ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2011年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

左手でドアを開けようとしたら、急に左肩が痛くなってしまいました。
何でもないことなのですが、なぜか痛くなってしまいました。
テニスは右で打つので、何とかなりそうですが、左手を回す位置によっては痛みが走ります。

今日は幸いにコーチの都合でスクールが休みななっていました。
おまけに明日の練習も都合で休みになりました。
まるで左肩をゆっくり休ませなさいと言われているようです。

やろうと思えば何とかできそうなので。自分の性格からして無理をしそうになりますが、運良く休みになりました。
無理をしてテニスをやると、痛みがひどくなる可能性があります。
来月半ばの試合に出れなくなるかもしれません。

前もって休みになってくれたおかげで、悩まずにすみました。
この機会にゆっくり左肩を休めます。
まるで神様が休ませてくれたみたいです。

また今日は仕事でも思うことがありました。
普通は誰でもたいへんだったねと、慰めてくれるようなことがありました。
実際たいへんだったので、今日は運が悪かったと思っていましたが、ちょっと違う見方をすると、今日はラッキーなことだったと思い直すことできました。

今日のたいへんなことが考え方を変えるだけで、自分のなかでは素晴らしかったことになりました。
心のなかではプラスなことが起きたことになって、逆に気分が良くなりました。
ほんとにこれは自分のなかの考え方ひとつで変わりました。

幸せかどうかは、外側の状況ではなくて、自分の内側でどう考えているかにかかっているというのがよくわかりました。
このことは考えてみれば、普通のことです。
同じような状況に置かれていても、幸せと感じている人とそうでない人がいます。

今日はことのことを実感しました。
これからは何が起きても、いいように考えます。
それができれば、いつも幸せでいれます。

言うのは簡単ですが、実際にそのときなると難しいと思うこともあるでしょう。
でも理屈はこれで間違いありません。
いつも完璧に考えられないかもしれませんが、少しでプラスに感じられるようにします。

少なくとも絶対的なマイナスは無くなります。
いつも少しでもいい気分でいれるようにしていきます。
それはいつも自分だけでできます。
by human-space | 2011-06-30 23:32 | diary | Comments(0)
今日のウィンブルドンは男子の準々決勝です。
WOWOWは191chと192chでセンターコートとNo.1コートの好きなほうの組み合わせの試合を見れます。
WOWOWなかなかゃってくれます。

迷いましたが、No.1コートのジョコビッチと18歳のトミックの試合を見ました。
最終的には順当にジョコビッチが勝ちましたが、トミックが大健闘でした。
こちらを見て正解でした。

ゆっくりした自分のペースの持ち込んで、試合を優位に進めていました。
ガンガンやるのもおもしろですが、きょうのように冷静にやることも必要です。
自分はその両方をうまくミックスしてやります。

と思っていたら、コーチが体調不良であすのスクールが中止になりました。
残念です。
まあこれも別の日に振替に入ったほうがいいということなのでしょう。

ともかくいいように考えます。
ゴロゴロとテレビばかり見ているだけではなく、すぐにちゃんと動けるよう自分でできる運動をしておきます。
金曜日は練習があると思うので、がんばります。
by human-space | 2011-06-30 00:23 | diary | Comments(0)
テニスのウィンブルドンは、女子の準々決勝をやっています。
男子の試合より女子の試合のほうが感情的で激しいです。
見ている分には女子のほうがおもしろいところはあります。

きょうも激しい試合をしていました。
こういう試合を見ていると、自分もやりたくなります。
次のテニスは木曜日なので待ち遠しいです。

でも実際の試合は静かに燃えるようにやります。
内にはしっかりしたものがあって、頭は冷静でやるというのがいいです。
ただがむしゃらにいくのではなく、冷静な戦術は必要です。

サーブ、ストローク、ボレーと使える武器ができてきたので攻めていきます。
どこまでやれるか楽しみではあります。
まだ試合まで日があるので、できるだけ練習します。
by human-space | 2011-06-29 00:16 | diary | Comments(0)
ものごとを決めなくてはいけないときや、結果を待つときなどは、どちらになってもいいと思うようにしています。
そうすれば待っているときや、決まったときでもあわてることなく平静でいれます。
どっちかでなくてはいけないと思うと、逆にならないかと心配したり、思ったほうではない結果が出てつらい気持ちにならなくてすみます。

これけっこう使います。
今日も使いました。
これはジタバタしなくなって、気持ちが落ち着くのがいいです。

パッと思うと、だいたいどちらかになったほうがいいと思います。
それを意識して、逆になった場合でもこんなこことがあると考えることで、気持ちを平行にしています。
だいたいはこれで心をだませます。

多少はどちらかに偏ることがありますが、極端にならなければ、気持ちも大きくは揺れません。
平和でいいのですが、決まったときのやったーというような派手な感激はありません。
そのかわり落胆もありません。

どちらをとるかは自由ですが、私はどちらでもいいと思うようにしています。
実際よく考えてみれば、ほんとにどちらでもいい場合が多いです。
どちらになっても人生の勉強です。
by human-space | 2011-06-27 22:17 | diary | Comments(0)
ちょっとしたことに過剰に反応することがあります。
それは自分のなかにマイナスなエネルギーを抱えていて、それが反応しているようです。
解放していない、溜め込んだエネルギーがあるのは間違いありません。

過去に同じようなことがあったとき、マイナスなエルギーが出るようなことがありました。
それで過剰に感情的になります。
わかってはいますが、どうしてもそのエネルギーに反応してしまいます。

なかなか抜け出れません。
とりあえずはそのことを意識して、過剰に感情的になったら、意識して強くその感情には対応しなければいけません。
ひとつひとつ地道に対応していきます。

いまのところ画期的な対応の仕方を知りません。
それまではコツコツやります。
そのうちいい方法を思いつくでしょう。
by human-space | 2011-06-26 23:11 | Comments(0)
当たり前のことですが、まずは家庭が平和なのが一番です。
今日の休みのも特別に変わったことはありませんでしたが、久しぶりに天気がよかったので布団を干したり、片付けのあと、買い物をして、遅めの昼食を食べに行きました。
近くにある家庭的な洋食屋さんですが、安くておいしかったです。

あとは家に帰って取りだめていた韓流ドラマを見ました。
今日は6月とは思えないくらい暑く、何もする気がおきません。
あとはダラダラと過ごしました。

平和な一日で、特に言うこともありません。
でもまだちょっとすっきりしないところはあります。
何かしないとやった気がしない感じが残ります。

でも考えたみれば十分幸せな一日でした。
これで文句を言ったらバチが当たります。
ありがとうございました。

きょうはこのあと土居美咲ちゃんの3回戦があります。
楽しみです。
あのリーナに勝った弾丸サーブにどこまで対抗できるでしょうか。
by human-space | 2011-06-25 21:35 | diary | Comments(0)
テニスのウィンブルドンが始まって1週間がたちました。
毎晩楽しく見ています。
なかでも女子の対戦がおもしろいです。

男子は上位4強が予想どおり強く、前半の1週目はそれほどではありません。
女子はまず40歳の伊達さんが、がんばってくれました。
年のことを抜きにしてもいい試合でした。

人間やはりやる気が大事です。
励みになります。
また土居美咲ちゃんもがんばっています。

がんばっているだけでなく、内容がいいです。
サーブ、フォア、バックともよく、これからも楽しみです。
あと盛り上がったのは、全仏チャンピオンのリーナとリシツキの対戦です。

マッチポイント2つを200キロ近くのサーブ、4連発でしのいだリシツキが逆転勝利しました。
リシツキはほんとに純粋ないい目をしていました。
完璧に集中している感じでした。

こういうのを見ると、試合がしたくなります。
7月の半ばにありますので、がんばります。
それまでしっかり練習しておきます。
by human-space | 2011-06-24 23:30 | diary | Comments(0)
きょう5時を過ぎて帰ろうとすると、知り合いから電話がかかってきました。
帰りの電車が踏切事故のため動いていないので、駅の近くで飲もうという誘いの電話でした。
今日は蒸し暑かったのでビールを飲もうか迷いましたが、テニスの日なので断らせてもらいました。

せっかくのお誘いで申し訳なかったのですが、試合も近いこともあり、テニス優先にしました。
でもおかげで、駅に行かずに事務所でゆっくりと電車が動くまで待機できました。
駅に行くと、帰りの客で混雑しているうえ、蒸し暑くたいへんだっただろうと思います。

また別の事務所にいた人が、駅で待っている人に状況を聞いてくれ、そろそろ動きそうだという情報を得ることができました。
それからぼちぼち駅に向かって歩いていくと、電車が動いていて、もう駅の混雑はありませんでした。
また5分くらいしか待たないうちに帰りの電車がきました。

その電車はもうガラガラで、ゆっくり帰ることができました。
またテニススクールにも何とか間に合いました。
ほんとにありがたいことに、ちょっと電話をもらったおかげで、たいへんな思いをせずに済みました。

まわりに助けられた感じです。
ありがたいことです。
おかげでスムーズな一日を過ごすことができました。
by human-space | 2011-06-23 23:33 | diary | Comments(0)
けさ通勤の電車のなかで思いつきました。
毎日が同じことの繰り返しで、なかなかそれに価値を見いだせません。
そこで毎日が白紙だったら、そこに何を描くのだろうかと考えました。

実際今日も起きていることは、いつものとほとんど同じことです。
あまりかわり映えがしません。
でも今が全くの白紙状態としたら、いま起きているいつもと同じようなことも新鮮に感じました。

過去や未来のことを考えず、今だけのことを考えたら、たいしたことではないかとも思えました。
毎日繰り返していることも、そのものとしては素晴らしいものですが、毎日続いているために何も感じなくなっているだけです。

おいしくご飯が食べられることや、いくべき仕事があること、体も頭も普通に働くことなど当たり前のことですが、そうでない場合もよくあります。
今こうして普通でいられることも、ある意味奇跡的でもあります。
そんなに大げさに考えなくても、毎日が白紙だとしたら、少しは新鮮に感じられました。

明日からも一日が白紙だと思って過ごしていきます。
毎日にひとつひとつのことが大事に感じられるでしょう。
そうすれば自然と感謝の念も起きてきます。
by human-space | 2011-06-23 00:44 | diary | Comments(0)
久しぶりに晴れたので、今日はテニスの振替に行きました。
内容は散々で、相変わらず気弱になったりしていやになりました。
でもいつものように考え直してみれば、3つもいいことがありました。

まずは天気がよくなってテニスができたこと。
このところ雨ばかりで、テニスができただけでもありがたいです。
2つめは、バックハンドが全体に短めになっていることが再確認できたこと。

このことはもちろんわかってはいますが、きょう的を置いて当てる練習をしたら、短くなって当たらないことがいくらでもありました。
これはいかんです。
バックはしばらくガツンと打とうとせず、深くつなぐようにします。

あとはスライスで、バック側に攻め込まれないようにします。
はっきりとバック側の戦略が見えてきました。
これはとてもよかったです。

あと今日のスクールに来ていた女性陣はそれなりに上手は方ですが、ガンガンとやるわけではないようなので、こちらも中途半端な感じになってしまいます。
こちらに実力があれば何も問題はないのですが、実力がないと手抜きは難しく、何をやっているやらになってしまいました。
これも練習なので、もっとやれるようにならなければと思います。

これを思うと、土曜日の体育館のメンバーは女性陣相手でもガチにやれます。
まともにやっていい勝負です。
とても手抜きはできません。

今日は土曜日のように思いきってテニスができることのありがたみを感じました。
ずっと続けていると、当たり前になってしまって、ありがたみを感じなくなってしまいます。
今日はそのありがたみを再認識しました。

今日は考えてみればテニス以外でもちょっとしたいいことがありました。
振り返ってみると、一日有意義でした。
これもよく考え直してみなければ思い出さなかったかもしれません。

人間ができていないうちは、意識的に変えていく必要がありそうです。
意識的にでもやっていると、そのうち自然にできてくるでしょう。
そうなればしめたものです。
by human-space | 2011-06-21 23:35 | diary | Comments(0)