ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

近ごろ水晶のブレスレットをするようになりました。
うちのものが持っていたものを進められたとき、ふとつけてみようと思いました。
こういったグッズにはほとんど興味がなかったので、自分としてもびっくりしています。

今回はなぜか肩こりに効くような気がしました。
左肩がひどくこっているようで、肩がぽきぽきなります。
ビートたけしがよく肩をまわしていますが、あんな感じです。

何日がしてみましたが、残念ながら肩こりがよくなったということはまだありません。
まだ慣れていないせいか、朝つけるのを忘れてしまうこともあります。
しばらくは様子を見てみようと思います。

ほんと自分としては珍しいです。
こういうものはあまり信じないほうですから。
何で今回つける気になったのかよくわかりません。

心が自然にその気になったのは、何か今がその時期なのでしょう。
自分の直感を信じます。
さてどうなりますことやら。
by human-space | 2007-11-30 22:24 | diary | Comments(0)
今日のテニスはイマイチでした。
だいたいこうして良かった悪かったのと、気持ちがあがったり下がったりしている事自体が、現象にとらわれているということなので、あまりいいことではありません。
わかっているつもりでも、いつもながら気になってしまいます。

テニスは結果が白黒はっきり出るので、そのときの精神状態がもろに出てしまいます。
ごまかすことができません。
ましてや強い人とやっているので、集中が落ちるとぼろがすぐに出てしまいます。

近頃やっと上手な人との練習になれてきて、精神が張りつめなくも何とかなってきました。
ちょっと余裕が出てきました。
前は必死になって集中しようとしていたので、その分何も考えず集中できました。

それがちょっと余裕ができると、いらないことを考えるのかうまく集中できません。
そうなると結果はすぐでてきて、今日はちょっと情けなかったです。
おかげで気分もすっきりせず、気持ちよく終われませんでした。

スポーツの爽快さはどこへやらです。
それでも冷静になって考えてみれば、少しは気楽にやれるようになってきました。
腕も少しは上がったのでしょう。

また試合のときのサーブの問題点にも気づきました。
やはり試合になると緊張するのか、腕だけでラケットを振っていて、体が使えていませんでした。
しまったしまったとばかり考えていないで、落ち着くようにしていたらいい考えが浮かんできました。

この3次元で生活するには、理屈でわかっているだけでは現実化の助けにはなりません。
今の精神状態が問題です。
今どういう精神状態にいれているかです。

それによって現れてくる現実が決まります。
周りのものに振り回されないよう、自分の心の状態をキープしておかなければいけません。
常に意識的でいて、あらぬ方向に進まないように見張っていなければいけません。

この世界はなかなか手強いです。
油断禁物です。
現実は上がったり下がったりしながら進むしかないですね。
by human-space | 2007-11-29 23:37 | diary | Comments(0)
調子がそれほど悪いという訳ではないのですが、この前わかったような気にっているわりには代わり映えしません。
だいたいいつも意識的ではいれるのに、気分がすっきりしません。
とても神意識などほど遠いものがあります。

こういった不満が起きるのも、感謝する気持ちが足りていないのはわかるのですが、なかなか思ったように改善できません。
プチスランプでしょうか。
まあこの程度ではスランプというほどのことはないと思いますが、ちょっと行き詰まりを感じています。

このままの状態が続くのだろうかと思ってしまいます。
ただどんなときも目の前のことをやっていればいいと思っています。
今のこの状態こそ、自分の成長のために一番いい状態であるはずです。

まあ考えすぎないようにして、自分の内なる情熱に任せてみます。
これこそ自分の進むべき道です。
投げ出さないよう、毎日を大事に生きるだけです。
by human-space | 2007-11-27 20:44 | diary | Comments(0)
昨日わかったようなつもりでいましたが、現実の生活は全然変わりません。
わかったような気がしているのは理屈だけで、本当はまだわかっていないのでしょう。
当たり前ですが、一日でぱっと変わるというのはなかなかありません。

それでも理屈がわかっただけでも、何かあったときの心の支えにはなります。
向かう方向が見えているので、大きく道を外れるというのはありません。
現実はあちらこちらぶつかりながら進んでいく感じです。

こうやって迷っていると感じるときは、感謝を忘れています。
そういうときは、今の状態をありがたいと思うようにします。
たいへんだと思うときでも、もっとひどい状態の人はいます。

それを思えば、まだまだありがたいはずです。
今そのことを考えています。
またまた忘れていました。

ほんと何回、何回やっても、性根にいらないですね。
人間の特質ですかね。
今また思い直します。
by human-space | 2007-11-26 21:13 | diary | Comments(0)
「バシャール スドウゲンキ」VOICE社を読みました。
久しぶりに高揚感を味わいました。
近頃は知識に偏らないようにするために、意識してこの手の本は読まないようにしているのですが、今回は広告を見てすぐ買ってみようと思いました。

今はこの本を読む時期が来ていたのでしょう。
バシャールは「ワクワクすることをする」という流行語?の発信者ですが、今回読んでみてこの本来の意味がやっとわかりました。
これこそがスピリチャルの本質でした。

スピリチャルの本質は、スピリットを成長させることです。
魂を成長させるためには、今あることをいったん忘れてそれを思い出すことで、成長のスピードアップができるということです。
思い出した!という体験は魂にとっても大事なことのようです。

闇を知らなければ光を理解できない、そのためにわざわざこの制限のある状態に生まれてきたということです。
ですから今の悟っていない状況にいるということです。
今のままでいいということです。

具体的にはワクワクすることをすればいいということです。
情熱に従って生きることで、スピリチャルな成長ができるということです。
ワクワクすることこそ、ハイヤーセルフから「自分自身になる」ためのサインなのです。

それは瞑想かもしれませんし、ヨガかもしれません。
また人によっては絵を描くことかもしれませんし、何かのスポーツかもしれません。
それは自分自身の内から起きてくるもので、人によって違います。

そして頭で考えているだけでなく、実際に行動することです。
行動して、ああわかったと体験することで、魂の成長が得られるということです。
この情熱によって生きることこそ、スピリチャルなのです。

つまり現実の毎日毎日の生活が大事だということです。
今日はこの本を読んですっきりしました。
今までやってきたことが、あっているとわかりました。

この現実でシンクロニシティが増えてくると、ハイヤーセルフと調和してきているサインだそうです。
昨日のテニスのメンバーが集まってくるタイミングを思うと、シンクロニシティが起こっているのではないかと思います。
少しは成長してきているのでしょうか。

またこの本には興味深いことがいろいろ書かれています。
2013年からパラレルワールドが加速されてきて、ポジティブな世界とネガティブな世界の分離が進むそうです。
あまり考えすぎることはないと思いますが、やはり日々の生活をちゃんとやっていかなければと思います。

ポジティブな世界では2033年には地球外生物と公式な接触が始まるなど、かなり具体的なことが書かれています。
経済、政治のことなど、現実的なことも書かれています。
ほんとに興味深いです。

あと面白かったのは、情熱に従って今を生きていると時間を作らないので、年を取らないとというのがありました。
本来は時間はないのに、人間が時間を作り出してしまっているということです。
確かに興味があって一生懸命になっているときは、時間を感じないときがあります。

ひょっとしたらそうかもしれないと思いました。
ともかく自分の感じるように生きよう思います。
今日は今までの自分の考えを再認識できてよかったです。
by human-space | 2007-11-25 22:13 | diary | Comments(0)
土曜日はいつもの体育館でのサークルのテニスです。
元々メンバーが少ないので、ぎりぎりでやっています。
今日は早々に3人が来れないことがわかって、夕方5時から1時間くらい一人でサーブの練習をしたり、ぼーっとしていました。

今日はさすがにダメかなあと思っていたら、いつもは遅く来る人が早く来てくれたり、しばらく来れていなかった人が来てくれたりして、何とか4人そろいました。
ほんと何とかなるものですね。
ありがたいことです。

今日は特に助けられている、と思いました。
誰かが何とかできるよう、手を回してくれているのではないか思ってしまいます。
ほんとにいつもぎりぎりで何とかメンバーが揃うのです。

ちょっと不思議な気がしています。
ともかく自分のとしては心配はしないようにしています。
神様はこんなときもじたばたしないだろうと思って、自分もじたばたしないようにしています。

これだけお膳立てをしてもらっているのに、肝心のテニスの方はいまいちでした。
一生懸命集中しようとしましたが、集中しきれず、内容もいまいちでした。
気持ちよく汗をかいたとはいえませんでした。

この前はうまくいったのに今日はダメでした。
なかなかすんなりとはいかないですね。
今日はうまくいかないような必要があったのでしょうか。

それでも今日はテニスができただけでありがたかったです。
宇宙のおかげと思っています。
ありがとうございます。
by human-space | 2007-11-24 22:17 | diary | Comments(0)
大阪のホテルを探そうと一休.comを見ていたら、こんなのを見つけました。
ここに出ている皆川賢太郎さんは、トリノオリンピックのスキーのスラロームで4位入賞しました。
たしかメダルまで100分の数秒差まで迫っていたと思います。

スキーに興味があったので何となく見ていたのですが、それぞスピリチャルなことだと思いました。
スピリチャルというと、瞑想や前世とか霊などそれらしき現象的なことばかりに目がいってしまいますが、現実の生活に即したことそことが大事だと思います。
もちろん現象的なことにも興味がありますが、この生活に生かされいないのでは意味がありません。

皆川さんが怪我をするまでは、スキーをすることが当たり前で、それができることの有り難みがわからなかったとか、人間としてちゃんと生きるようになれて競技に集中できるようになったとかありました。
またそれで人に左右されることもなくなって、ゆとりができてきて競技に対したも穏やかになったそうです。
それと頂上に登ろうとするのにも、それまでは最短距離で登ろうとしていたのが、周り道をしてもいいし、1回おりてからまた登ってもいいというふうにあわてないで登ればいいと思うようになったそうです。

それは頂上に登ることだけが目的ではなく、その過程を楽しみながらやっていくというように考えたのだと思います。
それはまるで人生の生き方そのものです。
悟ることが目的ですが、その過程を楽しむことこそ、一番大切なことです。

今この悟っていない状況で、いいということです。
そのためにわざわざこの面倒な3次元世界に生まれてきているのですから。
この毎日毎日が大切だということですね。

怪我という一見マイナスにみえることも、長い目で見れば必要なことだったとわかります。
楽しいことばかりが人生ではありません。
すべては自分の成長にためにある、ということのようです。
by human-space | 2007-11-23 16:38 | diary | Comments(0)
今日も一日意識的ではいれたのですが、ちょっと空回りしていて、すっきりしていませんでした。
あと夜いつものテニスでは、割とがんばれました。
寒くなってきたせいかメンバーが少なくなってきて、今日も私をいれて4人でした。

おまけに来ているのは上手な人ばかりなので、ついていこうと自分としてはかなりがんばったつもりです。
最後の試合も自分のサービスゲームは2回ともキープできました。
それだけでも満足です。

近頃は精神的に安定しているせいか、すっと集中できています。
集中できているので、いい結果につながっているのでしょう。
凡ミスも少なく、自分からもいくつかポイントがとれました。

しんどかったですが、スポーツは体にもいいし、気分も乗ってきます。
寒いなか出かけていった甲斐がありました。
じっとしていたら何も起こらないですからね。
by human-space | 2007-11-22 23:16 | diary | Comments(0)
今日もイライラすることがあって、感情的にならないよう修正するのが大変でした。
今までの理屈からではとても容認できることではないのですが、どんなことでも自分の成長のために起きているんだと思い込むことで、脳のなかで感情の化学反応が起きないようにしました。
おかげでだいたい一日を通して平静でいれました。

ほんとにこのスピリチャルな考え方がないと、世の中は矛盾だらけと思えてイライラすることばかりになってしまいます。
これがあると一日無事終わることができるようになる気がします。
そうでなけでば、この世の中どうなるか見当もつきません。

お金を貯めたり、保険に入るよりこのスピリチャルな考え方を実践する方が、安心でいれます。
これができていれば、とんでもないことは起こらないような気がします。
マイナスなことを外に出さなければ、自分にも返ってこないでしょう。

日々できるだけ平静でいるようにします。
感動することはあっても、感情的にはならないようにします。
ともかく意識的にいれれば何とかなります
by human-space | 2007-11-21 22:20 | diary | Comments(0)
よくも悪くも同じような一日です。
意識的ではいれたけれでも、特に何もないという感じです。
まずまずで、大きな不満はありません。

といっても、これはというものもありません。
ちょこちょこと、いいこともありました。
これでいいのでしょう。

何度も言っていることですが、今が一番と思うことです。
今が一番大切だということです。
ですから先にいいことがあって、今はたいしたことではないと思わないようにします。

今をなおざりにしないようにします。
今を一生懸命生きるようにします。
これが自然にできるまでは、何回いってもいいです。

しつこいくらいやる必要があります。
できるまでやります。
このことを常に意識していきます。
by human-space | 2007-11-20 21:29 | diary | Comments(0)