ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2009年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

韓流ドラマ「食客」が終わり、これがなかなかよかったので、しばらくは他のものを見る気がしないと思っていたのに、また別のドラマにはまりそうです。
というかもうはまっています。
BS日テレで、昼間にやっている「強敵たち」という番組です。

どうも毎日やっているようです。
第1話から4話の間が飛んでしまったのですが、今日の4話分を見て、おもしろいというか、はまるという表現がぴったりだと思います。
また明日、録画したものを見ます。

韓流ドラマは主役はもちろんですが、脇役のおじさんが個性があっておもしろいです。
どうもどのドラマでも同じようなパターンです。
韓流通の人が言うには、4話あたりからおもしろくなるということですが、そのとおりだと思いました。

まあでもただのミーハーですね。
でもまた楽しみが増えました。
明日も帰宅が待ち遠しいです。
by human-space | 2009-04-30 23:19 | diary | Comments(0)
昨日のNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出ていた、文化財運送の専門家の方が言っていたことです。
仏像をどういうふうにして運送するか考えるとき、その仏像の前で無になるそうです。
そうしていると、運送のアイデアが浮かんでくるそうです。

そのとき宇宙とつながっているのでしょう。
どんなに経験しても、そのときは恐怖心が起きてくるそうです。
その恐怖心がなくなるような運送の方法を考え抜くということです。

もちろん全くの勘というわけではなくて、その仏像の文献を調べたりして、基本的な部分は押さえています。
現実的な部分とスピリチャル的な部分をうまく融合させているようです。
素晴らしい方法だと思います。

私もこの「無になる」というのは、無意識に使っています。
仕事で判断しなければいけないとき、無になって考えるようにしています。
必要な知識は勉強しますが、あとは自分の直感で決めています。

自分のなかで一番しっくりする方法を選んでいます。
自分のなかの感覚を信じています。
だいたいこれでうまくいっています。

そのあとはだいたいスムーズに事が運びます。
うまくいっている証拠ではないかと思います。
ともかく自分のなかでしっくりくるかどうかです。
by human-space | 2009-04-29 20:46 | diary | Comments(0)
今日も特に何もありませんでした。
平穏な一日でした。
仕事も年度替わりのピークを越え、通常どおりになりました。

とのんびりしていると、係員のほうはまだまだ仕事がたまっていて、連休もほとんど出てくることになりそうでした。
こちらは手が空いたので、仕事を分担することにしました。
おかげで明日は出勤になりそうです。

休日は出勤しても、振替休暇になるだけで何もありませんが、しょうがありません。
担当部署全体がうまく回ればいいです。
何といっても人のために働けば、宇宙に貯金できます。

そのほうが大きいです。
愚痴を言わず、ちゃんとやっていれば徳がたまります。
どういうふうに返ってくるかわかりませんが、いずれ自分に返ってきます。

こういうのって、こんなふうに打算的に考えても大丈夫みたいです。
ただ愚痴、不平不満を言えば帳消しになるようです。
せっかくやるのなら、気をつけなければ。
by human-space | 2009-04-28 20:54 | diary | Comments(0)
今日は見事なぐらい、何もありませんでした。
仕事も順調、特にトラブルはありませんでした。
家でも何もありません。

何も心配することがないということです。
それはこれ以上の幸せはないということでしょうか。
考えてみればそうとも思えます。

ただ実際幸せな感情は起こってきません。
何か物足りない気がします。
それはまだまだ修行が足りないということでしょう。

この状態を幸せに感じない限り、果てしない幸せ感を求めて、どこまでも突き進んでいくことになります。
終わりのない渇望感がいつまでも残ります。
幸せになるためには、いま幸せになるしかありません。

毎日幸せ、幸せと自分に言い聞かせています。
そうすればそのうち今幸せになれるでしょう。
それこそが悟りだと思います。
by human-space | 2009-04-27 21:21 | diary | Comments(0)
今日はテニススクールの親睦会でした。
スクール生どうしてメンバーを替えながら、一日試合です。
9時半から16時まで、5試合やりました。

風が強くてやりにくかったのですが、天気が曇り空で暑くなく、紫外線も避けられて焼けずに済みました。
昼間やるにはちょうどです。
おかげでそれほどバテバテにならずに済みました。

2-6、4-6、5-7、6-7、5-7、4-6と惜しい試合も多かったのですが、結局全敗でした。
情けないのですが、今日のメンバーのことを考えると健闘したとも言えます。
自分としても、内容はまずまずやれたと思います。

バテバテにならなかったので、最後まで集中力が切れずに済みました。
天気のおかげです。
たいへんだったのですが、楽しめました。

あと今日は営業が実って、土曜日の体育館のテニスがやれるようになりました。
前に一緒にやっていた人が、やりましょうと力強く言ってくれたせいで、今年度も出来ることになりました。
ありがたいことです。

これで週2回はテニスが出来ることになりました。
週1回では物足りないなあと思っていたので、よかったです。
出来ればあと10年はがんばりたいと思います。

今度はメンバーも厳しくなるのでたいへんですが、まだまだ上を目指していきます。
上手になる余地はいくらでもありますから。(^^;
ともかく守りに入らないように、進化していきます。
by human-space | 2009-04-26 20:19 | diary | Comments(0)
楽しみにしていた「食客」が終わってしまいました。
あっという間でした。
エンディングもまずまず思ったような感じでよかったです。

あまり突拍子もないエンディングだと、せっかく盛り上がっていたのが台無しになってしまいます。
WOWOWの再放送で全24話、2週間毎日ありました。
多いときは一日4話あったりして、「食客」三昧でした。

その中でも個人的には、主人公が行商のため地方回りをしだして、そこでのちょっとした郷土料理を題材にした話がよかったです。
ほっとした心温まる話でした。
韓流ドラマは最初はそれほどでもないけれども、4話当たりからおもしろくなるというのを聞いたことがありますが、そのとおりだと思いました。

この「食客」のように、ハッピーエンドが予想されるドラマは見ていて安心できます。
ハラハラドキドキしていても、最後には幸せになれると思えると、平静に見られます。
実際の人生もそうなのでしょうか。

人生は生まれるときに決まっている、ということを聞いたことがあります。
こういう人生を送ろうと決めて、生まれてくるということです。
この人生では、こんな課題をクリアーしようと決めるみたいです。

そのためどうしても最初はたいへんなことになります。
それをクリアーすれば魂が成長するというこのようです。
クリアーすれば、最後はハッピーエンドになれます。

もしそうであるならば、どんなに苦しくても、いずれは楽になれます。
それなら苦しいときも、先ほどのドラマのように平静でいれます。
ほんとうにそうかはわかりませんが、個人的は信じています。

そう思って、目の前に現れてくる現実を否定することなく受け止めていきます。
すべては魂の成長のために起きているのであって、いずれはそれが自分にとって必要であったことがわかるときが来る。
そう思って毎日やっていきます。

もちろんそのつもりでも、いつの間にか日常のたいへんさに飲み込まれて、このことをすっかり忘れてしまうこともよくあります。
まだまだ本当にわかっていないのでしょう。
なかなか簡単にはいきませんが、できるところからやっていくだけです。
by human-space | 2009-04-25 20:52 | diary | Comments(0)
今日もまた仕事で神様に助けてもらいました。
今まで全く気づいていなかったのですが、外から連絡があり、その間違いに気づきました。
それで今対応すれば問題ありません。

もしそのことに気づかなかったら、たいへんなことになっていました。
それが訴訟沙汰になってもおかしくありません。
よく気がついたものです。

もし気づかずにそのままのなっていたらと思うと、ぞっとします。
それももしこの4月で異動していたら、間違いなく気づかずにいて、たいへんなことになっていたかもしれません。
この4月に異動がなかったことを、ちょっと残念に思っていたところもあったのですが、吹っ飛びました。

よくぞ異動しなかったものです。
ここであと1年間、心を入れ替えて働かせていただきます。
本当に神に感謝しなくてはと思います。

どうもここ最近、昔の問題が自然と解決されつつあります。
別の件でも、1、2年間懸案となっていたことが、自然と解決することになりました。
ここ最近それがいろいろ起こっています。

前から幸せ週間ということで、ここずっと心のなかで「幸せ、幸せ」と連呼するようにしています。
今日も朝の通勤電車のなかでやっていました。
こうしたことで心のなかが幸せになっていて、それが外側の世界に伝播して、そういった幸せになるような現実が現れてきているのでしょうか。

これは私の全くの推測でしかありませんが、内側がよくなれば、自然とそれに合わせた現実が現れてくるというのはわかります。
心の波動が外側の波動に伝わって、それが同期してくるというものです。
理屈は合っていると思います。

それにしてもありがたいことです。
何となく合っているような気がするので、これからもこのまま続けていきます。
これで様子を見ていきます。
by human-space | 2009-04-24 23:38 | diary | Comments(0)
今日のテニスは体が思うように動きませんでした。
そんなにひどいわけではなかったのですが、どうもしっくりきません。
うーん、こういうときもあります。

こんなときはきれいごとは通用しません。
スピリチャルな感じのアドバイスは効きません。
いつもの自分の成長のためだとかいうのでは乗り切れません。

もう泥臭くやるだけです。
ただ一生懸命やるだけです。
それで何とか、まあまあやれました。

スピリチャル的なことは、出来るだけ意識するようにはしていますが、まずは目の前のことを一生懸命やるというのが大事なのではないかと思います。
神なることは最終目的ですが、今はこの人生を生きることが目的です。
この人生を出来るだけ楽しむことが大切だと思います。

それにはスピリチャル的なことを無視しては出来ません。
それをベースにしながらも、今を楽しむことだと思います。
欲望に走りすぎても、うまくいきません。

スピリチャル的になれば、思うようにしても自然とバランスがとれているようになるのでしょう。
スピリチャル的なことを考えすぎず、意識していく。
考えすぎてもしょうがないので、自分の内側を信じて、自分のなかでしっくりするようにやっていくつもりです。
by human-space | 2009-04-23 23:15 | diary | Comments(0)
例の韓流ドラマ「食客」のなかでの話です。
総料理長が昔の初恋の相手とおぼしき女性と合って、最後に分かれるときに抱き合うシーンがあるのですが、そこのところです。
二人ともあふれる感情が抑制されて、淡々と流れていく様子がとても美しいと思いました。

このドラマのメインの二人のシーンもいいのですが、こちらの印象があまりにも強烈なのでかすんでしまいます。
これは私が特に感じただけで、他の人はそんなこともないと思います。
ともかくこの鱒の塩スープの話はよかったですね。

私もこういうふうにできればいいと思います。
もちろん感情を素直に表すのもいいです。
そのほうが好ましく感じることが多いと思います。

ただいつでも抑制することが出来れば、もっといいです。
必要以上に感情を押し殺すことはいいとは思いませんが、その状況によって、あふれる感情を抑制できるというのは素晴らしいことです。
見習っていきたいと思います。

韓流ドラマというのは、こういうところはうまいですね。
今週で「食客」も最終回です。
最後どうなるのか楽しみですね。
by human-space | 2009-04-23 00:41 | diary | Comments(0)
朝目が覚めてみると、熟睡感があります。
よく寝たー、という感じです。
夜中にトイレに行ったり寝付きはあまりよくなかったのですが、それからは久しぶりによく寝れました。

目が覚めてから布団から出るまで間、頭がすっきりとしていて、何となく考えごとをしていました。
そのときふと、こんなことが浮かびました。
目の前にあるすべてのことを認められたら、もうどこにも行く必要ががない。

このことは自分でよく言っていることですが、今日は妙に納得できました。
腑に落ちたというやつです。
今までわかってはいたつもりでしたが、それは表面的なものでした。

今回はああわかったと思いました。
目の前にあるすべてのことを認められたら、いま満足できているのですから、もう特に何かをする必要はありません。
何かをするために、どこかに行く必要もありません。

自分の思ったようになるために、外側に探し求めることも出来ます。
普通はそうしています。
しかしそれは何かを手に入れてもまた次の何かと、きりがありません。

現実それをやる続けることは不可能です。
自分の欲しい物手に入れるために、膨大な労力を費やしたり、たいへんな思いをしたりします。
とても続くものではありません。

それよりは今すべてを認めることで、もう何も手にれる必要がなくなることのほうが簡単です。
幸せになる手段としては、このほうが現実的に思えます。
悟りの近道のように思えます。

今回はこのことが実感できました。
これで間違いないように思えます。
悟りに一歩近づいた?

そのときははっきりと思えたのですが、起きてから仕事に行って、現実の生活が始まってみると、だんだんとその気持ちが薄らいできました。
ぼんやとしてきて、今は必死で思い出さないと書けなくなってきました。
当たり前ですが、なかなか簡単にいきません。

それでもそのことを考えながら生きていきます。
これが生活の基本です。
忘れないように意識していきます。
by human-space | 2009-04-22 00:31 | diary | Comments(0)