ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

外側が完全だというのと、外側は自分が創造しているという感覚です。
どちらも手が届くような気がしてきました。
ちょっと先が見えてきた気がします。

この二つがそろうと、平穏で豊かな人生が送れます。
これこそこの世界を生きるための道具です。
この道具を使えば、いろいろとやれます。

外側が完全だと思えれば、どんなことが起きても問題はないことになります。
問題とは思わないので、心が乱れません。
つねに平和な気持ちでいれます。

心をつねに見張っていて、外側のせいにしようとしていたら修正していきます。
日々やっていきます。
気長に心の変化を楽しみながらやっていきます。

外側は自分が創造しているという感覚は、実はまだピンときていません。
理屈ではわかっているつもりですが、いまひとつ実感がありません。
ちょこちょことしたケースはありましたが、まだこれといったものがありません。

イメージして、それが現れてくる。
このようなことが、ポンポンと起ってくるそんな感じでしょうか。
こうなると人生おもしろいでしょうね。

この感覚も得ることを選択したので、いずれ体験することになります。
どういうふうになるのかはわかりません。
気長に内側と外側を見張っています。

そして今は二つの言葉で表していますが、実際に体験するとこれをひとつの言葉で表せるようになると思います。
物理学である統一理論のような感じですね。
今はまだ全体がはっきりと見えていないので、部分的に考えています。

あれやこれやの言葉で何とか言おうとしています。
部分部分を説明しています。
まだ全体が見えていないからですね。

人によってはある日いきなり全体が見えることもあるのでしょう。
ふとすべてのことがわかってしまうのでしょう。
でも人として生まれたのは、その過程を体験するためだと思います。

今日これがわかった、今日こんなことができたと、その過程をひとつひとつ楽しむためではないかと思います。
ですからいっきにいかないほうがいいのかもしれません。
そのほうが楽しめるのかもしれません。

何か結果は準備されているような気がします。
いずれそうなっていくのだから、今を楽しんでおきなさいよ、といわれているようです。
わからなかったことがわかった! という体験は今だからできるのですよ、といわれているようです。

今できないことを、有り難がることです。
今わかっていないことを、有り難がることです。

できたとか、わかったという体験ができるのですから。
これはもうわかっている神さまには味わえない体験ですよね。(^^;
やはりこれが人間に生まれた訳ではないでしょうか。

ほんとうはわかっているのに、わざわざわからないようにしているのです。
このことを体験したくて。
わからない、できないことを楽しむ、こんな余裕でいきたいですね。
# by human-space | 2005-01-18 21:33 | policy | Comments(0)
外側は完全である、とすればです。
そうすると、何か問題があれば外側ではなく内側に問題があるということになります。
そして内側に対処すればいいだけになります。

何か気になることが浮かんできたら、まず外側は問題ないと決めます。
誰がどう見ても外側のものが悪いと思えるときもです。
そしてそんなことが浮かんできたのは、自分の内側に何か思い込みがあると考えます。

自分が今まで正しいと信じてきた人生観があやしいです。
小さいころから持っている正義感とかもです。
このたぐいはくせ者です。

これらは自分の正悪の判断基準になっています。
そしてこれは正しいと信じ込んでいます。
でもこれも冷静にみると、たまたま自分が信じ込んでいるただの価値観です。

絶対的なものではありません。
これを強く握っていると、どうしても内側のこれが正しいもので、外側が間違っているということになってしまいます。
このことはわかっているようで、いつの間にか昔のこういう思考パターンに陥ってしまいます。

わたしも長い間わかっているようで、これにはまっていました。
気がついたら、外側のもののせいにしています。
いつの間にか自分の正義感から判断してしまっていました。

このことに気がつくためには、外側は完全であると思い込んでしまえば、どうしても意識が内側に向かうので気がつきます。
じゃあ内側のどこが問題なんだろう、と考えます。

この自分が小さいときから持っている価値観(正義感)を変えるのは、なかなか大変です。
自分の中の正義の味方を否定するようなものですから。
わたしもやっと変えられつつあります。
何かあった時、内側に意識が向くようになってきました。

それでやっとこの前、過去を精算できました。
自分の正義感にあわなくて否定的だと感じていたことが、マイナスなエネルギーとして自分の中に溜まっていました。
これが外のものと過剰に反応していました。

このおかげで激しい感情が起って大変なめあっていました。
どうしようもなくなって、このマイナスなエネルギーが抜けることを選択したところ、いつのまにか抜けてしまいました。
それでもう過剰な反応はなくなりました。

このように自分の価値観(正義感)を強く握っていると、自分が正しいと思い込んで外側のものが悪いと思えてしまいます。
これに対処するには、自分の価値観(正義感)をちょっとゆるめてやればいいのです。
こうだと思い込んでいるものを、こうでなくてもいいんだ、と思い直せばいいのです。

この物質世界は相対的な世界ですから、絶対的なことはありません。
そう思い込んでいるだけです。
それは小さいことから思い込んでいるので絶対のような気がしますが、そんなことはないのです。

外側のもの悪いと感じたら、自分の内側にどういう価値観(正義感)を持っているか知るチャンスです。
進化するチャンスです。
このとき自分の内側を修正することができれば、ひとつ上に行けたことになります。

直接的にはストレスを溜め込まずに済んだことになります。
それはただ自分の内側を変えてやることできます。
外側のことは関係ありません。

自分の内側だけでできるのです。
これをこつこつやっていって、外側のことがすべて悪いと感じなくなったら、心の中は完全に平和になります。
このようになれば、いわずとしれた神意識ですね。

なにか人ごとではないような気がしてきました。
自分にも可能性があるような気がします。
そしてすべての人にも。
# by human-space | 2005-01-17 22:15 | policy | Comments(0)
一週間で早くも達成してしまいました。
なんか拍子抜けするくらいです。

低炭水化物ダイエットといっても、ようは夕食にご飯を食べないようにしているのがメインです。
お菓子類も意識して食べないようにしているのは夜だけです。
あとは普段どおりです。

ご飯を雑穀に変えていたせいか、ご飯を抜いてもあまりつらくありません。
おかずだけでもけっこうお腹いっぱいになります。
今までと違うのはお腹いっぱいだけども、腹はすっきりしている感じです。

今までがちょっと食べ過ぎていました。
これでちょうどいいと思います。
あと前より空腹感があるので、ご飯がおいしく感じられるようになりました。
これは思わぬ収穫ですね。

これらのダイエットも自分から始めたのではなく、家のものの勧めで始めました。
ですからすごく協力してくれて、とてもスムーズにできました。
自分もあまり無理をしないで、わりと楽にできました。

なんか宇宙がセットしてくれたという気もします。
どうもおなかのぜい肉がみるに耐えないようになったので、やせることを選択しただけです。
これは今までいっていた、まずイメージして、具体的な実現方法は宇宙に任せておく、ではないかと思います。
これをやろうと自分で考えて、どんどんやっていったというのではありません。

あとマイナスなエネルギーが抜けているというのもそんな感じです。
このブログで去年の12月5日に「内に溜まっていたものを精算することを選択する」と、このときただ選択しただけで、あと具体的には何もしていませんでした。
特にこのためというのではなく、全体的な進化のためにそのときできることをぼちぼちしていただけでした。

最近気がついたら、いつのまにかマイナスのエネルギーが消えていました。
具体的に何もしていないので、どうしたらそうなるのかわかりません。
他の人に参考になればとこのブログで書いておきたいのですが、書きようがありません。

今日もちょっとごちゃごちゃしたことがありましたが、ほとんど気になりませんでした。
どうも間違いないようです。
だいたい思っていたとおりになっています。

ただ選択(イメージ)するだけで、あとの具体的な手段は宇宙に任せておく、これが徐々にやれつつあるようです。
といっても生活全体から見ればほんの一部です。

これからはもうあまりジタバタしたくありません。
若いころではないので、どうしてもというのがないのもあります。
ただこれはすぐに現れない場合があるので、ある程度しんぼうがいります。

これが普通に実感できるようになれば、この世界を創造しているというのが実感できるということです。
そうすれば神の意識を実感していることになります。
これはすごいことですよね。

これからできるだけ自分からジタバタしなようにします。
そうでないと今までと同じになります。
といってもあまり無理をせず、その時の状況に合わせて適切にやっていくつもりです。
まだ慣れていない新米ですから。
# by human-space | 2005-01-16 17:23 | diary | Comments(0)
一昨日ちょっと書きましたが、もうちょっと広範囲に抜けているようです。
別のちょっとしたことでも、ムッとした感情が起りませんでした。
ああまただと心の表面で思っても、それだけで、今まで起っていた激しい感情が起ってきません。

心がからっぽとかいいますが、そんな感じです。
今まであったものがなくなったので、ちょっと違和感があります。
いいことなのですが、ちょっと変な感じです。

もちろん怒りの感情がぜんぜん起らなくなったわけではありません。
これだけでも感情の起伏が減ると楽です。
過ごしやすくなります。

正月のかぜの間に抜けたのでしょうか?
よくわかりませんが、時間的にはそうなります。
マイナスなエネルギーを放出するために、かぜの症状が現れたのでしょうか?

ともかくこれはいいです。
どこまで広がっているかはわかりませんが、この感じではけっこういけそうです。
元からはげしい感情が起らないので、意識してコントロールしなくてもいいのです。

今までは感情の対処法を考えてきました。
でも元から起らないのが、これこそ究極ですね。
といってももちろん感情のすべてではなくて、内に持っているマイナスなエネルギーに反応する一時的な激しい感情のことです。

これが起らないだけでも、だいぶん楽になります。
まだ気にし始めたばかりなので、どれだけうまくいっているか見ていきます。
やはりまずは想念観察ですね。
# by human-space | 2005-01-15 10:09 | diary | Comments(0)
になりつつあります。
というか、もう心配はしないことにしています。

といっても、不安や恐れの想念はしょっちゅう起っています。
たぶん人より多いくらいかもしれません。
それでも心配はしません。

何かの拍子に、不安や恐れの想念が突然起きてきます。
そんな時はだいたい、外側のことに内に持っているマイナスのエネルギーが反応しただけです。
自分の中のほんの一部の反応です。

一瞬はほんとうに不安になりますが、慌てずにちゃんと感じてやったら、消えていきます。
消えてしまったら、あとはほとんど気になりません。
これはちょこちょこ起きます。

あとどんなことも外側に起ることは完全である、という視点から考えると心配する必要はなくなります。
だって完全なことしか起らないのですから。
もしそう感じないのなら、自分の内側に原因があることになります。

外側に心配の種があるのではなく、内側に思い込んでいる価値観に問題があります。
直すのは外側の心配の種のほうではなく、内側です。
ですからすべきは内側の価値観の対処であって、それをしないで心配したって何にもなりません。
何も変わりません。

まずは心配しない。
そして内側の対処です。

外側はいつも完全なことしか起らないのでもともと問題ないんだ、と思うだけで気にならなくなるときもあります。
何かあってもそれは完全なことなので、そのとき内側に対処すればいいや、と思うこともあります。
ともかく何か心配があるときは、外側に起ることは完全であるという視点から考えることで問題がないと思うようにします。

それで頭がすっきりとすれば、それでOKです。
内側でうまく対処できています。
エネルギーの解放ができています。

内側がよくなってくると、外側は自然にそれにあってくるようになります。
そしていつの間にか問題はなくなっています。
それがほんとうの問題解決の方法です。

最近あまり考えなくなってきました。
ですから心配もあまりしなくなりました。
いまは目の前の想念の対処だけをしてます。
# by human-space | 2005-01-14 21:45 | diary | Comments(0)
きょうも特にたいしたことはありません。
特別うれしいこともないかわりに、つらいこともありません。
ちょっと複雑ですが、ともかく観察していきます。

そんな中きょうは、外側は完全であるを意識してみたり、仕事のちょっとしたトラブルをなんとかうまくやれたり、テニスがいまいちだけど楽しくやれたりといったことがありました。
でもきょうの一番はこれです。
ほんと些細なことですが、確かな変化です。

仕事から帰ってきて、しばらくしたら灯油が切れてかけてしまいました。
しょうがなく寒いなか車庫まで灯油を入れにいって、いっぱいになったのでふたをしめようとすると、ふたのねじがななめにかみ合ったまま動かなくなりました。
どんなにねじって戻そうとしてもびくともしません。

いやいややっているときにこんなことが起ったら、今までなら間違いなくカッーとなっていました。
表面には出さなくても、心の中では怒りが起きていました。
くそーまただ、とは思ったのですが、あとなぜか怒りの感情が起ってきません。

自分でも拍子抜けするくらいです。
変な感じのまま、道具箱のなかの道具をいろいろ試してみて、結局ふたをたたいたら簡単に外れました。

これは明らかに前とは違います。
確かによくなっています。
といっていうまでもないとは思いますが、怒りの感情が起きなくなったわけではありません。
車の割り込みに対しては、相変わらずブツブツといっています。

溜め込んでいたあるマイナスなエネルギーが抜けたのかもしれません。
そのためにこの出来事に対して反応しなくなったのでしょう。
小さいことからコツコツと、ということでしょうか。
# by human-space | 2005-01-13 23:14 | diary | Comments(0)
近頃朝起きたとき、夢の内容を覚えておけるようになりました。
といってももちろん一部で、ぜんぶ隅から隅までとはとてもいきません。
それまではほとんど覚えていられませんでした。

きのう夢を見ている時はっきりとはしていませんが、夢を見ているという自覚がありました。
夢なのによくできているなあ、と思って周りのものをよく見ると、そこがズームして鮮明に見えてきます。
よく見ると鮮やかさが現実以上だと、そのとき思いました。

質感が現実と同じくらいで、色合いが現実より鮮やかだったので感心しました。
残念ながらそれ以外のことは思い出せないのです。
何故かここだけが割とはっきり覚えているのです。

見た印象を覚えているだけで、何を見たのかは思い出せません。
ストーリーも全然思い出せないのですが、夢にしては珍しく話が一応完結したと思います。
それで安心してもう一度寝てしまいました。

ほかに未だに覚えているのもあります。
レコーディングスタジオの待合室のようなところで、レコーディングしているところをモニター画面で見ていたら、突然いかりや長介がドアから出てきて、目が合ってしまい私は何故かにが笑いをした、とうのがありました。

この物質レベルでは、思いが現実化するにはある程度時間がかかります。
死んだ時のような魂だけのレベルでは、思いが即現実になるみたいです。
夢も物質的な縛りがないので、よい魂のレベルに近いと思われます。

物質的縛りがないぶん、より自由に考えられるので本来の自分に近くなります。
それでバシャールは「現実が夢で、夢が現実」といっていたのかもしれません。
夢を自由に変えられるようになると、夢と現実が同質になって混ざりあい、ひとつになるというのを聞いたことがあります。
# by human-space | 2005-01-12 21:44 | diary | Comments(0)
偶然といえば、それで終わりそうなものばかりです。
でも本人としては、ちょっと気になります。

1.体重が54k台に突入。

春頃は人生ピークの60k台だった体重が、体操をして秋に55k台までになりました。
それから目標の53k台を目指して、ごはんを雑穀にしたりしてやったのに全然減らなくなって行き詰まってしまいました。
今年になってテレビでやっていた低炭水化物ダイエットをやろうと、昨日の夜のご飯を抜いたら、あっさり54k台に!
(だた晩ご飯を抜いただけといえなくもありません)


2.初めて待たずに信号が抜けれた。

朝の車通勤でこの1年間ずっと必ず引っかかる信号があります。
2回待つことはありましたが、そのまま通れたことはありませんでした。
それが何故か、するするとぎりぎりでしたが引っかからずに抜けれました。
(右折する信号で、平日なのに何故か対向車が全然いない)

3.かかった曲の半分がEL&Pの曲だった。

いつも昼休みはiPodで音楽を聴いているのですが、だいたい10曲くらいは聞けます。
iPodのシャッフル機能で入っている1300曲の中からランダムにかかるので、何がかかるかその時でないとわかりません。
(これが楽しみで1年近くずっと続いています。まあよく寝ていますが(^^;)
きのうEL&Pという古いロックグループのDVDを見ていて、それのイメージが頭の中に残っていたのか、今日はそのEL&Pの曲が4、5曲もかかりました。

今年は、去年種をまいた内側のものが外側に現れてくる年と思っていますが、今日はこんなところです。(^^;;
今年の正月からまだ内側の変化が起こっていて、まだまだ変わっていくのかもしれません。
内も外もちょっと気にしていきます。
# by human-space | 2005-01-11 21:53 | diary | Comments(0)
相変わらずかぜが直りません。
熱が出ていないので寝込んではいませんが、やはりつらいです。
そんななか昨日夜の11時頃、音楽のDVDを見ていたら、天の声らしきものが聞こえました。

「そろそろもう自我から抜け出たら」そんな感じだったと思います。
ほんとかすかな響きでした。
自分のハイヤーセルフからだと思いますが、このように意識したのは初めてです。

直感が起きたりしていたことはあるので、それと同じようなものだと思います。
現実の具体的なことでこうしたらいいという直感的なものはよくありました。
でも今回のような霊的な内容の助言は初めてです。

ほんとうの自分は自我とは別のところにあって、うんぬんなどと前から言っていますが、それは思考上のことでした。
理屈ではわかっているだけでは、頭が別のことを考えているときには忘れてしまっていて、結局実生活では役に立たちません。
実感として認識していれば、自然にそれからいろいろとやっていくので、間違いなくそれに基づいた行動をするようになります。

昨日ほんのちょっとですが自我とほんとうの自分との分離感を体験しました。
空間から自我の思いが現れてきているのが、見えている?という感じです。
ああまたこんなことを考えているな、と客観的にみることができました。

ほんとうの自分がどういうものかわかりませんでしたが、空間に広がっている感じです。
そしてその空間から自我の思いが現れてきます。
その思いは空間から見ればほんの一部で、とるに足りないような感じがしました。
ほんとうの自分は傷つくことはないというのも、ちょっとわかった気がしました。

こんな感じもちょっとの間だけで、それもはっきりしたものではありません。
今考えるそんな感じだったかなあ、という感じです。
あと意識してやろうとしましたが、はっきりせずそのうち眠ってしまいました。

朝目が覚めたので早速と思っていたら、これが頭痛で何ともなりませんでした。
今やっと落ち着いたのでこれを書いています。
その間家の中でのいつものちょっとしたゴチャゴチャがあまり気にならなかったのは気のせいでしょうか。

ともかく自分でももう今までの古い自我から抜け出る時期だと思います。
今までの価値観の縛りから解放すべき時期です。
この価値観をいつまでも持っていたのでは先にいけません。

この価値観に縛られなくなった時ほんとうの自由があります。
規制するものがなくなります。
もちろん何でもやってしまうというのではありません。
そんな状態になれば、自然に宇宙的な思いが起ってくるので、宇宙的でないことはしなくなるはずです。

でもどうやったらそうなれるのかはわかりません。
それは自我で考えてもわかりません。
だって自我を超えたところに行こうとしているのですから。

どうもハイヤーセルフに任せておくしかないみたいです。
それは目の前に起ってくることをやっていくだけです。
宇宙はそういう方向に向かっているみたいですから。

その流れに乗っていけば自然になっていくはずです。
自我から発せられるあせりに乗らないようにします。
ただ想念観察は間違いなく楽に立つので、ずっと続けていきます。
# by human-space | 2005-01-10 12:07 | diary | Comments(0)
今日もかぜが治りません。
一時は咳をすると、のどの痛みで涙が出そうになりました。
熱はないようなのですが、鼻水が止まりません。

そんな中でもティッシュで鼻栓をして、小一時間ほど瞑想しました。
私の瞑想は簡単で、ただ目をつむって意識を内側に向けるだけです。
それ以外は何の縛りもありませんので気楽に始められます。

普通は椅子に座ってやっています。
それもだらけて椅子に座っていたりしています。
格好はそのとき楽にできれば何でもいいです。

それと結果については何も期待しません。
深く入ろうとか、意識の高揚を体験しようとか何も考えません。
あるがままに任せます。

いつの間にか眠っていたり、雑念にとらわれていたりするのがほとんどです。
たまに気持ちよく感じたり、ぐっと深く入っているなあと思うこともありますが、これを期待しないようにします。
ともかく何も意識せず自然に。

気がついたら意識を内側に向ける、やっているのはただそれだけです。
すごく簡単で、気楽にやれます。
時間もそのときまかせ、何となくもういいかなあと思えばやめます。

気がつけば小一時間ほどたっているときがよくあるのでまあまあうまくいっているのでしょう。
ともかく楽にできるのがいいです。
それも週末くらいに時間があればやっているくらいです。

効果はまだちょっと?ですが、続けていきます。
やり始めにはいいやりかたではないでしょうか。
慣れてくれば、状況によってレベルアップすればよいでしょう。
# by human-space | 2005-01-09 17:13 | diary | Comments(0)