ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2013年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

かなり大げさですが、きょうぼーっと考え事をしていたとき、ふと浮かんできました。
神は創造力のかたまりです。
何でも創造してしまう力です。

人間から見ると、思っていることを現実化させる力のことです。
その力そのものが神だと思えました。
神に個性はありません。

すべてに分け隔てのない平等です。
どんな人間の、どんな思いにも答えます。
プラスであるとマイナスであろうと関係ありません。

ともかく、どんな思いも必ず現実化させるパワーのかたまりです。
ですから思いが叶うとわかっているのに、叶えたい思いを抱かない手はありません。
ただこの物理世界はすぐには現実化できないようです。

物質でない霊的な世界では、思えばすぐ現れるようですが、この世界は時間がかかるようです。
ですからすぐ思いが叶わなくても、あきらめないでずっと思い続けることが、現実化のコツのようです。
それで現実化する方法は、神に任せるということです。

結果はイメージしますが、その手段はお任せです。
思いに従って自然に振る舞っていると、その結果に行き着くというものです。
もちろん待っているだけでは、思っているものは手に入りません。

その時々の思いに従って、行動することです。
そうしていると、それがつながってきて、思っている結果が実現するというものです。
目標に鈍かって、がんばって努力するというのが今までのやり方でした。

それでもいいのですが、この宇宙の方式に従ったほうが、楽にスムーズに実現するはずです。
もちろんそれなりの苦しさが伴うこともあります。
全く楽にできるわけではありません。

それでも自分の思いからやっていることなので、耐えやすい苦しさです。
いやいややるわけではありません。
ともかく欲しいものを思い描くだけですから、やってそんなことはありません。

私もいくつか思い描いていることがあります。
ただいつ実現するのか、どうやればいいのかは考えないようにしています。
やることは、 今やらなければいけないことをやるだけです。

考えるのは今のことだけです。
シンプルですね。
これが意外と難しく、いらないことを考えて道に迷ってしまいます。

イメージするのは結論だけです。
自分もいま試している途中です。
このことは前から思ってはいましたが、きょうの神の実体が見えたことで、これで大丈夫だと思えました。
by human-space | 2013-03-31 14:50 | diary | Comments(0)
年度替わりを迎え、仕事も最盛期になっています。
さすがに忙しいですが、順調に進んでいます。
区切りのところで、うまく収まっているので、次の仕事にすっきりを進めます。

でもこのバタバタする性格はどうにかならないものかと思います。
ぱっぱとやれているのはいいのですが、もう少し落ち着いて出来ればと思います。
性格的なものなのである程度はしょうがないと思いますが、来週からは自分にちゃんと言い聞かせて、落ち着くようにします。

大きな山は越えたので、あとは時間勝負です。
どうしても仕事量があるので、淡々とやっていくだけです。
また4月からメンバーが入れ替わるので、うまくやっていきます。

前にも仕事をしたことがあるので、やりやすいです。
来月から雰囲気も変わるので、どうなるかちょっと楽しみでもあります。
たまには環境が変わるほうが気分転換になります。

ただテニスの回数が減るのが残念です。
まあこの時期は仕事中心になるのはしょうがないです。
暖かくなった来月から、またがんばります。
by human-space | 2013-03-30 20:18 | diary | Comments(0)
この前の送別会のときに、退屈そうにしている人がいました。
私もあまり社交的なほうではなく、ぼちぼちやっていたので、そこに行って少し話し込みました。
そこにまた人が集まってきて、最後の中締めまでいました。

それから少しして、きょうその人のおかげで、仕事を楽にすることが出来ました。
その人が直接私の仕事をしてくれたわけではありません。
その人が全く別の人に依頼した仕事が、私がする予定にしていた仕事でした。

その人は私のためというわけではありませんでした。
特に意識していたのではないと思います。
たまたま巡り合わせで、私の仕事を手伝ってくれることになりました。

おかげで、今日も忙しいなか、それほど手をかけずにすることが出来ました。
たいへん助かりました。
あのとき少し親切にしたことが、返ってきたのではないかと思っています。

この宇宙はつながっていて、与えたものがかえってくるとのことです。
今日はそれを実感しました。
自分が与えたものが良くも悪くも、めぐりめぐって自分に返ってきます。
by human-space | 2013-03-30 01:15 | diary | Comments(0)
きのうは送別会でした。
普段は車通勤なので、近ごろは飲まない飲み会もあるのですが、送別会ぐらいはと飲みました。
1次会が打ち上がって駅に行ってみると、電車が出たばかりで1時間半も待つことになってしまいました。

きのうはけっこう冷えていて、待つのはかなり辛かってです。
もうお酒は飲むなってってことかと思いました。
確かに飲まない飲み会のときでも、飲んだときとそれほど変わりません。

お酒は強いほうではなく、酔ってストレスを発散するタイプでもないので、どうしても飲まなくてはいけないということもありません。
たまにはビールが欲しいときもありますが、それ程でもありません。
仕事の関係上飲む機会はなくなりませんが、しばらく控えようかと思います。

スピリチャル上からも、よくないと言われています。
脳を麻痺させるのですから、脳の機能を低下させることになります。
完全にやめるわけではありませんが、出来るだけ控えようと思っています。

飲まなくても、辛くはないので、やろうと思えば出来ます。
少なくとも今の遠距離通勤の間は控えます。
次の転入者の歓迎歌はウーロン茶です。
by human-space | 2013-03-28 23:06 | diary | Comments(0)
今日もうちょっとで仕事でミスをするところでした。
ほんとに寸前で気がつきました。
すぐ先までいっていたら、取り返しがつかないところでした。

どうも神様が気づかせてくれたみたいです。
寸前で、ふとあれっと気がつきました。
慌てて見てみると、取り返しが着かない寸前まで来ていました。

教えてくれたのは、神様かどうかはわかりませんが助かりました。
ありがとうございました。
あと処理をやり直して、その日の仕事を追い込めたので、今日はすっきりと帰ることが出来ました。

こうやって気持ちよくいれるのも、気づかせてくれたおかげです。
ありがたいことです。
そんなことを思っていると、肉離れをしてテニスが出来なくなって、仕事に専念することになったのも、神様がこの忙しいときにテニスなどせずに仕事をしなさいということだったのではないかと思えました。

結果的には、仕事もだいぶん追い込めて目処が立ってきました。
テニスをやっていると、バタバタ状態のままだったかもしれません。
ちゃんとうまくいくように、神様が段取りしてくれたのでしょうか。
by human-space | 2013-03-27 01:27 | diary | Comments(0)
きのうの日曜日に、2006年に受けた深澤杏美さんの個人レッスンの録音を聞き返しました。
もう7年くらい前になりますが、そのとき言われたことと現在の方向性がピッタリ一致していました。
今年に始めのスピリチャルコーディネータを目指すと宣言しましたが、すでにこのとき言われていました。

もうこのことはすっかり忘れていて、あまりに合っているのでびっくりしました。
なるにはやはりタイミングがあるみたいです。
今を一生懸命生きていれば、いつかそのタイミングがやって来るでしょう。

ともかく先のことは考えず、まずは今を楽しんでいきます。
転生輪廻のことは当たり前に言っていて、私は僧とかで修行をよくやっていて、今世は普通の生活を体験するのが目的のようです。
深澤さんも山にこもった修行より、現世を生きるほうがたいへんだと言っていました。

もちろん当時の修行のことなど全く思い出しませんが、現世を生きるのはたいへんだというの同感です。
生活の心配から人間関係まで、悩みはつきません。
生きるのは辛いことのほうが多いですが、楽しみもあります。

魂だけになって悩みもなくなり平穏に過ごしていると、波瀾万丈の刺激を求めて現世に生まれて来るというのを聞いたことがあります。
たしかに魂にだけになると、食べる心配もなく仕事もしなくていいし、病気になることもないので、平和すぎて退屈になるのかもしれません。
それはともかくせっかく肉体を保って生まれてきているので、今やれることをやっていきます。

それでテニスもどんどんやっていくつもりですが、この前左足の軽い肉離れを起こして、今週は休みです。
なかなか言うことを聞いてくれません。
これも現世ですね。
by human-space | 2013-03-25 22:27 | diary | Comments(0)
もっと劇的なものが見つかるのではないかと思っていましたが、何てことはない、前にも知っていたことでした。
それは前世の記憶を保って生まれてくる子供のがいるということです。
詳しくはこちらで。

実はまだこの本は読んでいないのですが、この本のことは聞いたことがありました。
3歳くらいまでは、前世の記憶やお母さんの体内でいるときの記憶を持っている子供がけっこういるということです。
丁度しゃべれるようになる頃に忘れてしまうようです。

何かうまく出来ています。
ともかく転生輪廻の痕跡ということでは、これだと思いました。
誰でもが自分の前世を覚えていればいいのでしょうが、そうではないので、その証拠としてはこんなところでしょう。

前世の記憶があると、今世を生きるのに、迷いが生じやすいのではないでしょうか。
そういった意味で、ないほうが白紙で今世を描いていけると思います。
それでこの世界はそういう仕組みになっているのでしょう。

でも今はスピリチャルの時代の入りつつあると思います。
スピリチャルでは当たり前ですので、そろそろこのことが広まってきてもいいのではないかと思います。
そうなると、東北大震災で身内をなくされた方の心が、少しでも癒されるのではないかと思います。

きょう転生輪廻の痕跡が見つかってよかったのですが、ちょっと拍子抜けの気もします。
もっと画期的なものが見つかるかと期待していたのですが、これでいいのではないかと思っています。
言ったように、はっきりわかってしまうと今世に影響がでるかもしれません。

転生輪廻の事実は、それがあるのだというくらいにとどめていて、何かあったときには役に立つくらいでいいと思います。
今はこれくらいでいいです。
これからほんとうのスピリチャルの時代になると、それが当たり前になっているのですから。
by human-space | 2013-03-24 14:55 | diary | Comments(0)
きのうは職場で大きな出来事がありました。
職場のなかではショックが広がっていると思います。
今までにはなかったようなことが起こりました。

今までの感覚で仕事をしていたのでは、もう対応できません。
これからは自分でちゃんと考えて、仕事をしていかないとたいへんなことになることが起こりえます。
不確実性の時代と言われてきていましたが、職場においても実感しました。

これから自分を守るのは、自分しかないということです。
心がぐらつきそうになりますが、しっかり考えてやっていきます。
やはり一番信じられるのは自分の内側の感覚です。

何かあったときは、自分の内側に聞きます。
その反応の感覚がしっくりきていればOKです。
もし違和感を感じれば、そうではないということです。

ありがたいのは、自分の内側が信じられるということです。
おかげでこんな時代になっても、こころに安心感があります。
最後に信じられるものがあるからです。

たいへんな時代になってきましたが、選別が起きてきているのかもしれません。
これからはごまかしがききません。
本当にちゃんとしてる人が生き残っていくのでしょう。
by human-space | 2013-03-23 21:43 | diary | Comments(0)
きょう仕事でトラブルがあり、怒りが爆発してしまいました。
といっても怒り散らしたわけではありません。
外見的にはほとんどわからないくらいだった思います。

でも内面的は怒り爆発でした。
ムカムカすることはしょっちゅうありますが、ここまで怒りの感情が起きてくることは久しぶりです。
今までいい子でいようとしていたので、だんだんとストレスがたまっていたのでしょう。

これをきっかけに、しばらく怒りの感情が収まりませんでした。
またへんに押さえ込むとまた怒りの感情が溜め込まれそうな気がしたので、コントロールしようとせず、起きてくるままにしていました。
おかげで、たまっていたマイナスな感情が放出されたような気がします。

しばらくして収まってくると、肩が軽くなった気がしました。
それでもまだその感情が起きてきていましたが、あまり感情のままにしておくのはよくないので、今度は意識的に感情を押さえ込みました。
あまり感情の起きるままにしておくと、コントロールできなくなるような気がしました。

もうさすがにしばらく経つので、マイナスのエネルギーが抜けてきたのか、楽にコントロールできました。
たまには感情のままにしておくのもいいかもしれません。
それでも心の片隅には。変なことをしないよう見張っているものがいます。
by human-space | 2013-03-23 00:41 | diary | Comments(0)
テニスをしていて、ふくらはぎの軽い肉離れを起こしてしまいました。
軽いと言っても一週間くらいはテニスが出来そうもありません。
今朝ウォーキングをしていたとき、ちょっと痛みがありました。

きょうのテニスもどうしようかと思いましたが、何とかいけるかなとやってしまいました。
少しの間はだましだましやれていたのですが、途中で鋭い痛みが来てしまいました。
さすがに中止して、帰ってきました。

じっとしている分には痛みはないのですが、いま患部を冷やしています。
どこまで回復できるでしょうか。
スピリチャル、気持ちが一番ですが、自分の肉体も大切にしなければと思いました。

人間は肉体がいうことを効かなければ、何も出来ません。
こうやっていたい目を見ないと、なかなかわかることが出来ません。
ほんとは自分のなかの感覚で、感じ取るようになればと思います。

でも今回のように感じてはいても、自分の欲望や世間体などを気にしてしまいって、心の声を無視してしまいました。
今回の反省点です。
今回は軽い肉離れで済みましたが、もっと大きな問題のときにはこの教訓を生かします。

そう思って肯定的に思うようにします。
どんなことが起こっても、自分がどう考えるかです。
肯定的に考えれば、肯定的なことになります。
by human-space | 2013-03-21 22:54 | diary | Comments(0)