ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

激しい感情が起こってきたときは、とても外側が完全とは思えません。
今までいろいろやってきてなんとかこらえていますが、普通どおりの人はそういったことを考えることすらもないでしょう。
それが普通だと思います。

これだけしつこくやってきていても、この感情に対抗するのはとても難しいです。
そのなかにはまり込んでしまいます。
客観的に見ることはなかなかできません。

今日もかろうじて保っていれましたが、かなりやばいです。
世の中いろいろな事件が起こりますが、ある意味しょうがないと思います。
とてもこの感情に左右されない人間なんてなかなかいません。

こういう事件をみるとその人を悪くいってしまいますが、その人の内に起こった感情を体験すれば逆に同情するかもしれません。
記事もそこまで突っ込んでくれれば、もっと見方も変わるのですが。
ではこの感情にうまく対応するにはどうしたらいいのでしょうか。

今までさんざん言ってきたので何を今更ですが、理屈だけで対抗するのはかなりつらいです。
ある程度までだったらうまくいきますが、激しい感情には理屈は吹っ飛んでしまいます。
私も最近やっと頭のなかの一部で覚めた部分ができていますが、それでもかなり厳しいです。

瞑想などで悟りの境地になれば、そういった感情自体が起こってこなくなるでしょうから話は簡単かもしれなせんが、現実そこまでなるまではやはり意識的に感情に対処する必要があります。
今やっていることは間違いないと思っていますが、ほんとに進歩はちょっとずつです。
残念ながら画期的という方法はわかりません。

今いえることは、こういったことを意識していると自然とうまくやれる方法が示されてくるということです。
意識しておくことで、宇宙が設定してくれるというものです。
なんか人任せ?でいい加減にみえますが、これが一番いい方法だと思います。

これくらいのことになると自我の頭では難しいです。
過去の経験というものがないのですから、自我ではわかりません。
自我は今まであったことのなかでしか類推できません。

それなら開き直って宇宙に任せておく。
そして自分のしたいこをしているだけ。
そんなことをしているうち、意識だけは持っていたらふと解決方法が浮かんでくるというものです。

調子良すぎるように思えますがこれでやっていきます。
こればっかりでは面白くないですからね。(^^;
今したいことをやる、こんなことがほんとの真実かもしれません。
# by human-space | 2005-05-22 14:56 | diary | Comments(0)
今日はなぜか朝からイライラしていて、昨日のような感覚が感じられません。
何とか思い出そうとしましたが思い出せません。
せっかくいい感じになっていたのに、しょうがありません。
またいつもどおりになってしまいました。

しばらくしたらちょっとだけ感覚が戻ってきました。
これはそのときの調子に合わせてやるしかないですね。
いつもいい状態だとは限りません。

テニスの試合と同じです。
頭のなかはいつも一番うまくいっていたときのイメージがあります。
試合のときはそのときの調子に合わせてそれを修正しなければいけません。

頭は一番調子のいいときのイメージで打っていこうとします。
でも一番いいときばかりではありません。
というより、そうでない場合のほうが多いです。

ですからそのときそのときで修正しながら打たなければいけません。
そうしないと、オーバーやネットばかりしてしまいます。
そのときの調子でやるしかありません。

その調子のなかでベストを尽くせればよしとします。
人生もそんな感じです。
そのときそのときで、できることやれればよしとしましょう。

無理な高望みをしないようにしなくては。
今できることをやる。
まずはこれです。
# by human-space | 2005-05-21 22:49 | diary | Comments(0)
といっても具体的なイメージではありません。
毎日こんな感じでやる、といった感覚的なものです。

今までは仕事と家のなかとは別な感じでした。
今日浮かんだ感覚は、それがいっしょになって、どこにいても同じような感覚でいる、というふうになりました。
一日同じようなペースでやるということです。

いつどこでもある一定の自分がいるっていう感覚です。
それは周りが変わっても、それは変わりません。
行動はそのフィルターを通してやっていきます。

その自分の中の感覚にあわないことはしないようにします。
これからいつも意識しておきます。
この感覚こそ本当の自分?
# by human-space | 2005-05-21 00:28 | diary | Comments(0)
苦しくなると、これです。
今日もこれをやりました。
これでなんとか切り抜けました。

といっても俗にいう神頼みとはちょっと違います。
苦しいときに、神様助けてというのとは違います。
困ったとき、自分が神様になる、のです。

そんな状態に陥ったとき、神様だったらどうするのだろうと考えます。
神様だったらこんな状態に陥っても、少なくともジタバタしないだろうなと思います。
自分がどうにかしよとしなくても、何とかなるだろうと思います。

ですからそんなときでも自分は普通にしていればいいんだ、とジタバタしません。
そのときすべき普通のことをしていくだけです。
何もしないで助けてください、というのではありません。

神になったつもりでやる。
これも使えます。
それも困ったときこそ、です。
# by human-space | 2005-05-19 23:27 | diary | Comments(0)
何ごとかあると、考えてしまいます。
何でわざわざこんな体験をする必要があるのか?
どうしてこんな楽しいこととは思えない体験をする必要があるのか?

やはりそれは自分の中に手放さなければならない価値観があるようです。
それは今までいいことだと当たり前に思っていたことでもです。
例えばみんな仲良くすべきだ、ということもです。

仲良くするのがどこがわるいんだ、とおもうと思います。
仲良くするのが悪いといっているわけではありません。
仲良くしなければいけないと、思い込みすぎないようにするといっているのです。

仲良くしなければと思い込みすぎると、そうでない場合を否定してしまいます。
仲良くない状態が悪いことなります。
そこに批判や、否定などマイナスな想念ができてしまいます。

そういった思い込みがなかれば、仲良くしていなくても、そのマイナスな想念は浮かんできません。
津留さんのいう握りしめた価値観を手放すということです。
仲良くしなければいけないという価値観を手放すということです。

前にやった、「どちらでもいい」ということですね。
いいかげんのようですが、これはほんとうに的を得た言葉です。

それもこのへんになるとかなり根源的なので、そういった価値観を持っていること自体気がつきません。
あまりにも当たり前だからです。
そろそろこれを手放せといっているのでしょうか。

これはけっこう苦しいです。
これは自分自身を否定するようなものですから。
でもここはがんばりどころです。

ここを抜けないと、いつまでたっても同じところを回っているだけになります。
いつかはやらなければいけません。
こんなことを思うのは、今がこの時期だからでしょうか。

上がったり下がったりしてなかなか進歩しませんが、やります。
自我がいちいち反応しなくなるまで。
ほんとうの平穏が訪れる日まで。
# by human-space | 2005-05-18 22:44 | diary | Comments(0)
当たり前ですが、心が落ち着いているほうがすっと思えます。
イライラしているときは、思おうと思っても頭が受け付けてくれなかったりします。
いつもの軽い瞑想などをやれば思えやすくなります。

無理矢理思い込んでも効き目は期待できません。
思えないときは、無理をしないでやめておくのも手です。
そのうちあるとき、ふと思えたりします。

うまくいくにきまっていたら、あわてることはないので、このままでいいということになります。
ほんとにこのままでいい、と思えたらそれは悟りの状態です。
心から何もしなくてもいい、と思えたらです。

ほんとは直さなければいけないことは何もありません。
このままでいいのです。
ただ今の状態を変えたいと思うのなら、変えればいいだけです。

ある完全な状態から、別の完全な状態へです。
変化があるだけです。
よいとか悪いとかではありません。

ともかく今の状態をどう感じていようとも、完全です。
そう思うようにしています。
自然に思えるようになるまで。
# by human-space | 2005-05-17 23:51 | diary | Comments(0)
いろいろとゴチャゴチャしたことがあって、どうしたものかと風呂の中で考えていたらふと浮かびました。
そうだ、うまくいくにきまっている。
そう思ったら、頭の中がすっと軽くなりました。

理屈はともかく、そう仮定してみます。
いつかはわからないけれども、いずれは自分の思いどおりになる。
そんなにがんばらなくても、自然にしていればいずれそうなると仮定します。

そしたらどうなるでしょう。
今を生きれるようになります。
いずれは思いどおりになるのだから、あわてることはありません。

そしたら今できることをしておこう、という気になります。
今ゴチャゴチャしていても、どうせうまくいくのだから気にすることはないや、ということになります。
そして気持ちが落ち着きます。

これ、けっこう使えます。
さっきまでのイライラがなくなりました。
外側はまだゴチャゴチャしていますが、気にならなくなりました。

あまり深く考えないでやってみたらどうでしょうか。
気がすっとしたら、OKです。
案外世の中こんなもんかもしれません。
# by human-space | 2005-05-16 22:35 | policy | Comments(0)
自我が見えたわけではないのですが、自我の存在を感じました。
昨日は神経的にイライラしているという感じでしたが、今日は自我に反応して、ムカムカするという感じでした。
外からの刺激があり、それに自我が反応して、ムカムカするという感情が起こってくるという流れです。

確かに自我という何かがあって、それを通すことで、感情などが起こってきています。
それはもちろん目に見えるものではありません。
ただ間違いなくそれはあります。

それがなかったら感情というものは起こってこないのでしょう。
ですから感情はそれ次第ということです。
そこの処理の仕方で変わってくるということになります。

自我を変えれば、起こってくる感情も変わることになります。
いつもいっている内側を変えるというのは、こういうことです。
内側に溜め込んでいる思い込みををかえれば、出てくる感情も変わるということです。

理屈は単純ですね。
その思い込みは長い年月をかけてがっちりとはまり込んでいるため、簡単には変わってくれません。
毎日こつこつとやる必要があります。

私もこうやってさんざんやってきているつもりでも、自我の反応を見ていると前とほとんど変わっていません。
ただちょっと客観的に見えるようになってきただけです。
思いそのものは変わってきてはいません。

最初から霊的な思いしか浮かんでこなければ、何も問題は起こりません。
肉体を持っている限りはそうもいかないのでしょうが、ともかく自我に振り回されないようにしなければいけません。
ほんとみていればよくわかりますが、いい加減で気まぐれ、ワンパターン、批判的でカッかきやすいなどとても自我に任せてはいられません。

それでも本来はこの物質世界を体験するために必要なものです。
必要悪、といったところでしょうか。
前にもいったように、制限された状態を体験するためにつくられたものですから、うまくいかないと思える状態が正常な状態です。

このうまくいかないのが、うまくいっているのです。
うまくいく状態を体験するためには、うまくいかない状態を体験する必要があるのです。
もううまくかない体験は充分してきました。

もう必要ないです。
これからはうまくいく状態を体験するようにします。
そう意識することで、うまくいく体験をすることができます。

本来そのような仕組みなので、がんばらなくてもなれるはずです。
それを意識するだけで変わってくると思います。
もともと力は持っています。

だって神ですから。(^^;
落とし穴に落ちた体験をするために、わかっていてわざと落ちたのですから。
出てくる方法は最初から設定してあるはずです。

簡単だと面白くないので、すぐにはわからないようにしてあるのでしょうが、絶体絶命にはならないはずです。
這い上がれないような落とし穴には自らは落ちないですよね。
わかりにくけれども、仕組みがわかってしまえば簡単に抜け出れるはずです。

仕組みがわかればもう落ちている意味がありませんから。
このゲームはもう終わりだ、ということです。
次のゲームにしよう、ということになります。

こんなことをいっていますが、残念ながら抜け出る画期的な方法はまだはっきりとはわかりません。
ただ自我の思いがすべてだと思っているうちは、ゲームの真っ最中です。
周りに敵に気がいっぱいで、それどころではないでしょう。

この自我がゲームの中心人物で、それになりきっているうちはそこから出られません。
ただそれを見ている人はそのゲームから抜けているひとです。
これは間違いありません。

想念観察ができるようになれば、そんな状態になっているのでしょうか。
これはただ見てるだけです。
知識もいりません。
お金もいりません。

練習をしなくてもいいので、すぐ今から始められます。
変えるのはどのように変えるかとか、思考を使わなければいけません。
自我を変えようとするのではなくて、ただ見ているそれだけです。

ひょっとしたらこれがその簡単な方法かもしれません。
他にも方法はあるでしうが、これも間違いではないようです。
ともかく続けていきます。

うまくいく体験をするために。
人間ときは苦労してやったけど、神はこんなに簡単にできるんだという体験をするために。
# by human-space | 2005-05-15 17:40 | policy | Comments(0)
今日もムカムカする感情が起こってきましたが、いつもとちょっと違うのはその感情は自分とは違うところで起こっているような気がしました。
ムカムカ度合い?はいつものとおりですが、覚めたところからみている感じです。
今日は特に神経的に過敏になってるようでした。

それでちょっとしたことでも、すぐムカムカしてしまいます。
頭の一部が怒っている感じです。
怒るのもわからんのことはないけれでも、ちょっと過敏になりすぎ、と思いました。

さすがにすっきりとはしませんが、それでも冷静にいられた分感情は後に尾を引くのが少なくてすみました。
せめてこれくらい冷静でいられると楽ですね。
自分に余裕があるので、内側に対処できます。

その感情が起こるのはわかるけれども、それは自分のために起こっているのであって、悪いことが起こっているのではない、などと自我にいい気かせることができます。
内側だけに処理できます。
周りに当たり散らさなくても済みます。

一時的ですが、自我との分離感を体験できました。
ほんとうの自分は他にいます。
少なくともこの肉体にとらわれてはいないようです。
# by human-space | 2005-05-14 22:54 | diary | Comments(0)
やっと普通でいけるようになってきたら、今度はちょっと調子に乗ってやりずぎてしまいそうになりました。
苦しいと抑え気味なので行き過ぎることはありませんが、調子がいいと、ついやりすぎてしまいます。
ただよくなればいいというのでもなさそうです。

最近ダイエットでお腹まわりがすっきりしてきて、満足していたのですが、今度は別のところが気になってきました。
今までお腹まわりのことがずっと気になっていて、そこには全然気がいっていませんでした。
次から次へと人間の欲にはきりがありません。

これさえよくなればいいのにと思っていると、そうなってもまた次の別のことが起こってきて、結局いつまでたっても満足できなくなってしまいます。
やはりどんな状態でも、今です。
まず今できないことは、次にも同じようにできないことになってしまいます。

外側がどんな状態でも、自分の内側を変えることで、今をよくしていきます。
今満足すること。
この瞬間です。
# by human-space | 2005-05-13 21:44 | diary | Comments(0)