ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2015年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

こちらのブログ、すごいです。
楽しいことではないかもしれませんが、堅苦しくなく、自然な感じです。
読ませてもらっていると、スピリチャル的なことは、ほんとうにあるんだなあ、と思えます。

スピリチャル的なことは、当たり前にあると思えるようになります。
すごく、リアルティーを感じます。
いずれ、肉体から、アストラル体に、移行していくのは、間違いないようです。

アストラル体になったら、あまり面白いことはないように思いますが、どうも、精神の感度が上がって、肉体の時の快感より、すごくよく感じられるようです。
それで、肉体の転生輪廻から抜けてしまったら、普通は、もうもどらないのでしょう。

でも、それは、その時なれば、いくらでも感じられるでしょうから、今から、何とかしようと頑張る必要はないと思います。
もちろん、体験できれば、それに越したことはないと思いますが、今は、せっかくこの肉体を持って、生まれてきているのですから、肉体を使って楽しんでいきたいと思います。
ご飯を食べるのも、そうですし、テニスもそうです。

この前の、ベンジャミン・クレームさんの講演を聞いると、ひょっとしたら、地球レベルで、大転換が起きるのかもしれません。
そしたら、一気に、アストラル体に、移行していくのでしょうか。
そうしたら、もう肉体の楽しみは、できなくなってしまいます。

もちろん、すぐには、そんなことはないとしても、今を楽しんでいく姿勢は必要です。
まだまだ、楽しんでおくことはあります。
ともかく、毎日、悔いのないよう、過ごしていきます。
by human-space | 2015-04-30 22:40 | diary | Comments(0)
きょうは、前から気になっていた、ドアノブの修理をしました。
開くには開くのですが、ちょっと、ひっかかるとこがあって、休みなので、じっくり取り組むことにしました。
まずは、取り外し方がわかりませんでしたが、そこは、ネットで調べれば、一発でした。

これなら、簡単にやれそうだと、取りかかりましたが、ネジ山がつぶれていて、万事休すです。
これは、ドアを変えるしかないかと、あきらめそうになりましたが、いや、何とかなるものだと、気持ちを切らさないようにしました。
たかが、ドアノブだけのことですが、ちょっとしたことからです。

そうしてやっていると、ネジは両方あって、片方だけ外せれば、取れることに、気がつきました。
それでやってみると、見事すぽっと抜け、取り外すことができました。
あきらめない気持ちでいれば、それにあうように、アイデアが浮かんでくるものです。

それから、ちょっとしたトラブルは、ありましたが、あまり使われていないドアノブと交換して、無事直すことがきました。
ちょっとしたことですが、気分のいいものです。
ネジ山がつぶれていることが分かった時、あきらめていれば、いつまででも、調子の悪いままになっていたところでした。

このごろ、思っていることが、現実化しやすくなっている気がします。
こんなちょっとしたことですが、そう感じます。
これが、ただの思い込みか、これからも気にしていきたと思います。
by human-space | 2015-04-29 19:32 | diary | Comments(0)
テニスのことですが、最近、やる機会が増えています。
やるたびにうまくなるというより、やろうとしたことが、すぐその時にできる、ということです。
コーチにこうやったら、と言われたことが、すぐできたりします。

それで、やるたびにうまくなっている気がしています。
感じとしては、思ったことが、すぐ現実化できるようになった、という感じです。
頭でイメージしたことが、すぐ現実化できる、という感覚です。

ひょっとしたら、このすぐ現実化することが、テニス以外でも、体験できるかもしれません。
そうしたら、テニスというより、スピリチャル的に、成長できているのかもしれません。
ちょっと、いいように考えていますが、ただ、テニスがうまくなってきているだけかもしれません。

まあ、それでも、十分うれしいです。
また何か意識して、やってみます。
うまくやれたら、ほんのちょっとずつですが、神に近づいてきているということでしょうか。
by human-space | 2015-04-28 22:23 | diary | Comments(0)
仕事で、前から電話があって、作業を依頼されていたのですが、その趣旨がうまく伝わっておらず、動きが、イマイチでした。
きょう、やっと、その言っていることが伝わって、大胆に動くことができました。
やることが、はっきりしていれば、何とかやれます。

これは、仕事に限らず、何事にも当てはまります。
目標さえはっきりしていれば、それに向かって、進んで行くことができます。
それが見えていないと、その辺を、うろうろするだけになってしまいます。

人生の目標も、そんな感じです。
目標がはっきりしていなければ、うろうろしているだけで、何の進歩もありません。
誰でも、目標さえしっかりしているば、それに向かって、頑張っていくことができます。

人生の目標は、ほんとうのゴールは、神になる?戻る、ことだと思います。
それに向かって、進化していくことでしょう。
それは間違いないと思いますが、それは、あまりに遠いゴールで、気が遠くなりそうです。

心がけはそうだと思いますが、現実はもっと、身近な目標にしないと、やりきれません。
肉体から、霊的な身体へ移行してくことも、神ほどではありませんが、けっこう遠いゴールと思われます。
でも、きのうの、ベンジャミン・クレーム氏の講演を聞いていると、そう遠いゴールではないかもしれません。

生きているうちに、体験できるかもしれません。
少なくとも、精神の波動を上げておかないと、それは、とても無理です。
これは、日々精進しかありません。

とりあえずは、いつこの肉体を手放してもいいよう、悔いのないよう、楽しんでおこうと思います。
この肉体、神がつくってくれているだけあって、素晴らしことが、いろいろあります。
もちろん、逆に、維持するのに、たいへんなことも多いです。

でも、せっかく与えられたからには、ありがたいと思って、できるだけのことはしておきたいと思います。
とりあえずは、今できることだけです。
それ以上望んでも、できないものはできません。

それでも、今できることだけでも、無限にあります。
この人生で、やれることをやるだけです。
そうしていれば、来るべき時に、この肉体から、離れていくことができます。
by human-space | 2015-04-27 23:15 | diary | Comments(0)
家のものが、こんな新聞チラシがあるので、行ってきたらと、勧められたので、きょう、行ってきました。
この手の話は、一時期、よく本などで読んでいたので、期待していたわけではないのですが、必要な時に、必要な情報が入ってくると思っているので、これは、その機会かもしれないと、行くことにしました。
やはり、今回、行ってみて良かったです。

全体的に、内容自体は、ビックリするようなことはありませんが、改めて、これからのこの世界の行方について、考えさされました。
今回、何と言っても、肯定的な方向に進むであろう、ということに、賛同しました。
今この地球上で、マイナスなことがいろいろと起きていますが、それは、この次に来るであろう、新しい秩序のための、準備段階であるということです。

新しい秩序に変わるためには、古い秩序を、切り離す作業がでてきます。
まさに、今がそれです。
そのとき、どうしても、そのマイナスな切り離し作業ばかり、目に入ってしまいますが、それはあくまで、その前段階であって、そのあとの、新しい秩序のことを、考える必要があります。

人類の次に来る秩序は、物質世界を超えた、霊的な世界となります。
人類は、そこに進もうとしているようです。
これは、人類が誕生して以来、最大の変化だと思われます。

そこに立会うことができれば、それは素晴らしいことです。
どうも、それを体験するために、この時期に、この世界に生まれてきたのでしょうか。
この講演の話は、一つもひっかかるところがなく、自分の中に、すんなりと入ってきました。

この講演のとおり、新しい秩序に、踏み入れたいと思います。
そのためには、波動を上げておかなければと思います。
まさに、日頃の、生活態度が大切です。

波動が上がっていなければ、その移行についていくことができません。
これは、すぐできることではないので、日頃の少しずつの努力が必要です。
日頃、やっているつもりではありますが、この講演を聞いたおかげで、確信を持てました。

この講演でも言っていましたが、核エネルギーは、人類では制御できるものではないと言っていました。
福島のことは、まさにそれを見せてくれています。
その放射能の影響が、アルツハイマー病に、現れているとも言っていました。

それと、この講演で、個人的に、一番気になったのは、この物質界は、個体、液体、気体でなっていると言われているけれども、ほんとうは、エーテル体というレベルが、あるそうです。
火星人とか、金星人は、そのエーテル体なので、人類には、見えなそうです。
そのエーテル体が、宇宙物理学で言われている、ダークマターのことだというのが、一番ビックリしました。

今まで、わけのわからない、理論上だけのものだ思っていた、エーテル体と、ダークマターがこんなところで、結びつきました。
これは、すごいです。
それで、妙に納得できました。

ベンジャミン・クレーム氏は、マイストレーヤという救世主が現れて、新しい秩序に導いてくれるということですが、本当に楽しみです。
でも、そうなるのは、まだ10年では、難しそうです。
もし今現れても、偶像崇拝されるだけです。

そうならないような、社会情勢になるのは、20年以上先でしょうか。
もちろんわかりませんが、自分のやることは、はっきりしています。
自己実現を成し遂げ、自分の波動を上げておくことです。

それができていると、自然と、移行していけるでしょう。
人類が、かつて体験したことのないことです。
そこの当事者として、体験してみたと思います。
by human-space | 2015-04-26 20:34 | diary | Comments(0)
きょうも、一日が終わりました。
その間、いいと思うことも、そうでないことも、いろいろありました。
これが、普通の一日とも言えます。

きょう、一番いいと思えたことは、今、いいところに住んでいると、思えたことでした。
朝ゆっくりと起きて、前から気になっていた、庭の草抜きをしました。
いつもは、あまりやりたくないので、きついですが、一日で終われるよう、一気にやっています。

きょうは、ちょっと気持ちの余裕があったのか、明日もやればいいと思って、無理をせず、少しでも楽しみながらやるようにしました。
もちろん、草抜きは、楽しいとは思えませんでしたが、周りのことを、気にしながらやりました。

今の家は、特急も止まる、JRの駅から、5分くらいのところにあります。
田舎の中では、まあまあ、賑やかなほうです。
それでも、家の裏手は、すぐ山で、きょうも、鳥の鳴き声が、よく聞こえてきました。

草抜きの休憩の間、周りを見渡してみると、山の緑が見えます。
交通も便利な上に、環境もなかなかのものです。
いいところに住んでいると、再認識しました。

普段は生活の追われていて、そんなことを感じることはありません。
きょうは、草抜きをしていたせいで、気づくことができました。
草抜きはたいへんですが、いいこともあるものです。

夜はテニスをしましたが、うまくいったこともあるし、いかなかったこともあります。
博打と一緒で、トントンなら、勝ったようなものです。
ということなら、きょうは、いい一日だということになります。
by human-space | 2015-04-25 22:29 | diary | Comments(0)
うどんやで、運気が上がると書いていた、レンコンの天ぷらを食べたり、昼に散歩していたら、霊柩車を目撃したり、いいことがあるのではないかと、思っていました。
さすがに、これは全く根拠がありませんが、少しは気分も上がろうというものです。
そんなとき、隣の事務所に、テニスの同好会ができたので、参加しませんかという誘いがありました。

やるのが水曜日ということで、ちょうど空いている曜日です。
この前参加してみたら、ダブルス中心で、みなさん同じようなレベルで、楽しめました。
これからダブルスも力を入れようかと思っていたところで、まさに、思いが、現実化してきた感じです。

また、歓迎会の飲み会のとき、たまたま近くに座っていた人が、テニスのコーチの経験もあるような人で、話しているうち、電話番号も聞くことができました。
それで、早速、このゴールデンウイークに、テニスをやってもらうことになりました。
もう、テニス三昧できます。

今年度からちょうど、仕事の分担が変わり、時間の余裕ができてきたところでした。
ほんとに、運気が上がってきています。
調子に乗りすぎてもいけませんが、流れに乗って、どんどん行きたいと思います。

こういうときは、さからわず、流れに任せて、行き切ったほうがいいような気がします。
どこまで行けるでしょうか。
行けるところまで行ってみます。
by human-space | 2015-04-24 22:20 | diary | Comments(0)
自分より、できの悪いと思われる人がいて、自分が優秀であると、感じることができます。
自分より、優秀な人がいて、まだまだだと、謙虚な気持ちでいれます。
そういった他者がいることで、自分がどういうものであるかが、わかります。

そういった他者がいないと、自分がどういうものであるか、わかりません。
自分の周りにあるものは、そいうためにあると思われます。
悪く言うことも、妬む必要もありません。

周りにあるものは、すべて、自分を知るために、必要なものです。
謙虚に、受け入れましょう。
それで、それらに、心を奪われないようにしましょう。
by human-space | 2015-04-23 23:38 | diary | Comments(0)
きょうは、近くの事務所の、テニス同好会に、参加させてもってきました。
はじめての顔合わせなので、少しは緊張します。
でも、テニスは楽しめるよう、自分の意識をしっかり持って、望みました。

ちょっと、アップした後、すぐ試合をしました。
試合の時も、つねに、楽しむんだという気持ちを、切らさないようにしていました。
そうやって、気持ちがしっかりしていたら、ミスも少なく、内容も、初めてのしてとしては、まずまずやれました。

自分の意思で、現実をつくっていくということができました。
目の前の現実に対して、はっきりとした意思を持って臨むと、そのような現実になるものです。
きようは、それがうまくやれました。

もちろん、自分の意思の通りにならないということもあるとも、思いますが、気持ちはしっかりと思っていることが大切です。
それがなかったら、そのような、現実になってしまいます。
自分のなりたい現実を、経験していくようにします。
by human-space | 2015-04-23 00:25 | diary | Comments(0)
言い古された格言ですが、きのう、自分が体験したことを踏まえて、きょう、実践してみました。
よかったかどうかは、わかりませんが、まさにこの格言を、地でいきました。
言い続けられているというのは、何かあるからなのでしょう。

自分が体験した、マイナスなことを、他の人には、そんな思いをしないように、配慮することです。
わかっていても、できないことも多いです。
きょうは、見事できました。

ちょっぴり、勇気のいることもありますが。それができると、満足感を得ることができます。
まずは身近なところからです。
小さなことから、コツコツとです。
by human-space | 2015-04-22 00:17 | diary | Comments(0)