ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2016年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

きょう、ある行事のとき、見た目と、先入観で、判断してしまって、マイナスな感情が、起きてしまいました。
それについては、あとから得た情報でも、それを、裏付けるものでした。
それで、これはどうしたものかと、考えてしまいました。

でも、それから、しばらくして、ふと思いました。
その見た目と、先入観は、本当に合っているものだろうかと。
よくよく考えてみたら、どうでないケースも考えられました。

それなら、今回のことは、すごく肯定的なことになります。
否定的に考えてていたのは、ただの、思い込みだった可能性もあります。
実際、きょうのが、どうだったかは、今は、確かめるすべがありません。

合っているかどうかはわかりませんが、肯定的にも、考えれられるのなら、そう思っていれば、気持ちも楽です。
今回は、それがはっきりするまでは、そう思うようにします。
そしたら、きょうの苦労は、報われます。

ともかく、間違いないのは、見た目や、先入観だけで、判断してはいけないということです。
ついつい、そう思い込んでしまいます。
どんなときも、一歩引いて考えてみて、普通はそう思えるけれども、そうじゃないこともあるぞ、と思い込まないようにすることです。

常識こそが、あやしいです。
それも、だだの思い込みのこともあります。
特に、マイナスなことについては、よく考えるようにします。
by human-space | 2016-01-31 20:16 | diary | Comments(0)
今、この瞬間を、どうするか、判断することだけでいい、思うようにします。
右脳、左脳から、いろいろな想念が、湧いてきます。
その中には、50兆もの、自分の細胞からの情報もあります。

それらの情報に基づいて、どうするかを決めていきます。
それの繰り返しですが、過去のことを悔いていたり、未来のことを心配したりしていて、それができずにいることがよくあります。
それを、できるだけ、減らしていけば、今に、長くいれることになります。

今にさえいれれば、右脳思考になっており、宇宙の至福感を、反映しやすくなるはずです。
それは、単純に、生きやすくなるということです。
いろいろとやってはいますが、至福感というほどの体験はありません。

至福感とまではいかなくても、不安や恐れのない、平穏な瞬間を、体験できます。
それだけでも、いいと思います。
想念に意識がいきすぎないようにして、今を感じていることです。

それは、無意識でダラダラといるのではなくて、意識的でいる瞬間を、多くするということです。
それは、コツコツと、地道にやるしかありません。
それを、やらなければ、何も変わりません。
by human-space | 2016-01-30 20:39 | diary | Comments(0)
ネットで見たのですが、松下電器の創業者、松下幸之助さんが、人生、運命が9割、本人の努力が1割、ということを言っていたそうです。
努力しないものの、成功はないが、努力したからといって、成功するとは限らない、ということでした。
9:1が、あっているかどうかは、わかりませんが、個人的には、運命はあると思っています。

個人的にも、いくつか、思い当たることがありますし、個人セッションなどで、先のことが見えるというのは、未来はある程度決まっている、ことになります。
でも、運命が決まっているなら、何をやっても無駄だということではなくて、それにあった人生を送ることが、今この生で、やるべきことだと思います。
転生輪廻があって、何回も生まれ変わることになります。

今この生でやれないことがあったら、次の生でやればいいと思います。
何もかも、今やろうとするのではなくて、今できることを、やればいいと思います。
運命で決まっていることは、どういうふうにしていようと、それは現れてきます。

そのようになるように、気持ちも向かっていくことになって、自然と、導かれていきます。
運命と努力、7:3くらいには、なっているのではないでしょうか。
ともかく、今いる状態が、運命と思って、マイナスに考えることなく、一生懸命生きていきます。
by human-space | 2016-01-29 22:33 | diary | Comments(0)
遊びすぎて、疲れが出たのか、風邪をひいてしまいました。
熱はないのですが、体がしんどいです。
さすがに、誰にも、文句は言えません。

今週も、火、水、木とテニスが予定されていましたが、まだ、風邪をひいていなかった、火曜日はできましたが、水曜は、雪で、きょうの木曜は、雨で、テニスがありませんでした。
もしあれば、無理をしてでも、やってしまっているでしょう。
本音は、中止になって、よかったです。

何か、ものごとが、うまく回っている気がします。
自分から、やろうとしなくても、力まず、自然体でいるだけで、うまくいっています。
ありがたいことです。

時と場合にもよりますが、基本、あまり、頑張りすぎないほうが、いいような気がしています。
気持ちを、ゆったりともって、自然体でいるほうが、うまくいくような気がしています。
大事なのは、気持ちを、楽にしておくということです。

そうすれば、そのような現実になっていくのでしょう。
ともかく、きょうは早く寝ます。
今は、体を休めることが先決です。
by human-space | 2016-01-28 20:48 | diary | Comments(0)
左脳は、基本、マイナス思考のようです。
何事にも、批判的です。
いい加減嫌になりますが、とりあえずは、しょうがないです。

批判的な思考が起きても、いや、そうじゃないんだ、もっと、別の面ではいいこともある、などと、いちいち、修正しています。
面倒ですが、左脳の、言いたい放題にさせておくと、マイナスだらけになってしまいます。
これは、すぐには治らないでしょうから、しばらく、これでいくしかありません。

左脳がなかったら、空間も時間も、認識できなくなってしまいますので、素晴らしい役割を、果たしてはいます。
論理的なことも、やりますし、なかったら、この世界が、消えてしまいます。
ですから、うまく付き合うしかありません。

しばらくは、自分の想念を、意識的に、見張っています。
少なくとも、とんでもない思考は、コントロールしなければいけません。
人生を、どういうふうにしたいかは、自分が決めます。
by human-space | 2016-01-28 00:48 | diary | Comments(0)
「奇跡の脳」で、作者が言っていますが、人間が、宇宙とひとつになれると同時に、個として存在することに、畏怖の念さえ感じるそうです。
本当は、宇宙はひとつなのでしょうが、自分というものが、存在することが、奇跡のようなものなのでしょう。
確かに、考えてみれば、とんでもなく不思議なことです。

そのおかげで、個として、いろいろな体験ができます。
本当はひとつである神が、自分の宇宙がどんなものか、体験したいために、個というものに、別れたということを、本で読んだことがあります。
何となく、わかったような気には、なります。

その個である、体は、50兆の細胞からなっており、それが、その生命力そのものだということだそうです。
これが、神のつくられた、人間になります。
まさに、それが、奇跡、神秘、神ということです。

こういう、超基本的なことを、忘れないようにしなければいけません。
今、こうしていられているだけで、感謝の気持ちを持たなければと思います。
これが、すべてのことの、根底にあります。
by human-space | 2016-01-27 01:18 | diary | Comments(0)
直感の右脳と、理論の左脳、どちらを使うのかは、自分が決めます。
パッとひらめいて、行動するか、ちゃんと考えて、理屈どおり行動するか、自分が決めます。
どういう人生を送りたいか、自分が決めます。

今回のスキーツアーは、両方を、うまく使うことができて、スムーズで、快適に過ごせました。
乗り物とか、ホテル、スキー場を決めるときは、こんな感じのところという、右脳の感覚があって、それに合うと思われるものを、左脳で、探して決めたり、乗換時刻などを、細かく設定したりしました。
まず、自分にあう感覚があって、それに沿って、あるものの中から、具体的に決めていかなければいけません。

どちらが欠けても、うまくいきません。
両方を上手に使い分けるのは、自分です。
自分が人生の主役です。

今回のスキーツアー、もちろん、いいことばかりではありませんが、総じて、うまくいったと思います。
今までは、左脳ばかりで、右脳がおろそかになっていました。
これからは、できるだけ、直感の右脳を、使っていきたいと思います。

でも、今回、細かく時刻を、設定しておいたおかげで、スムーズに乗り換えができました。
これは、まさに、左脳の活躍です。
これからも、両方、バランス良く、自分が、使っていきます。
by human-space | 2016-01-25 22:22 | diary | Comments(0)
この前、バス事故があったので、一応、ホッとしています。
総じて、我ながら、スムーズにいきました。
知らないところへ行くと、イレギュラーなことが起こるものですが、それなりに調査していたのが、功をそうしたのか、トラブルはありませんでした。

それだけでも、ありがたいことでした。
肝心のスキ−の方は、もともとたいしたことがないので、ずっと快適に、滑れたわけではありませんが、ときどきは、うまく滑れました。
滑っていると、うまくできなくて、行き詰まってきます。

そんなとき、ふと、滑りのアイデアが浮かんできました。
そのように滑ると、うまくできました。
まるで、神様が、下手くそなのを見かねて、こういうふうに滑ったらと、教えてくれたような気がしました。

そんなことが、2回ありました。
あと、夜行バスでは、首や腰が痛かったりしましたが、そこを、意識しないようにしました。
そうしていたら、それほど気にならなくなりました。

それでも、さすがに、よく寝られなく、ちょっと辛かったです。
ともかく、何事もなかったのが、一番ありがたかったです。
スキーを滑りだすまでの、準備がたいへんだったりしましたが、トラブルはつきもののところ、ほんとに、ほとんどありませんでした。

自分でも、ちょっと不思議なくらいです。
意識的には、スピリチャルなことは、一切考えず、スキーや、おいしい食事を楽しみました。
ほんとに、いい気分転換になりました。
by human-space | 2016-01-24 20:42 | diary | Comments(0)
「奇跡の脳」によれば、今にいることで、右脳思考になるとのことです。
右脳思考になれば、至福感を、感じることができるようです。
スピリチャルでは、よく、今にいることが大切だということを、言われていますが、そういうことだったということです。

では、今にいるためには、どうしたらいいでしょうか。
同じく「奇跡の脳」によれば、感覚系の機関を使う方法と、運動系の方法があるようです。
感覚系は、味わう、匂う、聞く、見る、肌で感じる、ということです。
そうしているときは、今にいれていることになります。

味わっているとき、匂いを嗅いでいるとき、見たり聞いたりしているとき、肌で何かを感じているときは、今にいれていることになります。
これを、意識的にやることで、意識的に、今に入れるようになれます。
意識が、心配事にいっているような、左脳思考のとき、意識して、右脳思考に変えていきます。

また、運動系もいいようです。
確かに、運動に集中しているときは、今にいます。
右脳思考でいて、平穏な気持ちできる時間を、できるだけ、増やしていきます。

簡単なことですが、急には、できないこともあるので、このことに、気が付いたら、やるようにします。
ともかく、地道にやるしかありません。
前から言っているように、地道に勝る、近道はありません。

(追伸)
あしたから、日曜まで、志賀高原にスキーに行ってきます。
まず、このブログの更新は、できそうもありません。
ただ、スキーを楽しんできます。
by human-space | 2016-01-20 22:47 | diary | Comments(0)
日曜日に、テニスの試合がありました。
結果は、リーグ戦、1勝1敗で、決勝トーナメントに出場できませんでした。
残念ですが、実力なので、しょうがありません。

ミスは少なかったのですが、つないでばかりいたため、ボールに威力がなく、相手に、先の攻め込まれてしまいました。
もうこの辺のレベルになると、戦術を変えないと、勝つことができません。
それで、今日のテニススク−ルでは、ボールを強くヒットすることを、心がけて練習しました。

強く打つのを続けていると、さすがに、体力的にきついです。
慣れるまで、まだ、時間がかかりそうです。
それでも、やっているうち、だんだんと、面白く感じるようになってきました。

今までは、コントロールしようと、恐る恐る打ってきたような感じでした。
きょうは、思い切って打っていくと、気分も、すっきりします。
やっているうち、だんだんと、面白く感じるようになってきました。

今までのように、ボールをコートの入れようと、へんに気を使うことがありません。
もちろん、入れるようには打っていますが、思い切って打つので気持ちがいいです。
テニスに目覚めた、感じです。

次が、楽しみになりました。
あしたは、雪模様なので、できるかどうかわかりませんが、やれれば、思い切ってやります。
やはり、動いていってみると、何かあるものです。

何もしないと、何も起きてきません。
試合に出るとなると、けっこう、プレッシャーになって、ドキドキするものですが、やってみて良かったです。
それで、試合の負けても、いいように考えていたことが、こういう、うれしい結果になりました。

ほんとに、テニスをするのが、楽しみです。
こういう感覚は、久しぶりです。
こんな幸せなことはありません。
by human-space | 2016-01-19 22:42 | diary | Comments(0)