ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2009年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

きょうのようなとても寒い夜に、熱いお風呂に入っていれる。
体があったまって幸せと思えるのに、そのうえ風呂の外からは家族の楽しげな笑い声が聞こえてくる、そんなとき、これ以上の幸せはないのではないかと思われました。
何でもないことですが、それが本当に一番なのでしょう。

振り返ってみれば、今年はいい年でした。
特別なことといったら、子供が大学に行ったことくらいです。
あとはたいしたことはありませんでしたが、全体的に穏やかで気持ちよく過ごせました。

もちろんちょっとしたことは山ほどあります。
できるだけ早めに感情の修正をして、大きなことにならないようにはしました。
そのせいか大きく感情を取り乱すようなことはなかったように思います。

何といっても家族がみんな元気でいれました。
仕事もまずまずで、トラブルもありましたが、それを契機に体制を見直し、その後は順調にやれました。
テニスもシングルスを始め、まだ公式戦未勝利ですが、テレビ観戦だけでなく、実戦でも楽しめるようになりました。

考えてみれば、これ以上のことはないともいえます。
これは実際に起こった内容がどうかではなく、自分の考え方ひとつです。
内容ではなく、心のなかで幸せと思えるようになったということが進化したということではないかと思います。

もちろんいいことばかりではありませんが。とんでもないこともなかったように思います。
もう少しで新しい年になりますが、来年も特別何かをやろうということはありません。
今までどおり一日一日を大事にしようとするだです。

いま目の前のことを一生懸命することが、自分のすべきことだと思っています。
そうすることが、思ったほうへの近道だと思っています。
来年も考えすぎず、シンプルにいきます。
by human-space | 2009-12-31 21:31 | diary | Comments(0)
きょうは久々にこれをやりました。
近ごろは引っ越しの手伝い等でバタバタしていて、感情をあまり意識したことがなかったのですが、きょうはマイナスの感情を強く意識しました。
思わずその感情に引き込まれそうになりましたが、ぐっとこらえて、プラスな平穏な感情を選択することにしました。

それでも30分くらいはマイナスな感情を引きずっていましたが、そのうちいつの間にかいつものとおりに戻っていました。
あとは特に意識しなくても大丈夫です。
こういうようなマイナスな感情が起きたときは、その感情に賛同して、意識もマイナスなほうに行ってしまいがちになります。

そこをがまんして、今どちらの感情を選択するほうがいいのか考えます。
こういうときは今までの考え方では対処できません。
こうやってマイナスな感情を感じさせてくれたおかげで、自分は魂の成長に役立っている、そういうふうに演技してくれているんだ、などとプラスの考えるようにします。

そんな理屈がなければ、相手が悪いとしか思えません。
ともかく何でもいいのですが、今の状況をプラスに考えることで、マイナスな感情から抜け出ることができます。
きょうは久しぶりにうまくやれました。

いつもこういうふうにできていると楽ですね。
感情を自分で選択できます。
でも起こってきた感情にはまり込んでしまって、感情が選択できることがわからなくなってしまっていることがあります。

常に意識的でいることが大切です。
やりすぎず中庸がいいのかもしれません。
とりあえずきょうはうまくいきました。
by human-space | 2009-12-30 21:14 | diary | Comments(0)
きのうは飲み会で手伝えませんでしたが、きょうはまた朝10時頃から夜の8時頃まで手伝いました。
引越し業者さんが来たのは午後2時頃からですが、それからでも半日かかりました。
何とか運び出せてよかったです。

もっと時間があったら思ったようにできたのですが、何せ時間がなかったので、詰め込んだだけで運び出した感じです。
今となってはあれ以上はできなかったと思います。
自分としてはやれることはやりました。

今回は男手が私一人だったので、かなり動きました。
そこそこ役に立てたと思います。
一昨日もかなりしんどかったですが、役に立っていると思えるとがんばりがいがあります。

きょうこそ徳を積めた?
物理的な見返りを期待しているわけではありませんが、精神的に打算的すぎでしょうか。
でもそう思っていると、いやではなく気持ちよく手伝うことができました。

体はしんどいですが、気分的には充実感もあります。
相手の方も喜んでくれました。
最初見に行ったときはどうなることかと思いましたが、何とかなるものですね。
by human-space | 2009-12-29 23:59 | diary | Comments(0)
きょうは一日知り合いの人の引越しの手伝いをしました。
これで少しは徳の貯金ができたでしょうか。
帰りに夕食をおごっていただいたので、帳消しかなあ。

手伝いをしているとき、徳を積んでいるんだと思うと、いやいやではなく意欲がわいてきます。
おまけにA型の性か、やりだすとある程度目処がたたないと帰れません。
きょうも夕方の7時半頃までやっていました。

さすがにちょっと疲れました。
これを書いていても、まぶたが閉じてきます。
おやすみなさい、また明日がんばります。
by human-space | 2009-12-27 22:36 | diary | Comments(0)
きょうの体育館でのテニスが今年の打ち納めですが、みんな都合が悪く私一人でした。
普通ならがっかりですが、これ幸いとサーブの練習をみっちりしました。
結局ひとりで2時間サーブをして、何とか来年につなげるようなものをつかみました。

サーブの修正は思ったより時間がかかります。
来年の今頃には何とか形にして、自分のサービスゲームに自信を持って臨めるようにします。
それで市のCD級のシンングルスの大会の優勝が来年の目標です。

できると思って、いいイメージを持つようにします。
イメージさえできていれば、何をしたらいいかは自然と思いつくと思います。
それに従ってやっていればいいはずです。

来年の今頃はどうなっているでしょうか。
先のことは考えず、今できることをやっていきます。
目の前のことを一生懸命やることが近道だと思っています。
by human-space | 2009-12-26 21:16 | diary | Comments(0)
きのうの続きですが、高度成長期が終わり、終身雇用制度が崩壊している今は、父親が稼いできて母親が家庭を守るという普通の幸せが変わりつつあるようです。
個人的にはまだこの普通の幸せでいれていますが、いま20代30代の人は結婚、仕事、家庭といった今までの普通の幸せという価値観を変えていく必要があると思います。
現実に合わない価値観を持っていると苦労することになります。

いま現在、普通の幸せでいれている人は、恵まれた少数の人たちです。
これからは幸せでいるためには、多様な価値観を持っている必要があります。
結婚することや子供がいることが、必ずしも幸せの条件ではないということです。

現実のいまの時代にあった価値観を持つということです。
高度成長期はレールが敷かれていて、がんばってさえいれば誰でもこの上を走ることができました。
いまはそのレールがもうありませんから、自分で探していく必要があります。

自由になりましたが、ある意味難しくなったともいえます。
スピリチャル的にいえば、それぞれの状況によって、それぞれのレッスンがあるということです。
ですからどれがよくで、どれが悪いということもありません。

それぞれで学ぶべきことがあります。
ですからどれでもいいのです。
そこから学び、魂が成長していけばいいのです。

でもいままでの普通の幸せにこだわると、苦しみが増してきます。
これからは自分でちゃんと考え、自分にあった価値観を見つけることです。
たいへんですが、いままでの価値観に縛られなくなり自由になってきたともいえます。
by human-space | 2009-12-25 22:23 | diary | Comments(0)
きょうインターネットを見ていたら、こんなことが書いてありました。
終身雇用制が崩れてしまって、生活が安定しなくなってしまったのが主な原因です。
今はかなりたいへんな時代です。

前の高度成長の時代はがんばれば何とかなっていたと思いますが、セイフティーネットのない今は、ひとつ間違えばどこまでも落ちてしまいます。
NHKでワーキングプアーという番組をやっていましたが、まさにそれです。
それで一般的にいわれてきた仕事、結婚、家庭、子供といった普通の幸せが得られにくくなっています。

個人的には昔はそれなりにたいへんで、今も何もないことはありませんが、総じて普通に幸せということができます。
それが今では、貴重なものになりつつあるようです。
ここまで来れたことをありがたいと思わなければいけません。

ほんとにこういうときこそスピリチャルが生きなければいけません。
経済的にたいへんだと、そこまで余裕がないかもしれません。
それでも根本的な考えがスピリチャルでないと、周りに影響されて、考えがぶれてしまいます。

根本がしっかりしていなと、こういった混乱の時代に生きるのはたいへんです。
周りにおきていることは自分の魂の成長のためにあるとか、足るを知るとかで、常に何事も肯定的考えられるようにしないと、周りこのことが悪いほうばかりに向いているように思えてきます。

その点いまは意識がはっきりしているので、何とか対処できています。
混乱の時代こそスピリチャルが必要とされます。
明日からも常に意識的でいて、しっかりと生きたいと思います。
by human-space | 2009-12-24 23:25 | diary | Comments(0)
きのうはプライベート忘年会でした。
さすがにこの時期は終電近い電車でも、同じような人で一杯です。
会社の忘年会が早かったので、これが実質の忘年会です。

きのうはやりきるつもりでしたが、意外とまともに帰れました。
さすがに飲み会は飲んでみないとわかりません。
それにしても相変わらずです。

それで今日は休みにしてはまずまずの時間に起きて、午前中は家の片付けをしました。
昼からはいつものようにゴロゴロです。
ウトウト昼寝をしたり、見損ねていた韓流ドラマをみたり、お笑い番組を見たりしていたら、あっという間に一日が終わりました。

ちょっと情けないですが、まあいいでしょう。
たまには身も心もだれた日があっていもいいです。
でもたまにはかな?
by human-space | 2009-12-23 21:52 | diary | Comments(0)
寒い日が続いていたので行く気になっていなかったのですが、今日になって天気がよくなったので、急遽近場のスキー場に行くことにしました。
休暇も明日以降は年末までとれそうにないので、今日がチャンスと思いきりました。
準備が全然できてなかったので、バタバタとウエアーやサングラスなどをそろえ、ワックスはスキー場の駐車場でかけました。

結局お昼をスキー場で食べ、滑りはじめたのが12時半頃でした。
16時頃滑り終えましたが、コースが1つしかない小さなスキー場なので、これで充分でした。
きのうまでは全然そんな気もなかったのに、どうなるかわからないものです。

今日は急に決まったので、こういうときはバタバタしますが、割りとそうでもありませんでした。
精神的に落ち着いてきた?
そんなこともありませんが、ちょっとはましになってきているのでしょう。

でも肝心のスキーのほうは相変わらずで、こんなものです。
残念ながら思ったより充実感は味わえませんでした。
それでもスキーできるだけでもありがたいことだと思い直して、大事に滑るようにはしました。

とりあえずは、気が落ち着きました。
冬になるとスキーに行かなければと、そわそわします。
第1弾は行ったので、あとはぼちぼちいけます。
by human-space | 2009-12-21 20:58 | diary | Comments(0)
仕事に行っているときは、ある程度はいつも緊張しているので、押さえ込んできるだけですが、表面上は平穏でいれます。
でも家でいると気が張っていなくて、ちょっとしたことでもイライラしてしまいます。
こんなことではとてもアセンションできません。

それでもできるだけは修正しようとしました。
イライラをやり過ごして、プラスな感情でいようとしました。
まあ何とか一日感情的にはならずに過ごせました。

今日は年賀状の仕上げや、きのうのDVDレコーダーの調整をしました。
年賀状も送れるようになり、DVDレコーダーも予約録画できるようになって、何とか今までどおりにいけそうです。
前のよりだいぶん便利になりましたが、慣れるまでけっこうたいへんです。

こんなことでイライラするのは、便利になってよくなったのか考えさせられます。
今日はスキーの準備をしようと思っていましたが、そこまでいきませんでした。
また次の休みにやります。

それにしてもこう急に寒くなると、山の上まで行こうという気になれません。
我ながら軟弱です。
まあ近場なので天気のいい日を見計らって行きます。
by human-space | 2009-12-20 20:13 | diary | Comments(0)