space | 2006-04-20 01:04 | diary | Comments(0)