ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

きのうのNHK特集は、「老人漂流社会」でした。
前に見た、「ワーキングプア」のような、日本社会での、貧困を題材とした、番組でした。
一見、豊かに見える日本でも、貧困は、かなりの部分で存在します。

終身雇用制の崩壊、核家族の進行などが原因で、このような問題が起きていると思われます。
非正規雇用などで、働いても、生活に十分な賃金が得られなかったり、病気や高齢の介護をする人がいなくなったりしているのが、問題となっています。
思っているより、日本社会を、蝕んでいます。

こういうのを見ていると、普通でいれていることの幸せを、忘れちゃいけない、と思います。
何回も、何回も、同じことを言っていますが、ほんとに、いつの間にか、このことを忘れてしまっています。
自分のことを、バカじゃないかと、思うくらいです。

これさえ忘れなければ、だいたいのことは、何でもないです。
自分の思いが、ただの贅沢な悩みだと思えます。
これから、ほんとに忘れないでいます。

たとえ忘れていても、すぐ思い出します。
そうすれば、いつも、幸せな思いでいられるでしょう。
覚えておくのは、ただこれだけのことです。
by human-space | 2015-08-31 20:06 | diary | Comments(0)
こういうふうになりたいとか、こういうものが欲しいとか、希望があると思います。
簡単なものだったら、すぐ何とかなるでしょうが、そうでないものは、なかなか手に入れるのが難しくなります。
そういうときは、まさに、神頼みとなります。

もちろん、自分で、頑張って手に入れるやり方もあります。
でも、難しものは、自分だけでは、どうにもならないものがあります。
さすがに、棚から牡丹餅のようにはいかないと思いますが、努力プラス、運といったところでしょうか。

努力といっても、自分の心から動いているときは、つらくはありません。
周りから見ると、たいへんなことをしているようですが、自分の中では、好きでやっているので、それほど辛くは感じていません。
そうやって、努力をしていると、神様が実現させてくれるというものです。

神様が、願いを叶えてくれるといっても、それは、宇宙の法則のことです。
それは、思っていることが、実現するというものです。
内側の思いが、現実化してくるということです。

これは、ただの原理なので、難しく考えることはありません。
思ったことが、現実となるというものです。
単純なことですから、欲しいものを、思うだけです。

それで、思うときは、遠慮することはありません。
宇宙の壮大なパワーにとっては、人間の思いなんて、何でもないことです。
人間から見れば、それは無理とか思えることでも、関係ありません。

ですから、思うときには、何も気にせず、本当に欲しいものを思います。
これは無理だろうと思うのは、神様を、低く見ていることになります。
神様の力は、人間の思い及ぶところではありません。

それなら、思い切って、本当に欲しいものを願うだけです。
私も、4つは、お願いしています。
でも、まだ一つも実現していません。

たとえば、市のテニス大会で、優勝することです。
一生懸命練習していますが、まだまだ、できていません。
いつのことやらと思いますが、あきらめないで、頑張っています。

実現するのは、いつ、どのような方法なのか、わかりません。
それは、宇宙まかせとなります。
自分は、ただ、思うだけです。

そうしていると、目の前に、やらなくてはいけないことが、現れてきます。
それを、ただ、やっていきます。
そうしているうちに、気が付いたら、現実化しているというふうになります。

普通に考えて、難しいものほど、時間もかかるし、やることも増えてきます。
あまり、頭で、これでいいのだろうかと、考えすぎないほうがいいと思います。
ただ、目の前の、やらなくてならないと思うことを、やっていくだけです。

やはり、焦りは禁物です。
これは、宇宙に任せるしかありません。
頑張りすぎることはないと思いますが、あきらめない、忍耐が必要です。

どこまで、我慢できるでしょうか。
今のところ、あきらめないで、日々、過ごしています。
自分でも、いつになったら、現実化するんだろうと思います。
by human-space | 2015-08-30 19:52 | diary | Comments(0)
きょうは、散髪に行きました。
あと、隣の本屋で、雑誌を立ち読みしました。
テニスの雑誌を見ると、打ち方の、ノウハウが、いろいろ載っています。

どれも、役に立ちそうなのですが、すべてをいっぺんには、やれません。
私のような普通の人には、一度に、一つのことしかできません。
考えすぎると、フォームがバラバラになって、何もならなくなりそうです。

結局、見るのをやめました。
今でも、いくつか課題を持っていて、それをやるのに手一杯です。
情報は、多ければ多いほどいい、というわけではなさそうです。

ようは、必要はときに、必要なことが、あればいいということになります。
個人的には、必要なことは、必要なときに、現れてくると思っています。
ですから、それがあったときに、それをやればいいということです。

テニスでは、素振りをしているときに、ひらめいたり、コーチから、アドバイスをもらったときが、それをするときです。
日常では、ふと、ひらめいたりするときがあり。そのときが、それを、するときです。
そのときは、考えすぎず、できるだけ、そのことをやるようにしています。

裏を返せば、今ないことは、今やらなくていいということです。
あまりあせって、頑張りすぎなくてもいいのではないかと、思っています。
頑張らなくてならないときは、やらなければいけないことになったときです。

そういう状態に、追い込まれたときは、逃げずに、頑張ります。
やるときは、やるです。
やななくていいときは、やらなくていいです。

今は情報がいくらでも入ってくるので、入りすぎているのではないかと思います。
ある程度は、制限して、自分の内側から、必要と思われることだけを、入れるようにすればいいと思います。
大事なのは、内側の気持ちです。

内側が、欲することをやるです。
今時は、意識して、何もしないようにするほうが、いいのかもしれません。
そうしていれば、そのとき必要な情報に、気が付やすくなるでしょう。
by human-space | 2015-08-29 20:11 | diary | Comments(0)
生活していると、イライラすることは、しょっちゅう起きてきます。
多少のことは、しょうがないのですが、あまり、イライラしすぎるのは、よくありません。
そんなとき、考えるのは、「もっと不幸な人はいる」です。

その状況にあるとき、そのときは、イライラしてしまうかもしれませんが、あとそれを、引きずらないようにします。
そのためには、自分から、働きかけなくてはいけません。
いまはイライラしてしまったけれども、もっと不幸な人はいると思うと、心が少し落ち着きます。

「もっと不幸な人はいる」は、そのときに応じて、変化していきます。
「もっとイヤな人はいる」とか、「もっとヒドイとことはある」とか、変わりますが、本質は同じです。
そのときより、不幸な状況は、いくらでもあります。

そう思うと、いま起こっていることは、それほどのことではないと思えます。
そうして、心を落ち着けます。
そしたら、そのことを、引きずらずに済みます。

マイナスな波動を、放出せずに済むます。
これは、毎日、一生続けていくことになるでしょう。
まあ、コツコツやるだけです。

やらなければ、自分の波動が落ちてしまいます。
これも、あせっても、どうということもないので、やれるだけのことを、やるだけです。
神様でないので、すべて、うまくいかなくて、当たり前です。

気楽にやれることを、やっていきます。
きょうも、いくつか、やりました。
けっこう、使えます。
by human-space | 2015-08-28 21:20 | diary | Comments(0)
テニスをやっていると、ほんとに、そう思います。
ある日突然、うまくなる、ということはありません。
まぐれでいいショットは、打てることはあります。

でも、コンスタントに、いいショットがてるようになるためには、地道な練習以外にはありません。
小さなことを積み重ねているうち、それがあるレベルまで来ると、うまく打てるようになるということです。
地道に素振りをして、やっと、そのレベルに近づいている気がしています。

けっこう、長い道のりです。
いまのシングルスクラスに入って、1年半が過ぎています。
やっと、ここまできました。

あとは、詰めの段階に来ています。
数多く、ボールを打って、感触をよくしていきます。
ここまできたら、惰性で進めます。

それまでは、意識して、方向づけをして、頑張らなくてはいけませんでした。
どの方向に進んでいるか、見えていなかったが、つらいところでした。
まだまだ練習はしなければいけませんが、ここまできたら、何とかなります。

テニスは、いまどういう状況なのか、わかりやすいですが、スピリチャルは、わかりにくいです。
漠然として、何を、どのレベルまでか、特定できるものがありません。
実質、感覚の世界です。

今生は、この辺でいいかなあ、と思っています。
もちろん、自分のなかでは、まだまだだと思っています。
でも、きりがないので、もういいかなあという感じです。

日常のなかでの、細かな修正は、一生やっていく必要があります。
神でないので、これは当然のことです。
この人生が、よくなるように、少しでも上を目指します。

でも、あまり、がんばりすぎません。
やれる範囲で、やっていくだけです。
もうこれでいいんだと思うと、気が楽になりました。

周りからどう思われようが、自分としては、この程度です。
あとは、人生を楽しみます。
そちらのほうに、エネルギーを注いでいきます。
by human-space | 2015-08-27 22:45 | diary | Comments(0)
「いまが一番幸せ」と、毎日言っている成果か、「いまが一番幸せ」が、きょうは、よく心に浮かんできました。
考えてみれば、やはり、「いまが一番幸せ」です。
普通に歩け、ご飯が食べれて、テニスもできます。

何でもないことばかりですが、何でもないことが、できているのは、「いまが一番幸せ」ということだと、再認識させられます。
近頃は、このことを、よく考えることが多くなってきましたが、きょうは、特にそう思いました。
このことは、何回、考えても、考えすぎるということはありません。

「いまが一番幸せ」と、自然に思えるようになれば、前から言ってる、この生の、スピリチャルレベルとしては、これでいいのではないかと、思います。
それで、毎日が、充実していれたら、これで十分です。
きょうは、それが、まずまず、できました。

毎日、これができるといいですね。
わかっているつもりでも、いつの間にか忘れてしまっていて、不平不満が出てしまうことがあります。
それがなくなるまで、何回思い直しても、やりすぎるということはないです。
by human-space | 2015-08-27 00:21 | diary | Comments(0)
またも、NHKの番組、「プロフェッショナル仕事の流儀」からです。
この番組には、いつも触発させられます。
これは、街のお肉屋さんの言葉です。

人に尽くすというのは、こういうことではないでしょうか。
この人は、特別スピリチャルをやっているわけではなさそうなのですが、ちゃんとやれています。
自分の人生を、いかに誠実に生きているかでしょうか。

そういう心がけを持っている人は、特別、スピリチャル的なことなどしなくても、自分の人生において、やるべきことが、わかっているのでしょう。
自分の人生を生きるのに、必要なスピリチャルレベルさえあれば、十分です。
無理に背伸びする必要はありません。

前にも言いましたように、ちょっと背伸びしたって、神のあまりにもハイレベルからみれば、たいした違いにはなりません。
それより、自分の人生を、しっかり生きるほうがいいのではないかと思います。
「プロフェッショナル仕事の流儀」に出るような人は、それができています。

それは、その人の人生によるので、様々です。
周りばかり見る必要はありません。
自分の中で、満足できるかどうかです。
by human-space | 2015-08-25 22:20 | diary | Comments(0)
感情は、ちょっとしたことで、すぐ乱れます。
自分としても、情けないくらいです。
もうちょっと、堂々と、安定していて欲しいです。

救いは、それが、尾を引かなかったことです。
割と早く、修正できました。
それでも、何でもないことで、バタバタしていると、たまりません。

でも、どうやったら、安定するのか、よくわかりません。
すごい修行をすれば、それなりにはよくなるのでしょうが、何かいい方法はないのかと思います。
何か、あるはずです。

今は思いつきませんが、感情が乱れた時に、修正する方法はあります。
原因はたいしたことではないのですから、こんなことで、不幸な気になるのは、情けないことだ、もっと、たいへんな思いをしている人は、大勢いる、などと考え直せば、何とか、プラマイ、「ゼロ」くらいにはなるでしょう。
少し時間はかかるかもしれませんが、何とかなります。

ようは、ちょっとしたことで、感情が乱れないにようになればと思います。
これは、簡単にはいかないかもしれません。
感情は、かなり手強いです。
by human-space | 2015-08-24 21:32 | diary | Comments(0)
きょうも暑かったですが、それでもだいぶん、気温が下がってきました。
家の中でも、ちょうど30度くらいでした。
これなら、服装や、ちょっとした工夫で、それなりに過ごせます。

古きよきの日本の夏が、帰ってきた気がしました。
子供の時は、夏休みもあったせいもあるのでしょうが、夏が来るのが楽しみでした。
今は、昼間はとても、外でスポーツはできません。

夜は、エアコンなしでは過ごせません。
昔は、盆を過ぎると、夜は、めっきり涼しくなったと思います。
きょうは、昔を思い出して、懐かしい気がしました。

それで、昔のように、風の通る日陰で、昼寝をしました。
ぐっすり眠れて、久しぶりに、頭がすっきりとしました。
盆休み明け一週間を過ごし、ちょっとした、睡眠不足なっていたのでしょう。

これなら、いいアイデアも、浮かんできそうな気がします。
それに、マイナスなことなど、起きてきそうもありません。
いつもこうなら、いいのにと思います。
by human-space | 2015-08-23 20:17 | diary | Comments(0)
きょうは、久しぶりにテニスをしました。
やはり、体がなまっていたのか、ともかく、しんどかったです。
休みの間、素振りを散々やって、やれそうな気がしていたストロークは、バックはかなりできましたが、フォアは、まだまだでした。

なかなか、思いどおりには、いかないものです。
でも、きょう、コーチに教えてもらったことを、参考にして、フォアも修正していきます。
テニスも、奥が深いです。

ところで、久しぶりにメンバーにあってみると、盆休みの間、いろいろあったようです。
車をぶつけられたもの2名、訳のわからない痛みに、悩まされているもの、グアムに行って、台風にあったもの、その人は、日本に帰ってきて、また同じ15号にあうことになりそうです。
私と言えば、せっかくの休みに、何もなかったことが、悔やまれていましたが、何もないだけでも、幸せなことだと、わかりました。

前から、そうだと思っていましたが、いまひとつ実感が湧いてきていませんでした。
きょうは、ほかの人のことを聞いて、何もないことが幸せなことが、間違いないと思いました。
何もなくいられるのも、なかなかできるものではないということでしょうか。

残念ながら、何もない時、幸せな気持ちでいられるとこは、なかなかできません。
何か、たいそうなことをやらなければ、満足できません。
世間の評価を、気にしすぎるのでしょうか。

でも、人生で、やれることは、限られています。
今できることを、やれば、それでいいと思います。
焦らず、やれることは、やりきっていきたいと思います。
by human-space | 2015-08-22 22:24 | diary | Comments(0)