ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

相変わらず、負けた時の言い訳がましいのですが、負けた時ほど、その時の敗因が頭を離れず、練習に励みます。
それが、勝つと、試合の中で問題があっても、気にならなく、すぐ忘れてしまいます。
ですから、負けたほうが、強くなっていきます。

また、前に足が肉離れになった時、無理ができないので、しばらく力を入れずに、そっとやっていました。
それで、力を入れないで、テニスをするという感覚を覚えました。
それから、肉離れが治っても、力まずに、力を抜いて、テニスできるようになりました。

そんなことから、何がいいかはわかりません。
人間はすべてのことがわからないので、しょうがないのですが、そういうものだと、理解する必要があります。
ですから、否定的と思われることがあっても、いいように考えることにしています。

つまり、起きてくる現実がベストだということです。
いつも、そう思うようにしています。
もちろん、そうは思えないことも、ままありますが、どんなことも、できるだけ、いいように考えることにしています。

昨日も言ったように、外側の事象は、中立で意味を持っていません。
人間の頭の中で、勝手に意味をつけているだけです。
それは、常識や、今までに植え付けられた考えに基づいています。

でも、本当は何もありません。
それなら、いいように考えれば、気分も良くなります。
そういう癖をつけるようにしていきます。

長い間の、思い込みができているので、変えるの難しいですが、少しずつからでも変えていきます。
ともかく、変えていこうとしなければ、いつまでたっても変わりません。
目の前の、ちょっとしたことからです。

あまりに地道な作業なので、ぼつぼつやるだけです。
先のことを期待しないようにすることが、コツです。
地道が、一番の近道です。

# by human-space | 2017-05-12 20:15 | diary | Comments(0)
今日は平日で、休みではないので、いつもどおり朝早く起きたのですが、ふと、こんなことが浮かびました。
マイナスなことは、外側にあるのではなくて、内側にあるということです。
大体は外側が原因で、マイナスな気分になりますが、外側のことは、本質的な意味はなく、中立なものです。

それをただ、頭の中で、マイナスなことに仕立ているだけです。
自分の中の、今までに蓄えた知識から、その外側のことが、マイナスなことだと判断しているだけです。
ですから、マイナスなことというのは、自分の頭の中にあるということになります。

ということは、頭の中を変えるだけで、外側の同じことでも、マイナスなことではなくなります。
冷静になって考えてみれば、こういうことになります。
理屈上は、これで間違いないなずで、そうなると、マイナスなことは、ゼロのすることは可能なことになります。

ただ、現実的には、神様にならない限り無理でしょうが、少しでも、マイナスなことは減らすことができます。
毎日、ほんのちょっとずつでも、減らすようにします。
その小さなことが積み重なって、意識の変容が起こるかもしれません。

それはともかく、昨日も言ったように、期待をすることなく、淡々と地道にやっていきます。
目の前の小さなことからです。
この小さなことができずに、何ができるでしょうか。

# by human-space | 2017-05-11 22:26 | diary | Comments(0)
今日は、事務所のテニス同好会が復活しました。
4月に、幹事さんが転勤になってしまい、私が幹事を引き継ぐことになりました。
新しいメンバーが来てくれ、今日やってみて、何とかやれそうな気になりました。

今日は、何と言ってもこれが一番です。
テニスの上手な感じのいい人が、新たに来てくれたのがよかったです。
本当に、ありがたいことだと思います。

それにしても、何とかなるものです。
その新しい人が来てくれなかったら、多分やれなかったと思います。
今回は、外側にお任せでした。

自分でメンバーを揃えなくてはとか、頑張ろうとせず、自然体で準備していました。
そうしたら、自然に、適任の人がやってきてくれました。
うまくいく、いい流れだったのでしょう。

幹事として自分のやるべきことを、やればいいだけでした。
今回は、うまくいかなかったらしょうがないと、期待していなかったのがよかったのかもしれません。
昨日も言っていた、結果への執着を無くせていました。

結果への期待がなければ、焦ることがなく精神的に安定するので、その安定感が、外側にいい結果が現れてくるのでしょうか。
ともかく、日々、試行錯誤です。
いい経験を積み重ねることで、精神構造が、進化していくはずです。

# by human-space | 2017-05-10 23:17 | diary | Comments(0)
火曜日のテニススクールは、前半1時間がインドア、後半30分が外のコートになっています。
ですから、雨が降ると、1時間はできますが、後半の30分はできないので、フォームの撮影をして、コーチが解説してくれることになっています。
今日は昼過ぎからずっと雨で、外ではできませんでした。

それで、雨がなんとか上がらないかなあ、と思っていましたが、ふと、待てよ、雨だとマイナスに考えないで、雨の贈り物があるかもしれない、と肯定的な考えが浮かんできました。
その贈り物が、何だろうかと楽しみになりました。
我ながら、日頃の成果が出ていると思うって、いい気分になって、テニススクールに向かいました。

いざテニススクールが始まってみると、いつも通り淡々と進んで、何もなく終わってしまいました。
あの、雨の贈り物はどうなったん、という感じでした。
後で考えてみると、変な期待をしていました。

バシャールのワクワクの時によく言われていることですが、結果の執着をゼロにする、というのがあります。
基本的なことができていませんでした。
やることはやって、結果にはこだわらないというのが、基本的な考え方です。

雨でも、肯定的な考えになれたのはよかったですが、後がよくありませんでした。
なかなか、うまくいかないものです。
まあ、今の精神レベルでは、こんなものでしょう。

今回は、肯定的な考えになれただけでも、よかったというべきです。
間違いなく、マイナスな気分にはなりませんでした。
日々、試行錯誤です。


# by human-space | 2017-05-09 22:31 | diary | Comments(0)
今日から、連休明け、仕事始めです。
いきなり仕事が入り始めて、ちょっとバタバタしました。
それでも、昔に比べると、調子は悪くありません。

そんな中、私の注意が足りないことがあっても、周りが知らせてくれます。
また、前に気になる人がいましたが、その時、いいように考え直していました。
その人が、今日は私の仕事をフォローしてくれました。

おかげで、だいぶん楽になりました。
今日は、周りが助けてくれました。
外側が、味方してくれている気がしました。

内側をクリーンにしておこうとしたことで、外側が影響されたのでしょうか。
もちろん、たまたまかもしれませんし、今は、本当のことはわかりません。
でも、このやり方でいいと思っています。

いろいろな体験を積み重ねることで、確固たるものになっていくのでしょう。
ともかく、目の前のことを、一生懸命やっていくだけです。
基本的には、死ぬまでこのスタンスです。

# by human-space | 2017-05-08 20:56 | diary | Comments(0)
連休最後の休日、テニスの試合は昼からなので、朝ゆっくり二度寝をしました。
仕事の夢を見ました。
仕事の内容的には、論理的なものでしたが、もう死んでいる人も出てきたりして、あまり気持ちのいいものではありませんでした。

そこで、起きるまで、いつも通勤の時に言っている「今が一番幸せ」を、心の中で唱えました。
そしたら、だいぶん落ち着いてきました。
自分の感情を起きるままにするのではなくて、積極的に選択をしていきました。

感情は、起きるままにしてると、とんでもないことになってしまいます。
気持ちのいい時はそのままでもいいですが、逆のことの方が多いので、修正しないと、いつも気分が優れなことになります。
それで、今日のように、意識して、感情を変えていきます。

今日のように、「今が一番幸せ」と言っていると、それに関連したような想念が浮かんできます。
そんなに幸福感があるわけというではありませんが、それなりの効果はあります。
昨日も言ったように、内側の感情がよくなってくると、外側もいいようになるはずです。

起きてくる感情をコントロールできませんが、起きてきた後どうするかは、コントロールできます。
日頃から、地道に調整する必要があります。
ちょっとした感情が調整できなくて、ここ一番に何とかしようと思っても、できるはずがありません。

今日のテニスの試合、最後まで、気持ちのコントロールはできました。
ここまで冷静でいれると、勝てると思ったのですが、ちょっと足りませんでした。
残念でしたが、得るものはありました。

試合前は緊張気味だったのに、途中から集中できました。
ちょっと、遅かったかなあ。
ともかく、内面がしっかりしていたのは、収穫でした。

# by human-space | 2017-05-07 19:26 | diary | Comments(0)
外側は、体で直接作用していますが、内側を通じて、影響しあっているのは確かです。
外側の情報が、思いとして伝わってきたり、内側の思いが外側に現れてくるものと思われます。
それなら、内側をキレイにしておかないと、外側がよくなるはずがありません。

ですから、意識して、内側をクリーンにしておきます。
内側に沸き起こってきた想念は、自分では、もうどうしようもありません。
良きにつけ、悪気につけ、感じるしかありません。

ただ、マイナスな想念は、内側に長居をさせないようにします。
そのマイナスな想念に、賛同しないようにします。
感じたら、受け流したり、修正したりします。

今、こんな想念が起きてきたけれども、本当はそうではないんだ、などと考え直します。
前に遅いトラックがいて、イライラしてしまったら、「お仕事ご苦労様」と思い直します。
思い直した途端、左にウインカーが出て、避けてくれたこともあります。

もちろんたまたまかもしれませんが、内側が外側に影響しているようです。
朝通勤の車の中で、「今が一番幸せ」を連呼しているのもそんなことです。
脳の中を、意識的に幸せ状態にしています。

そのせいかどうかわかりませんが、この所、とんでもなく酷いことは起こらないようになりました。
ともかく、内側をキレイにしておくようにします。
そうでなければ、外側に起こることを、言う権利はありません。

# by human-space | 2017-05-06 19:27 | diary | Comments(0)
iWatchは、電話がかかってくると、振動で教えてくれます。
昨日、子供の帰りが遅くなるので、迎えに行く予定になってました。
待っている間、パソコンの音楽を聴いていました。

その時ふと、風呂上がりで腕につけていなかったiWatchをつけたらという思いが浮かんできました。
思いついたら、即実行と思っていますが、何故かしませんでした。
そのあとすぐ寝入ってしまい、迎えの電話を取ることができませんでした。

結局、家の者に起こされ、迎えには行きましたが、あの時iWatchをつけたら、振動で気づいていたでしょう。
相変わらず、いつも言っていることができていなくて、情けない限りですが、今日ふと思うことがありました。
それは、外側と内側はつながっているということです。

そして、脳を介して、その情報は伝わってきます。
スピリチャル的に言うと、外側には、時間もなく、一度にすべてのものがあります。
人間は、一度にすべてのものを認識できなく、一瞬でしか認識できません。

その一瞬一瞬の繋がりが、時間という仕組みだと思います。
次の瞬間に何が来るかは、因果の法則でだいたい決まってくるのでしょう。
その先の情報を、キャッチしたのでしょうか。

今回は残念ながら、有効利用できませんでしたが、こういったことを考える場を得ることができました。
外側と内側はつながっていて、相互作用しています。
あの時、iWatchを腕につけていたら、ちょっと違う現実になっていました。

外側は、人間では、完全にはコントロールできませんが、ある程度は、制御できます。
当たり前のようなことですが、内側と外側がつながっているということに、意識的になるということが大事だと思います。
それは、外側が、自分の一部でもあるということです。

そういう意識が強くなってくれば、外側を自分の一部として、大切に思うようになってくるのではないかと思います。
外側と内側が一体になれば、それはまさに神です。
そこまでいくことはないでしょうが、少しでもその割合が上がればいいのではないでしょうか。

そうなれば、外側にひどいことをすることもなくなるでしょう。
外側に、イライラすることも減ってくるでしょう。
今はまだ、その一体感はほとんどありませんが、それを意識するようにすることで、少しでも上げればと思います。

と言っても、やり方はわからないので、今回のように何か起きた時に、意識して、体験を積み上げていくだけです。
ともかく、焦ってできるというものではないので、地道にやっていくしかありません。
テニスのフォアも難しいですが、こんなことは、普通の人間の想像を超えています。

# by human-space | 2017-05-05 19:17 | diary | Comments(0)
連休は、特に出かける予定もなく、テニスをしたり、草抜きをしたり、ゴロゴロしたり、大したことはありません。
まあ、これが、いつもの連休です。
ちゃんとカレンダーどおり休めるだけでも、ありがたいと思わなければいけません。

わかってはいるのですが、人間とは面倒臭い動物で、何か有意義なことをしないと、何か不足を感じてしまいます。
無理やり何かをやって、穴埋めをするという方法もありますが、それが、いいこととは思えません。
この心の空白を埋める方法として、ディテールに意識を向ける、というのがあります。

日常の小さなことを、常に意識していると、そこから満足感を得られます。
今日も大したことはありませんでしたが、こんな天気のいい日にテニスができたというのが、まず素晴らしいことだと思います。
そこで、知り合いから、フォアの打ち方の有意義なアドバイスを受けたことや、朝はカレーうどんを食べたことや、テニスのソックスを買ったことなど、考えてみれば、何かあります。

そんなことを思っていると、これでもよかったかなあと思えてきました。
人生とは、こんなものです。
特別なことが起こることもあるでしょうが、そんなに頻度にあることはありません。

大多数は、平凡な日です。
それら全てが、大したことがなくて、マイナスなことだとしたら、ずっと下を向いていないといけないことになります。
そんな人生では、たまりません。

神は細部に宿る、です。
それにこそ、真実があります。
日常の、小さなことに意識を持って過ごすようにします。

基本、これです。
ひょっとしたら、これが天国なのかもしれません。
昨日も言ったように、ちょっと考え方を変えるだけで、世界が変わります。

# by human-space | 2017-05-04 18:48 | diary | Comments(0)
昨日のプレゼン絡みの仕事の件、ほんのちょっとした考え方を変えただけで解決しました。
ちょっとした魔法のようです。
その考えは、ずっと考え続けていた考えの、すぐ隣にありました。

それでも、ずっと気づきませんでした。
ちょっとしたきっかけで、気づくことができました。
神様が、閃かしてくれたのでしょうか。

そのちょっとした考えの違いで、世界は開けた感じでした。
天国はすぐ隣にずっとあるのに、全然気づかずに、ジタバタしているかのようです。
その天国の入り口は、ずっと開いていて、そちらに向きさえすれば、気づくことができました。

それがなぜか、見ているようで、全然見えていませんでした。
不思議なものです。
ふと、この現実も、同じようなものではないかと思いました。

ちょっと考え方を変えれば、天国のような気分になれるのに、過去の考えかたしかないと思ってしまい、それに気づかずに、ジタバタしてしまっているのではないかと思います。
うまくいかないと思うことがあれば、立ち止まって、何か他の考え方はないかと、思い直すことです。
パッとは思いつかないかもしれませんが、思考を巡らしているうち、何か思いつくかもしれません。

ともかく、考えてみること。
どんなたいへんな時でも、天国はすぐ隣にあるはずです。
この世界は、神以外絶対的なものはなく、相対的なものなので、考えようによって変わります。

ようは、自分の考え次第です。
楽しくありたいなら、そう考えることです。
それは、いつでも自分で決められます。


# by human-space | 2017-05-03 19:43 | diary | Comments(0)