ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2006年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日はこれくらい言ったと思います。
これは口に出してはなく、心のなかで言ってます。
心にもやもやしたことがあるときは、手っ取り早くありがとうございますを言います。

ともかく言ってみます。
言って悪いということはひとつもありません。
心のなかでどう処理したらいいかわからないときはこれです。

言っていると落ち着いてきます。
これは明らかな効果です。
これだけでも言う価値があります。

感謝するということは、認めるということです。
そのことを認めるということです。
すごく宇宙的なことです。

この2つのことはひとつのものからきていると思います。
そのひとつのものをシンプルに表現したいです。
それができたときはもう悟っているのでしょう。
by human-space | 2006-10-31 00:13 | diary | Comments(0)
いつも言っていることを一日意識していました。
自分の想念を見、今が大事だと思い、他のことを悪く言わないようにしました。
日曜なので、仕事に追われていなかったからできたというのはあります。

ただ意識していたからといって、素晴らしく平和に過ごせたというわけではありません。
落ち着いていた時間もありますが、怒りの感情がしばらく治まらなかった時もあります。
こんなときはどうしようもありません。

いったん激しい感情が起きてきたら、治まるまでやりようがありません。
意識的に気持ちを切り替えようとしてもできません。
ただ見て、それに取り込まれないようにしているのが精一杯です。

一日の間でだんだんとこういったことを意識している時間が増えてきたような気がします。
前は意識できているのは少しの時間だけで、あとは昔と全く変わりませんでした。
今はちょっとしたことでも、宇宙的な視点から考えられるようになってきています。

といっても雑念は次から次へと起きてきて、ちょっといやになってしまいます。
それでいつの間にかその雑念に意識がいってしまっています。
気がついたらまた意識するようにはしていますが、一日のだいたいの間はこんな感じです。

その雑念から抜けた時は、また宇宙的に考えるようにしています。
一日一日できる限り宇宙的でいるようにしています。
先の悟りの状態ではなくて、どんな状態でも今この瞬間こそが大切だと思っています。
by human-space | 2006-10-29 22:28 | diary | Comments(0)
これは当たり前のことですが、今日車の洗車をしているときそんなことを思いました。
心の平和を得るために、外側のものを得ても、それは次から次へと欲望が起きててきてきりがありません。
それを得て一時は平和になっても、またいずれ欲求不満になってしまいます。

やはり真の平和を得るためには、心のなかからそうなる必要があります。
外側がどうあろうと心のなかの問題です。
つまり外側に関係なく、自分だけでなることができるのです。

それはいつもやっている、すべてを受け入れることでこの瞬間にでもなれます。
今のままでいいと思えた瞬間、真の平和を得たことになります。
逆にこのままでいいと思えないと、いつまでたっても欲求不満の状態でいることになり、真の平和ではいられません。

逆説的ですが、良い状態になろうとしている間は、いつまでたっても平和でいることはできません。
それは今が悪いと言っているからです。
今が不完全だと思っているからです。

ですから、今の状態に関係なく、このままでいいと思うことです。
考え込むことはありません。
ただこのままでいいと思えばいいのです。

単純にそうできたら、その瞬間悟っていることになります。
悟りとはそんな身近にあるのです。
前にも悟りとは薄いベールに遮られているだけで、すぐ近くにあると思ったことがありました。

やろうと思ったらすぐできます。
ただ今までの思い込みが強くて、そう思えないだけです。
もともとは難しいことではありません。

こんなことを言っている自分はどうかといえば、これだけ毎日考えている割には完全に思い込めていません。
まあ言うまでもないことですが。
小さい時からのそのようには教えられていないので、なかなか変わりません。

それでも少しずつは変わってきているようです。
このブログでも書いていますが、現実に成果は出てきています。
やるだけのことはあります。

というよりか、この物質世界の縛りから抜け出るためには、それしかないようなのです。
真の平和を得なければ、いつまでたっても上がったり下がったりの繰り返しです。
そろそろこれから抜け出る時です。

この物質世界を楽しくためには、ここをクリアーする必要があります。
真の平和を得てこそ、この世界を楽しむことができます。
これこそ私の目指すものです。
by human-space | 2006-10-29 00:49 | diary | Comments(0)
近頃は割と落ち着いていたのに、今日は久しぶりにバタバタしてしまいました。
わかっているつもりではありますが、仕事の締め切りのことを考えると慌ててしまいます。
最後は開き直ってもういいやと、適当なところで切り上げました。

それから結局、画期的な方法が提示されて、そんなに慌てなくてすみました。
わかってなかったのは自我だけでした。
やっている時は絶対だと思っていますが、考えようでどのようにでもなるものです。

あと、今のプロジェクトが進んでいるのは、いろいろな人に支えられているということを意識しました。
自分がジタバタしなくても、うまく進んでいくと思えました。
個人というよりは、宇宙がやってくれているという気がしています。

自分がうまくやれなくても、誰かが修正してくれます。
それでつじつまが合うようになります。
どうもうまくいくようになっているようです。

ただの思い込みかもしれませんが、そんな気がしています。
ともかくうまく進んでいることに感謝しています。
ほんとに今の現状に感謝しなくてはと思います。
by human-space | 2006-10-28 00:33 | diary | Comments(0)
近頃は割と調子がいいです。
仕事は気になっていた問題が解決していっています。
結論が出ずどうしようかもやもやしていたものが、あるきっかけが起こって、それを起点に解決に向かっています。

それもちょうどいいタイミングで起こってきました。
まるでこの時を待っていたかのような絶妙のタイミングです。
この時でなかったたら、こうもうまく解決できなかったのかもしれません。

また昨日の飲み会も楽しくやれました。
別のどうということでもありませんが、飲んでいる間があっという間に感じるほど、わいわいと過ごせました。
あと電車のなかで寝込んでしまっていても、ちゃんと降りる駅の前では目が覚めました。

あと今日のテニスでは、じゃんけんで上手な人とペアになれ、おかげで3勝1敗でやれました。
内容はそれほどほめられたものではありませんが、散々な思いをすることもありませんでした。
ほんとついているという感じです。

これはありがたいことだと思います。
自分の力だけではないような気がしています。
感謝を忘れないようにしなくては。
by human-space | 2006-10-26 23:14 | diary | Comments(0)
相変わらず忙しい毎日ですが、バタバタする度合いが減ってきた感じです。
落ち着いているというほどではありませんが、舞い上がるようなことはなくなってきました。
これといってはありませんが、全体的によくなってきました。

それにだいぶん楽観的になれてきました。
心配事は次から次へと浮かんできますが、割と気にならなくなってきました。
これは理屈ではなく、何となくうまくいくと思えています。

これは思い込みかもしれませんが、もううまくいっている現実があって、その過程を今体験しているだけだと考えています。
本の読み過ぎの感もありますが、ちょっとほんとにそうだと思うこともあります。
必要なことが必要なタイミングで現れくる時は、何かあるのではないかと思えます。

といっても現実はあまりに細かくていやになってきます。
調整また調整の毎日です。
ひとつのプロジェクトをやるのは大事です。

それでも自分なりのやり方でやれているので、それほど苦にはなりません。
自分でもちょっと不思議なくらいです。
ともかくやることは目の前のことです。

先のことを意識しながらも、あまり考えすぎずやっていきます。
目の前の今やるべきことをやっていきます。
そうすればいつの間にか、目的に到達していることになるでしょう。
by human-space | 2006-10-24 22:58 | diary | Comments(0)
よくも悪くもいつもどおりの一日でした。
相変わらずバタバタ気味ですが、まずまずだったと思います。
仕事もそれなりに進みました。

行きの電車のなかでは、すべての出来事、すべてのものはスピリチャルであるなどと思っていあたのですが、仕事が始まるといつもどおりで、頭から飛んでいってしまっています。
こんなもんかもしれません。
ちょっとずつでも浸透していけばいいです。

今まで長い間かけて出来上がった古い心の岩盤はなかなか崩れませんが、ちょっとずつでもくさびを打ち込んでいればいずれ崩れていくでしょう。
懲りずに続けていきます。
先の悟りのことなど考えず、今を見つめていきます。
by human-space | 2006-10-23 23:32 | diary | Comments(0)
昨日は散々だったのに、今日は打って変わったような日でした。
今日はテニススクールの月例会で、ランダムに相手を変えて一日5試合くらいやっていきます。
秋に天気のいい日に外で一日テニスができるだけでも幸せなことだと思います。

そんな心がけがよかったのか、5試合の間ずっと集中が切れませんでした。
周りや試合の状況にとらわれることなく、一球一球に集中できました。
もちろん心のなかにいろいろな雑念が浮かんできますが、それを意識的に取り払うことができました。

腕が腕なので結果は2勝3敗でそれほどではありませんが、内容は自分としてはまずまず満足できました。
体力的にはけっこう厳しかったのですが、集中できているぶん心理的には楽にやれました。
終わっても気持ちのよい疲れが残るという感じです。

今日は一日楽しめました。
こんな日もあるのですね。
ありがとうございます。
by human-space | 2006-10-22 21:52 | diary | Comments(0)
今日は休みだというのにバタバタと落ち着かない一日でした。
現実そんなにバタバタすることはないのにこうなるのは、外側ではなくて内側が落ち着いていないからでしょう。
それにしても一日何をやっているやらです。

ちょっとしたことですが、感情のままに行動してしまいました。
わかっていても制御できませんでした。
激しい感情に対抗するのは容易いことではありません。

感情は前にも言ったように、人間に必要なものなので悪いわけではないはずですが、なかなか厄介なものです。
今のところはうまくやっていくしかありません。
このままでいいと思って、あまりあせらずにいきます。
by human-space | 2006-10-21 22:51 | diary | Comments(0)
相変わらず忙しく、あっという間に一日が過ぎてしまいました。
今思い返しても、何か宇宙的なことがあったか思い出せません。
自分なりには、そのときでやっているつもりではあります。

いつも朝の電車のなかで、今日のテーマのようなことを考えてはいるのですが、仕事が終わるころにはだいたい頭から飛んでしまっています。
今もあのとき何を考えいていたのか思い出せません。
まあ思い出さないのなら、今はその必要はないのでしょう。

必要な時は、そのとき思い出します。
最近はいい意味での行き当たりばったりになってきます。
出たとこ勝負というやつです。

といいながらも、けっこう心配性で先々に予定を気にしています。
神様はそんなことはしないのでしょう。
今は両方のバランスをとりながらやっています。
by human-space | 2006-10-21 00:42 | diary | Comments(0)