ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

テニスのシングルスに参戦し始めて、3年が過ぎています。
その頃イメージしてきたことが、やっと形になりつつあります。
まだまだ完成とはいきませんが、当初目標としてきた完成形が見えてきました。

ほんとに現実化するのは時間がかかります。
やはり必要なのは、あきらめないことです。
進歩どころか後退することもままあるなかで、持続することです。

「継続は力なり」です。
それにしても時間がかかりすぎる気がします。
短期に目標を目指していると辛いです。

前にも言ったように、イメージしたらあとの経過と方法は神に任せて、気にしないようにするほうがいいようです。
目の前に起こってくることを、ただ一生懸命やるということです。
さすがに何もしないでは実現しませんが、難しく考えず、ただやるべきことをやるという感じです。

そういう感じなら、まあまあやれます。
そんなことを積み重ねているうち、いつの間にか思ったことが現実化していた、というふうになります。
今いろいろと試しています。

テニスもそうですし、まだまだ思ったようには現実化していません。
ともかく今は先のことは考えず、今の経過を楽しんでいこうと思います。
途中でもそれなりの達成感があって、できたといういい感じを得られます。

先のことを考えるとしんどいので、まずは今の経過を楽しむようにします。
コツは、先の心配をせず、今を一生懸命やるです。
実現するまで、あきらめないでやります。
by human-space | 2013-06-30 19:55 | diary | Comments(0)
今日は10日ぶりにテニスが出来ました。
雨や飲み会やらで、思ったようにテニスが出来ませんでした。
まずは出来ただけでもありがたいです。

2人だけだったので、じっくり練習が出来ました。
そのうえ、同じようなレベルなので、いい感じでした。
今日のような練習が出来たら、言うこと無しです。

でもさすがに疲れました。
17時から21時まで、4時間近く打ちました。
久しぶりということもあって、体がボロボロです。

でもこういうのも、出来るのは今のうちなので、頑張っておきます。
魂だけになると、しんどいと思うことも、体が痛くなることもなくなるでしょう。
頑張れるのも今のうちです。

今日は特にサーブに進歩が見られました。
少しでもうまくなると、頑張ろうという気になります。
来週も土曜日はテニスが出来るので、まだまだやります。
by human-space | 2013-06-30 00:34 | diary | Comments(0)
この前の天国の話で、そこではお腹が空かないそうです。
魂だけで肉体がないのですから、当たり前ですね。
食べるために働かなくてもいいということになります。

天国に行くと、今している苦労はなくなりそうです。
とてもいいように思えますが、そのうち物足りなく感じるのではないかと思います。
うまいものを食べたときの満足感はもう得られません。

ですから今のうちにしっかり味わって食べます。
きょうも3食、意識して食べました。
味はもちろん、歯ごたえとか感じながら食べました。

そのうちもう食べられなくなると思うと、どんなときもちゃんと味わうようにしなければと思います。
またそう意識しているとき、今にいれれていることになるようです。
今にいれていれば、心が安らぎます。

この前の、左脳が脳卒中なったときの話によると、右脳が働くのは今にいるときだそうです。
右脳が働くと、宇宙と繋がって一体感を感じ、至福を体験するということです。
よって、ご飯を美味しくいただいているときは、至福を体験することになります。

実際は左脳が邪魔しているのか、そこまで大げさなことは感じませんが、やり方はこれでいいと思います。
それはともかく、ご飯を食べれるのは今のうちなので、いつも感謝して、美味しくいただくようにします。
しあわせは、身近なとところにあります。
by human-space | 2013-06-29 02:27 | diary | Comments(0)
今日の飲み会も飲まない飲み会でした。
今までの経緯で、現実は自分がつくり出していると思っていますが、飲んでない自分から見て、他の酔っぱらっている人も自分がつくり出しているのだろうかと、さすがに疑問が浮かびました。
さすがにそれは実感できませんでした。

それでも、理屈はわからないけれども、そういうことだと思い込むようにしました。
この酔っぱらっている人も、自分の一部だと思うようにしました。
まだまだ違和感は残りますが、いつもだと否定的に思うことが、少し肯定的に考えれました。

まあなかなか思っていることと現実は一致していません。
でも少しずつ、すべてのことを肯定的に考えることができつつります。
普段はそこまで考えることはありませんが、思いついたら、意識するようにしています。

現実はすべて自分の産物である、こりゃ、なかなか思えることではありません。
でも少しずつ、チャレンジしていきます。
本当にそう思えたら、神と同じレベルになっているということになります。
by human-space | 2013-06-28 00:41 | diary | Comments(0)
きのうは子供が生まれる前のことを覚えていた発言を集めた本を読んでいました。
前に言っていた、転生輪廻の痕跡です。
信じるかどうかはその人次第ですが、ちゃんとした婦人科の先生が書いている本なので大丈夫だと思います。

その本の最後のほうの発言で、魂の世界は、暑くも寒くもなく、お腹もすかず、のんびりしているというのがあります。
とても退屈だそうです。
何となく想像できます。

それでたいへんではあるけれども、楽しいことのある人間界に降りてくるということです。
前にそうじゃないかなあと思って書いていたとことと同じでした。
いまは厳しいこともありますが、死んで魂だけになるとこのように楽になれるので、今のうちに頑張ります。

魂だけになると、頑張る必要がなくなります。
ですから悔いの残さないよう、今のうちにやれることはやっておきます。
悩めるのも今のうちです。
by human-space | 2013-06-26 20:54 | Comments(0)
左脳が脳卒中になった人の本を読みました。
左脳が麻痺すると、空間を認識できなくなり、時間もゆったり流れるようになるそうです。
この時空間は、左脳がつくり出していることになります。

ということは、この現実は左脳がつくり出しているので、自分がいなければ、自分の現実はないことになります。
自分が直接に現実に関与していることになります。
現実は自分の脳のなかで処理しているので、自分の思い通りにできるのではないかと思います。

自分の思いが現実になります。
それなら楽しいことを思うようにします。
幸せで、楽しく、ワクワクする現実を思うようにします。

もちろん実際は、単純にぱっぱと変わるわけではありませんが、そのうちに変わってくるはずです。
脳の中の電気的な処理だけなので、自分でどたばた動かなくても、思うだけでいいと思います。
いつもやっていることですが、きょうは理屈も合っていることが確認できました。

また左脳が働かなくなって、右脳だけになると、至福を体験できるそうです。
体の境界がなくなって、宇宙と一体化する感覚を味わうことができるようです。
ということは、幸福感はいつもここにあるということです。

いつもは左脳の思考が、その幸福感を邪魔しています。
ですから幸福感を感じるためには、左脳が邪魔しないようにすればいいことになります。
考えすぎないようにして、ただご飯を味わうとか、音楽を聴くとか、心が今にいるようにすればいいということです。

幸せになるために、頑張って何かを手に入れなければいけないということではありません。
幸せは今ここに既にあります。
それを感じるようにするだけです。
by human-space | 2013-06-26 00:45 | diary | Comments(0)
今朝いつものウォーキングをしようと少し歩き出したところ、雨が降ってきました。
けっこうな降りで、雨宿りをしながら様子を見ようとも思ったのですが、仕事が立て込んでいることを思い出したので、あわてて引き返すことになりました。
事務所に帰って、執行時間前でしたが、仕事をしました。

それから執行時間になると電話があって、今日の仕事の予定を早くしてくれとのことでした。
ちょうど早めに取りかかっていたので、すぐ引き渡すことが出来ました。
雨のおかげで、早目にウォーキングを切り上げたのがよかったです。

神様がこのことを見越して、雨を降らしてくれたかのようです。
この雨のタイミングは微妙で、早く降り出していたら傘をさして出かけるので、早く帰ることはできません。
降り出し遅いと、また帰ってくるのに時間がかかります。

今日の降り出しのタイミングがほんとに絶妙です。
こんなまねのは、神しか出来ません。
結果から逆算しているとしか思えません。

考えてみるとかなりすごいことと思いますが、もちろんただの偶然かもしれません。
個人的には、外側に起こることが味方してくれていると思っています。
自分の身の回りに起こることは、自分のために起きていると思えました。

今日のように、一見マイナスと思えるようなようなことでも、実はプラスなことが起きていると思えました。
これからは周りのことはすべて自分のために起きていると思うようにしました。
そうしたら常に肯定的な気持ちでいれます。

それは意識的にそう思うようにします。
内側が変われば外側も変わるはずです。
少しずつ意識も現実も変わってきています。
by human-space | 2013-06-24 22:09 | diary | Comments(0)
きのう家の親父と話しているとき、太平洋戦争のときに満州でいたときの話を聞きました。
満州の話は今に始まった事ではないのですが、このときは、今がいかに平和で過ごしやすいかを実感しました。
そんな今、幸せに感じなくて、いつ幸せになるのだろうと思いました。

今日の休みも特にすることがなく、家でゴロゴロしていましたが、そんなときは気分は充実しません。
何か有意義なことをしていると、充実した気分になりますが、今日のような日は、あまりいい気分ではありません。
でも何もせずにいれることこそ、平穏でありがたいことです。

それがなかなかそう思えなくて、気分が優れません。
こんなときは、戦争のことを思い出して、今こうしていられる幸せを感じるようにしました。
そうしたら、気分も少しは良くなって、何かやろうという気なりました。

結局今日は、少し本を読んだくらいで何もしませんでしたが、気分はまずまずでいれました。
ほんと普通でいられる幸せを忘れないようにしなければと思います。
何か不満が起きてきたら、このことを思い出すようにします。
by human-space | 2013-06-23 19:53 | diary | Comments(0)
目が悪くなったせいもあるかもしれませんが、かなり前からあまり本を読まなくなりました。
あとインターネットを使うようになったことも原因だと思います。
それがこの頃急に本を読むようになりました。

いま読んでいるのは、「精神と物質」、「ペンローズの量子脳裏論」、「人は無意識の世界で何をしているのか」、「全体性と内蔵秩序」です。
前に読んだ本ですが、急にまた読みたくなりました。
共通しているのは、意識についての科学の本です。

前にもいいましたが、スピリチャル系の本はなるべく読まないようにしていますが、科学の視点から見た意識について興味があります。
意識については、もちろんまだまだ科学では解明されていません。
意識を科学でとらえることになった量子力学でも、それから50年以上経っても、意識との関係はわかっていません。

近ごろ「今」を意識するようになって、急にまたその辺のことに興味がわいてきました。
本を読んだからといって、それがわかるとは思いませんが、自分の内面の感覚と照らし合わせて、よりクリアになればと思っています。
何か思うところがあれば、このブログで紹介したいと思います。
by human-space | 2013-06-22 22:04 | diary | Comments(0)
意識と現実の関係がわかってくると、より今を意識するようになりました。
意識が現実をつくっているとなると、今こそ自分の思いを実現する場だと思えます。
ですから未来ではなく、今何かしなくてはと思います。

直接自分の思いを込められるのは、今です。
それは今しかありません。
未来は想像するだけで、直接何も作用することは出来ません。

今出来ないものは、未来に出来る保証はありません。
頑張れるのは今だけです。
ですから今、何かやろうとします。

今幸せになります。
今楽しくします。
今ワクワクします。

実際に今、そのとおりにはいっていませんが、そう思うようにしています。
そうし続けていれば、実際にそうなるはずです。
ともかく今を意識していきます。
by human-space | 2013-06-21 23:19 | diary | Comments(0)