ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2007年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

できるだけ意識を内側に向けておこうと思っています。
実生活を送っているときは、なかなかそういうわけにもいきませんが、それでも気がついたら内側です。
そのとき先入観を持たないで等身大の自分に向き合うようにします。

特にスピリチャルなことをやっていると、自分が特別な気がして、実際以上に思い込んでしまうことがあります。
これは気をつけなければなりません。
知識はどんなに持っていても、それが使えなければ意味がありません。

知識があるというのと、わかっているのとでは全然違います。
ですから自分をよく見つめて、頭だけなのか、本当にわかっているのか見極めなければなりません。
頭だけの知識なら、あてにならないので、現実的によく考えてやらなければいけません。

本当にわかっているならば、その感覚を信頼して行動できます。
大胆なことでも大丈夫です。
現実は今すべてのことがわかっているわけではないので、それを区別してやっていくことになります。

人生このことを続けていくということです。
生涯変わらない基本的なやり方です。
そうすれば大胆かつ平静な人生が送れます。
by human-space | 2007-03-31 12:42 | diary | Comments(0)
昨日何とかしようとジタバタしないと決めたことを守って、最低のやることはやるけれども、あとは気にしないことにしました。
そしたら気にしていたことが締め切りの30分前にできました。
ほんと何とかなるものです。

確かに頭の中では心配していませんでした。
そうしたら心配しなくてもいい現実が現れました。
もっと早くからできなかったかと思いますが、何とかなってよかったです。

こういったことも、自分の成長のために起こっているんだと思うようにしました。
そうすると心が落ち着いてきて、それほど気にならなくなります。
その精神の安定した状態が、何も問題のない現実をつくり出してくるのだと思っています。

常に心を見張っていて、できるだけ落ち着いた状況にするようにしています。
今までやったことを心に言い聞かせています。
ちょっとしたことですが、けっこう成果が出てきているような気がします。
by human-space | 2007-03-30 22:14 | diary | Comments(0)
年度も押し詰まってきて、さすがに仕事も何とかしなくてはということがあるんですが、ここは頑張ってやるというのではなくて、頭の中を切り替えて、それを問題ではないと思うことで、問題でなくすというのをやっています。
自我は何とかしなくてはと、いろいろ考えたりバタバタしようとしますが、問題でないと思うことで、それがいつの間にか問題でなくなっているということです。
これは今までの経験からも使えます。

何でもないと思っていると、いいアイデアが浮かんできて問題が解決したり、現状は変わらないけれども、それが問題と思わなくなって気にならなくなるということが起こります。
今回もそれをやっています。
それを問題と思うのでなく、自分の成長のために起きているんだと思うことで、そのことを肯定するようにしたりもしています。

どうしたらその時の問題と思われることがうまくやれるか、今まで勉強したことから考えてやるようにしています。
これらは日々の生活で役立っています。
毎日がちょっとしたスピリチャルタイムです。
by human-space | 2007-03-29 22:18 | diary | Comments(0)
昨日今日とマイナスなことが起こりません。
といっても今朝は久々の二日酔いで体はかなりしんどかったです。
昨日の送別会でもいやな思いをすることもなく、今日も精神的にはマイナスなことは何もありませんでした。

もちろんずっとということはありません。
いやな思いをしても、自分が成長のためにあるんだと思うようにしています。
といってもそのときは最悪のように感じます。

なかなかそう簡単に切り替われるわけではありません。
それでも全体的に今週はいい感じできています。
問題があると思うことがあっても、いやそれは大丈夫、何とかなると思えています。

そんなときは実際何とかなるものです。
精神的に安定していれば、現実もマイナスなことが起こりません。
周りのことをどうこう考えるよりも、まず自分の内側です。
by human-space | 2007-03-28 21:48 | diary | Comments(0)
この前読んだ小林正観さんの言葉からきています。
ミスしてもそれを修正していけるのが人間の特質なのだから、ミスを恐れることはありません。
ミスしてはいけないと考え過ぎなくていいのです。

ですから等身大でいればいいのです。
へんに知識ばっかりで頭でっかちにならないようにしなくてはと思います。
普通にしていればいいのです。

何かやらなくてはと、あまり力み過ぎる必要はありません。
いま自分がやりたいようにやるということです。
何でも好き勝手していいというわけではありませんが、自分を高めようとしている人にはいちいち言わなくてもわかると思います。

地に足をつけるということです。
スピリチャルなことを気にかけている人ほど、考え過ぎる傾向にあるようです。
私も人のことはいえません。

ちゃんと現実的に考えて、現実的に行動していきます。
スピリチャル的なことはつねに意識しながら、ちゃんと行動するです。
面倒くさがらないで、毎日やっていくだけです。
by human-space | 2007-03-26 22:47 | diary | Comments(0)
ついに欲しかったスキーの板を買ってしまいました。
中級クラスのそんなにいい板というわけではありませんが、、自分としてはちょっとした買い物でした。
最近物入りも多く、これは単なる物欲ではないかと思うとなかなか踏み切れませんでした。

そろそろスキー板も店頭から消えようとするギリギリになって、やっと決断できました。
結局最後までこれが単なる物欲か、本当に自分に必要なものか、はっきりした確信が持てませんでした。
ともかく最後はえいやー、で決めました。

よくわかりませんがはっきりしているのは、これがあることで心が喜びの気持ちになるということです。
これで来年に向けて楽しみができました。
来年の冬がくるのが楽しみ。(^^;

この世界にいるうちは物質と精神のバランスが必要だと思われます。
物質に偏ると今起きているような問題が起きるし、精神主義ばかりでは何のためにこの世に生まれてきたかわからなくなるし。
まあそのバランスが取れるようになれば生き神様ということになるのでしょう。

この前の出張のとき気付いたように、間違ってもいいから背伸びせずやっていくのがいいのではないかと思います。
やりたいようにやる、それで間違いに気がつけば直せばいいということです。
人生この繰り返しということでしょうか。
by human-space | 2007-03-25 22:57 | diary | Comments(0)
今日はテニスのサークルの日でした。
17時から21時までなのですが、集まりが悪かったので、しばらく一人でサーブの練習をしていました。
今日は人がそろわないのではないかという心配もありましたが、気にしないようにして黙々と練習していました。

それからぽつぽつと人がそろい始め、何とか最後までやれました。
あと今日はボールに集中できました。
やっているときいろいろな雑念が浮かんできますが、うまく追い払うことができて、集中を保てました。

精神的にちゃんとしているときは、結果もついてきます。
まあ練習なので、どうこういうことではないのですが、自分の中では満足できました。
ミスも少ないうえ、思い切り打てて、気持ちよくやれました。

雑念が多くて、それを振り払わなければ集中できません。
まだまだ頭の中がすっきりしているわけではありませんが、何とかやりくりしています。
ともかく先のことは考えず、日々やっていくしかないですですね。
by human-space | 2007-03-24 23:55 | diary | Comments(2)
昨日今日と急に東京に出張に行くことになりました。
久しぶりの東京で、いろいろな体験をすることができました。
やはり人の多さは尋常ではないですね。

ホテルの最上階のレストランから見た夜景はすごかったです。
あまりに美しいのとそのビルの多さに見入ってしまいました。
人が多くなりすぎて、もう人間の本来生の限度を超えてしまっているのではないかと思いました。

前日に新幹線のなかで何か読むものはないかと探していた時、ふと小林正観さんの「宇宙を味方にする方程式」が目に留まりました。
前に読んだ時よかったので、もう一度読んでみようと鞄のなかに入れておきました。
新幹線に乗ってすぐ読み始めたところ、いきなりガツーンです。

第1章の初めにこう書いてあります。
「ミスを犯しながら学習していくのが人間のすぐれている点なのだから完全主義者はやめよう」
そうだったのか!です。

ちゃんとしようと思うと、できないことを考えてしまうため、不安が起きてきてしまいます。
自分では完全主義者だとは思っていませんでしたが、いつの間にかそのようなことを思っていました。
ちゃんとできなくていいんです!

ミスをするのが普通なのだと思うと、気が楽になりました。
ミスをすればそれを修正していけばいいのです。
人間はそういうやり方が普通なのです。

最初から完璧にはできないのです。
神様でないのですから、当たり前ですね。
何でこんなことに気がつかなかったのだろう。

このことに気がつくために、この出張がセットされたのではなかと思ったくらいです。
ほんと必要なときに必要なことが起きてくるのですね。
何とかしなくてはとジタバタしなくてもいいのです。

やりたいことをしていればいいのです。
と、わかったような気になっていったら、帰り際にちゃんと調整できました。
新幹線の中が込んでいて、私は座れていたのですがイライラしてしていました。

東京駅は始発なので早くから並んでいれば座れます。
そういった考えがあったので、立っている人を見ると落ち着かないのです。
別に替わってくれと言われているわけではないで、気にする必要はないのです。

そんなとき次の乗り換えた列車で、若い女性があっさり席を譲っていました。
ああまだまだ偉そうなことを言える状態ではないな、と思い知らされました。
その女性は何の躊躇もなく自然にしているように見えました。

私はまだまだ心のなかがぐちょぐちょしています。
でも考えてもすぐにはどうしようもないので、目の前のことをやっていくだけです。
こう思えるのはちょっとは進歩した?
by human-space | 2007-03-23 22:49 | diary | Comments(0)
と思ってやってます。
何か怖い思いをするかもしれないとどうしようかと考えていても、いやもうたいへんな思いをすることはないと進んでいきます。
まあほんとに無茶なことをしているわけではありませんが、ここずっとひどい思いをしたということはありません。

そう思ってやっていくと、それほどでもなかったていうことが多々あります。
ちょっと心配しすぎているだけかもしれませんが、そんな時もうたいへんな思いはしないと思うと、ほんとにその通りになります。
やってみたらそれほどでもなかったという感じです。

今週はまた月火と飲み会でしたが、しんどい思いをすることもなく、まずまず楽しくやれました。
飲み会をあんまり得意としていない私としては上出来です。
またテニスも楽しめているし、ちょっとたいへんな仕事をやらなくてはと思っていたら、変わってくれる人が現れるし。

全体的にスムーズに流れています。
もちろんちょっとしたことは、いくらでもあります。
全く何もないってことはありません。

ともかく感謝するようにしています。
ありがたいことです。
まずはこの調子でいきます。
by human-space | 2007-03-21 20:39 | diary | Comments(0)
昨日元気だったのはアドレナリンのせいだったのでしょうか?
あれだけテニスをやったので体はかなり疲れているはずなのに、夜なかなか寝付けませんでした。
それからも夜中に何回も目が覚めました。

次が日曜日だったのでよかったのですが、そうでなければ体は疲れているうえに寝不足でぼろぼろになるところでした。
やれやれです。
どうもここは頑張りどころだと、脳がアドレナリンを大量に放出したようです。

昨日はもちろんやらなければとは思っていましたが、そんなに力んではいなくて、やれるところまでやれればいいやとくらい思っていました。
それでもその気持ちに脳が反応してうまくやれるようにしたようです。
それも考えてみればすごいことで、高性能のロボットのようです。

やらなければいけないところでは、自動的に出力をあげるのですから。
この肉体はこの世界を楽しむためのよくできた機械のようです。
維持するのがたいへんではありますが、この機械を使って楽しんでいきたいと思っています。

今日は昼からは体を休めてやりました。
得意の昼寝です。
これからも頑張ってもらわなければいけないので、大事にしなくてはね。
by human-space | 2007-03-18 21:12 | diary | Comments(0)