ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

きょうも、きのうと同じような1日でした。
精神的にも、ちょこちょことしたことはありますが、大きな乱れなありませんでした。
これくらいなら、よしとしべきでしょう。

あと、また、テニスをしました。
いつもどおり、できたこともありましたが、相変わらず、何をやっているやらというのもあります。
きのう同じく、きょうも、テニスができただけで、幸せです。

きょうも、何もない幸せというやつです。
未だに、これだけでは、満足できませんが、理屈上は、ありがたいことは、間違いありません。
その時々は、わさわさしていましたが、いま、1日を振り返ると、何もないように感じます。

確かに、とんでもないことは、なかったです。
ほんとに、ありがたいことです。
そう思うようにします。
by human-space | 2015-09-30 23:04 | diary | Comments(0)
きょうは、一日、可もなく不可もなくといったところでした。
精神的にも、乱れがちでしたが、修正もできて、それほど大きなことにはなりませんでした。
よしとしなければ、いけないのでしょう。

また、テニスの日でもありました。
だいたいは、テニスの後は、反省ばかりです。
きょうも、相変わらず進歩が、ありませんでした。

特に、やろうとしてたフォアが打てなく、なかなか、思ったようにはいかないものです。
後はいつも、モヤモヤですが、考えてみれば、いいこともありました。
サーブは良くなっていると、コーチに言われ、そのフォアも、コーチの球出しでは、まずまず打てたような気がします。

前に自分で言った、できないことではなく、できたことに目を向けるようにします。
それなら、そんなに、わるくなかったと言えます。
さすがに、プラスまではいきませんが、プラスマイナス、「ゼロ」くらいの気持ちにはなれました。

明日も、ありがたいことに、テニスがあるので、プラス思考で、やりたいと思います。
今までのことから言うと、テニスができるだけで幸せです。
それは、間違いありません。
by human-space | 2015-09-30 00:02 | diary | Comments(0)
いつもの、「プロフェッショナル仕事の流儀」からです。
有名な肝臓外科医の方が出ていました。
その人は、3500回も手術をしているにもかかわらず、未だに、いつも不安が起こるそうです。

不安だからこそ、万全を期すことで、その不安を力に変えている、ということでした。
こういう方の、考えというのは、ほんとうに役に立ちます。
神に近づこうというような、スピリチャルのための、スピリチャルではありません。

人生を生きるための、スピリチャルです。
こういったレベルのスピリチャルが、この世界では、必要なことではないかと思います。
そういった、生きるためのコツというものを、いっぱい持っていて、その引き出しから、必要なことを出しれ来れる人ほど、うまく生きれるのだと思います。

今回のような、命に関わるようなレベルでは、全然ないのですが、テニスの試合をしていると、不安が起きてきます。
こういうときに、役に立てたいと思います。
たとえば、サーブが入らなくなるのではないか、という不安が起きてきます。

いざ、試合になって、不安が起きてきて、ほんとうに入らなくなくなることがあります。
その不安が起きないように、、しっかり練習することが、まず必要です。
こういった、当たり前のことを、ちゃんとできる人が、こういうふうになれるということです。

ある意味、感情を、コントロールしたことになります。
マイナスな感情を、プラスに変える、これが素晴らしいです。
今からやっていこうと思います。
by human-space | 2015-09-28 23:13 | diary | Comments(0)
今朝、朝遅めの朝食を取っているとき、たまたま見た、NHKの番組で、福島のイギリス人教師が出ていました。
彼らは、東北の震災のとき、一時期は、イギリスに帰っていたものの、福島の生徒のことが忘れられず、また、日本に帰ってきて、教師をしています。
彼の母の、イギリスに残って欲しいとの、説得にもかかわらず、日本に帰ってきました。

そのころ、外国のメディアでは、原発の事故のことを、かなり深刻に放送しており、放射能の危険のことを考えると、普通なら、考えられません。
彼らは、残っている生徒のことが、よほど気にかかっていたのでしょう。
ほんとに、人間は感情の生き物で、損得だけでは生きられないと、思いました。

感情は、神様の贈り物だと思います。
今回のような感情を感じると、生きていく、勇気を与えられます。
でも、もちろん、感情のままには、生きられません。

感情は、諸刃の剣です。
そのコントロールが難しいので、生きるのが、難しいとも言えます。
せっかく神様から頂いた感情を、うまく感じながら、生きていきたいと思います。

そのためには、マイナスな感情の処理をどうするかです。
起こらないに越したことはありませんが、人間でいる限りは、起こらないでいることは、不可能です。
その影響を、より小さく済ますという、ことしかありません。

起きてくる、マイナスな感情は、千差万別で、対処する画一的な、方法はありません。
ケースバイケースで、処理していくしかありません。
あまり考えすぎることはありませんが、ともかく、マイナスな感情が、コントロールできないほど、大きくならないようにすることです。

大きくなりすぎてしまえば、人間の意志では、どうしようもないです。
それは、この世界の出来事を見れば、明らかです。
ようは、大きくならない前に、対処することです。

それは、いつもやっていることを、地道にやっていくだけです。
早めの対処、それが必要です。
きょうも、けっこう、あやしい感情が、ちょくちょく、起きてきました。

そのやり方が、どうのこうのというのもありますが、一番かたいのが、普段から、安定した精神状態でいることです。
落ち着いていれさえすれば、何とかなります。
でも、不安定でいたなら、ちょっとした感情でも、コントロールできなくなって、それが大ききなってしまうことになります。

やはり、心がけるのは、ふだんの、精神状態のことでしょうか。
いいことでも、あまり激しすぎるのは、よくないかもしれません。
何事も、無理をしないほうが、いいような気がします。

ともかく、だきるだけ、起きてくる感情を、楽しんでいれけらと思います。
うまくいけば、これほど素晴らしいものはありません。
つねに、意識はしていきます。
by human-space | 2015-09-27 20:12 | diary | Comments(0)
毎朝、1時間かかる通勤の車の中で、ずっと言っている、「今が一番しあわせ」のおかげで、ふと、我に返ったとき、よく心に、浮かんでくるようになりました。
脳の中に、回路ができあがったのでしょうか。
やっと、思ったようになってきました。

「今が一番しあわせ」なのは、理屈では、わかっているつもりですが、いつの間にか、この大事なことを忘れてしまって、何か、不平不満を言ってることがあります。
思い出していれば、文句を言うことはありません。
今こうしていられているだで、幸せなことですから、何でもないことで、不平不満など言えません。

結局、必要なのは、このことを、いつも、忘れないでいるということです。
それには、脳の中に、刻み込むしかありません。
それで、毎朝、「今が一番しあわせ」を言うようにしています。

これを始めて、10月が経っているので、さすがに、脳に、回路ができたのでしょう。
脳のシナプスが、物理的につながれば、まず大丈夫です。
簡単には、なくなることはないので、忘れることもありません。

それでも、「今が一番しあわせ」の言葉が浮かんでくるだけで、幸福感を伴っているわけではありません。
ですから、いつも幸せな気分で、いれているというわけではありません。
でも、この言葉が浮かんでくることで、幸せと思える現実を再認識できるので、何かあったときでも、不平不満を言っちゃダメだ、という気になります。

それで、1日の間に、マイナスは気分でいることが、少なくなってきました。
もちろん、瞬間的には、マイナスな感情は、しょっちゅう浮かんできます。
車で走っていて、割り込まれたときなど、一瞬、ムッとします。

でも、このことが考えられると、割り込んだ人は、何か急いでいたのかもしれない、と思え、心が落ち着いてきます。
不安な気持ちが浮かんできたときも、「今が一番しあわせ」が浮かんで来れば、打ち消すことができます。
実際、かなり効果があります。
by human-space | 2015-09-26 17:35 | diary | Comments(0)
前にも書いたことですが、きょう、また、思うところがありました。
イメージしたことが、現実化するという、宇宙の法則があると思っています。
神様が、願い事を叶えてくれるというものですが、遠慮することなく、思うままにイメージしたらいいと思います。

この宇宙をも創造できる、神様にとっては、人間の思いなど、あってないようなものです。
その思いを、現実化することなど、何でもありません。
人間が、その思いが実現できるか、考えるのは、ばからしいことです。

それなら、自分の思える限り、イメージしたらいいです。
神様に、遠慮することはありません。
逆に、遠慮するということは、神様の力を信用していないことになります。

それこそ、失礼きわまりません。
人間の、創造をはるかに超える、神の力があれば、できないことなどありません。
そう思って、まだ何も実現していませんが、いっぱい願いことをしています。
by human-space | 2015-09-25 20:02 | diary | Comments(0)
朝、車で通勤していて、信号で待っていた時、いつもの道が、通れなくなっていたことを、ふと、思い出しました。
それで、いつもは真っ直ぐ行くところを、左折して、違う道から行くことができました。
その思いが浮かんできたのが、その曲がり角の信号を待っていた時でした。

ほんとに、必要な時に、必要な思いが、浮かんできました。
きょうは、朝から雨で、昼に、いつも歩いていく、うどん屋は無理かと思っていたら、ちょうど、12時前に、雨が上がりました。
それで、いつもどおり、うどん屋に歩いて行っていたら、通れなくっている道に、向かっているトラックが見えました。

そのトラックは、通り抜けられていたので、通行止が解除されているみたいでした。
それで、帰りに確認したら、無事通れるようになっていました。
ちょうど、歩いていたタイミングで、通りかかったトラックがいたから、それを知ることができました。

ほとんど車が通らない道なので、自分が歩いているタイミングで、ちょうど通りかかるのは、奇跡のようで、こんなことができるのは、神様くらいかなあと思いました。
それも、雨が上がらなかったら、歩いてうどん屋に、行くこともありませんでした。

上がっていた雨も、うどんを食べて、事務所にほとんど帰り着きそうになった時、また、降り出しました。
私が帰ってくるのを、待ってくれていたかのようです。
きょうは、ほんとに、いいタイミングで、起きてきました。

こんなことは、神様だったら何でもないのでしょうが、ちょっとした奇跡のようです。
必要なときに、必要なことが起きるものです。
それを思うと、慌ててやらなくても、必要なことは、必要なときは来れば、何とかなるんだと思えて、ジタバタしないようにしようと、思いました。
by human-space | 2015-09-24 20:05 | diary | Comments(0)
シルバーウィークは、ちょっとテニスをしたくらいで、どこへも出かけませんでした。
きのうまで、庭の剪定、草抜きや、墓参り、家の片付けで、連休が終わってしまいました。
まあ、だいたい、いつもどおりといったところです。

きょうは、一日まったく予定がなく、ゆっくり落ち着けました。
家族もみんな出かけていて、静かに過ごせました。
意識的に、テレビは見ないようにして、頭を刺激しないようにしました。

何もしていないので、想念が、次々と浮かんでくるのが、よくわかります。
きょうは、いろいろな想念が浮かぶに、任せていました。
みていると、本当にたいしたことを、考えていないです。

それでも、心の思うままに、するようにしました。
散々、そうしていたので、起きてくるものも無くなったのか、そのときは、すっきりした気分になりました。
一種の、瞑想になったのかもしれません。

それにしても、こんな時間を持てれるのは、ほんとに、贅沢なことかもしれません。
まずは、仕事があって、休めない人もいるでしょうし、休めても、やることがあって、忙しくしている人もいるでしょう。
明日から仕事ですが、結局、休養にならなかった人も多いと思います。

何か充実した、休みが過ごせたというわけではありませんが、平穏な休日が過ごせました。
ありがたいことです。
明日からの仕事も、リフレッシュして、さあやろうというほどのことはありませんが、スムーズに、仕事に入れそうです。

こうやって、どこにも行けなかったことに、目を向けるのではなくて、何事もなく過ごせたことに、目を向けます。
できなかったことではなく、できたことに目を向けます。
この前の、教訓が、生きているようです。
by human-space | 2015-09-23 20:04 | diary | Comments(0)
きょうは、まだまだ暑かったですが、予報によると、来週から、気温が下がってきそうです。
きょうは、テニスでしたが、まだ真夏のウエアで、十分でした。
来週からは、ウエアを変えていかなければいけないのですが、この微妙な時期のウエアが、あまりありません。

そこで、近くのスポーツ量販店に、ウエアを見に行きました。
テニスのコーナーには、思ったようなのがなかったのですが、普通の、スポーツウエアの、バーゲンコーナーに、まずまず思ったようなのがありました。
デザインも大事ですが、何と言ってもサイズが合わないことには、どうしようもありません。

価格、デザイン、サイズのバランスのいいものが、2着あって、買いました。
普段は、あまり現金を持っていないのですが、こういうときは、ちゃんとあります。
必要なときに、必要なことが起きると、感じました。

特別な努力をしなくても、普段、やるべきことをちゃんとやっていたら、こういうことが起きると、思いました。
もちろん、何もしないのに、うまいことだけが起きるとは思っていません。
直接そのことというのでなく、目の前の、やるべきことをやっていたら、巡り巡って、必要なことが起きてくるというものです。

きのうの、宇宙は動いている、ということに、通じます。
あまり、そのことをガツガツとやらなくても、目の前のやるべきことさえ、ちゃんとやっていたら、うまくいくというものです。
きょうは、そんなことを感じました。
by human-space | 2015-09-22 23:17 | diary | Comments(0)
きょうも、シルバーウィークで休みです。
いつものように、朝、ゆっくり寝ていました。
目が覚めても、布団の中で、ぼんやりしていました。

そんなとき、ふと、こんなことを思いました。
「宇宙は動いている」。
この宇宙は、因果の法則で動いていて、ある原因があって、その結果が現れてきます。

そんなことが、無限に絡まって、常に動いています。
どういうことかというと、宇宙は、じっとしていないということです。
ということは、じっとしているということは、宇宙に逆らっているということです。

宇宙に流れに乗って、動いていることこそ、自然の動きだということです。
そう思って、宇宙の流れを感じながら、常に動いていきます。
それが、一番、楽なことになります。

それは、自分のエネルギーを使って、動き回らなくても、宇宙のエネルギーに乗って、動いていくからです。
一番、疲れるのが、宇宙の流れに、逆らって動いているときです。
辛くて、疲れるときがそうです。

たいへんなことをしているようでも、以外と辛くないというときは、宇宙の流れに乗っているときです。
それなら、すぐにわかります。
逆に、楽なことをしているつもりでも、しんどいと思うこともあります。

楽なことと思われるほうが、必ずしも、正解とは限りません。
嵐に向かっていると、思われるときのほうが、気持ちが充実して、辛くないことも、あるでしょう。
これからの人生、そうやって、過ごしていきます。
by human-space | 2015-09-21 20:00 | diary | Comments(0)