ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2011年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日は仕事では表面上は無難に行ったのですが、内面的にはとてもほめたものではありませんでした。
それでもまあまあ何とかでした。
でもあと夜のテニスでボロが出てしまいました。

昼間感情が安定しなかったのが尾を引いていて、テニスの試合形式のときに弱気になってしまいました。
試合中なかなか感情を制御できませんでした。
もちろんそういうときはテニスもうまくできません。

それでもふと気がついて、1球に集中するようにしました。
ともかくほかのことを考えずに、目の前の1球に集中するようにしました。
そうしたらプレーが安定してきて、まずまずやれるようになりました。

これは収穫です。
来月の本番の試合のときも、感情がふらつくこともあるかと思います。
そんなとき1球に集中するようにすれば、何とかなりそうです。

切羽詰まったときはフォームとか関係ないです。
ともかくボールに集中すること、それができれば何とかなります。
試合ではこれを生かして、悔いのないようにします。
by human-space | 2011-09-29 23:14 | diary | Comments(0)
そんなにとんでもないことではないのですが、今日は危機一髪でした。
やばかったです。
紙一重で助かりました。

やはり調子は良くなっているようです。
ぎりぎりのところで免れました。
調子の悪いときは、はかったように悪い巡り合わせになってしまいます。

自然にしていれば、うまくいくようになってきています。
こうなってくると楽です。
自分であれこれ考えすぎなくても、素直に自分に従っていればスムーズに事が進みます。

また今日も仕事でちょっとしたミスがありましたが、あまり気にならなくなってきました。
心が強くなってきています。
今週はこの調子で乗り切ります。

本格的になるのは来週以降です。
来月はテニスの試合もあるので、いい調子に持っていきます。
今週はまだ少しがまんです。
by human-space | 2011-09-28 22:21 | diary | Comments(0)
今日は仕事が忙しかったです。
こういう時はボロが出やすいのですが、割にスムーズにいったのはよくなってきている証拠です。
精神的にがくっと来ることがありませんでした。

今週を乗り切れば波に乗れそうです。
あとテニスが早くしたいです。
バックハンドとサーブでひらめくことがありました。

実践で試してみたいです。
時々ふとひらめくのは、神様が教えてくれているうような気がしています。
そういう時はまずうまく打てるようになります。

先週はコートがとれなかったりして1回しかできませんでした。
これは肘を休めないさいということだと思って、いいように考えます。
長くテニスをしたいので、休養の取り方も大事です。

試合も近くなってきて、少しあせる気持ちもありますが、今の状態がベスト思うようにします。
がむしゃらにやるだけでなく、休む勇気が必要です。
自分では難しいですが、神様がやってくれると思って、自然に任せておくようにしておきます。
by human-space | 2011-09-27 23:01 | diary | Comments(0)
だいぶんましになってきましたが、もう一息です。
調子は戻ってきつつあります。
今週そこそこやっていれば、来週には戻るでしょう。

今週は堅実にやっていきます。
調子が今ひとつの時こそ、堅実にやります。
そのほうが精神的に安定します。

調子が出てくれば、思い切ったこともやれます。
それまではしんぼうです。
無理せずこつこつとやっていきます。
by human-space | 2011-09-26 22:50 | diary | Comments(0)
予定どおり今日も何もない一日でした。
昼から買い物出かけ、焼肉屋のランチを食べ過ぎ、あと家でゴロゴロしていました。
それで夜はお腹がすかなくてスープのみでした。

結局3連休中ほとんど何もしていません。
よく言えば休養できたということですが、さすがに3日もダラダラするといい気はしません。
素直にゆっくりできたと思えないのは、貧乏性だからでしょうか。

こんな状態でも精神的には安定していました。
これは3日とも、家の用事で体を動かしていたのが良かったように思います。
皿洗いをしたり、掃除機をかけたり、布団を干したりして体を動かすと、肉体だけでなく精神的にもいいようです。

あまりきつくない程度に体を動かすほうが、一日じっとしているより調整できます。
といっても家事を毎日やるとなると、もちろん大変です。
たまにやるからそう思うということです。

ともかくこれで明日から仕事に臨めます。
充実した休暇だったとは言えませんが、よしとします。
明日からまたやります。
by human-space | 2011-09-25 22:41 | diary | Comments(0)
きょうも午後からちょっと用事があっただけで、あとは家にいてのんびりしました。
とくに何をやっていたでなく、一日が終わりました。
散髪をしたり、テレビを見たり、ちょっと昼寝をしたり、家の用事をしたりしただけで、いつの間にか時間が過ぎてしまいました。

とくに感慨もありません。
強いていいように考えるならば、何か有意義なことをしなければと焦る気持ちが起きなかったのがよかったのかと思いますが、ただ何もやる気がないだけかもしれません。
ともかく精神的な起伏は少なかったです、

どうもこの調子で連休は終わりそうです。
あしたも買い物の予定しかありません。
きょうと同じような一日になりそうです。

何もしようという気がないのは、今は何もしなくてもいいということだと思っています。
いつかやるべきときまでエネルギーを貯めておきます。
今はそういう時かもしれません。

あまり焦らないようにします。
やるべき時が来たらわかるはずです。
しばらくはおとなしくしておく時かもしれません。
by human-space | 2011-09-24 22:19 | diary | Comments(0)
きょうからまた3連休ですが、とくに予定もありません。
夕方予定していたテニスもなくなりました。
ほんとにのんびりと過ごせそうです。

今週はいろいろと忙しく、少し疲れ気味でした。
そのせいか午前中衣替えをしたあと、少し昼寝のつもりが3時間も寝てしまいました。
ほんとに疲れていたのでしょう。

これで疲れもとれたところでテニスとも思ったのですが、流れてしまって残念です。
でもこれは体を休めということだったのでしょう。
そう思ってゆっくりします。

今は韓流ドラマばかり見ています。
新しく始まったものを2本見ています。
どちらも深刻なものではなく、気楽に見れています。

見出すとけっこうはまります。
だらだらしだすと動けなくなります。
やるときはやりますが、本性はグータラかもしれません。
by human-space | 2011-09-23 21:45 | diary | Comments(0)
きょうもきのうと同じような感じで調子が出ません。
どうも精神的に不安定です。
ちょっとしたことですが、また仕事にミスが出ました。

それほど気にするようなことではないのですが、精神が不安定だと気になってしまいます。
それでも何とか気分を切り替えようとしました。
まあきょうのところは何とかです。

仕事もあっぷあっぷしながらも追い込んで、予定のところまではいきました。
これで3連休は仕事のことを忘れて、気分的にゆっくり過ごせます。
こういうときは無理をせず、やるべきことをちゃんとやる、普通に考えることをやることです。

そうすれば不安要因が減り、精神的に安定してきます。
とりあえずは、プラスマイナスゼロでいれればよしとします。
それでも考えてみれば、大したことではありません。

震災に合われた方や、もっともっとたいへん思いをしている人は大勢います。
そんなことを思うと何でもありません。
弱気にならず、ちゃんと毎日を過ごしていきます。
by human-space | 2011-09-22 23:04 | diary | Comments(0)
今週は仕事が忙しい上にミスも重なり、調子が出ません。
マイナスな感情が頭のなかを占めています。
気持ちを変えようとはしていますが、それほどうまくはいっていません。

それでも何回も修正をして、気持ちを切り替えていっています。
仕事のミスはミスとして認めなければいけませんが、マイナスなことではないと思うようにしています。
何か理由はわかりませんが、自分にとって必要なことがあって起きたことだと思うようにしています。

何とか切り替えはできてはいますが、ふとまた思い出してマイナスな気分になってしまいます。
それでまた修正をして、そのことを気にしないようにしています。
心のなかから気にしていなければ、現実に気になるようなことは起こらないはずです。

今週の仕事はあと一日ですが、あしたはすっきりした一日にします。
いつまでも気持ちを引きずらないようにします。
クリアーな心でいます。
by human-space | 2011-09-21 22:23 | diary | Comments(0)
なんてことが言われますが、きょうNHKのコズミックフロントスペシャルでやっていた、探査衛生「はやぶさ」の物語を見ているとそう思います。
苦労に苦労を重ね、幾たびかの危機を乗り越え、7年の年月をかけて地球に帰ってきた「はやぶさ」は小惑星イトカワのサンプルの入ったカプセルを切り離したあとは、役割を終え大気圏で燃え尽きてしまいます。
その前にカメラを地球に向けて、最後に地球の姿を見せてあげています。

地上の管制室にいる人たちの気持ちが表れています。
とても感動的です。
間違いなくここでは単なる物ではありません。

ここでいう、物には命があるということとは本質的に違うかもしれませんが、間違いなく「はやぶさ」には命が吹き込まれています。
当事者でないのにこれだけ感動できるのだから、当事者の人たちの気持ちはどんなにすごかったのことでしょう。
人間でいるので、こういう感動を味わえます。

きょうは感情が不安定で、一日調子が出ませんでした。
先週の仕事でのミスがまだ尾を引いています。
一日こんなんではいやになってしまいますが、きょうはこれで救われました。
by human-space | 2011-09-20 23:03 | diary | Comments(0)