ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2013年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

果報は寝て待つものなので、何もしないで待っていましたが、しばらく音沙汰がないので、何かしようかジタバタしそうになりました。
結局、何もしないで、果報がありましたが、じっと待つのも楽じゃありません。
神様なら何もしないで平気で待っていられるのでしょう。

まだまだ修行の身では、平気ではいられません。
このまま何もしないでいると、ほんとに何もないのではないかと思ってしまいます。
待つんだ、待つんだと心に問いかけて、何とか何もしないでいれました。

また次もあります。
がんばって何もしないでいるようにします。
もっと自分の未来を信じられたなら、平気でいられるのにと思います。

ようはどれだけ自分を信じられるかです。
現実では実際にジタバタしばければいけない時もあります。
でも「果報は寝て待て」と心が思えた時は、今回はそういう時なのでしょう。

そんな時は自分を信じて、じっと待ちます。
そうやって自分を信じられるようになれば、少し進歩したことになります。
進歩は毎日のことから少しずつです。
by human-space | 2013-11-30 22:39 | diary | Comments(0)
実はちょっとしたことがあって、まさにこんな心境です。
このことわざの意味をネットで調べてみると、「幸福の訪れは人間の力ではどうすることもできないから、焦らずに時機を待て」ということだそうです。
これって、すごいスピリチャルかも。

確かに今、自分ではどうしようもない状況です。
こんな時は、心配してもしょうがありません。
ですから、いいようになると信じて、のんびと待っています。

がんばって努力して手に入れるという、従来のやり方ではなくて、欲しいものをイメージして、あと手に入れることは宇宙に任せるという、スピリチャル的なやり方だと思います。
結果だけを決め、その過程や方法は宇宙に任せるというものです。
ほんとに何もしないで寝ているというのではなくて、がんばって手に入れようとしないだけです。

起こってくる状況に自然に対処していれば、それがいつの間にか、その欲しいものを手に入れる手段になっているということです。
そして気がついたら、手に入っているというものです。
これは宇宙の仕組みです。

ともかくスピリチャル的な、ことわざです。
ほんとに分かっている人がつくったのでしょう。
心に響くことわざです。
by human-space | 2013-11-29 20:13 | diary | Comments(0)
今日はテニスクールの日でした。
気温が低くて寒かったですが、風がなかったので、動くと暖かくなって、ちょうどよかったです。
これが風があると、動いてもすぐ冷えて暖かくなりません。

この時期は寒いのしょうがないですが、風がないのは助かります。
そういえば、ここ2週間は風がありません。
コーチに話だと、その前はけっこう荒れていて、たいへんだったようです。

これはすごくありがたいことです。
おかげでテニスの集中で来ました。
結果はまだまだですが、いい練習にはなりました。

ほんとに神様のお陰だと思っています。
またそれはいつものお地蔵さんかもしれません。
それはともかく、ありがたいことです。

今はテニスの練習が出来るだけで、幸せです。
たいへんな思いをしていて、何も出来ない人も大勢います。
それだけで、今がベストです。
by human-space | 2013-11-28 22:44 | diary | Comments(0)
概して日本は世界的に見れば平和です。
もちろん、東北大震災があったり、日本のあちこちらで災害があったり、たいへんなこともいっぱいあります。
それでも困った時は助け合ったりして、この前のフィリピンのようにひどい略奪があったわけではなかったと思います。

今この国で、幸せに感じられなくて、世界のどこで感じられるだろうかと思います。
個人的にも、細かい出来事はいくらでもあります。
言い出したら切りがありません。

でも今の日本なら、自分の考え方一つで、幸せになれると思います。
テレビで見る限り、いろいろありますが例えば、シリアの内戦の模様を見ていると、何を言っても、そこでは幸せにいられないだろうと思います。
でも日本は違います。

自分さえ幸せでいるんだと思えば、なれると思います。
自分もそうなれるよう、自分に言い聞かせています。
それで少しずつですが、幸せかなあと思えるようになってきました。

ありがたいことだと思えるようになってきました。
ここでは何が起こっても、もっと不幸な人がいると言い聞かせて、マイナスな気持ちにならないようにしています。
いつのことか分かりませんが、自然と思えるまで、意識していきます。

それと余談ですが、そう思って、今ここに生まれてきたのではないかと、ふと思いました。
だいぶん前に個人セッションを受けたときに、前世は僧侶のような聖職が多く、山に籠って修行していたようです。
今生は、それが実際の生活でどう生かせるか、確認しようとしているみたいです。

そのときのヒーラの方もおっしゃっていましたが、そうほうが山に籠った修行より難しいということです。
それとふと思ったのは、日本も戦争が終わって平和になったので、今ここなら大丈夫と、生まれてきたような気がしました。
まあ気のせいでしょうが、自分ではそうかもしれないと思っています。
by human-space | 2013-11-27 20:53 | diary | Comments(0)
また、 NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」からです。
今週は、世界的に有名なデザイナーの方が出ていました。
いろいろ参考になることを言っていましたが、一番気にかかったのは、パッションという言葉です。

才能やセンスだけではだめなようです。
ものごとをやり通す、パッションが必要だということでした。
この方のような才能やセンスのある方が、100%、120%がんばって初めて、あのような実績を残せたということです。

もちろんパッションだけでは、あそこまで成功できないでしょうけれども、パッションがあれば、何かをやれるはずです。
周りはどういうか分かりませんが、何事もやり通せたなら、満足感はあるはずです。
一番必要なのは、パッションです。

誰にでも何かやりたいことはあるはず。
それが何であれ、やり通すことです。
そしたら何かが見えてくるはずです。

それがこの人生でいる意味なのでしょう。
そのために生まれてきたということです。
自分もその心の声に耳を傾けてみます。
by human-space | 2013-11-26 22:58 | diary | Comments(0)
イメージしているものが、現実化すると思っています。
そうであるならば、自分の一番なりたいことを、イメージするようにしています。
どうせ現実化するのですから、わざわざ二番のものを思うというのはおかしいです。

自分が思い浮かべられる、ベストの状態をイメージします。
やってみると、以外ととんでもないことはイメージできません。
自分がなれるであろう、一番すごいことを考えればいいです。

いくつかは考えています。
すぐにでも出来そうなもの、今その状態が影も形もないもの、その間くらいのもの、などいろいろあります。
でも元から貧乏性なのか、とんでもないお金持ちのイメージが起きません。

メージするだけなのに、どうしてでしょう。
現実化できないものは、イメージできなのでしょうか。
逆に言うと、イメージできたということは、現実化できるということでしょうか。

まだわかりませんが、今やるべきは、自分のベストのことをイメージすることです。
イメージするだけなので、今すぐ、どこででも、お金も、手間もかかりません。
さすがに、これくらいならやれます。
by human-space | 2013-11-25 20:10 | diary | Comments(0)
きょうは物欲、食欲を満たし、感動で涙もしました。
人間味のある一日でした。
精神性はもちろん大事ですが、人間に生まれたからには、人間らしい生き方をするのがいいのではないかと思います。

きょうは注文していた、テニスシューズとバッグが届きました。
シューズは国産のもので、さすがには着心地が抜群です。
足首のところもしっかりガードしてくれていて、テニスをするのが楽しみになります。

昼から冬物の服と下着類の買いにいきました。
ユニクロのバーゲンなので、けっこう買いましたが、びっくりするようなことはありません。
これだけでも、物欲を満足できました。

また夕食は近くの王将に中華を食べに行きました。
休みの日はいつもはプチ断食ぎみなのですが、きょうはガッツリ食べ、食欲も満足できました。
どこに行こうか迷えば、中華にしていれば間違いありません。

あと休日はいつもBSで、朝ドラ「ごちそうさん」をまとめて見ています。
今回はのり子さんが嫁に行くのを、他の人は人ごとみたいななかで、め以子さん一人だけ本気で止めてくれるのに感激したシーンで、見ているほうも涙が出ました。
目に涙が溜まる程度でしたが、前に涙が出たのはいつか、思い出せないくらい久しぶりでした。

それにしても、「ごちそうさん」ほんとに面白いです。
やはりハッピーエンドのドラマはいいです。
どんなたいへんなことになろうと、最後は笑顔になるのが分かっているので、安心して見ていられます。

ひょっとしたら本当の人生も、本人がそう思ってれば、こんなふうになるのかもしれません。
イメージさえハッピーエンドいれたら、そうなると思われます。
そう思い通すのが難しいだけで、仕組みは思っていることが実現するという簡単なことかもしれません。
by human-space | 2013-11-24 20:46 | diary | Comments(0)
NHKで認知症の番組をしています。
途中までしか見ていないので、何ともいえませんが、脳の機能が停滞するとなり易くなるのではないかと思います。
常に変化している時は、なりにくいと思います。

前に「生命は変化」ということを言いましたが、まさに生命力があふれている時は、変化しています。
年を取って生活の変化がなくなると、あぶないです。
仕事をずっとやれればいいですが、サラリーマンなどはそうもいきません。

仕事をしている時が忙しすぎると、退職してゆっくりしたいと思うでしょうが、何もしないのはよくないです。
いつになっても、今に甘んじないで、変化してくのがいいと思います。
生命力にあふれている時は、自然とそうなるでしょう。

変化こそが生命のダイナミズムということです。
ですから起きてくる変化を受け入れるようにします。
自然と変化している時が、宇宙の流れに乗っている時です。

こうしているときは、細胞も目覚めて活発に働いています。
こんなとき認知症にはならないでしょう。
起きてくる変化を受け入れる、ということを意識しておきます。
by human-space | 2013-11-23 21:53 | diary | Comments(0)
きょうも朝車で通勤していると、峠道を遅い荷物を積んだトラックが前を走っていました。
この県境の峠道は、信号がないので走り易いですが、遅い車がいると、なかなか追い越すところがないので、時間がかかってしまいます。
今日もまたかと思って、イライラしてしまいました。

それでも、この前やった、トラックの運転手さんに、「お仕事ご苦労様」と心の中で言ってみました。
さすがに心の底からとはいきませんが、一応言ってみました。
そしたら、少し走った後、避けて抜かせてくれました。

ありがたいと思って、また走っていると、今度は砂を積んだダンプトラックがいました。
ダンプは避けてくれないことが多く、あきらめていましたが、また「お仕事ご苦労様」と言ってみました。
そしたら何と、ちゃんと避けてくれるではありませんか。

もう大丈夫と走っていると、次は大型の通勤バスです。
万事休すです。
もうだめだと思いました。

でも懲りずに、「お仕事ご苦労様」を言ってみました。
そしたらすぐ、このバスも避けてくれました。
何と3連発です。

この車通勤も2年が過ぎようとしていますが、さすがにこんなことは初めてです。
「お仕事ご苦労様」効きます。
前にもやってみましたが、これほどではありませんでした。
by human-space | 2013-11-22 20:21 | diary | Comments(0)
どの面に意識を向けるかは、本人の選択です。
いい面に向ければ、楽しくなりますし、わるい面に向ければ、マイナスな気分になります。
どちらがいいかは明らかですよね。

でも何故か人間は、マイナスな面のほうに意識を向け易くなっています。
ほんとにどうしてでしょうか。
これでは面白いわけがありません。

ですから、意識的にいい面ばかりを見ることにします。
今日もマイナスなことばかり浮かんできましたが、その都度、いい面のことを考えるようにしました。
ほんとに見事なくらい、マイナスなことばっかりです。

一日、ずっと想念を修正していましたが、あまりうまくいったとはいえません。
それでも修正しようと出来ただけでも、まあましです。
気がつかずに、マイナスモードに入りっぱなしの時もあります。

これもコツコツやるしかありません。
先は長いので、少しずつでもいい面のことを考えるようにします。
慣れてくれば癖になって、自然とプラスなことだけを見れるようになると思われます。
by human-space | 2013-11-21 22:45 | diary | Comments(0)