ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

きょうは、いい考えが浮かんできたのに、実行しませんでした。
何かつまらない理屈を考え、実行しないことがよくあります。
前からこんな傾向があったのですが、最近は、割と行動できていました。

きょうはまた昔に戻って、行動できませんでした。
思いつきのとおり行動していたら、けっこういい思いが出来たかもしれません。
結経それが出来ず、おまけに雨に降られてしまいました。

散々です。
最近は、思いついたら、すぐ実行するようになっていました。
それが、きのうは、全く動けませんでした。

まだまだ、頭が固いです。
すべてのことが分かっていない人間の考えは、いい加減です。
すべてのことが分かっている、宇宙からの伝言は、間違いありません。

次からは、すぐ行動するようにします。
もちろん何でもかんでもというわけではありませんが、気が付いたら、動くようにします。
動いて失敗するより、動かないで失敗するほうが、後悔が大きいです。

これからは、想念や感情も、自分の一部であるので、受け入れるようにします。
人間、宇宙、すべてを受け入れるようにします。
難しいですが、それを常に意識するようにします。
by human-space | 2014-07-31 23:34 | diary | Comments(0)
こうでないとダメだという状況に、しなようにしておくことです。
決めつけていると、そうならないような状況になった時、ストレスがかかります。
どちらでもいいという状況にしておくと、気持ちが楽にいれます。

きょうも仕事で、どっちになっても対応できる状況にしていたので、ギリギリになっても、イライラせずに済みました。
他のことでも、どちらになってもいいようにしていたので、思っていたようにはなりませんでしたが、ガックリせずに済みました。
あまり決めつけてしまわないほうが、上手くやれるようです。

現実には、ケースバイケースで、自分で考えていかなくていけませんが、一般的には、この、どちらでもいい状況にしておくほうが、やり易いです。
あまり自分を追いつめないようにしておくことです。
現実、ほんとにこうでないといけないようなことは、あまりないはずです。

よく考えてみれば、いろいろ選択肢が考えられ、こうでないとダメだというはないはずです。
逃げ道をつくっておく、ということになります。
きょうはそれで、気を楽にして仕事ができました。
by human-space | 2014-07-30 21:31 | diary | Comments(0)
この世界は、常にベストのことが起きていると、思っています。
でもそれは、必ずしも、心地よいものではないかもしれません。
自分の心の状態がどんなものでも、起きてきていることを肯定していきます。

起きてきている現実を、受け入れるようにします。
それができると、心地よくないけれども、少なくとも、マイナスな気持ちにはなりません。
そのときは、心は複雑ですが、そのうち、あの時はこれでよかったんだということが、分かる時が来ます。

それがいつかは分かりません。
そのことをあまり気にしないようにして、毎日をいつものように、一生懸命生きていることです。
目先の心の動きに、惑わされないようにします。

ともかく、目の前に起きていることが、ベストのことです。
それだけが真実です。
人間の心は、すべてのことが分からないので、不安定です。

迷っているのは、心のほうで、現実ではありません。
常に現実を受け入れていく。
難しいですが、今すべきことは、このことです。
by human-space | 2014-07-29 23:15 | diary | Comments(0)
きのうは、テニスの試合でした。
最初の頃は、弱気になって、ますます調子が悪くなっていました。
さすがに、2試合目になると、何とかしなくてと、気持ちを奮い立たせました。

それで、アドレナリンが出たのでしょう。
それからは、弱気にならず、テニスもまあまあやれました。
それはいいのですが、いつものように、脳が興奮していて、夜寝れませんでした。

それで、iPhoneで、ずっと音楽を聴いていました。
最初に聞いたのは、矢沢永吉の3枚組の、オールタイムベストです。
なかなか3枚続けて、聞くことはなかったのですが、どうせ寝られないので、いい機会でした。

いい曲ばかりですが、そのなかで特に、「鎖を引きちぎれ」という曲に励まされました。
汗もかかないで、夢をあきらめた顔まま、老いぼれしまうのかいという歌詞に、ぐさっときました。
意識しないと、何もしないで、このまま年を取ってしまいます。

いま頑張らなくて、いつ頑張るんだという感じです。
かなり本気になりました。
ほんとにいい刺激になりました。

中途半端なスピリチャルより、よっぽど効果があります。
負けないような、本物のスピリチャルでなければ。
やることは、まだまだあります。

やりきります。
後悔を残さないように。
そして、やるのは今です。
by human-space | 2014-07-28 21:15 | diary | Comments(0)
テニスの夏の大会は、暑すぎてたまらないので、出ないつもりでしたが、魔が差したのか、申し込んでしまいました。
きのうも最高気温が35度で、ハードコートの上は、45度にもなろうかというところです。
それが、前線が通過することになって、一雨降って、コートの温度が下がりました。

さすがにそれなりには暑かったですが、灼熱地獄のようなこともなく、テニスが出来ました。
これは、天が味方してくれていると、思いました。
この前、NHKのグレートトラバースという番組で、南アルプスを登り終えたその午後から、長い梅雨に入ったと言っていました。

その時その人に、天は味方しているなあと思いました。
逆晴れ男ですが、同じようなことが、起きました。
ありがたいことです。

ここまでお膳立てしてくれているのに、肝心のテニスの内容が、さっぱりです。
ほとんど、思ったようにやれませんでした。
敗者復活戦も、ギリギリのところまでいきましたが、勝ちきれませんでした。

また一から出直しです。
地道にやるしかないです。
きょうはちょっとへこんでいるので、明日からまた頑張ります。
by human-space | 2014-07-27 19:38 | diary | Comments(0)
きょうは休みで、時間があったので、うつらうつら考えていたことです。
幸せになるかどうかは、環境ではないということです。
それは、本人の幸福力です。

つまり、幸せだという思いが、どれくらい強いかです。
思いは強ければ、どんな環境でも、幸せになれます。
逆に、弱ければ、どんないいと思われる環境でも、幸せになりにくくなります。

これは、単純な理屈です。
本人が周りの環境をどうとらえるかで、幸せになるかどうかが決まります。
当たり前ですが、悲惨と思われる状況でも、本人がこれでもまだマシなほうだと、肯定的にとらえれれば、幸せになれます。

逆に、素晴らしいとも思われる環境でも、重箱の隅をつつくようなことに気を取られれば、幸せに感じないかもしれません。
要は、本人次第だといえます。
ですから、周りを変えることなく、本人の努力だけで、幸せになることが出来ます。

それなら、今からでもやれます。
それは、素質もあるでしょうけれども、癖になってしまっている部分が多いと思います。
不幸になる、癖がついてしまっています。

それは、努力で変えられます。
不幸と感じてしまっても、いやそれはただの癖だ、考えてみれば、これでも、こんなところは十分に幸せなことだと、思い返していれば、不幸になる癖を変えることが出来ます。
これは、かなり時間がかかるかもしれませんが、やるだけはことはあります。

これが解消されたなら、残りの人生の、幸せが保証されたようなものです。
だって、どんな環境になっても、幸せに感じられるようになっているからです。
逆に、それが出来ていないと、思っているような環境になったとしても、なったすぐは幸せに思えるかもしれませんが、またすぐ、他のことが気になりだして、幸せになれなくなってしまいます。

ですから、今この環境で、幸せになることです。
それが出来なければ、いつまで経っても幸せになれないことになります。
幸せになるために、これ以上先延ばしする意味はありません。

いま幸せにならないなら、一生幸せにならないといっているようなものです。
今から、物事の見方を変えていきます。
どんなことでも、いい面はあるものです。

それに意識を向けていきます。
その癖を付けていきます。
それができれば、幸せが保証されたようなものです。
by human-space | 2014-07-26 18:43 | diary | Comments(0)
10年以上前に、このhuman-space.comのドメインを取りました。
その頃から、スピリチャルには興味がありましたが、漠然としたものでした。
今は目的がだいぶん見えてきましたが、それが、そのころからどこかに見えていたのでしょうか。

今は、まさに人間と宇宙に、興味があります。
神からいただいた、この人間、宇宙で、どうやって生きていくのかが、一番の課題です。
それが、この世界に生まれてきた、目的ではないかと思います。

この人間と宇宙の仕組みが分かっていないと、上手く生きていけません。
必要ない苦労や心配をしたり、効率よくできなかったり、無駄なことばかりをしていることになってしまいます。
もっと簡単に、上手く生きる知恵を考えています。


思っていることは、このブログに書いてきました。
それを、リアルタイムで体験しています。
もちろん、まだまだで、何をやっているやらです。

それでも少しずつは、見えてきている気がします。
まさに、これからです。
これからどう生きるかが、勝負です。
by human-space | 2014-07-25 21:19 | diary | Comments(0)
有名な格言ですが、これもありです。
きのう言っていることと違いますが、宇宙の流れにのっている時は、ジタバタしなくても、いいようになっていきます。
今回はジタバタしないほうがいいような気がしています。

積極的に動いていったほうがいいか、ジタバタしないほうがいいかは、そのときによります。
どちらを取るかは、内なる感覚になります。
内なる声に従っていきます。

迷うなら、動いたほうがいいかもしれません。
動かないで、後悔するより、やってみてだめだったら、あきらめがつきます。
日々、試行錯誤していくしかありません。

当たり前ですが、大きな判断の時は、慎重にいきます。
間違うと、後がたいへんになってしまいます。
間違えても、それはまた長い目で見れば、成長につながるのでしょうけど、苦労はないに越したことはありません。

連絡がないのは、元気な証拠というように、何もなというのは、うまくいっているということにもなります。
ともかく、今できることは、心配しないでおくことだけです。
そうすれば、心配しないでいい現実になっていくでしょう。
by human-space | 2014-07-24 22:27 | diary | Comments(0)
きのうは、帰り際に、ちょっとした、いいことがありました。
思わず、「ラッキーデイ」と声が出ました。
ほんの些細なことですが、気分がいいものです。

結局、きのうはテニスが出来て、仕事も上手く切り回せました。
確かに、「ラッキーデイ」でした。
夏場は、暑くて、かなりしんどいのですが、全身しっかり汗をかくというのは、気分のいいものです。

こういう点では、夏のテニスもわるくありません。
この肉体を持って生まれてきているのですから、体が喜ぶことをしていければと思います。
これは、今しか出来ません。

精神的な成長は、遥か遠い道のりでしょうから、あせってやっても、とてもすぐにはゴールにいけそうもありません。
もちろん、精神的な成長は本来ですが、今はこの肉体、この世界を楽しむことが、メインにやっててもいいのではないかと思います。
精神的な成長は、常に意識は必要ですが、個人的には、今はどうやったらテニスが上手になるのかが、大事です。

でも、スピリチャル的な基盤がなければ、嵐の中の小舟のようになってしまいます。
やはり、バランスでしょうか。
日々、試行錯誤です。
by human-space | 2014-07-23 21:28 | diary | Comments(0)
今の仕事は、相手から書類が出てこないことには、先に進めません。
一応期限は決めているのですが、なかなか思ったようには出てきません。
それで、先週は、予定していたテニスが出来ませんでした。

きょうは、待っているだけでなく、こちらか能動的に動いて、調整しました。
おかげで、きょうはテニスをすることが出来ました。
暑かったですが、しっかり汗もかいて、スポーツをやったという気になりました。

きょうは、こちらから動いて、うまくいきました。
でもときには、ジタバタしないほうがいい時もあります。
宇宙の流れに任せて、自分から動かないほうがいい時もあります。

それは、そのときの感覚です。
自分の心が安定していれば、動かないでも、自然にうまくいくような気がします。
そういうときは、意識して、じっとしています。

そういうときは、心配事などなく、気持ちが平静でいれる時です。
そうでないなら、常識的に考えて、行動します。
自分に自信のない時は、常識的な行動をします。

そのほうが、大きな間違いがありません。
不安がある時ほど、常識的なことをするほうが、安心です。
きょうは、心の奥底で、じっとしているより、動いたほうがいいという気がしました。

きょうはそれが正解でした。
積極的に動いて、調整が出来、テニスをすることが出来ました。
じっと待っていたら、身動きが取れなくなってしまっていたでしょう。

自分から動いていく時と、ジタバタしないでおくとき、上手く使いながら、生きていくことになります。
どちらにしても、この世界は、動いてなんぼなので、基本は自分が動いていくことになります。
でもジタバタはしたくないですね。
by human-space | 2014-07-22 22:38 | diary | Comments(0)