ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

右足ふくらはぎの肉離れ、思ったより治りが遅いです。
今週になると大丈夫かと思いましたが、昨日、ウォーキングをしていると、普通に歩くには問題ないのですが、サイドステップをすると、まだちょっと痛いです。
テニスは、前後ろより、左右に動く方が多いので、ちょっとやばいです。

今日のテニス、さすがに諦めました。
今日のスクールの、シングルスクラスは、ただでさえ、目一杯やっているので、この調子ではとてもやれそうもありません。
明日のテニス同好会は、ちょっとゆるいので、こちらから始動です。

今日は、一瞬頑張ろうかと思いましたが、やはり我が身がかわいいです。
自分を大事にしてあげなくてはと思います。
まだまだ先も長いので、無理をする必要も全然ありません。

自分の中の声を聞きながら、やっていきます。
今日のテニスは、体も心も、ちょっと無理と言っていました。
いけると思っていただけに残念ですが、しようがないです。

神様も休めと言っているのでしょう。
外側に起きてくることを信じます。
でも、明日はやります。




# by human-space | 2017-03-14 21:32 | diary | Comments(0)
目に見えるものも大事だと思っていますが、目に見えないものも大事なのは間違いありません。
でも、見えないものを判断する自信はありません。
当たり前ですが、難しいです。

これは直感に頼っていて、当たっている時もありますが、心が乱れている時は、さっぱりです。
どうしたらわかるのだろうかと考えていたら、オーラのことを思い出しました。
オーラが見えれば、その形や色で、見当がつきそうです。

でも、オーラが見えたことは一度もありません。
見えたらいいのにと思いますが、見えすぎてもどうかと思います。
見えてしまうと、やりにくいというのはあります。

知らぬが仏、というやつです。
現実、オーラが見えるというのは難しそうなので、見えるものからの推測や直感で判断するしかありません。
ちゃんと考えれば、大きく外れるということはないでしょう。

ともかく、目に見えないものの価値を、大事にすることが大切です。
目に見えるものは、それでわかるので、あえて考えるまでもありませんが、見えないものは、意識的に考えないと、見過ごしてしまいます。
それで、大切なものを、見逃さないようにしなくてはと思います。

どうしても、見えるものに目が行くので、ちゃんと、トータルで考えなければと思います。
今のところ、決定打はないので、地道に考えるしかありません。
わからない時は、直感のみに頼らず、ちゃんと論理的に考えます。




# by human-space | 2017-03-13 21:26 | diary | Comments(0)
今週末は、右ふくらはぎの肉離れで動けないので、録画しておいた映画を見ました。
見たのは、「起終点駅 ターミナル」、「ブラック・スワン」、「2001年宇宙の旅」です。
どれもよかったのですが、どうも神経を逆なでするようなものもあって、気持ち良く見れないものもありました。

前は映画を見た後、現実に戻って、がっかりしていました。
でも今は、精神的に不安定になる映画よりも、安定した現実のほうがいいと思えるようになってきました。
映画の中の、あの不安定さは、ちょっと辛いです。

もちろん、そうじゃない映画もたくさんありますが、そういう映画ばかり、なかなか当たりません。
でも、見入ってしまうのは、面白い事は間違いありません。
派手な不安定さよりも、現実のちょっとしたことの安定さのほうがいいです。

美味しいご飯や、風呂の湯加減の気持ちよさなど、ちょっとしたことで十分です。
それは、派手なことを否定しているのではありません。
そういうことを望んでいるところもあります。

でも、それはなかなか実現しません。
滅多に実現しないことに、意識が行き過ぎないようにします。
意識するのは、目の前のことです。

その延長で、派手なことがあればいいという感じです。
日常のちょっとしたことに、意識が行くようになったのは、少しは進歩しているようです。
「神は細部に宿る」です。

# by human-space | 2017-03-12 19:16 | diary | Comments(0)
運命は、あると思っています。
それは、今までの体験からです。
家を建てる時、結婚をする時、何かしら情報がありました。

家の時は、建てる何年か前、今の土地に来た時、予感がありました。
結婚の時は、この人で決まりと、すぐわかりました。
そんなことがあって、運命はあるのではないかと思っています。

それも、本によると、自分で、生まれる前に決めてくるということみたいです。
親も自分で決めて、生まれてくるということも、言われています。
生まれる前の記憶を持ったままでいる、小さな子供の証言があり、本当みたいです。

そうなると、転生輪廻も、当然あることになります。
運命があるとすれば、運命に沿って生きていれば、大変なことはあるかもしれませんが、それを苦労とは思わないでしょう。
逆に、運命に逆らって生きていれば、苦労することになります。

変化しないでいい時に、変化しようとしたり、変かすべき時に、変化しないでいると、そうなることになります。
それがいつかは、人間では、予測できません。
人間は、すべてのことが見渡せないので、先のことはわかりません。

その必要な情報は、必要な時にやってきます。
その情報が来た時が、その運命の時です。
そのときなれば、誰でもわかります。

それが運命です。
そうでなければ、それは、運命ではりません。
自然とそうなるよう、気持ちもその気になります。

ですから、どうなるだろうと、心配することはありません。
それは、最初から、何もないこともあるでしょう。
なければ、自分で決めれるということです。

あれば、それに従うしかありません。
それが、運命というものです。
運命があるかないかは、気にしないでいいです。

日々やるべきことは、この瞬間を生きていくだけです。
人生、やるべきことは、これだけです。
そうしていれば、必要な情報は、必要な時にやってきます。

心の声を、聞くようにします。
ワクワクすることを、やっていきます。
「神は細部に宿る」です。

目に前の、小さなことを、一生懸命やっていきます。
基本的には、シンプルです。
人生、あまり考えすぎない方がいいのかもしれません。




# by human-space | 2017-03-11 19:12 | diary | Comments(0)
毎年、この時期が近づくと、震災の時の番組や記事をよく見かけます。
昨日も、ネットで、その関係の記事を見て、また気持ちを新たにしました。
震災で、身近な人を亡くされた方の本当の気持ちは、多分わかりません。

あまりに悲惨な出来事で、その精神的傷は、一生治らないと思います。
目にはこそ見えませんが、もし見ることができれば、どんなにひどいことでしょう。
思うことはありますが、本人の前になると、何も言えないと思います。

転生輪廻はあると思っていて、亡くなられた方も、また生まれ変わってくるので、そんなに悲しまなくていいと思いますが、まだ今の段階では、こんなことも言えないと思います。
ただ、毎年思うことは、運良く震災に遭わずにすんだ者は、幸せにならなくていけないということです。
大変な思いをせずにいられているのに、ちょっとしたことで、幸せになれないと思うのは、わがままです。

今ここに、何事もなくいられている幸せを、感じなくていけないということです。
これは、ちゃんと意識しないとできません。
震災の番組や記事を見て、今の自分がいかに幸せか実感することです。

今は、私はそう思っていますが、このことを忘れないようにしなくてはと思います。
でも毎年、少し経っただけで、もう忘れてしまっています。
そして、またこの時期、認識を新たにするという繰り返しです。

ずっとはいかないと思いますが、とぎどきは思い出して、今の幸せを実感するようにします。
そして、震災に遭われた方も、少しでも、自分自身を肯定できるようになればと思います。
自分の内側に、問いかけていきます。

# by human-space | 2017-03-10 20:18 | diary | Comments(0)
昨日ふと、この前、肉離れをした理由を思いつきました。
最近、フォアを改造して、右足を軸とした打ち方に変わりました。
それで、今まで以上に、右足に負担がかかるようになって、右足の筋肉が肉離れを起こしたんだと思います。

思いついてみれば、何て事はないです。
ある意味、当然の結果というところです。
これが、試合直前でなくてよかったです。

こういうことななら、いつ切れても不思議はありません。
しょうがなく、今週は、テニスはもちろん、ウォーキングも出来ていません。
でもだんだんと良くなってきているので、来週から、まずウォーキングは始められそうです。

それで大丈夫なら、テニスも復帰します。
人間、「喉もとを過ぎると、暑さを忘れる」という諺があるように、少し良くなると、早、素振りらしきものを始めています。
我ながら、懲りない男です。

そんな時、またフォアの打ち方の、ヒントを思いつきました。
フォアで、少し違和感があったところが、この打ち方なら、スムーズに振れそうな気がしました。
早速、実際に打って、試したくなりました。

でもさすがにテニスは、今週は無理です。
実際、昨日、今日と休みました。
それでも、モチベーションは上がっています。

今は、早く打ちたいという気持ちです。
これで実際、うまく打てたら、それこそ、怪我の功名です。
そんなにうまくいくかどうかはわかりませんが、やれそうな気はしています。

ともかく、次にできるのが楽しみです。
今は、怪我の心配より、やることの楽しみの方が大きいです。
そんな気持ちになれることが、何もできない今は、うれしいことです。

# by human-space | 2017-03-09 19:56 | diary | Comments(0)
神様は全てのことが分かっていますが、人間は、痛い目を見ないと分かりません。
自分の人生経験から言うと、博打と東京です。
東京は、学生時代に住んでいました。

4年間住んでみて、自分に向いていないことが、実感としてわかりました。
あの満員の通勤電車に、何十年も乗っておれるとは、とても思えませんでした。
それで、東京には、一切未練はありません。

これは、痛い目をしてみないと分かりません。
学生時代の収穫は、これだけと言っていいくらいです。
博打は、競馬と麻雀をよくやりました。

特に、競馬をやって思ったことは、普通に人間は、勝ち逃げができないということです。
よほど意志が強くないと、勝ち逃げはできません。
一回、勝ち味を知ってしまうと、また勝てるのではないかと思ってしまって、結局、負けるまで止めれません。

それも、トントンで止めれる人は、かなり意志が強い人です。
自分の経験から言うと、普通は、勝った額の5倍負けないと止めれません。
それくらい負けると、性根が入って、止めれます。

競馬も麻雀も、人生のかなりの時間を費やしました。
今思うと、なんて無駄なことをしてしまったのだと思いますが、博打の無意味さがわかっただけでも、よしとすべきでしょうか。
おかげで、株で、1000万円儲けた、という話を聞いても、全然羨ましいと思いません。

逆に、この人の人生大丈夫だろうかと心配するくらいです。
自分の理屈から言えば、その人は、5000万円負けないと、株を止めれません。
これくらいの額になると、人生が終わってしまいます。

そこまで負けなくても、それまでもの、精神的不安定さを思うと、苦しい人生だと思います。
博打をしていて、儲けた時の喜びは、一番ですが、負けた時の辛さを思うと、普通はトントンではすみません。
神様なら、博打はやらないでも、その無意味さがわかるのでしょうが、人間はそうもいきません。

痛い目をするのも、人生ですし、それが、後になってみれば、助けになることもあります。
人生とは、こんなものなのでしょう。
今体験していることが無駄ではないと思って、一生懸命やっていきます。


# by human-space | 2017-03-08 20:47 | diary | Comments(0)
今日テニスをしていて、厳しいボールを追った時に、右足ふくらはぎの肉離れを起こしてしまいました。
そんなにひどくはないと思いますが、1週間は、テニスはもちろん、ウォーキングも無理みたいです。
フォアの調子も良くなって、さあこれからという時なので、ちょっとショックです。

再来週から、テニスの試合も始まり、気持ちも乗ってきていた時なのに、どうしてこんなことが起きるのでしょうか。
心の内側が、外側に現れるということであれば、この時期にこんなことはないと思います。
激しい運動しているのですから、怪我はつきものですが、心身ともに充実していた時だけに、どうしてという気持ちです。

この頃、外側を意識しだして、外側に起こることが、自分を助けてくれるようになっていただけに、なおさらです。
なぜ今この時期に、肉離れになってしまったかわかりません。
もちろん、たまたま、なったということはあります。

それでも、自分の中では、納得できていません。
理由も、思いつかず、モヤモヤ状態です。
とても肯定的には考えられませんが、少なくとも言えることは、これくらい大したことではなということです。

昨日の長野県の防砂ヘリの墜落で、亡くなられた方のことを思うと、何でもないことです。
大げさに、バタバタすることではありません。
たぶん、1週間おとなしくしていれば治ると思います。

いい休養と思って、のんびりします。
簡単には割り切れませんが、安静にしているしかないです。
神様は、休めと言っているようです。

# by human-space | 2017-03-07 22:25 | diary | Comments(0)
まずは、いつものちょっとしたことからです。
仕事帰りの夕方は、いつも車が混み合います。
そんな時も、イライラせずに、信じるようにしました。

そしたら、通り抜けるのは無理と思っていた信号が、ギリギリ通れたり、右折信号を出して止まっていた車が、近づいた途端、対向車線の流れが途切れて、曲がっていなくなって、スムーズに走れたりしました。
もちろん全部ではありませんが、今日の帰りは、大分スムーズに走れました。
まぐれかもしれませんが、効果が出ているように感じています。

前の車がごちゃごちゃしていても、心を平穏にして走っていると、自然と前が開けるように、スムーズに走れました。
心に中の秩序だった平穏さが、外側に反映しているように思えました。
これだけでは、どうこう言えませんが、こんなことを、積み重ねていっていると、心から信じれるようになってくると思います。

「外側を信じる」という感覚です。
今までは、どうせうまくいかないという否定的な思い込みがありました。
とりあえずは、それを止めようとしています。

何事も、うまくいくと思うようにしています。
ともかく、ちょっとしたことからです。
そして、それを続けることです。

# by human-space | 2017-03-06 20:47 | diary | Comments(0)
不思議の国のアリスの映画版です。
もちろん特撮で、現実離れした世界を楽しめました。
前は、映画を見ると高揚しますが、見終わると現実に戻って、気分がよくないことがありました。

今は、この現実が、映画のような気もしています。
自分が主演で、監督の映画です。
好きなようにできるはずですが、もちろん、現実はそうできません。

それでも、日常の細部を意識しだしてからは、ささやかながら楽しめるようになりました。
日常のちょっとした楽しみが、大事なことだと思えるようになりました。
映画のような凄いことは、めったに起きるものではありません。

そんなことに意識を向けるよりは、現実の些細なことに意識を向けていれば、楽しみはいくらでもあります。
基本的には、そういうスタンスでやっています。
あまり大きなことは、考えないようにしています。

それでも、ここ最近で、テニスもスキーも、上達の目処が立って、一段落しそうです。
まだまだ練習は必要ですが、基本的なレベルには達しました。
ここからは、精度を上げていくことになりますが、あとは練習量だけであって、あまり考えすぎなくてもよさそうです。

今までは、頭の中が、上手になりたいという気持ちでいっぱいだったのが、少し隙間ができそうです。
それで、他の違うことをしてもいい、という気になってきました。
何をするかは決めていませんが、このスピリチャルのことも、力を入れていきたいと思っています。

でもどうなるかは、さっぱりわかっていません。
気持ちは楽しみして、やるべきことは、いつもどおり、日常の細部を意識してやっています。
さて、これからどうなるでしょうか。

# by human-space | 2017-03-05 19:52 | diary | Comments(0)