ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

何年も、夜中に目が覚めて、寝れなくて、音楽を聴いたり、お菓子を食べたりして、何とかごまかしながらやっていました。
つねに睡眠が分断されているので、午後の仕事や、帰りの車の中で、急に、睡魔が襲ってきて、困ることがありました。
もう何年も続いているので、もう治らないのかもと、思っていました。

それが、今週ずっと、普通に寝れるようになりました。
といっても、夜中に、数回は目が覚めます。
それでも、トイレに行くくらいで、すぐ寝れるようになりました。

自分でも、びっくりしています。
きのうこそは、夜中に、錦織選手の試合があったので、見てしまい、ちょっと寝つきが悪かったですが、それ以外は、ほんとによく寝れます。
どうしたことでしょうか。

このところ、精神的に安定して、それほど、イライラしなくなったからでしょうか。
昼間の興奮が、夜まで引きずっていたということでしょうか。
それにしても、本当に長い間、まともに寝れることがありませんでした。

普通に寝れていたのが、いつごろまでだったか、忘れるくらいです。
それが、ふと、寝れるようになりました。
ともかく、喜ばしいことです。

毎朝歩いて、週2、3回はテニスをしています。
健康管理はできているつもりでしたが、睡眠に関しては、どうしようもない状態でした。
おかげで、人生の懸案が、ひとつ解決されました。

もう少し様子を見てみないと、何とも言えませんが、昼間、こんな感じで過ごせていたら、大丈夫でしょう。
ともかく、ありがたいことです。
何がきっかけで、どうなるかわからないものです。
by human-space | 2014-10-31 20:49 | diary | Comments(0)
きょうは、朝は冷えましたが、天気が良く、気温も上がって、絶好のテニス日和です。
また、テニスの調子も良くなってきているので、やる気満々でした。
それが、何と、テニスコートの照明の故障で、やれませんでした。

次の予定の、土曜日は、どうも雨模様です。
今はテニスをしないようにと、言われているようです。
そういえば、よくなってきていた膝が、この火曜日のテニスで、また悪くなってきました。

また、けっこう痛くなりました。
無理をすれば、テニスはできるのですが、ひょっとしたら、かなりひどくなるかもしれません。
でも、できれば、やってしまうでしょう。

それなので、神様が、無理やりできないようにしてくれたのかもしれません。
照明が点かないのでは、やりようがありません。
もちろん、雨もダメです。

真偽はともかく、起きてくる現実は、つねにベストのことだと、思うようにしています。
そうだとすると、こういう結論になります。
つねにベストのことだと思うようにすれば、マイナスな気持ちにはなりません。

人間は、すべてのことがわかりませんから、どれが合っているか、結論付けることができません。
この考えも、ほんとうに合っているのかもしれません。
わからないのであれば、いいように考えたほうが、得です。

ですから、起こってくることは、ベストのことであると、思い込むようにします。
もちろん、現実は、なかなかそう思えないよう時も、多々ありますが、そんなときも、ほんとうにベストのことであるかもしれません。
思い込んだほうが、勝ちです。

つねに、いいように考えて、いい気持ちでいるようにします。
意識的に、それを選択していきます。
左脳のきまぐれに、振り回されないで、自分で自分の気持ちを、選択していきます。
by human-space | 2014-10-30 22:44 | diary | Comments(0)
前にも言いましたが、人間はすべてのことがわかりません。
人間の脳は、すべてのことを認識できるようには、なっていません。
ですから、間違うのは、しょうがありません。

真実を取り違えて、しばしば、感情的になってしまいます。
すべてのことがわかっていれば、起きていることが、しょうがないことだとわかりますが、そうではないので、間違っているように思ってしまいます。
宇宙はただ、法則どおり動いているだけです。

人間の思い込みで、間違っているように感じるだけです。
ですから、起こってきた感情を、しょうがないことだと受け止めて、受け流してやります。
間違ったため、一時的に、感情的になるのは、しょうがありません。

問題は、そこで、終わらせられるか、引きずってしまうかです。
出来るだけ、受け流すようにします。
でも現実は、そうもいかないこともあります。

そんなとき、出来るだけ、引きずらないようにできるかです。
起きてくる感情に、間違いかもしれないのだから、これは違うと言い聞かせて、落ち着かせるようにします。
これは面倒でも、いちいち、やっていかなけれないけないことです。

そうしないと、いつまでたっても、左脳の思考のいいなりになってしまいます。
これは、コツコツ修正していくしかないです。
そこそこになるまで、かなり時間がかかるでしょうが、やるしかありません。

やらなければ、いつまたっても、現状と変わりません。
ようは左脳を、コントロールすることです。
これができないと、この世界で、ゆっくりと過ごすことはできませません。
by human-space | 2014-10-29 22:48 | diary | Comments(0)
左脳は、起きている間、ベラベラと喋り続けています。
まあ、これだけ、話続けれるものだと思うくらいです。
聞いてみると、ほんとに、いい加減ことを言っています。

これを、真に受けてはいけません。
もちろん、いいことも言っているので、選別する必要があります。
でも、ほとんどがいい加減なことです。

だいたいは、受け流すことです。
受け流していて、意識は、今にいるようにします。
今にいると、右脳と繋がって、落ち着きができます。

左脳の話を受け流しながら、今にいるというが、基本的な、パターンでしょうか。
ここから、左脳を使って、積極的に、行動していくこともあるでしょうし、もっと、リラックスすることも、あるでしょう。
でもまた、基本的なパターンに戻るというのが、日常の姿です。

今にいるというと、難しそうですが、ただ、意識が、いま目の前のことに、向いているというだけです。
意識が、過去や未来のことに、向いていたり、心配事や不安に駆られてていたり、していないようになっているだけのことです。
特別な、何かをしているというわけではありません。

ともかく、左脳言いなりに、ならないようにします。
あとは、考えすぎず、右脳に委ねて、リラックスしておきます。
左脳を制御しながら、あとは、宇宙に任せておく、という感じです。
by human-space | 2014-10-28 23:52 | diary | Comments(0)
人間は脳を通じて、この世界を認識しています。
左脳で考え、右脳で感じると、言われています。
左脳は思考を受け持ち、右脳は直感を受け持っているということになります。

人間の脳は、神経が交差しているので、体の右が左脳、左が右脳とつながっています。
私は右利きなので、右脳の働きを良くするために、左手を意識して使うようにしています。
と言っても、特別なことをしているわけではありません。

歯磨きを、左手でしているだけです。
こんなことで、どれくらいの効果があるのか、実感できてはいません。
左手を使えばいいだけなら、左利きの人は、すごいことになります。

そんなことはないので、歯磨きくらいで、どれくらいの効果がるのか疑問ですが、無駄でもない気もしています。
脳梗塞になって、脳のある部署が機能しなくなって、この世界の認識の仕方が変わり、それを通じて、脳がこの世界をどのように認識しているか、わかるようになった人もいます。
その人によると、左脳は計算し、右脳で感じるということみたいです。

この世界を、左脳で細かく分析して認識し、右脳で宇宙と繋がっているというこのようです。
性格的には、左脳は、バタバタと忙しくしていいて、右脳は、のんびりと安定していることです。
このバランスが悪くなると、どうなるかは、想像がつきます。

この物質世界を、満喫するためには、このバランスを保っておくというのが、ベストだというのがわかります。
物欲に走りすぎるのはよくないですし、せっかくこの物資世界にいるのに、スピリチャルばかりやっていても、もったいない気がします。
前も言った、要はバランスが大事だということになります。
 
by human-space | 2014-10-27 23:57 | diary | Comments(0)
きょうは、大阪の親戚に、日帰りで、用事があって行ってきました。
温かく迎えてもらい、気持ちよく過ごせました。
とても、ありがたかったです。

大阪は久しぶりなので、どうなることかと思っていましたが、全く心配する必要がありませんでした。
心配はしないことにしているので、心配はしていませんでしたが、やはり、全くなにないというわけではありませんでした。
でも、ありがたいことに、いやなことひとつ感じないで済みました。

高速バスも、ウトウト寝ている間について、あまり時間がかかったという感覚は、ありませんでした。
時間というものは、主観的なものです。
物理的な時間というものは、もちろんあるのでしょうが、時間を感じるのは、個人です。

人間の脳は、すべてをいっぺんに把握できないので、一瞬一瞬に、分割して、把握しているために、時間というものを、感じるようになっている、というようなことを、どこかで、読んだ気がします。
ほんとは、過去も現在も未来、すべてが、今ここにある、ということみたいです。
人間は、現在という、窓からしか、現実を見れないみたいです。

ですから、何か人間にできるのは、現在だけなので、やるなら、今しかありません。
過去や未来は、人間には、手が出せないものです。
何かやるなら、今です。

残念ながら、時間について、明確には理解できていません。
これくらいの、本の知識だけです。
でも、いずれ、時間を直感で感じてみたいものです。
by human-space | 2014-10-27 00:51 | diary | Comments(0)
今週は、平穏に過ごせて、よかったのですが、つき具合は、もうひとつでした。
ちょっとは、ついているのですが、もうひとつ、乗り切れません。
絶好調という感じでは、ありませんでした。

でもきょうは、テニスも、まずまず上手くやれ、あと、車のことで、前から気になっていたことが、判明しました。
左のヘッドライトが点かなくなってしまったので、修理に出しました。
球を交換するだけなので、すぐ終わると思ったら、何と、1時間半もかかってしまいした。

どうも、球の取り付けが難しく、爪が折れてしまって、結局、部品が来るのが、火曜日で、それまで、代車に乗ることになりました。
もちろん、これだと、アンラッキーなのですが、我が、デュアリス、外車であることが判明しました。
イギリス製で、特殊ならしく、エンジニアの方が、うまくできなかったようです。

中古で買ったのですが、新車の年に、製造が、イギリスから、九州に変わりました。
イギリス製だと、BMWなどにも使っている、ザック社製のダンパーが使用されています。
ただの自己満足ですが、外車に乗っていると思うと、優越感を感じます。

でも、球がキセノンということで、取り替えに、2万円もするので、喜んではいられません。
今まで、スピリチャルなことを、いろいろ言ってきていますが、かなり物欲まみれです。
今回の、外車至上主義は、まったく情けないですが、物も大事だと思っています。

内側の精神は、外側にも現れてきます。
片付けができない人は、内側も、片付いていないことになります。
外側を見れば、内側も、想像がつきます。

こんなザマなので、偉そうなことは言えませんが、物欲に、行き過ぎないようにしなくてはと思います。
でもせっかく、この物質世界に生まれてきているので、物とうまく付き合って、楽しんでいきたいと思っています。
やはり、ようは、バランスでしょうか。
by human-space | 2014-10-25 21:08 | diary | Comments(0)
今週、特に、意識したのは、これです。
ご飯が食べれて、あと、それほど不自由なく過ごせているというのは、それだけで、幸せだと思えました。
それは、今が一番幸せ、だということになります。

こんなことを、一週間とおして、思うようにしていました。
そのせいか、大変な目に会うこともなく、平穏に過ごせました。
でも、そんなにすごいというようなことは、ありませんでした。

まあ、ちょっとついている、という程度です。
でも、昼食べている、うどんが美味しかったり、膝がだんだんよくなって、あまり痛くなくなりました。
仕事も、まずまず順調で、これで、文句を言っていたら、バチが当たります。

こういう意識でいると、外側にも、反映されてくるということでしょうか。
しばらくは、この感じを続けていきます。
また、明日です。
by human-space | 2014-10-24 21:11 | diary | Comments(0)
この前の、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」での言葉です。
ただの服選びでも、センシティブになれると思っているので、魚屋さんだって、センシティブになれると思います。
というか、何にでも、センシティブにやろうと思えばできるので、何でも、芸術になりえます。

宇宙と繋がるということは、芸術的になるということです。
宇宙を表現するということですから、まさしくそうでしょう。
どんなことにでも、誇りを持って、やれることになります。

物事を見るときは、外見や、今までの思い込みでなく、いかに本質的にやれているかです。
自分がそのレベルになれば、感じることができるはずです。
要は、いかに宇宙と繋がってやれているかです。

自分も、日々、そのことを意識してやっていきます。
言うは易し、行うは難しです。
ともかく、つねに意識しておきます。
by human-space | 2014-10-23 22:57 | diary | Comments(0)
ある物事の、マイナスな面が浮かんできたら、すぐ、プラスな面を考えて、頭の中で、中和して、心が、マイナスな方に行かないようしています。
物事には、必ず、両面があるので、考えれば、出てきます。
この相対世界では、絶対はないので、両面があることになります。

こうしていると、頭の中が、常に、平静でいれます。
この平静な状態は、センシティブな状態です。
宇宙と繋がりやすくなっている、気がします。

こうやって、常に、センシティブな状態でれると、宇宙と繋がって、いい考えが浮かんでくる気がします。
そうすると、どんな時もうまくやれ、気分良くいることができます。
きょうは、この状態維持することを、意識しました。

もちろん、仕事でバタバタしていると、忘れてしまいますが、できるだけ、意識するようにしました。
きょうは、まあまあ、うまくいったと思います。
この感覚を、忘れなようにします。

これからは、このセンシティブな状態が、毎日の基本になります。
なかなか、いい感じです。
ともかく、無理をせず、自然体でいるようにします。
by human-space | 2014-10-22 22:07 | diary | Comments(0)