ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

今は昔と違って、普通の幸せが得られにくい時代になっています。
高度成長時代は、真面目に働いていれさえすれば、普通の幸せが得られました。
今は、一生懸命働いても、世間で言われている普通の幸せが、得られにくくなっています。

そんな今、普通の幸せを得ようとしても、得られなくて、マイナスなエネルギーに落ち込んでしまいます。
こんな時代では、上手にあきらめることで、心の安定感を得ることができます。
こんな記事が、ネットに出ていました。

たいへんな時代になったなあ、と思います。
と言うか、昔が幸せな時代だったのでしょう。
考えてみれば、こういうのが普通なのかもしれません。

でも、こういう時代だからこそ、あきらめる術を身につければ、うまく生きていけるのかもしれません。
でも、あきらめるというのは、簡単なようで、かなり難しいです。
こうでないといけないという世間の常識が、身に染み付いているからです。

世間の基準ではなく、自分の基準で生きるということです。
考えようによっては、自分の中の古い殻を壊すチャンスです。
自分の中の古い殻を壊せれば、自由になれます。

そろそろ、根本的に、考え方を変えても、いい時代です。
そうなれば、ピンチがチャンスになります。
今こそ、自由になるチャンスです。




# by human-space | 2017-08-08 23:05 | diary | Comments(0)
やっと、フォアが思ったように打てるようになりました。
もちろん、まだ完全というわけではありませんが、基本ベース的な形はできました。
たかが、テニスの打ち方の一つですが、改良しようと始めて、3年半くらいかかりました。

我ながら、頑張ったと言うか、運動神経が鈍いと言うか、本当に時間がかりました。
それだけに、やっとモノにしたよう満足感はあります。
ここまでやり続けたという、自信のようなものも生まれてきました。

これは、ただのフォアの打ち方だけですが、人間としての自信のようなものも感じました。
昨日の結婚式でも、知らない人が多かったのですが、何か自信を持っても臨めました。
ただの、思い込みかもしれませんが、自分にとって、大きなプラスです。

思いがけない収穫ですが、やはり、やり続けることの大事さを実感しました。
ところで、今日は、サーブの打ち方が閃きました。
バックは、もうそこそこ打てるようになっているので、サーブさえ、思ったように打てるようになれば、自分のテニスの取り組みとしては、ほぼ出来上がることになります。

そこから、それらを使って、試合に勝てるようになるのが、本当の最終形ですが、まずは、その形ができるのが前提です。
今日の閃き、明日早速テニスがあるので、試してみます。
今までの経験から、大丈夫だと思います。

割と力がいらず、強いサーブが打てそうです。
楽しみです。
今まで思い込みばかりでしたが、今度こそです。

# by human-space | 2017-08-07 21:04 | diary | Comments(0)
今日は、親戚の人の結婚式がありました。
個人的には、あまり親しいわけではないので、参加するだけ、という感じです。
それで、あまり気乗りはしていませんでした。

でも、せっかく参加するのですから、おめでたいことですし、楽しもうと思いました。
ここは、テニスの試合の時のように、強い意志を持って、臨みました。
式の間、出番があるわけではありませんが、いろいろな思いが起きてきます。

いいようにも、悪いようにも思えることが浮かんできます。
そんな時、楽しもうと強く思う気持ちがあると、いいように思うことがきます。
そうすると、全体的に、楽しめるようになりました。

昼前から、夕方近くまで、けっこうな間でしたが、マイナスな思いをすることもなく過ごせました。
それには、やはり、強い意志は必要でした。
そうでないと、マイナスな気持ちに流れる要素は、いくらでもありました。

生活をしていると、自分の意思に反して、やらなければならないことは、いくらでもあります。
それも、いいように考えれば、そんな感じで、過ごすことができます。
マイナスに思うと、実際、マイナスなこととして、過ごすことになります。

基本、どんな時も、いいように過ごしたいので、その強い意志を持って、臨んでいきます。
昨日の、駐車場の事故のこともそうです。
ようは、自分がどう考えるかです。

起きてきたその事実を、どう解釈するかで、どう過ごせるのかが決まります。
それなら、いいように過ごしたいのは、当たり前のことです、
それには、強い意志さえあれば、大体なんとかなると思います。

# by human-space | 2017-08-06 20:32 | diary | Comments(0)
今日、墓参りの帰り、買い物をした後、駐車場で車をぶつけてしまいました。
出ようとして、バックで方向転換をしている時、警備員の人が、オーライ、オーライと言っていたので、つい確認がおろそかになりました。
ぶつけた直後は、何のことかわからず、どうしてという感じです。

警備員の人は、何をやっていたのと、しばらく憤慨していましたが、周りの人に言われて、ちゃんと確認しなかったこちらも悪かったのだということに気づきました。
言われてみると、その通りです。
今日は、お盆は混むので早めの墓参りで、3ヶ所も行って、疲れ気味だっというのもあります。

また、炎天下で、ずっと駐車場整理をしていた警備員の人も、疲れてぼーっとしていたのかもしれません。
そんなことを思うと、あまり悪く言う気になれなくなりました。
そのあと、警察の人も来て、事務的に自己処理を済ませました。

今日は、墓参りもしたのに、ついてないなあと思いましいたが、考えてみたら、今回壊れたバンパーは、前に自損で擁壁にこすって、傷だらけになっていました。
今までごまかしながら乗っていましたが、綺麗に直すいい機会です。
他にも、ちょこちょこ壊れたところがあって、今回いい機会なので、ちゃんと直すことにしました。

保険も入っているので、相手も含め、修理代はいらないはずです。
このところ、中途半端に壊れたままで走っていて、気持ちもすっきりしていませんでした。
ひょっとしたら、神様が、綺麗に直して、気持ちよく走れるようにしなさいと、セッテングしてくれたのかもしれません。

確かに、ぶつけてしまって、申し訳なかった相手の人や、警備員の人、対応してくれた店の人、警察の人も、みんな、いい方ばかりで、不快な気持ちになることもありませんでした。
それで、車が綺麗になるのなら、ひょっとしたら、今日のことは、悪いことではなく、自分のために起きたことではないかと思えるところもあります。
もちろん、完全にそう思えるわけではありませんが、そんなことも考えました。

基本的に、人間はすべてのことがわからないので、物事を、いいか悪いか判断することはできません。
ですから、今回はのことを正確には判断できませんが、いいことだったような気もしています。
少なくとも、自分の中では、そう思うようにします。

# by human-space | 2017-08-05 20:28 | diary | Comments(0)
ようは、あまり考えすぎず、今にいればいいということです。
今にいれば、必要なことは、必要な時に起きてきます。
その時に、それをすればいいのです。

これを意識していると、考えすぎないので、今にいる時間が長くなります。
今には、その時、必要な情報があり、それに基づいて判断できます。
過去や未来ではなく、今に全てがあるのです。

また、それに合わせて、その時になれば、やる気も起きてきます。
ですから、もし今、何もないなら、何もしなくていいのです。
難しく、考えすぎることはないのです。

そう考えると、人生、とてもシンプルになります。
もちろん、神様でないので、完全に、このやり方ではできません。
それなりに考えて、計画的にやることもあるでしょう。

でも、頭の中のベースは、このやり方でいます。
それで、今やれることをやってきます。
今やれることが、今やるべきことです。

# by human-space | 2017-08-04 23:04 | diary | Comments(0)
昨日は、事務所の、テニス同好会の日でした。
幹事をやっているのですが、五月に始めたばかりで、どう運営していくか、まだ定まっていません。
今は、元テニスコーチの方が来てくれてているので、お任せ状態です。

さすが元プロなので、テニスの初めての人や、そこそこやっている人など、レベルがばらばらでも、一緒に楽しく遊ばせてくれます。
初めての人が、「ちょー楽しい」などと言っていて、本当に、楽しめているようです。
さすがです。

本当は、シビアに練習したかったのですが、喜んでいる姿を見ると、これで良かったのだと思いました。
やはり、人が喜ぶ姿を見るのは、嬉しいものです。
幹事はけっこう面倒ですが、やってよかったと思います。

どうも自分は、元コーチのように、表舞台で活躍するのではなくて、裏方があっているようです。
その方が安心できます。
前から、スピリチャルコーディネーターのような、裏方的な仕事を、やってみたいと思っています。

今はまだ、まったく何をやっていいやら見当もつきませんが、何かチャンスがあると思います。
その時には、勇気を持ってやっていきます。
これから、どうなるでしょうか。

# by human-space | 2017-08-03 23:05 | diary | Comments(0)
ネットの記事を読んで、ふと思いつき、人生において、ある重要な決断をすることを決めました。
それを実行するのは、まだ先ですが、自分の中では、決定事項になりました。
そのあと、いつもどおりテニスに行きました。

昨日のテニス会場は、ちょっと遠く、車で1時間以上かかります。
右車線を走り、できるだけ早く行こうと思っています。
でも、わかっていないのか、ゆっくり右車線を走る車がいたりして、思ったようには走れません。

それで、いつもだいたい5分前後は、遅くなったり、早くなったりしています。
それが昨日は、右車線をどんどん走れました。
おまけに信号も、うまく青に変わって、いつもより、10分以上前に着きました。

こんなのは、火曜日にここに行き出して、3年以上経ちますが、初めてです。
また、次の日、普通に車で通勤していたら、同じく、いつもより10分以上着きました。
こちらは、ここの事務所に通勤しだして、5年以上経ちますが、こちらも初めてです。

決断をした途端、周りが急に動き出しだ気がしました。
自分が決断したことで、変化が起きてきたのでしょうか。
うまく動いていくなら、この決断は正しいことになります。

これから、自信を持って、実行できます。
まさに来ている気がしていますが、まだ100%の自信はありません。
どうなっていくか、見守っていきます。

# by human-space | 2017-08-02 23:05 | diary | Comments(0)
当たり前ですが、人それぞれ悩みがあり、いろいろ考えてしまいます。
でも、なかなか答えを得ることはできません。
そんな時、意識して、今にいるようにします。

今にいる時は、考えていません。
今そこで起こっていることを、見ているだけです。
それが、今必要なことです。

その考えている悩みのことが、今何も浮かばないなら、今悩む必要がないことを示しています。
全ては、今を基準にして、考えます。
もし、今必要なことなら、何か浮かんでくるはずです。

その浮かんでくることを、やればいいだけです。
必要な情報は、必要な時に浮かんできます。
そうでないなら、今何もしなくていいということです。

やることは、今できることだけです。
今やればできることは、今やります。
それくらい、宇宙に委ねて、割り切っていきます。

なかなか完全には割り切れませんが、出来るだけ、この方針でやっていきます。
今にいれていれば、ちゃんと判断できます。
必要な情報は、今にあるからです。

ともかく、今できない、今考えられないことは、今必要ないということで、何もしません。
今できることをやるだけです。
それほど、シンプルにやっていきます。


# by human-space | 2017-08-02 00:06 | diary | Comments(0)
今日のテニスの試合、炎天下、1勝1敗で、決勝トーナメントには進めませんでしたが、我ながら頑張ったと思います。
特に勝った試合は、6−5の大接戦で、最後の方は、痙攣をするのではないかと思いました。
それでも、1球に集中して、何とか勝ち切りました。

今まで、不甲斐ない試合が続いていたので、やっとです。
今日は、自分を褒めてあげなければと思います。
でも、もう夏の試合は、やめておこうと思います。

あと今日は、モヤモヤしていた、二人の人を全面肯定できました。
どこかで読んだ本に、「恋愛はジェットコースターのようなもの」と書いてあったことを思い出しました。
まさに昨日言っていたことです。

それが、今日初めて、自分はそれを経験したかったということに気がつきました。
恋愛は、人生の基盤にはならないということを、身をもって、わかりたかったのだということに気がつきました。
それを、この二人が経験させてくれていたのです。

それは、自分を苦しめるためではなかったのです。
それは、自分が頼んで、演じてもらっていたということです。
もちろん、本人たちは、そんなつもりではありません。

これぞ、スピリチャル的見方だと思います。
何がいいかは、人間には、わかりにくいものです。
これも、何年もモヤモヤしていて、今日初めて気がつきました。

これも、自分を褒めてあげなければと思います。
もっと早くわかりたかったですが、何もわからずに、一生終わってしまったかもしれません。
自分にはわかりませんが、今日は、ベストのタイミングだったのでしょう。

目には見えませんが、一日、いろいろなことがりました。
映画では、派手な行いが起きますが、現実の日常は、そんなことはありません。
でも、今日のことは、自分の中では、映画の出来事以上のインパクトがあります。

そんなことを思うと、映画より、自分の人生の方が、面白いような気がします。
日常の小さことに、神が宿っています。
そこを感じれば、こんなエキサイティングな人生はありません。


# by human-space | 2017-07-30 22:23 | diary | Comments(0)
今日は、WOWOWで録画しておいた、ヨーロッパの有名な監督の映画を見ました。
「トリコロール 白の愛」とい映画です。
よくできていると思うのですが、ヨーロッパの歴史観と恋愛観がよくわからないので、最後、いまいち感動できませんでした。

見る前は、先入観がないように、できるだけ情報を入れないようにしていますが、見た後、よくわからなかったところを確認するために、ネットで、内容を調べたりします。
その中で、気になったのは、恋愛自体は純粋だが、それは、お金と性感なしでは成立しえなかった、というところでした。
確かに、この映画、いろいろな面白さはありますが、そういうところを描きたかったのだと思います。

そんなことを考えていると、恋愛は、素敵な感情ですが、普遍的な愛の前提がなければ、きびしいものになると思いました。
やはり、一番大事なのは、根源的な幸福感がなければ、嵐の中の小船のようになってしまうということです。
まずは、いつもやっている、目の前の小さな幸せを意識できるようになることが大事だと思います。

それができていれば、恋愛の感情はより素晴らしいものになるでしょう。
恋愛の関して、偉そうなことは言えませんが、今日の映画を見て、ちょっと、わかったような気がしました。
近頃、映画をできるだけ見るようにしていますが、これといって、なかなか思ったような映画が見れていません。

今回の映画も、映画が気に入ったというわけではなく、そこから学んだという感じです。
まあ、それだけでも、映画を見た価値はありました。
これからも、できるだけ、いい映画を見たいと思います。

# by human-space | 2017-07-29 19:26 | diary | Comments(0)