ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2008年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

またこの前の小林正観さんの本に書いてあったことですが、普通にできているだけで幸せと思うことです。
ほんと基本的なことです。
歩けている、目が見えている、耳が聞こえる、ご飯が食べれる、仕事がある、家があるなど当たり前にできていることを見直してきます。

これらのことは当たり前で、普段は意識することはありません。
考えてみれば、これらのことはできない人もおり、できない人から見れば、できているということはどれだけ幸せなことかと思います。

このことに感謝するようにしなければと思います。
感謝できれば、自然に幸福感が起きてくるでしょう。
普通にいられることを、感謝するです。

これができれば、人生をうまく生きることができます。
このことを根底に思っている人は、いつも幸せでいれるからです。
このことを忘れないように、いつも意識的でいるようにします。
by human-space | 2008-02-06 21:42 | diary | Comments(0)
いつもの20分体操をしているとき、特にストレッチの時は、自分の体とコミュニケーションしながらやっています。
無理をしすぎず、ちょうど気持ちのいいところを感じながらやっています。
そうしているうち、自分の体がいとおしく感じて、大切にしなければと思うようになってきました。

前は全然そんなこともなく、行き当たりばったりで、やれるところまでやるだけという感じでした。
慢性の腰痛もありますし、あまり調子がいいとは言えません。
それでもきれいな話ではありませんが便通はいいほうですし、まあ何とかやれていました。

体操はかなり前からやってはいたのですが、いい感じでできるようになったのはここ最近です。
自分の体と対話ができてきました。
今日は特に自分の体を意識しました。

こうやってメンテをしているとまだしばらくやれそうな気がします。
特に足首、股関節を動かしているのがいいような気がします。
きびしいスポーツがやれるというのではなく、普通の生活が普通にできるということです。

年を取ると体が動かなくなると言いますが、そこそこまではやれそうです。
これからもマイペースで続けていきます。
心はもちろんですが、体も大事にしなければと思います。
by human-space | 2008-02-05 21:25 | diary | Comments(0)
家のものがまた小林正観さんの本を買ってきました。
ちょっと見せてもらうと、相変わらずすばらしことが書かれてあります。
「100%幸せな1%の人々」中経出版、という本です。

いろいろいいことが書かれてありますが、帯に書いてあることがすべてを物語っています。
「100%幸せな1%の人々」とは、思いを持たず、今、恵まれていることに気づいて、感謝をしている人々です。
どうでしょう、これができていればこの世界では怖いものはないです。

また「はじめに」にこんなことも書いてあります。
幸せはどこかにいけば手に入るものではありません。
今この瞬間に、自分に起きたことやこれから起きることは、「すべて自分が成長するために必要だ(った)と、受け入れさえすれば、手に入るものなのです。

今までやろうとしていることと全く同じです。
もう自分では忘れてしまっているかもしれませんが、前に小林正観の本を読んでやろうとしていたのでしょうか。
ともかく自分のやっていることが間違いないと思えました。

正観さんもいっているように、必要なことはちゃんと起こってくるものですね。
こうして時々、今やっていることが合っていることを確認させてもらっているようです。
安心しました。
by human-space | 2008-02-04 21:10 | diary | Comments(0)
昨日は雑用に明け暮れていました。
スキーの後始末から、たまっていた雑用を済ませました。
おかげで今日は特にすることもなく、ゆっくりできました。

遅めの朝食のあと、いつもの片付けを済ませて、スキーに行っていて見れなかった全豪男子シングルの決勝を見ました。
結果知っているのに、十分楽しめました。
これぞ男子テニスの最高レベルの戦いです。

ツォンガはつくずくすごいやつだと思いました。
それを上回るジョコビッチはもっとすごいことになります。
男子テニス界はフェデラーの独占は終わり、戦国時代にはいったのかもしれません。

そのあと特にすることがなく、自分の部屋でインターネットをしたりのんびりしました。
2時間くらいぼーっと考えにふけっていたりして、意識的に何もしないようにしました。
何もしないでいいというのも、ひとつの贅沢ですね。

何もしないでいいと思うと、心がリラックスして、楽になってきます。
そうすると内からエネルギーがわいてきます。
何かしようという気力がわいてきます。

人生にはこういう時間も必要ですね。
こういったゆくりできるのも、ありがたいことです。
感謝して、先に進むようにします。
by human-space | 2008-02-03 20:57 | diary | Comments(0)
風呂から出て、いつもの20分くらいの体操をしている時です。
自分の体とコミュニケーションしながら、ストレッチをしていました。
そんなときふと、自分を肯定できる気がしました。

今頃はそうでもないのですが、昔はずっと否定的でした。
その感覚が今でも残っていて、自分についてあまり肯定的な意識がありませんでした。
それで今日肯定的な感覚が自然と浮かんできたので、あっ変わってきたなあ思いました。

いつの間にか、自分をちゃんと正面から見れるようになってきました。
今までは、いつも斜めに見ている感じで、全然信用していませんでした。
それが、けっこうやれるんではないかと思えるようになってきました。

今日は特に自分の体について意識しました。
今までは、人のものみたいでやりっぱなしでした。
それがこうやって毎日ストレッチをやって、メンテしていけばいつまでもやれるんではないかと思いました。

自分の体も含めて、人生を大切にしていかなければと思います。
まだ何かやれそうな気がします。
毎日を大事に生きていこうと思います。
by human-space | 2008-02-02 21:23 | diary | Comments(0)
この前の鯵ヶ沢スキー場で、やっと思ったような滑りができるようになりました。
スキーは長年やっているのですが、何せ年に1、2回しか行けないのでなかなか上達しません。
この前は久しぶりに中日の午前中にスキースクールにはいって、見てもらったのがよかったです。

自分ではやっているつもりでも、第3者から見ないとわからないこともあります。
今回は正解でした。
滑りの質に関わるところが改善されて、イメージしていたようになることができました。

といっても相変わらず急斜面やコブはだめで、たいしたことではありません。
それでも滑るのが年1、2回のことを考えると、こんなものかなあと思っています。
テニスも思っていたところまではきたので、今はもう少し上を目指してやっています。

少しずつではありますが、イメージしたことが現実化できています。
なかなかパッとはいきませんが、あきらめずに続けているのがいいのでしょう。
もっと今にいれるようになって、意識がクリアーになってくれば、もっと素早く現実化できるようになると思います。

ともかく、やるべきことは毎日を大切に生きることです。
目の前のことを投げ出さず、ちゃんと考えていくことです。
常に意識的でいることです。
by human-space | 2008-02-01 21:30 | diary | Comments(0)