ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

今日のテニス、出て行く直前に雨が降り出して、中止になってしまいました。
木曜日は、コーチがコートを取り損ねて、この時も出来ませんでした。
この前の火曜日に、自分のフォームのビデオを撮ってもらい、修正点がわかって、早速練習したいと思っていたところでした。

なかなか思ったようにはならないものです。
でも、こんな時もいいように考えることにしています。
木曜日は、しょうがなく、張り替えてもらったラケットを取りに行っただけなのに、花粉で、目が真っ赤になってしまいました。

このとき、1時間半もテニスをしていたら、目が見えなくなるほどだったかもしれませんでした。
今日も、ガソリンを入れにちょっと外に出ただけで、ひどいくしゃみが出ました。
今花粉が最盛期のようです。

今日は、天気が良く大丈夫そうだったのに、突然の雨です。
今は、花粉がひどいので、神様が外に出ないようにしてくれているのでしょうか。
足も、昨日、ほんの軽い肉離れのような、痛みがありました。

今は、家でおとなしくしているのが、いいようです。
気持ち的には、テニスがしたいのですが、宇宙的には、テニスはしない方がいいということでしょうか。
ともかく、外がに起きていることがベストなことだと思うようにします。

そうすれば、いつも気持ちが下がることはありません。
何かわからないけれども、これでいいと思うようにします。
今のままが一番いいということです。

# by human-space | 2017-04-15 20:18 | diary | Comments(0)
昨日、外側に助けられているような感覚があったので、今日は、再び、「外側を信じる」を、意識しました。
外側のことに、イライラしないよう、どんなことがあっても、自分のために起きているんだと、言い聞かせるようにしました。
おかげで、一日、まずまず平穏でいられました。

もちろん、ちょっとしたイライラはしょっちゅう起きます。
でも、気持ちを切り替えることで、イライラが助長しないよう、長引かないようにしました。
これくらいでいられらなら、上出来です。

これからも、「外側信じる」を意識していきます。
こういう習慣がなかったので、すぐ忘れやすくなります。
でも、思い出しては、意識するようにします。

「外側を信じる」が意識できている時は、心が安定しています。
でも、焦らず、少しずつです。
焦っても、ずっと意識していけるわけがありません。

無理せずやっていたら、そのうち、無意識でも意識しているようになってくるでしょう。
その時、どんな気持ちでいれているのか、楽しみではあります。
世界との一体感が、得られているのでしょうか。



# by human-space | 2017-04-14 20:41 | diary | Comments(0)
日常の、ちょっとしたことばかりですが、外側のことが、自分の助けになっている気がしています。
あまりにも、チマチマしたことなので、具体的に書きづらいですが、自分のために起きているみたいです。
ありがたいと思わなければいけません。

この頃あまりやれていませんが、「外側を信じる」ができてきているのでしょうか。
こんなことがあると、ほんのちょっとですが、自分と外側が、ダイレクトに繋がっている気もします。
こういう、ちょっとした体験が大事なのではないかと思います。

そういう体験を繰り返しすることで、脳のシナプスの配列が変わり、意識が変容するのかもしれません。
こういう効果を、あまり期待するわけではありませんが、少なくとも、いい方向に変わっていくことは間違いありません。
ともかく、やるべきことは、体験を積み重ねることです。

意識するのは、ただ目の前の一つです。
後は考えません。
そのうち、気がついたら、こんなになっていたというのがいいように思います。

今日は、外側が助けになっていると思うようなことが、4つか5つかありました。
自分の意思を超えた、宇宙の力が助けてくれているような気がします。
それに、ゆだねていれば、いいのでしょう。


# by human-space | 2017-04-13 20:14 | diary | Comments(0)
少し前に、ふとバシャールを読み返しました。
といっても、付箋をつけていたところを確認しただけです。
その中で、「ゆだねる」というところが気になりました。

バシャールが言うには、「ゆだねる」というのは、放棄するのではなく、「すでにコントロール済みのよいことを、現実に表す」ということでした。
こんなことは、普通の人間では、絶対出てきません。
全く別の世界にいる人でしょう。

人生は、この意味で、「ゆだねる」ていればいいことになります。
個人的には、運命にゆだねるということかなと思います。
いつもの、目の前の細部に意識していればそれでよく、あとは、「ゆだねる」ていればいいということではないかと思っています。

何かしなくてはと、あまりアクセクしすぎなくてもいいということです。
目の前のことさえ、しっかりやっていれば、あとは神様に任せておけばいいということでしょうか。
ちょっと、いい加減のような気もしますが、こういうことだと思っています。

毎日、生きていくスタンスは、こういうことだと思います。
神様になると、完全に、「ゆだねる」ことができるのでしょう。
人間は、さすがに完全にはできませんが、こういう意識は持っているようにします。

# by human-space | 2017-04-12 20:32 | diary | Comments(0)
今日のテニススクールは、最初の1時間がインドアで、後の30分は、外のコートになります。
よって、雨が降ると、後半はできなくなります。
雨量レーダーを見ると、雨雲は過ぎているはずですが、ずっと雨で、外でできなくなりました。

こんな時は、コーチがビデオを撮ってくれ、フォームを解説してくれます。
自分のフォームは、いつも、見たいやら、見たくないやらです。
確認したい反面、見ると嫌になって、テニスをしたくなくなります。

毎度のことですが、我がフォームを見てみると、どこが錦織やねん、と思います。
思っていることと、やっていることが全然違います。
嫌になりますが、今回もコーチが、修正点を指摘してくれました。

フォアとサーブの映像でしたが、特に、フォアの指摘は、的を得ていました。
これで、今までしっくりきてこなかったフォアが、格段に良くなりそうです。
そう思うと、今日は恵みの雨となりました。

自称晴れ男ですが、今日のような、必要な雨は降ってもいいです。
これで、ある程度フォアが完成するのではないかと思っています。
そうできると、すごく嬉しい!

明後日、またテニスができるので確認します。
待ち遠しいです。
ここを越えると、テニスも今年のスキーのように、吹っ切れそうです。


# by human-space | 2017-04-11 23:12 | diary | Comments(0)
思いついたことを、すぐ口に出せなかったり、思い立ったのに、即行動しなかったり、まだまだ動けていません。
これは、日常の小さなことばかりで、直接的な影響はほとんどなさそうですが、動くクセをつけておかなければ、いざという時、動けない恐れがあります。
日頃から、できていれば、肝心な時に、すぐ動けるはずです。

また、そうして動いているうち、自分の中と、外側が一致する感覚が生まれてきそうです。
これが一番大事なことかもしれません。
内側の感覚と、外側の現実が一致するようになってくるのではないかと思います。

今はまだそんな感覚はありませんが、思いと外側の現実が一致すれば、一体感を得ることができます。
これは、日頃からの、ちょっとしたことの積み重ねが大事です。
この積み重ねが、大いなる感覚につながってくるのだと思います。

ですから、油断してはいけません。
日頃から、思い即行動を実行していくことを、意識してやっていきます。
これは、頭で考えすぎないことです。

どうしても、それはやらないほうがいいと、頭で考えてしまいます。
思いついたら、即行動。
考えないです。



# by human-space | 2017-04-10 20:57 | diary | Comments(0)
今日は、春の目標としていた、市のテニス大会でした。
初戦、さすがに体が動かなくて、1-4とリードされてしまいました。
これはお互い様なので、言い訳にはなりません。

そこから、ふと、フォアの打ち方が浮かんできました。
それで、フォアが打て出し、5ゲーム連取で勝つことができました。
神様が、頑張れと教えてくれたのでしょうか。

感謝はしていますが、今回は、自分が頑張ったと思います。
毎日、ウォーキングのとき、素振りもしていますが、フォアの打ち方を意識しながらやっています。
試合になると、いつも頭の中が真っ白になってしまいますが、毎日、意識してやっていたので、その成果が出たのだと思います。

ですから、今回は、自分を褒めてあげたいと思います。
よく頑張りましたが、2回戦は、シード選手に当たって、あっさり負けてしましました。
でも、かなり厳しい大会なので、1回戦を勝てただけでも、よかったと思います。

今回、自分が日頃頑張っているご褒美だと思いますが、フォアの打ち方が浮かんできたのは、その時、宇宙と繋がっていたのでしょうか。
わかりませんが、勝つためには、あのタイミングがよかったのかもしれません。
やはり、神様が勝たせてくれたのかもしれません。




# by human-space | 2017-04-09 16:41 | diary | Comments(0)
この頃思っている、普通でいられることが幸せと思える心は、人生を生きていく上で、一番の宝だと思います。
この心さえあれば、一生、幸せな気持ちを忘れずにいれます。
お金は、無くなれば幸せになれませんし、あったからといって、幸せになれる保証もありません。

実際、幸せでないお金持ちの人は、大勢いると思います。
食べれて、歩けて、普通に生活していけるだけで、幸せだということです。
それはもう、間違いありません。

そう思えるかどうかです。
偉そうなことを言って、私も強く思えているわけではありません。
何となく思えている程度です。

それでも、時々は、これで本当に幸せなんだと思えます。
生きていく上で、この気持ちが一番大切だと思います。
人生では、色々なことがありますが、この気持ちが基盤にあれば、うまくやれるはずです。

人生は、この気持ちだけでもないのも事実です。
何か成し遂げなければと、思う気持ちもあります。
それに向かって、ジタバタするのも人生です。

でも、心のどこかに、この気持ちさえあれば、バランスを崩さずに、うまく生きていけるでしょう。
何となくではありますが、この気持ちの感覚がわかっただけでも、ありがたいです。
もう人生大分過ぎてしまいましたが、あと残りを、この気持ちを忘れずに生きていきます。



# by human-space | 2017-04-08 19:35 | diary | Comments(0)
今日のネットのニュースにあった、フリーアナウンサーで、小林麻央さんのお姉さんの、小林麻耶さんのインタビューの中の言葉です。
まさに、昨日言っていたことです。
真央さんの乳がんの看病などで、体調を崩していた時に感じたそうです。

歩ける、電車に乗れる、朝起きられる、お水を飲める、ご飯を食べられる、これがどれほど幸せなことかわかりました、と語っていたそうです。
それらを失って初めて、その有り難さがわかることになります。
それだけでも、充分良かったことになりますが、できれば、そういう体験をせずにすむ方がいいです。

ですから、今普通にできているとき、有難いと思って、感謝するようにします。
そうすれば、これらを失うという大変なことにならずに済みます。
そうでなければ、失って初めて、わかることになります。

このことは、今は間違いなくそう思っていますが、残念ながら、すぐ忘れてしまいます。
本当に、我ながら、アホだと思います。
こんな大事なことを、忘れてしまいます。

つまらないことで、不平不満を言っている時は、まさにそれです。
忘れていなければ、そんなことを言うはずがありません。
今度こそ、必ず忘れません。

どんな時も、頭の片隅には残しておきます。
そして、何かあったらすぐ思い出します。
それなら、もう不幸だと思うことはありません。


# by human-space | 2017-04-07 20:49 | diary | Comments(0)
昨日言っていいた、ないことでなく、あることを見るということが大事です。
これが見れるかどうかで、幸せかどうかが決めると言っていいと思います。
あることを見れる人は、幸せになれるでしょう。

ないところばかりに意識が行く人は、なかなか幸せになれないと思います。
理屈を考えてみれば明らかです。
ようは、実際にそう思えるかどうかです。

こんなことを言っている私も、このことをすぐ忘れてしまって、不平不満を言ってしまうことがあります。
あることが見れている人は、不平不満は少ないでしょう。
逆に言うと、不平不満が起きてる時は、あることが見れていない時です。

自分も気をつけなければと思います。
あることがちゃんと見れている時は、心も平穏でいれています。
ともかく、そういう癖をつけることです。

これは、簡単なようで、なかなかできません。
地道に繰り返してやるしかないです。
普通の人間では、ずっとはできません。

忘れては思い出し、忘れては思い出し、それを繰り返しているうち、だんだんと身についてくるでしょう。
焦らず、根気良くよくやっていくだけです。
やっているうち、自然と思い出すことになればいいです。

# by human-space | 2017-04-06 20:32 | diary | Comments(0)