ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2017年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日は、仕事のことで、素晴らしい閃きがありました。
自分で言うのも何ですが、天才かと思いました。
よくよく精査してみると、勘違いがあって、それほどではなかったのですが、まずまず素晴らしかったのは間違いありません。

仕事に限らず、この所ずっと、閃きがありますが、今日のは、特にかなりよいです。
今日の仕事のことも、しなくてもよかったと思われることが舞い込んできて、一瞬マイナスな思考になったのですが、いやいやそうではないと、思い直しました。
そんなことがよかったのか、ちょっと考えを思い巡らしていると、ふと閃きました。

後で考えてみると、その時、宇宙と繋がっていたのでしょうか。
普通に考えていては、そんなことが出てくるものではありません。
その時は、本当に天才かと思いました。

閃きは、散歩している時によくあります。
どうも頭の中が、ニュートラルで、何も考えていないのがいいようです。
強い思い込みがあると、閃きも感じにくくなるのかもしれません。

でも最初は、ある思いがあって、宇宙が答えてくれるというものだと思います。
単純な、作用、反作用の法則です。
「なせば、なる」ということです。

思った後は、宇宙に「委ねる」ということでしょうか。
後は、人間の力ではなく、神の領域の力でやってもらうのです。
それができれば、一番いいに決まっています。

そのコツみたいなのを、感じていきます。
それができてくると、その力を、うまく使えるようになるのではないかと思います。
小さなことから、いろいろ体験していきます。


by human-space | 2017-06-30 22:56 | diary | Comments(0)
ここ最近、人生設計をしています。
このまま行くと、先細りのようになります。
それはそれで、幸せのレベルを落とすなどして、うまくやれないことはありません。

それでも、もっとたいへんな思いをしている人は大勢いるので、これでも十分ではあります。
でも、何か物足りません。
ではどうするのかといっても、具体的な方法は、今はありません。

頑張って、ジタバタするというやり方もありますが、今回は、やるつもりはありません。
結局、前にバシャールを読んでいた時に、印象に残っていた、「委ねる」というのをやろうと思います。
確か、バシャールのいう「委ねる」は、受身というのではなく、よりよくコントールされたものを現実に表す、ということだったと思います。

よりよくコントロールされた現実に委ねる、よいうことでしょうか。
外側は、神に通じる力に支配されていて、人間の力など、それに比べると微々たるものです。
それに任せておけばいいのです。

そうすれば、何の頑張りもなく、より良い現実になっていくでしょう。
何か御都合主義のようですが、これこそが、スピリチャル的なやり方です。
それが一番楽で、スムーズです。

でもまだ、100%の確信はありません。
それでも、このことを信じる価値はあります。
そのために、ここまで来たと言っていいと思います。

このことを頭の隅に置いて、日々は、いつも通りに過ごしていきます。
今日も一日、幸せではありました。
明日も、これでいきます。

by human-space | 2017-06-29 22:55 | diary | Comments(0)
今日も一日、内側と外側を意識していました。
内側は、相変わらず、不安な気持ちは起きてきます。
それは、うまくごまかして、引きずらないようにしました。

外側は、昨日ほどはっきり、外側に助けられているというようなことはありませんでした。
それでも、いつも混んでいる道路を、さっと渡れたり、bluetoothの接続が途切れなかったり、ちょっとしたことはありました。
そういえば、テニス同好会の段取りが進んだこともありました。

考えてみれば、まずまずの一日でした。
これといった苦労もなかったことを幸せと思わなければ、バチが当たります。
そう考えても、それほど幸せと思えないが、まだまだということなのでしょう。

前の日がよいと、次の日は、よっぽどのことがない限り、よくないと感じるでしょう。
いつまでも、上がっていくことはありません。
基本、上がったり下がったりするのが、当たり前ということになります。

その中で、少しでもいいことを考えていきます。
まさに今日は、そんな感じです。
ほんのちょっぴり幸せという感じでしょうか。



by human-space | 2017-06-28 21:54 | diary | Comments(0)
昨日は、会議and飲み会でした。
3月の送別会以来のお酒で、結構こたえます。
でも無事、駅を乗り過さす帰れました。

会議は正直面白いとは思えませんが、久しぶりに会った人に、前より若々しくなっていると言われたり、会いたいと思っていた人に、ばったり廊下で会って、ゆっくり話ができたりしました。
乗り気はしていませんでしたが、会議を嫌々と思わず、意識的に楽しいと思うようにしていたのが、よかったのでしょうか。
わざわざ出向いて行った甲斐がありました。

また、今日のテニスは、直前まで雨が降っていましたが、小降りになって、何とやりきることができました。
これも、外側が味方してくれています。
自分の力ではどうしようもないことが、やれています。

若々しくなったと言ってくれた人も、たまたま別の人に誘われて会うことになったり、会いたい人に、廊下でばったり会うなども、外側の力のおかげです。
内側と外側を意識しているのが、少しづつやれています。
これからも意識していきます。

by human-space | 2017-06-27 22:25 | diary | Comments(0)
この前、一日3回あった、心配しないでいると、心配しないでいい現実になるということ、それは、自分の力は、一切使われていません。
外側で、勝手に行われているものです。
それは、まさに、神の領域の力によるものです。

自分のエネルギーを使うものではないので、一切疲れることがありません。
コマンドを入力すると、コンピューターが出力してくれるという感じでしょうか。
自分でも、あれっという感じでした。

こういう体験を積み重ねてくると、頭の中が、神の領域に近づいてくるのでしょうか。
少なくとも、本を読んだだけでは、こういうことにはなりません。
でもあれから、こういう体験はあまりないです。

こういう、外側に起きることだけでなく、内側の体験も大事です。
内側から意識的に、楽しい、楽しいと思っていると、本当に楽しいと思うようになってきます。
もちろん、うまくいかないこともありますが、意識的に自分の感情を選択していくということは必要です。

内側と、外側、両方が大切です。
どちらも意識していきます。
毎日、ちょっとずつ体験を積み重ねていきます。

by human-space | 2017-06-25 20:04 | diary | Comments(0)
今日は、休みなので、いつものように二度寝をしました。
夜中に目が覚めやすく、いつも睡眠が分断されているので、貴重な時間です。
この時には、うとうとしながら考え事をしています。

今日も、いろいろ考えました。
いろいろ浮かんだ分、考えが未だにまとまりません。
でも、そのうち一つ一つ分かってくるでしょう。

そのうち一つは、縁について。
テニスのスクールで、振替でたまに会う人がいるのですが、今度、親戚の人のことで、お世話になりそうです。
どこで、繋がっているかわからないものです。

また、外側に起こることが、自分の味方をしてくれていることについて。
この前、一日3つも、そんなことがありました。
その時は、外側のつながりを感じることができました。

それから、ポツポツと、そんなことがあります。
でも、それくらいでは、外側とつながりがあるは、なかなか感じることはできません。
逆に、小林麻央さんことや、自分に起きてくることについて、逆のことと思われることもあります。

それは、すべてのことが分かっていないために、マイナスなことと感じてしまうと思っています。
理屈では、分かっているのですが、感情的には、苦しい時もあります。
精神的レベルが上がるまでは、しょうがないのでしょう。

あと、心に浮かんでくる思いです。
いいこともありますが、もちろん、マイナスこともしょっちゅう起きてきます。
マイナスなことは、いちいち修正をしていますが、なかなか大変です。

これも、神なるまで、つまり、死ぬまでやり続けることになります。
考えると嫌になりますが、その割合がだんだんと減ってくると信じています。
また、その考えを意識的に、変えていきます。

この前の、テニススクールで、コーチに言われたことの中で、試合の時に、ラリーを楽しみなさい、というのがありました。
ああそれだ、と思いました。
いつも試合の時は、アップアップで、そんな余裕はありませんが、次から、そう思ってやってみようと思いました。

テニスに限らず、楽しむということは大事です。
これからは、意識的にやっていこうと思いました。
まず、自分の頭の中を変えていくというものです。

頭の中が、楽しいという気持ちになったら、外側も、それに合ったふうに変わってくるのだと思っています。
楽しさはやってくるのではなくて、自分が作り出すということです。
それができたら、人生、まさに楽しくなります。

早速、来週の仕事のことも、楽しいと思うようにしています。
そんふうに考えていると、本当に楽しいと思えるようにもなってきました。
さて、実際はどうなるでしょうか。

by human-space | 2017-06-24 18:39 | diary | Comments(0)
小林麻央さんは、乳ガンにかかって、その闘病記を、ブログに載せた記事を読んで、何て心の強くてきれいな人だろうと思っていました。
ガンのステージ4だったそうで、親父がガンで死んだ経験があるので、かなりきびいしいと思っていましたが、この人なら、ひょっとしたらと思っていました。
残念ですが、ご冥福をお祈りいたします。

親父が死んだ時は、それほどではなかったのですが、小林麻央さんが亡くなったと聞いて、悲しいと思いました。
身内でもなのに、自分でも、ちょっと不思議な気がしました。
どうして、こんな人が亡くならなければいけなかったのでしょうか、頭の中の整理ができません。

普通の人には、わからないのではないでしょうか。
宇宙のすべてのことがわかる神様は、この麻央さんの死が理解できるのでしょう。
誰かわかる人がいれば、教えてもらいたいものです。

この頃、外側が自分の見方をしてくれているようなことが、起きてきていて、自分の中では、いい方向に向かっていると思っていた矢先のことなので、余計ショックなところもあります。
もちろん、直接、自分とは関係のないことで、気にしないようにしていれば、何でもないことですが、今回は、そんなに簡単には割り切れません。
心が強くで、純粋でも、どうしようもないことがあるのだと思わされました。

でも多分、それ以上の何かがあるんだと思います。
それを知りたいというのはあります。
でも、今回は、純粋に悲しいです。

by human-space | 2017-06-23 22:45 | diary | Comments(0)
テニスのフォアの打ち方を修正しているのですが、引き方やフォロースルーなど、個々の部分ごとに、考えていました。
それで、いろいろやってはいますが、うまくいっていませんでした。
それが今日、全体の流れの中でそれを考えればいいといような、考えが浮かんできました。

ちょっと考え方を変えただけですが、これで、根本的にフォアの打ち方が変わるような、アイデアでした。
これでフォアの世界が変わると思ったくらいでした。
それは、ただ考え方を変えただけです。

今日は、この考えが浮かんだだけで、幸せな気分になれました。
そして、これはテニスだけでなく、すべてのことに当てはまると思いました。
今までは、自分の思ったようになるように、外側を変えていくということをやっていました。

それも一つの方法ですが、けっこう大変です。
そうではなくて、内側を変えることで、その世界が変わっていく、というやり方もあると思いました。
幸せのレベルと落とす、というのも、これと同じような方法です。

気に入らないところがあったら、外側を変えようとするのではなくて、内側を変えていくのです。
その方が、簡単そうです。
これから、いろいろ試してみます。

by human-space | 2017-06-23 00:31 | diary | Comments(0)
昨日、内側が外側をコントロールできるような気がして、今日も、内側と外側に意識を向けていました。
でも、今日は特に何もありませんでした。
ちょっと残念です。

というか、逆に、雨が上がって、ウォーキングに出かけたら、降り出してびしょ濡れになったり、昼を過ぎても雨が止まず、いつもうどん屋に歩いていけず、カップ焼きそばになったり、あまりいいことはありませんでした。
まあ、こんなものかもしれません。
昨日が、まぐれだったのでしょうか。

でも、昼過ぎには雨が止んで、できないと思っていたテニスができました。
今回は、初心者の人が何人か来ていて、思った練習ができませんでしたが、帰りには、チョー楽しかった、と言ってくれたりしたので、よかったかなあと思います。
幸せが、体現できた気もします。

そのうち、昨日のような感覚があるかもしれないので、内側と外側には意識を向けておきます。
幸せは、細部に宿るです。
何で幸せになれるかはわかりません。

まずは、幸せのレベルを落とすなり、幸せが当たり前と思うようにしたりして、内側から、幸せにしていきます。
そすれば、外側に、そのようなことが起きてくるはずです。
毎日、注目です。

by human-space | 2017-06-21 23:16 | diary | Comments(0)
今日は、願い事が、3つも叶ってしまいました。
願い事と言っても、ちょっと違うのですが、心配事があって、それが心配しないでいい現実になったということです。
不安な気持ちになったのですが、意識して心配しないようにしていたら、本当にそうなりました。

一つは、仕事のことです。
3つともそうなのですが、自分でどうすることもできないことです。
あとの二つは、テニスのことですが、今日は夜から雨予想で、ちょうどテニスの終わる時間くらいから降り出しそうでした。

それが見事に予報どおり、パラパラは降ってきましたが、ちょうど終わる頃に本降りになりました。
おかげで、無事テニスができました。
もちろんこんなことは、自分でやれるはずもありません。

他の二つも、周りがやってくれました。
自分は何もしないで、周りが動いてくれています。
小さなこととはいえ、こんなことが一日3つも起きてくると。外側を信じれる気がします。

願えば、何でも叶うのではないかと思えました。
そんな大胆な気持ちが起きてきました。
それくらい、外側との一体感のようなものがありました。

この感覚を、覚えておかなければ。
もう早、微かになっています。
一体感とまでは言わなくても、少なくとも、外側は内側とつながっていることは間違いありません。


by human-space | 2017-06-20 23:31 | diary | Comments(0)