ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

プロジェクトの本番にあさってには突入します。
たいした準備もできていません。
いつもならこんな状態なら不安でどうしようもなくなるところですが、意外と落ち着いています。

実際はバタバタしているのですが、心の奥では落ち着いているような気がします。
不安もあまり起きてきません。
自分でも不思議なくらいです。

今まで理屈をいろいろ言っていますが、今回は理屈がなくて、ただ安心感があります。
もちろん全く不安がないわけでなありません。
ちょこちょことは浮かんできますが、このたいへんな時期のことを考えると異常に少ないです。

今までの成果が出たのでしょうか。
ともかく日々を体験をしていくだけです。
毎日を投げ出さずに、まじめに取り組んでいきます。
by human-space | 2006-11-30 01:01 | diary | Comments(0)
今日思ったことです。
前にもいったプロジェクトに思わぬ障害が起こって、どうしようかとずっと思っていました。
前にも後ろにも行けない状態で、一瞬絶体絶命かと思ったくらいです。

そんなとき誰も悪く言わず、こんな状況になったのは悪いことが起こっているのではなく、自分の成長のために起こっているんだと思うようにしました。
こういったことは神様が意地悪しているのではなく、その人が成長するためのチャンスを与えてくれているんだと思いました。
こういったことこそ、一気に成長するチャンスです。

今朝ラジオでいいことを言っていました。
大変な、という漢字は大きく変わると書きます。
まさにこのことを言っています。

あれからずっとこのことを貫き通しました。
途中何回も人のせいにしようとする想念が浮かんできたり、別のやり方があったのではないかと考え込んだりしました。
それでも最後はいやいや違う、これは自分のために起きているんだと思い直しました。

それで今日やっと結果が出ました。
何とかうまくいけることになりました。
ほんとに良かったです。

途中解決方法などはできるだけ考えないようにしました。
うまくいくのが分かっていたら、解決しようなどとは考えないですよね。
問題でないのだから、気にしないようにしました。

これらのことが功を奏したのか、もともとうまくいくようになったいたのかは分かりませんが、最後まで信念を曲げなかったのは我ながら良くやったと思います。
確かに成長したのではないかと思います。
ただ今は忙しすぎて、頭が痛くて、疲れているうえに眠いので実感が湧きません。

明日は疲れを取って、気持ちよい一日にします。
プロジェクトの終盤にかかって、この最後野忙しいときこそ気持ちに余裕を持ってやります。
ともかく一日一日です。
by human-space | 2006-11-29 00:51 | diary | Comments(0)
今日2度ほど絶妙なタイミングなことがありました。
一度目は打ち合わせを予定していたちょうどそのときに、偶然その関係者が現れました。
当初はうまく進まないのではないかと思っていたのに、おかげでとんとんと話が進んで、何とかやれそうなめどが立ちました。

そのあと自転車で前の事務所に行こうしていたのですが、雨模様でどうしようかと思っていました。
そしたら突然日が射してきました。
雨から曇りではありません。

雨からいきなり晴れました。
さすがにこれはすごいと思ってしまいました。
どちらも偶然といえば偶然ですが、私には何かあるのではないかと思えました。

今はうまくいくように動いているようです。
自分ではない力を感じます。
自我とは別の仕組みがこの世界にはあると思われます。
by human-space | 2006-11-28 00:49 | diary | Comments(0)
普段はデスクワーク中心なのでけっこう疲れます。
まあ何とかぼろぼろになれずやれています。
ともかくあまり考えないようにしています。

いろいろ心配は起きてきますが、切りがないし、心配しないでいたほうが心配するようなことが起きてきません。
といっても問題とおぼしきことはちょくちょく起きてきます。
そのときそのときで対応するだけです。

もう感覚でパッパと決めていきます。
現場なのでさっさと決めないと動いていきません。
これでいいと思っています。

体も疲れ、頭のぼーっとしてくるので、クリアーではありませんが、まあ今までやったことができていると思います。
ともかく今起きていることは悪いことではなく、自分が成長するために起きているんだということ、ですから他の人のせいではないということを貫徹します。
いつの間にか人のせいにしている自分がいますが、気がついたら修正していきます。
by human-space | 2006-11-26 23:09 | diary | Comments(0)
やはりプロジェクトは自我とは別の力で動いているように感じます。
それまでの段取りはしているのですが、ここでは私の力はなきに等しいです。
ある意味、気が楽です。

ひょっとしたら、これが神の感覚なのかもしれません。
自分がしなくても周りが動いてくれる、こんな感じです。
これが神としても感覚の一部ではないかと思いました。

それはともかく現場でいるとトラブルや不安が起きてくるのですが、あまり自分では考えないようにしています。
そうしていると、周りが解決してくれます。
最初は自分が何とかしなくてはとバタバタしていましたが、それをやめてみると周りがちゃんとやってくれます。

明日からもしばらく現場が続きます。
これからどうなるか見ていきます。
こういったとき神ならどうするかと、考えながらやっていきます。
by human-space | 2006-11-25 23:12 | diary | Comments(2)
山は越えたと思っていましたが、今日もまた厳しいヤマ場がありました。
一瞬、絶体絶命かと思ったくらいです。
だいぶ進化したような気がして、少々のことでは大丈夫だと思っていました。

それが、お先真っ暗な気がして、めまいがしそうでした。
誰のせいで何でこんなことになったんだろうと、考えました。
何が問題だったのだろうと考えました。

うじうじと解決策を考えましたが、とてもクリアー出来そうもありませんでした。
前にも後ろにも行けないような気がして、どうしようもない気がしました。
こんなときゴングに救われる感じで、昼休みに入りました。

そこでじっくり考えてみました。
ここでジタバタしたのでは、今までやったことが何もなくると思いました。
これでは元に戻ってしまいます。

これはもう行くしかないと、今までやったこと思い出しました。
人を悪く言わない、人のせいにしない、こんな状況は否定的なことが起きているのではなくて、自分を成長させるためにある、と自分に言い聞かせました。
すごい成長の機会が与えられいるんだ、と肯定的に考えました。

そしてこの問題を解決しようと否定的な行動するのではなくて、今からやることは成長するためにやっているんだと、肯定的な行動をしました。
昼休みのあいだ頭を切り替えて、積極的に動こうとしました。
そしたら担当のほうから、策を考えてみるからとの連絡がいりました。

最初にこの話が出たときは、まず無理という返事でした。
それが問題解決をしようとしているのではなくて、自分が積極的に動くことを決断したとたん、肯定的な状況が起こってきました。
やはり心の動きが、現実となって現れてくる感じです。

それにしてもこのプロジェクトは、うまくいく気がしています。
そういうふうに宇宙が動いている感じです。
も私の手から離れています。

私がないもしなくても、うまくいくでしょう。
もう動き出しました。
あとは宇宙がやってくれる気がしています。

たいへんだったけれども、明日もやります。
もう後戻りはできません。
明日も想念に負けないようにします。
by human-space | 2006-11-24 23:56 | diary | Comments(0)
明日からプロジェクトも大詰めです。
やるべきことはやって、あとは現場の作業にはいります。
しばらく現地対応が続きます。

やるべきことはやったつもりでも、次から次へと不安が起きてくるのが普通です。
それがこれからのことが楽しみで、嬉しい気持ちが起きてきています。
今日も仕事にいって、帰りの車のなかでいつもiPodで音楽を聴いているのですが、今日は嬉しい気持ちが強くて音楽を聴く気がしませんでした。

しばらくその嬉しい気持ちを味わっていました。
こんなことは思ってもみませんでした。
不安も全然起きてこないわけではありませんが、あまり起きてきません。

起きてきても、うまく処理出来ています。
この前の厳しいことを思うとたいしたことありません。
やはりプロジェクトそのものより、その過程を通じて人間として成長することが大事だったのでしょうか。

もう少々のことでは、どうのこうのというのはありません。
すべては自分のために起きていると思うことができます。
これこそが一番必要なことだということのようです。
by human-space | 2006-11-24 00:08 | diary | Comments(0)
昨日のが効いたのか、朝から気分がすっきりとしていました。
心の構造が変わったのではないかと思いました。
心の芯がしっかりとしていて、想念が起こってくるところがその表面上で、想念が心に占める割合が小さくなった感じです。

ですから、想念がいろいろ浮かんできてもそれほど気にならなくなりました。
今まではすぐ想念が心のなかいっぱいになっていました。
その想念にはまっていました。

それが客観的に見れています。
今日も昨日の続きで、たいへんな状況だったのですが、スリルを楽しむという感じでいれました。
平静でいれました。

昨日やった誰も悪く言わず、どんな状況も自分のために起こっているんだと、ということを貫きました。
そしてこの宇宙を信じて、ジタバタしないようにしました。
といってもやるべきことはしました。

そうしたら締め切りの10分前に、そのたいへんな状況を解決することが出来ました。
ほんとにぎりぎりです。
ここまで追いつめられなくてもいいのにと思ってしまうくらいです。

自分でもよくやったと思うのは、このぎりぎりまの最後まで、自分の方針を貫けたということです。
外側の現実のプレッシャーに負けて、他のもののせいにしたりはしませんでした。
これは結構な自信になりました。

こんな状態でも宇宙の法則を信じられたのは、自分でも本物でないかと思います。
これでこれからの人生でも、このことが使えることがわかりました。
この方向が間違いないと思えました。

あと今日はうまくいったからといって調子に乗りすぎないようにしなくては。
ありがとうございます。
これは間違いなく自分がやったのではありません。

自分の力ではなく、宇宙がやってくれています。
自分はただすべきことをしただけです。
このやり方でいいことが分かりました。
by human-space | 2006-11-23 00:44 | diary | Comments(0)
今日おかれている状況で、これだけは守ろうとしていることです。
今たいへんな状況です。
今日にはけりがつくと思われたことがまだ結論が出ていません。

こんなとき悪く言いたい人が出てきます。
この人のためにこんなになっているんだ、ということです。
どう客観的に見ても悪い人だと思えます。

そんな時でも、悪く言わないようにしました。
外側だけでなく、心のなかでも悪くいわないようにしました。
といっても、悪く思う想念は次から次へと浮かんできます。

ただそれに乗らないようにしているだけです。
その人が悪く思えるけれども、ほんとうは自分が成長するためにこういう状態をつくり出しているんだ、自分が選んだことなんだ、と思うようにしました。
書くのは簡単ですが、実際にそう思うのはたいへんなことです。

ここまで自分を追い込む必要があるのだろうかと思います。
ほんとにつらいです。
どうなることかと思ってしまいます。

そうして頑張っていると、ふとこれはたいしたことではないという想念が浮かんできました。
今までたいへんなことだと思っていたことが、それほどのことではないと思えました。
そして心が楽になりました。

いってもこれはほんの一瞬のことで、あとまたもやもやしてきました。
それでも一瞬何かをかいま見た気がします。
これは一種の悟りの状態?

それはともかく、このことの外側の結果より、自分の内側で妥協をしないことが重要だと考えています。
外側に結果がどうなるかは分かりませんが、絶対に内側では妥協しません。
今まで何回もいっていますが、今こそが成長のチャンスだと思っています。


ここで元に戻ってしまっては、何もなりません。
今までやったことが、水の泡になります。
ここは絶対に踏ん張ります。

内側は守りきりますが、外がはがどういう結果になるかは分かりません。
どうなるかは本当に分かりません。
ともかくはうまくいくはずです。

そういうふうにセットされているような気がしています。
そのことを信じています。
神を、宇宙を信じています。
by human-space | 2006-11-22 00:32 | diary | Comments(0)
今やっているプロジェクトが最初のクライマックスにかかっています。
今がある意味一番たいへんなときです。
ひとつの決断を下すときです。

こんなときこそ今までやったことを応用してやっていきます。
こんなときこそ一気に成長するチャンスだと思っています。
こんなときこそジタバタせずにどかっと座っているつもりでやります。

明日には結果が出ます。
もうやるべきことはやりました。
あと自分がすることはもうないです。

あとは宇宙に任せておきます。
あとは自然と流れていくはずです。
私はもう何もしなくていいはずです。

いま宇宙を信じられています。
証拠に今落ち着いていられています。
今までだったら、心配で眠れないでしょう。

それにしても現実は厳しい修行の場ですね。
それを乗り越えてこそ、成長していくのでしょう。
私は成長することを選択します。

これはプロジェクトの成功そのものより、私の成長にためにこの場があるのではないかと思います。
どうもこんなことを私が選んできたいうことなのでしょう。
私にとってこれが一番ベストのことだということみたいです。
by human-space | 2006-11-20 22:49 | diary | Comments(0)