ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日は、いつものテニススクールの日でした。
日曜日の練習会で目覚めたフォアを、また打ってやると、力んで行きました。
いざ打ってみたら、どうしたことか、あの時と感覚が違います。

あの時の感覚に戻そうと、いろいろ試してみましたが、どうしても戻りませんでした。
結局、いつもどおりです。
あの時の、フォアは何だったんだろうと思います。

親戚のお使いのご褒美に、その時だけちょっと、うまく打たせてくれただけだったんでしょうか。
本当にそんな気になるくらい、今日はあの時のとおり打てませんでした。
がっくりです。

また一から出直しです。
スキーはけっこうイメージ通りすぐできたのですが、テニスは、手強いです。
スキーは、シーズンにたいした練習ができないため、もともと設定が低いというのもあります。

テニスは、市の大会で優勝という目標が、高すぎるのかもしれません。
そうでなければ、これくらいでいいと思うこともできます。
でもとりあえずは、まだしばらく、高い目標に向かって頑張ります。

テニスは一年中やれるので、まだ可能性はあります。
明日も天気が持ちそうで、テニスがやれるので、再チャレンジです。
めげずに頑張ります。

ところで、昨日、現実の再創造のことを言っていましたが、まさにこれがそうなのかもしれません。
フォアが打てるという現実が先にあって、あとから、そうなるよう再創造していく、似ている気もします。
結果はもうあるので、やればできるはずです。



by human-space | 2017-02-28 22:36 | diary | Comments(0)
昨日、目覚めたフォアハンド、本当に長い間かかりました。
我ながらよく頑張ったものです。
何でこれほど、頑張れたのだろうかと思います。

なかなか思い通りにならなくて、もうできないかもしれないと思ったこともあります。
それは、昨日思わぬ形で、やれるようになりました。
自分でも想像できませんでした。

ここまでやれたのは、こういうふうに打てると格好いい、というイメージに近づきたいという気持ちが、そうさせたのだと思います。
内なる衝動があったからだと思います。
スピリチャル的に言うと、先にこんなフォアを打てている現実があって、今再想像しているというものです。

もう、そうなるのが約束されているようなものです。
人間には、すべてのことがわからないので、自分で、頑張ってたどり着いやように思えますが、そうなるようになっていたということです。
できるようになっているなら、できるまで、気持ちが切れないはずです。

分かりにくい話ですが、確かに、単純に素振りを繰り返してきましたが、気持ちがダウンすることがありませんでした。
また、イメージできるのは、現実としてもうあるので、イメージできるはずです。
逆に言えば、イメージできないのは、現実にないからなのかもしれません。

スピリチャルの話はともかく、かっこいいと思うイメージに近づこうという気持ちが、生きる原動力になっている事は間違いありません。
今回、一つ達成できました。
まだあるので、どこかで、思いがけないところで達成できるかもしれません。



by human-space | 2017-02-27 22:18 | diary | Comments(0)
今日は、いつも行っているテニスクラブの、シングルスの練習会の日でした。
試合ではありませんが、試合形式で、いろいろな人と練習ができるので、試合では緊張してやれないことをやるいい機会です。
実際、幾つか試してみました。

それとは別次元で、いきなりフォアに目覚めました。
2試合目と3試合目の間に、素振りをしていたら、突然ひらめきました。
それを、3試合目で試してみたら、バンバン、フォアが打てました。

今まで散々やろうとしてできなかったのが、嘘のようです。
打つ感覚が、パッと閃きました。
また、神様が教えてくれたようです。

今日は、この練習会の後、親戚に届け物をしました。
宅急便で送ろうかと言っていたのを、自分から持っていくように言いました。
届け元、届け先とも喜ばれました。

こういったことの、ご褒美がもらえたのでしょうか。
それなら、あまりに大きなご褒美になりました。
フォアは、最後に残った長年の課題でした。

こういうフォアが打てるかどうかで、テニス人生が変わると言っていいくらいです。
大げさに聞こえるかもしれませんが、テニスを長年やっている人には、わかると思います。
これで、どこに行っても恥ずかしくない、フォアが打てるようになりました。

本当に感謝です。
長い間、地道にやってきた、自分も褒めてあげなければと思います。
今まで、やめようと思えば、辞める理由はいくらでもありました。

この前の富良野のスキーと同じように、自分のイメージしているところまできました。
そのレベルが、それほど高くないというのもありますが、競技者でないものが、ここまでできればいいです。
上を見れば、きりがありません。

今年は、イメージが現実になっています。
とてもいい年のようです。
これでテニスもスキーも、一生続けられる目処が立ちました。



by human-space | 2017-02-26 19:50 | diary | Comments(0)
今日は休みで、親の送迎をすることになっていました。
そんなに朝早い時間ではないのですが、いつも休みは、昼近くまで寝ている自分にとっては、ちょっと面倒です。
目覚ましが鳴った時は、休みの日なのに、何で早く起きなければいけないのだろうと、一瞬マイナスな気分になりかけました。

それが、いやいや、親が活動的なのは、元気な証拠だ、人によっては、病気や痴呆症で、看護に大変なことを思うと、こんなことは大したことではないと、自然に思えました。
今までは、マイナスな気分になった時は、意識して、肯定的なことを考えるようにしていました。
それが意識しないで、肯定的な気持ちになりました。

昨日言った、幸福力が上がっている、と思いました。
これを自然に思えたのは、我ながら、びっくりしました。
今までは、意識して、肯定的な気持ちになるようにしていたので、自分でも、ちょっと違和感を感じたくらいです。

でも、素晴らしいです。
少しは、成長できているようです。
いい方向に行っているようですから、これからも、この調子でやっていきます。

by human-space | 2017-02-25 20:33 | diary | Comments(0)
ネットの記事で、人材コンサルティング会社「ジョヤンテ」の女性社長である、川崎貴子さんのブログのことが出ていました。
読んでびっくり、こんな心の強い人もいるもんだと思いました。
自身が乳がんであることがわかって、治療することになるのですが、仕事に支障が出そうだということで、放射線治療をやらず、全摘手術を選択しました。

医者の説明があって、即決しています。
我がおっぱいに未練なし、だそうです。
乳房再建処置をも一緒にやると聞いて、前より大きくなりますかと、冗談気味に医者に尋ねたら、健全な乳房に合わせるので出来ませんと、真面目に言われたそうです。

転んでも、ただで起きないという強さがあります。
実際、手術したおかげで、保険で儲かったので温泉に行くそうです。
今まで何とかなったののだから、今度も何とかなると思っているようです。

この心の強さが、幸福力でしょうか。
幸福力は、外側の環境のことではありません。
常に肯定的に考えることのできる、心の強さのことです。

この幸福力さえあれば、どんな時でも、川崎貴子さんのように、幸せになれます。
これは物理条件ではないので、誰でも持てます。
ただ強い気持ちになればいいだけです。

言うは簡単ですが、現実なかなかそんな気持ちにはなれません。
誰でもなれるのなら、みんな幸せになっています。
そのこと自体を知らないか、知っていても、強い気持ちを持てないかどちらかです。

すぐには、幸せな気持ちになれないかもしれませんが、やる気になれば、誰でもなれるはずです。
それには、お金も環境も必要ないからです。
ようは、やる気です。

幸せになるためには、やるしかありません。
思った環境を手に入れて、幸せになる方法もありますが、その環境に慣れてしまって、またすぐ、そうは思えなくなります。
結局、安定的な幸せを手に入れるためには、内側を変えるしかありません。

近頃だいぶん、そう思えるようになってきました。
普通にご飯が食べれて、歩けて、寝るところがあるだけで、幸せと思えるようになってきました。
もちろん、いつもいつもそう思っているわけではありませんが、思い出したように、そう思えるときがあります。

これも平日は毎日、「今が一番幸せ」を、100回以上言っているおかげかもしれません。
継続力で、脳のシナプスの配置が変わってきているのだと思います。
それで、精神的に安定している日が増えてきました。

頑張るのは、外側を変えようとするのではなく、内側を変えることです。
内側がかわれば、それに合わせて、外側も変わってくはずです。
頑張る価値はあります。




by human-space | 2017-02-24 20:40 | diary | Comments(0)
昨日、やっと何とか形になってきたフォアアンド、本当に長い間かかりました。
一旦出来上がった脳のシナプスの配置を変えるのは、かなり難しいです。
強い意志を持って、時間が必要です。

強い意志がなければ、途中で諦めてしまいます。
フォアハンドばかりをやっていたわけではありませんが、3年かかりました。
我ながら、よく諦めなかったものです。

自分の中に、何となくイメージがあって、その通り打てなかったので、いつまでたってもしっくり来なかったです。
その違和感があるので、何とかしたいと思ったのでしょう。
やっと、イメージ通りになりつつあります。

スピリチャルの体験もそうです。
起きてきたことを、今までの考え方で処理しようとします。
脳のシナプスが、そうはなるよう配置されているので、しょうがありません。

新しいスピリチャルの体験をするためには、意識的に変えていかなければいけません。
「思ったことを即行動する」とかは、今までの考え方に照らし合わせて判断して、行動するかどうか決めます。
ところが、新しいやり方は、何も考えず即行動します。

単純なようで、意外とできないです。
シナプスの配置の通り、今までのやり方でやる方が楽です。
考えず即行動するには、勇気がいることもあります。

でもそうして、変えていくことで、何かしら新しい体験ができ、その成功体験の積み重ねが、シナプスの配置を変えていきます。
結局、人間は、脳を通して体験するため、脳の中が変わらないことには、何も変わりません。
変化するのは難しいですが、日常の小さな出来事の体験を通じて、少しずつ変えていきます。

by human-space | 2017-02-23 23:07 | diary | Comments(0)
今日は、テニス同好会の日でしたが、雨予報にかかわらず、何とかやれました。
昨日コーチに指摘されたことを、修正したかったので、本当にやれてよかったです。
おかげで、フォアがほぼフォームが固まりました。

本当に長い間かかりましたが、今度こそ、これで最終形だと思っています。
やっとここまで来たかという感じです。
日曜日の、シングルス練習会で、最終確認をするつもりです。

これも、今日、テニスができたことが大きいです。
練習の最後の方で降られましたが、思ったところまではやれました。
これも、外側が味方してくれています。

特に天気は、天が味方してくれているような気になります。
そういえば、この前の土砂降りの時も、家に入るまではパラパラで、入った途端、土砂降りになりました。
間一髪でした。

その時も、天が味方してくれているような気がしました、
ありがたいです。
毎朝、ウォーキングの時に、地元のお地蔵さんに、手を合わせてお参りしているのが良かったのでしょうか。

北海道にスキーに行った時も、3日とも晴れました。
去年、テニスの試合が雨ばかりで、中止になってしまい、晴れ男返上かと思いましたが、今年になって復活しました。
でも、調子に乗らないように、謙虚に感謝して、日々精を出していきます。


by human-space | 2017-02-22 22:31 | diary | Comments(0)
テレビを見ていたら、たまたま、ゴルフの外国人のコーチが、日本の学生を教える番組をやっていました。
そのコーチが言っていたのは、成功の体験を積み重ねることで、上手くなるということでした。
その時は、納得して、テニスもそういうことだと思いました。

それからしばらくして、ふと、スピリチャルもそうではないかと思いました。
この頃、日常の小さなことでも、いい体験をしていくことを心がけています。
それが積み重なってくれば、そのうち、脳が変異して、悟りの境地になれるのではないかと思いました。

これは、自分がなれるということではありません。
悟りに至る方法論として、こういうやり方もあるのではないかと思いました。
には、瞑想するなど、いろいろな方法があるのでしょうけれども、これもアリかもしれません。

現実的は、自分はこの生では、とても出来るとは思えませんが、少しずつでも、近づいていこうと思っています。
この小さな成功体験を、積み重ねることです。
日常のどんなことでもいいので、腑に落ちるような体験ができればいいです。

この生で、悟れるとは思っていないので、気楽にやっていきます。
まずは、昨日も言ったように、楽しんでいこうと思います、
楽しめたら、それも、悟りに至る成功体験になるはずです。



by human-space | 2017-02-21 22:35 | diary | Comments(0)

昨日のNHK特集は、プラネットアースⅡでした。

いつもの素晴らしい映像で、見とれました。

でもまた、動物の厳しい生存競争には、心にくるものがあります。


その生存競争は、同じく動物である人間とて、例外ではありません。

人間だけが、のほほんとして生きられるはずがありません。

生きていくというのは、苦労があって当たり前だと思います。


動物と人間の違いは、動物は、それを苦労とは思うことはないのでしょう。

そういう意識自体が、ないのだと思います。

大変だけれども、苦労とは思わないというところでしょうか。


その点、人間は難しいです。

余計なことを考えるからです。

食物連鎖の頂点に立っていますが、そう簡単にはいきません。


でも、人間には、物質界を超えた、精神世界につながっていることで、もっと素晴らしいことがあるはずです。

それは、より神に近いところですから。

その神の恩恵をできるだけ得られるよう、努力していくというのが、人生でしょうか。


考えてみれば、かなり面倒なことをやっています。

何で、こんなに面倒なことをしているのでしょうか。

もっと、簡単にならないものでしょうか。


ひょっとしたら、進化の過程で、今が一番難しい時期なのかもしれません。

ここを抜けたら、あとは、スムーズに進んでいくのかもしれません。

進化した後になってみれば、一番面白かったと思えるようになるのでしょうか。


もちろん、今現在ではとてもわかりません。

とりあえずは、まず生きるために、もがいていくしかありません。

今できることをやるだけす。


そのうち、神の後ろ姿がチラリでも見れたら、よしというところでしょうか。

ともかく、今いるところを楽しんでいくだけです。

それが、やるべきことではないかと思います



by human-space | 2017-02-20 21:49 | diary | Comments(0)
家の用事をしながらテレビを見ていると、NHK BSで、ニュース9のアナウンサーが司会をしている、ダボス会議をやっていました。
ダボス会議は、よくは知らないのですが、有識者の議論の場のようです。
そこで、医学も進んできて、これからは人生100年の時代が来るので、どうしたらいいのかという議論がなされていました。

家の用事をしながらなので、飛び飛びになって、よくわからなかったのですが、一度変身したいいなど、面白いことを言っていました。
現実的な方法論としては、いろいろあるのでしょうが、スピリチャル的には、ワクワクする気持ちさえあれば、いつまでも元気いれると思います。
ワクワクする気持ちで、エネルギーが湧いてきて、細胞を活性化させるでしょう。

健康などあまり気を使いすぎることなく、ただワクワクすることをやっていくというのが、いいような気がします。
年をとると、守りに入って、何もしなくなりますが、その方が結局、元気がなくなってしまいます。
ただ、ワクワクすることを知るというのも、意外と難しいところもありますが、意識して探せば、誰でもあるはずです。

最初から、100年もあると分かれば、そのつもりでやれると思うので、心構えとして持っていてもいいと思います。
そうなると、老後も誤魔化しきれません。
ちゃんと人生計画を、考えてやる価値があります。

まだあるのかという気もしないではありませんが、楽しみでもあります。
やりたことを真剣に考えて、本格的にやるようにすればいいと思います。
まだもう一仕事できます。



by human-space | 2017-02-19 19:53 | diary | Comments(0)