ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2016年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

夜、何回も目が覚めて、睡眠が分断されていて、睡眠不足気味です。
それで、きのうは早めに寝ましたが、また、夜中に目が覚めてしまいました。
仕方なく、いつもの、おもちゃのラケットで、素振りをしました。

ストロークは、やっと、いい感じになっていて、もうこんなものと思っていましたが、素振りをしていると、新しいアイデアが、次から次へと、浮かんできました。
どれも、役に立ちそうで、覚えるように、素振りを繰り返しました。

前から、時々は、いいアイデアが浮かんできたことが、ありました。
何とかしようという思いが、そういうアイデアを、引き寄せたのだと思っています。
それでも、それは、思いたったように、ポツポツとでした。

それが、今回、次から次へと浮かんできたのは、これだけ全部、実際に、打つことができるからということでしょうか。
今までは、一度に、教えても、混乱するだけで、できる分だけが、ポツポツと、知らされていた、ということみたいです。
今は、もうだいぶんやれるところまで来たということだと、思うようにしています。

ほんとに、ありがたいことです。
おかげで、次、火曜日のテニスが楽しみです。
いつも、実際にやってみると、思ったとおり、できないことが多かったので、過大な期待はしないようにしますが、このことを、意識してやります。
by human-space | 2016-02-28 19:53 | diary | Comments(0)
生きていく上で、こんなことを考えながら、生活しています。
元々は、悲観主義だと思いますが、意識的に、楽観的に考えるようにしています。
思っていることが、現実化するのですから、いいように考えていくというのは、当たり前のやり方です。

マイナスなことを考えていれば、マイナスな現実になるということです。
そんなことがわかっていて、悲観的でいるのは、バカらしいことです。
悲観的になっているのに気がついたら、楽観的に、考え直すようにしています。

また、内部感覚を大事にしています。
何かしようとするとき、自分のなかの感覚に、合っているかどうか、確認しています。
休みの日、出かけるときに、どんな服を着て行こうか、というときなど、まさに、自分の感覚です。

たいして服は持っていないので、どうこうもないのですが、そのとき、しっくりし着た服を着ることができれば、気分がいいものです。
その内部感覚は、よく使います。
仕事などで、どうしようか迷ったときなど、自分のなかの感覚に、合ったほうを、選ぶようにしています。

このふたつ、楽観主義は、意識的に、内部感覚は、無意識に使っていますが、どちらも、よく使います。
生きていく上で、欠かせないものです。
生きるというのは、大変なことですが、できるだけ楽しい人生を送りたいものです。
by human-space | 2016-02-27 19:30 | diary | Comments(0)
毎朝、車通勤で、県境の峠道を、走っていますが、よく、遅いトラックに、出くわします。
県境の峠道は、信号は少ないのですが、追い越しができないので、万事休すです。
きょうも、バッタリ、出くわしました。

いつもは、イライラしながら、ついて行っているのですが、きょうは、前によく思っていた、「お仕事ご苦労様」という、フレーズを思い出しました。
これを使ったら、前を走っていたトラックが、3台も、道を避けてくれたこともありました。
きょう、久し振りに、このことを思い出し、早速使っていました。

そしたら、見事、少し走った後、避けて、道を開けれてくれました。
ありがたかったです。
「お仕事ご苦労様」と言えるときは、元々、精神状態もいいです。

降り掛かる出来事は、完全にはコントロールできませんが、それをどう思うかかは、完全にコントロールできます。
イライラしても仕方がありません。
いいように考えて、気分良く走れるようにします。
by human-space | 2016-02-26 21:17 | diary | Comments(0)
テニスがやっと、このレベルまできました。
まだまだだとは、十分わかっているのですが、ここから後は、回数を重ねれば、うまくなると思います。
フォアとバックの、打ち方が、固まったというのが、一番の成果です。

ここまでくれば、後は、それほど悩まなくても、練習をすれば、うまくなっていくはずです。
今以前であれば、いくらやっても、たいしたことには、ならないでしょう。
テニスの練習はもちろん、日々、素振りを繰り返していたので、何とか習得することができました。

それに、素振りをしていると、ひらめいて、それを機に、ひとつづつ、よくなっていきました。
神様が、そっと教えてくれたのでしょうが、それは、一生懸命やっているからこそ、見かねて、教えてくれたのだと思います。
というか、うまくなろうという意思が、そういうひらめきを、うんだんだと思います。

「求めよ、さらば与えられん」です。
うまくなろうと決意し、新しいテニススクールに入って、2年が過ぎました。
最初の、一年は、何をやっているかわりませんでした。

二年目から、少しずつよくなって、3年目に入って、やっと、ここまで来ました。
特にこの一年間は、ウォーキングと素振りを、ほとんど休まずに、繰り返しました。
我ながら、よくやったと思います。

ここまで来たのは、いろいろな助けもありましたが、まずは、自分が頑張ったことを、褒めてあげなければと思います。
自分の体も、特に右肘は、酷使しいているにもかかわらず、何とか持ちこたえています。
テニスの後は、必ずといっていいくらい、湿布を貼っています。

膝、特に左膝は、調子がよくありません。
それでも、なんとか持ちこたえています。
ほんとに、自分の体も、よく頑張っていると思います。

時には、微分を褒めることが、必要ではないかと思います。
後は練習あるのみです。
楽しながら、頑張ります。
by human-space | 2016-02-25 22:36 | diary | Comments(0)
テニスのストロークのことです。
今朝、ウォーキングのとき、いつもの素振りをしていたら、フォアの打ち方が、閃きました。
これで、バックと、左右同じような、打ち方ができます。

これで、とりあえずは、自分の思っている、レベルに達することになります。
といっても、今、その打ち方を、完璧にこなせるわけではありません。
その基本的なイメージができただけです。

実際、それで、ボールをきちんと打てるようになるには、それなりの数を、打たなければいけません。
でも、こうやったらいいというのは、出来上がりました。
それは、今までいろいろとやってきた、成果です。

その最後の一押しは、閃きでした。
また、神様が、見かねて教えてくれたのかもしれません。
それはともかく、意識を向けれていれば、そのような現実が現れるということでしょうか。

ほんとに、やっと、ここまで来たかという思いです。
ひょっとしたら、ここまで、たどり着けないのではないかと、思う時もありました。
それができたのも、素振りなど、日頃の、地道な努力の賜物だと思います。

スピリチャル的に言えば、もう一つ上のレベルのことを、考え続けたことが、こういうふうに現実化してきたのだと思います。
求めよ、さらば与えられん、です。
それを、諦めなかったのが、良かったのだと思います。
by human-space | 2016-02-24 23:13 | diary | Comments(0)
つい最近からなのですが、自分を、上から見ている、自分がいることを感じるようになりました。
もちろん、いつもではありませんが、ふと気がつくと、そんなことがあります。
スピリチャル的には、いい傾向のような気がしますが、どうでしょうか。

ほんとに、真上から、自分の姿を、そっと見ている感じです。
そんな時は、冷静でいられています。
逆に、バタバタしている時は、こういうことを感じる、余裕はありません。

意識が、どいうふうになっているのでしょうか。
また、どうして、そうなるようになったのでしょうか。
また機会がありましたら、調べてみたいと思います。
by human-space | 2016-02-23 23:03 | diary | Comments(0)
きょうは、午前中、休暇をとって、近くの人工スキー場に、今年最後の、スキーに行ってきました。
この前行った、志賀高原とは、比べ物にならない、リフトが一つだけの、小さなスキー場ですが、滑り自体は、今回のほうが、充実していたかもしれません。
人生、何がいいかは、わからないものです。

仕事のスケジュールとか、天気とか、自分のなかの気持ちとかで、きょう、行くことにしました。
滑っていると、たまたまリフトで一緒になった人から、小回りのコツを教えてもらいました。
そうしたら、小回りもどきぐらいは、やれるようになりました。

また、大回りも、山周りから、エッジングをするようにしたら、ターン弧も、だ円に近くなり、滑りも安定してきました。
自分のなかでは、あらたな感覚です。
志賀高原に比べ、斜度もあまりないので、うまく滑れるような気がしただけかもしれませんが、技術的には、進歩しました。

動いてみれば、何かあるものです。
きのうは、テニスの試合もあって、あわただしかったのですが、何かやってみれば、何かあるものです。
逆に、何もしなければ、何もありません。

この物理世界は、動いて、なんぼです。
動かなければ、何もありません。
考えてみることは必要ですが、最後は動いてみないと、何もなりません。

お金と労力を使って、志賀高原まで行ってきましたが、滑りそのものは、ここのほうが、充実していました。
何がいいかは、わからないものです。
それは、やってみなければ、何も生まれません。
by human-space | 2016-02-22 21:28 | diary | Comments(0)
きょうは、近くのテニスクラブの、シングルスの試合に出ました。
今回の大会は、ランクが一つ上なので、胸を借りるつもりで、出ました。
予想どおり、リーグ戦3試合のうち、二人は強かったです。

結局、予想どおり、1勝2敗で、決勝トーナメントに進めませんでした。
それでも、けっこう思い切り打てて、内容的には、満足しています。
出るかどうか迷ったのですが、出てよかったです。

1試合目が終わったところで、サーブが、思ったように打てませんでした。
試合の間、壁打ちで、サーブの修正をしました。
それからの2試合は、その修正が、だいたいうまくいきました。

本当の正式な大会ではありませんが、試合の中で、修正していくのは、けっこう難しいです。
どうしても、試合になると、舞い上がってしまい、練習でできていたことが、できなくなったりするのが、普通です。
それを、練習で出来ていないことを、試合でやろうとするのですから、なかなかやれません。

それが出来たというのは、意識が、しっかりしていたからだと思います。
試合のなかでも、ちゃんと、修正箇所が意識されていました。
我ながら、よくやれたと思います。

意識が、しっかりしてきた証拠だと思います。
これは、生きていく上で、大事なことです。
意識がしっかりしていれば、思ったことがやれるようになります。

前に、シュレーディンガーの方程式のところで、現実化に、意識が、関係していることがわかっています。
思ったことを実現するのに、意識が介在しています。
意識を、意識していくようにします。
by human-space | 2016-02-21 19:39 | diary | Comments(0)
毎日の心がけとして、「意識をクリアにしておく」というのがあります。
意識は、起きてくる感情や、想念で、曇ってしまうことが、よくあります。
そういったものに、気が行ってしまっているときです。

そうなるのは、ある程度は仕方がないと思いますが、気がついたら、それらから離れ、意識をクリアにしておくようにしています。
意識がクリアでいれているときは、精神的にも、安定しています。
そして、起きてくる想念にも、敏感でいれています。

ときどき、有益な情報が、浮かんでくることがあります。
それで、そこからくる情報にも、気がつきやすくなります。
意識がクリアで、いれていればこそです。

お酒は、気持ちをリラックスさせる効果はあるのかもしれませんが、意識を曇らせてしまいます。
そういった意味では、一滴も飲まないほうが、いいのでしょう。
これも、バランスの問題でもあると思います。

宇宙から、有益な情報がは、しょっちゅう来ているのかもしれませんが、それに気づかずにいることが、多いのではないでしょうか。
もったいない話です。
いろいろ頑張るのも、必要でしょうが、逆に、何もしないで、今何をすべきか。心の声を聞くことも、必要だと思います。
by human-space | 2016-02-20 21:41 | diary | Comments(0)
近頃は、思い立ったら、即、行動するようにしています。
思いたったことは、すぐ、口に出すようにしています。
今、何かの想念が、浮かんできたということは、今、それをすべき時だから、浮かんできたと、思っています。

前は、違いました。
何か想念が、浮かんできたら、それが、いいかどうか考えて、どうするか決めていました。
だいたいは、やめておいたほうがいいと考えて、何もしなかったことが多いです。

それを、基本的には、そのまま、行動したり、口に出したりするようにしています。
でも、もちろん、全部ではありません。
明らかに、行動したり、口に出したりしないほうがいいと、思う時は、何もしません。

全体から見れば、そんな、行動しなほうがいい想念のほうが、多いはずです。
マイナスな想念は、しょっちゅう、浮かんできますから。
明らかなマイナスな想念は、行動しません。

でも、どちらとも言えないようなものは、できるだけ、行動するようにしています。
今、浮かんできたということは、今が、旬ということです。
今、すべきだから、浮かんできたということです。

自分の中の、ちょっとした、意識改革です。
行動しないでおくほうが、安全だとは思います。
でも、思い、イコール、行動になれば、理想的です。

どうなるか、今は、わかりませんが、しばらくやっています。
これが、本来の姿のような気がしています。
思っているより、すごいことになるかもしれません。
by human-space | 2016-02-19 23:33 | diary | Comments(0)