ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

前から気になっている人がいます。
その人は、周りに人からも、よく言われたいなくて、個人的に見ても、そう思います。
そんな人が、どうして自分の周りにいるのだろうと思っていました。

とりあえずは、直接利害関係がないので、何となくやり過ごしていました。
それがある時、この世界に無駄なものはない、目の前に存在しているものには何か訳がある、と思うようになりました。
それで、その人のことも、今の自分にはわからないけれども、必要があって、ここにいるんだと思うようにしました。

そうしたら、あることで、自分の役立ってくれました。
それはちょっとしたことですが、プラスになったのは間違いありません。
今のところ、それだけですが、肯定的に考え直した途端、こういう変化があったので、ちょっと気になりました。

やはり、心の思いが、現実に現れてくるものなのでしょうか。
こんなちょっとしたことで、結論めいたことは言えませんが、そんな気がしました。
こんな日常のちょっとしたことが大事です。

それを積み重ねると、そのうち大きくシフトするかもしれません。
大きなことなど、しょっちゅう起こるものではありません。
まずは、目の前の些細なことからです。


# by human-space | 2017-07-05 23:13 | diary | Comments(0)
この前、親戚の関係で、問題が起こって、今日は、関係者が一同に集まって打ち合わせをしました。
自分の立場は、一立会者ですが、気持ち上は、全体を取りまとめようと思っていました。
実際、そのように動いたつもりです。

でももちろん、実際に一番関係するのは、当事者ですから、言うまでもなく、たいへんなのは本人です。
ですから、当事者の物語なのですが、自分のことのように感じてしまいます。
そして、その目でみると、この問題を解決するために、いいメンバーが集まっているなあと思いました。

どの人も、本当に真面目に取り組んでくれそうな気がしました。
この件は、自分のことではないですが、親戚という立場上、ある程度は関係あります。
それで、その人たちが、自分のために集まってきてくれているような気がしています。

ちょっと不思議な感覚です。
いつもの、外側が味方してくれている、という感じではあります。
ほとんど、自分が何もしなくても、その関係者の方が、いろいろとやってくれそうな気がしています。

問題は今始まったばかりなので、どうなるかはまだわかりませんが、うまくいくように思います。
それは、自分が何も心配しないでいると、周りがちゃんとやってくれそうな気がしています。
自分のすることは、心配しないでいる、ということです。

それさえやっていれば、大丈夫だと思います。
さてこれからどうなるでしょうか。
うまくいくよう、心配しないでいます。

# by human-space | 2017-07-04 23:59 | diary | Comments(0)
今日は、特に何もない一日でした。
こういう、変わらぬ日常を過ごせるのは幸せです。
やっと、こんなふうに思えるようになりました。

これが簡単なようで、これがなかなかできません。
細かいことでいえば、イライラすることはいくらでもありますし、不安な気持ちが起きてきたり、まったく代わり映えもないので、充実感というのも、あまりありません。
それでも、幸せと思えるようになりました。

とりえずは、進歩したということがいえるでしょう。
もちろん、大したことではありませんが、ちょっとずつです。
大事なのは、何でもないことで、幸せと思えることです。

ちょっとしたことでも幸せと思えるようになると、幸せになろうと、焦ることがなくなります。
外側に幸せを求めて、ジタバタしなくなります。
特に何もしなくても、目の前のちょっとしたことで、幸せになれます。

これが、幸せになるコツだと思います。
外側に幸せを求めたのでは、苦労するばかりで、いつまで経っても、なかなか幸せになれません。
これなら、今すぐ幸せになれます。

幸せになろうと外側に求めるのではなくて、今ある幸せに気づくだけです。
それは、誰にでもあります。
ただ、それに気づけばいいだけです。


# by human-space | 2017-07-03 23:20 | diary | Comments(0)
神になれば、自然体で、思いつくまま生きていればいいのでしょうが、人間はそうもいきません。
人生をまともに生きようとすると、ちゃんと考えていかなければ、大変な目に会います。
それは、今まで、思いつくままに書いてきたことを、状況に応じて、駆使していくしかありません。

「感情を選択する」、「神は細部に宿る」、「完璧な人間などいない」などのことを、意識していきます。
朝起きたら、不安な感情が起きてきて、重い気分の時、意識して、「今は一番幸せ」などを頭の中に連呼して、頭の中の気持ちを変化させていきます。
それをしていると、そのうち、本当に今が幸せだと思えるようになってきます。

毎日、同じような一日ばかりで、つまらないように思えても、細部に意識を向けてみると、テニスの素振りで、いい思いつきがあったり、昼のうどんが美味しかったり、仕事でいいアイデアが浮かんだりして、充実した一日だったような気になってきます。
テニスの試合に負けて、がっくりきている時も、細かいことに意識を向けてみると、今日はフォアはダメだったけれども、バックが思ったよりより打てたとか、知り合いと楽しい話ができたとか、いいことはあったりします。
こんな風に、細いことに意識を向けてみると、表向き大したことがなくても、素晴らしいことはいくらでもあります。

ある人のことで、イライラしたとしても、「完璧な人間などいない」と思うと、気持ちが和らいできます。
周りいるのは、人間ですから、こんなものです。
あまり期待しすぎないようにしなくてはと思います。

それは、もちろん自分にもです。
神様ではないのですから、失敗もするし、情けないこともやります。
自分にも、大目に見なくてはと思います。

こんな風に面倒ですが、いちいちフォローしていくしかありません。
残念ながら、これを死ぬまでやり続けなくてなりません。
でも、これをやらなくて、ひどい目にあうよりかマシです。

ちょっとした苦労で、楽になれるなら、これは得策です。
いろいろ試行錯誤していくしかありません。
と言っても、少しでも楽に、楽しくやれれはいいですね。

# by human-space | 2017-07-02 20:58 | diary | Comments(0)
休みの日は、相変わらずの二度寝です。
いつも、ぼーっとした頭で、とりとめもなく考え事をしています。
今日は、最後の方で、こんなことを思いました。

「神の領域の力に触れることで、人間界から抜けていく」、人間が神になるためには、本を読んだり、ちょっと修行したくらいでは、とてもなれそうもありません。
でも、その神の力に、直接触れることで、より神に近づいていき、人間界から抜けていける思いました。
いくら神の本を読んでも、神にはなれません。

やはり、神そのものに触れることで、神というもののことがわかり、それに近づいていくことができると思います。
と言っても、神そのものに触れることなどできるのでしょうか。
もちろんわかりませんが、今までの経験から、外側のことが、人間の力ではとてもできないことを、体験することで、その一端に触れることができます。

この前体験したことが、そうでした。
人間の力では、とてもできないことを、目の前で体験するとき、畏怖の念が湧きます。
この前のことは、それほど大それたことではありませんでしたが、本質的には、同じことです。

人間とは違うレベルのことを体験していくうち、どこかで、気持ちが切り替わるのかもしれません。
どこまでやれるかわかりませんが、毎日、ちょっとしたことでも、このことを意識していきます。
生きているうち、どこまでやれるでしょうか。

# by human-space | 2017-07-01 22:19 | diary | Comments(0)
今日は、仕事のことで、素晴らしい閃きがありました。
自分で言うのも何ですが、天才かと思いました。
よくよく精査してみると、勘違いがあって、それほどではなかったのですが、まずまず素晴らしかったのは間違いありません。

仕事に限らず、この所ずっと、閃きがありますが、今日のは、特にかなりよいです。
今日の仕事のことも、しなくてもよかったと思われることが舞い込んできて、一瞬マイナスな思考になったのですが、いやいやそうではないと、思い直しました。
そんなことがよかったのか、ちょっと考えを思い巡らしていると、ふと閃きました。

後で考えてみると、その時、宇宙と繋がっていたのでしょうか。
普通に考えていては、そんなことが出てくるものではありません。
その時は、本当に天才かと思いました。

閃きは、散歩している時によくあります。
どうも頭の中が、ニュートラルで、何も考えていないのがいいようです。
強い思い込みがあると、閃きも感じにくくなるのかもしれません。

でも最初は、ある思いがあって、宇宙が答えてくれるというものだと思います。
単純な、作用、反作用の法則です。
「なせば、なる」ということです。

思った後は、宇宙に「委ねる」ということでしょうか。
後は、人間の力ではなく、神の領域の力でやってもらうのです。
それができれば、一番いいに決まっています。

そのコツみたいなのを、感じていきます。
それができてくると、その力を、うまく使えるようになるのではないかと思います。
小さなことから、いろいろ体験していきます。


# by human-space | 2017-06-30 22:56 | diary | Comments(0)
ここ最近、人生設計をしています。
このまま行くと、先細りのようになります。
それはそれで、幸せのレベルを落とすなどして、うまくやれないことはありません。

それでも、もっとたいへんな思いをしている人は大勢いるので、これでも十分ではあります。
でも、何か物足りません。
ではどうするのかといっても、具体的な方法は、今はありません。

頑張って、ジタバタするというやり方もありますが、今回は、やるつもりはありません。
結局、前にバシャールを読んでいた時に、印象に残っていた、「委ねる」というのをやろうと思います。
確か、バシャールのいう「委ねる」は、受身というのではなく、よりよくコントールされたものを現実に表す、ということだったと思います。

よりよくコントロールされた現実に委ねる、よいうことでしょうか。
外側は、神に通じる力に支配されていて、人間の力など、それに比べると微々たるものです。
それに任せておけばいいのです。

そうすれば、何の頑張りもなく、より良い現実になっていくでしょう。
何か御都合主義のようですが、これこそが、スピリチャル的なやり方です。
それが一番楽で、スムーズです。

でもまだ、100%の確信はありません。
それでも、このことを信じる価値はあります。
そのために、ここまで来たと言っていいと思います。

このことを頭の隅に置いて、日々は、いつも通りに過ごしていきます。
今日も一日、幸せではありました。
明日も、これでいきます。

# by human-space | 2017-06-29 22:55 | diary | Comments(0)
今日も一日、内側と外側を意識していました。
内側は、相変わらず、不安な気持ちは起きてきます。
それは、うまくごまかして、引きずらないようにしました。

外側は、昨日ほどはっきり、外側に助けられているというようなことはありませんでした。
それでも、いつも混んでいる道路を、さっと渡れたり、bluetoothの接続が途切れなかったり、ちょっとしたことはありました。
そういえば、テニス同好会の段取りが進んだこともありました。

考えてみれば、まずまずの一日でした。
これといった苦労もなかったことを幸せと思わなければ、バチが当たります。
そう考えても、それほど幸せと思えないが、まだまだということなのでしょう。

前の日がよいと、次の日は、よっぽどのことがない限り、よくないと感じるでしょう。
いつまでも、上がっていくことはありません。
基本、上がったり下がったりするのが、当たり前ということになります。

その中で、少しでもいいことを考えていきます。
まさに今日は、そんな感じです。
ほんのちょっぴり幸せという感じでしょうか。



# by human-space | 2017-06-28 21:54 | diary | Comments(0)
昨日は、会議and飲み会でした。
3月の送別会以来のお酒で、結構こたえます。
でも無事、駅を乗り過さす帰れました。

会議は正直面白いとは思えませんが、久しぶりに会った人に、前より若々しくなっていると言われたり、会いたいと思っていた人に、ばったり廊下で会って、ゆっくり話ができたりしました。
乗り気はしていませんでしたが、会議を嫌々と思わず、意識的に楽しいと思うようにしていたのが、よかったのでしょうか。
わざわざ出向いて行った甲斐がありました。

また、今日のテニスは、直前まで雨が降っていましたが、小降りになって、何とやりきることができました。
これも、外側が味方してくれています。
自分の力ではどうしようもないことが、やれています。

若々しくなったと言ってくれた人も、たまたま別の人に誘われて会うことになったり、会いたい人に、廊下でばったり会うなども、外側の力のおかげです。
内側と外側を意識しているのが、少しづつやれています。
これからも意識していきます。

# by human-space | 2017-06-27 22:25 | diary | Comments(0)
この前、一日3回あった、心配しないでいると、心配しないでいい現実になるということ、それは、自分の力は、一切使われていません。
外側で、勝手に行われているものです。
それは、まさに、神の領域の力によるものです。

自分のエネルギーを使うものではないので、一切疲れることがありません。
コマンドを入力すると、コンピューターが出力してくれるという感じでしょうか。
自分でも、あれっという感じでした。

こういう体験を積み重ねてくると、頭の中が、神の領域に近づいてくるのでしょうか。
少なくとも、本を読んだだけでは、こういうことにはなりません。
でもあれから、こういう体験はあまりないです。

こういう、外側に起きることだけでなく、内側の体験も大事です。
内側から意識的に、楽しい、楽しいと思っていると、本当に楽しいと思うようになってきます。
もちろん、うまくいかないこともありますが、意識的に自分の感情を選択していくということは必要です。

内側と、外側、両方が大切です。
どちらも意識していきます。
毎日、ちょっとずつ体験を積み重ねていきます。

# by human-space | 2017-06-25 20:04 | diary | Comments(0)