ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

考えてみると、我慢しなくていい完璧な人生なんて、神にならないとありえません。
ということは、我慢するのが当たり前です。
要は、その程度です。

今、何とかやれているなら、その程度はまずまずというところでしょう。
ひょっとすると、今の程度が、今の自分の精神レベルでは、ベストの状態なのかもしれません。
自分はもっと良くなれると思い込んでいますが、こんなものかもしれません。

そうすると、今何とかやれているなら、今がベストな状態であるとも考えられます。
それは、今が一番幸せと言っていいです。
この考えがあっているなら、今何とかやれているなら、今が一番幸せということです。

今まで思いつきのように言ってきたことが、論理的にも正しいように思えてきました。
本当に、今が幸せと思えるようになってきました。
これは、ひょっとしたら凄い考えかもしれません。

少なくとも、個人的にはそう思っています。
やはり、何とかやれているなら、これが自分にとってベストなのです。
自分はこんなものではないと思い込んでいますが、これが今の自分には限度なのかもしれません。

宇宙が、自分にとって、常に一番いい状態を作ってくれています。
ただ、今までわかっていなかっただけです。
今日からは、心からそう思えます。

今日も、そういう目で見ていたら、そんな気もしてきました。
いつも通りイライラすることもありましたが、もっとひどい思いをすることを考えると、これでもいい方なのでしょう。
常に、今が一番幸せな状態です。

今が何とやれているなら、自分から変わる必要もありません。
自分から、せっかく宇宙が作ってくれているベストな状態を壊していくこともありません。
今のままでいいのです。

今はその流れに乗っていきます。
そして、今できることをやっていればいいのです。
変化が必要なら、必要な時期に必要なことが起きてきます。

宇宙が段取りしてくれます。
それに乗っかっていけばいいだけです。
そんな感じで生きていけば、楽にスムーズに生きられそうです。

このことを意識してやっていきます。
どんな時も今が一番幸せです。
ちゃんと気がつくようにします。

# by human-space | 2018-12-12 20:21 | diary | Comments(0)
今どうしても引っかかるものがあります。
自分の中では、我慢できるものと、どうしても我慢できないものがあります。
そういう意味では、世の中に二つのものがあります

我慢できないものは、ゼロです。
我慢できて、何とかやれているものは、何かはあるのですから、ベストのものと思うようにしました。
ということは、今ある大体のものは、ベストです。

それは、今が一番幸せ、とも同じことになります。
変わらなくてもいい、も同じです。
ベストなのですから、変わらなくてもいいはずです。

変えるのは、内側の考え方です。
頭の中を、ベストなものと思うようにすることです。
考えを変えるだけなのですから、簡単ではあります。

そうでないものは、外側の方が変わっていきます。
無理やり変えるのではありません。
自分がちゃんと主張していけば、自然と外側の方が変わっていくはずです。

引っかかるものがあるときは、何か変えるものがあるということです。
今のままでは、いけないということです。
変わらなくてもいい、何とかやれているベストものではないのです。

こういうときは、成長するチャンスです。
変えるものがあるのですから。
今回ものそのおかげで、今がベストなのだと思えるようになりました。

# by human-space | 2018-12-11 20:25 | diary | Comments(0)
今ここ、以外はただの想像でしかありません。
何もないのと同じです。
今ここにあるものが、全てです。

そして、人間は、今ここを作れません。
現実は作れないのです。
思い通りにならないのは、当たり前です。

人間にできるのは、今できることを精一杯やるだけです。
そして、起きてくることを受け入れるだけです。
人間にやれることはこれだけです。

こういう視点から、人生を見直してみると、新しい生き方が見えてきます。
頑張ってやってみるのもいいですが、効率がいいとは思えません。
それに大変です。

それより、現実に起きることは、宇宙に任せておいて、自分がやるのは目の前のことだけだと考えると、気持ちも楽になります。
実際、その方がうまくいくように思えています。
これからは、それでやっていきます。

昨日のテニスでも、うまくいきました。
試合のような緊張する場面でも、使うことができました。
その他のことでもやれるはずです。

また、今いろいろ思っていることがあります。
でも、それは実現していません。
それは、今いいように思えていますが、実際のところは、今の自分にとって、ベストのことではないということです。

そう思って、あまり気にしないことにします。
それがベストの時が来れば、自然に現実化するでしょう。
なければ、それは自分いとって、ベストのことではなかったということです。

わかりやすいです。
そう思うと、気持ちもスッキリしました。
ともかく、自分の何かすることのできる、今ここを大事にします。

# by human-space | 2018-12-10 20:56 | diary | Comments(0)
世に言われていることに反しますが、この方がいいと思います。
今日は予定どおり、新しいテニスサークルにお邪魔してきました。
午後1時から5時まで、ずっと試合形式の練習をしています。

かなりしんどかったです。
左足もつりそうになりましたが、何とかもちました。
ともかく、最後までやれてよかったです。

こんな長丁場の時は、頑張りすぎると続きません。
結果にこだわりすぎると、精神的にももたなくなります。
ここで、いつもの、目の前のできることはやって、結果は宇宙に任せる、ということを意識してやりました。

それで、目の前のボールだけに集中できました。
そうすると、緊張がほぐれるので、結果もいいですし、疲れません。
今日は、これで助かりました。

このおかげで、最後まで楽しめました。
これは使えます。
人生を生きる上で、かなり有効な手段です。

# by human-space | 2018-12-09 20:25 | diary | Comments(0)
今日の夜のテニス、気温5度でした。
それでも、上手くなりたいという気持ちの方が勝っていて、全く問題ありませんでした。
今日は特にサーブが、いい感じに改良されて、気分よく終わることができました。

本当にテニスがしたいと思いました。
そんな時、明日は、初めてのテニスサークルにお邪魔するようになっています。
気持ちが乗っている時に、外側のことも合わせて動いてくれています。

変化するときは、こういう感じです。
自分から頑張らなくて、自然に進んでいってくれます。
こういう人生を送れるようにします。

逆に、気持ちも乗らないし、外側も何も起きてこないというときは、自分がどんなに頑張っても上手くいきません。
自分でもその感じがわかってきました。
無駄な努力をしないでよくなります。

何もないときは、何もしません。
ただ目に前のやれることをやっていくだけです。
特別なことはありませんが、ちょっとした気づきや、気持ちの変化もあって、それで十分です。

そんなに焦って、何かやろうとはしません。
もちろん、あれがあればいいと思うことはありますが、そこは気持ちをコントロールします。
自然に何も起きてこないことは、ただの欲望です。

自分には過剰な思い込みです。
それは、気持ちを抑える必要があります。
ただ、自然とできることをやればいいのです。

それだけでも人生十分ではないでしょうか。
今なんとかやれていればい、それでいいのです。
それ以外は、ただの欲望と考えます。

必要なことは、自然と起きてくるでしょう。
それに従っていくだけです。
現実に起きることに委ねるです。

# by human-space | 2018-12-08 22:44 | diary | Comments(0)
明日、新しいテニスサークルにお邪魔することになりました。
仕事の関係の人で、テニスの話題で盛り上がっていたら、その人が幹事をしているサークルに誘われました。
こちらも丁度、スクールの振替が終わりかけて、次どうしようか考えていたところでした。

それに、フォアやサーブがだいぶん良くなってきて、丁度腕試しをしたいと思っていました。
渡りに船です。
明日は寒そうですが、テニスをやりたい気持ちの方が強いので、頑張ってやります。

丁度いいタイミングに、思っていることが実現しました。
この世界のことで、現実が起こるままに委ねても、大丈夫のような気がしました。
ちょっとした気持ちの変化です。

朝通勤の時に、「今が一番幸せ」の他に、現実の認識を強めるために「現実が絶対」、「現実がベスト」、「現実を認める」、「現実を受け入れる」、「現実に委ねる」ということを言っていますが、この中で、「現実に委ねる」というのが一番意識が薄い感じでした。
この中で、一番現実味がありませんでした。
それが、こういうこともあって、少し意識が濃くなりました。

こういう現実のちょっとしたとの積み重ねで、意識が強まることを実感しました。
いつも言っている、日常の小さなことが大事だということです。
今日は改めて再認識しました。

# by human-space | 2018-12-07 20:18 | diary | Comments(0)
今が一番幸せかどうかと思っているうちは、相対世界にいます。
相対世界にいるうちは、ゴタゴタが避けられません。
ゴタゴタから抜けるには、絶対世界に入ることです。

何とかやれたらいいと、このままでいいと思える時は、絶対世界にいます。
同じく、何とかやれたらいいと、今が一番幸せと思える時も、絶対世界にいます。
どちらもあまり考えていないです。

こんなことも言えます。
相対世界にいる時は、思考の世界にいます。
絶対世界にいる時は、今にいます。

過去や未来も、思考の世界です。
絶対的なものはなく、相対世界になります。
頭の中にいる時は、相対世界にいるということです。

「今が一番幸せ」と思うことは、ただ幸せになりたいということもありますが、相対世界から抜け出るということもあります。
相対世界を抜け出れるので、ゴタゴタを避けれます。
それだけで、幸せという気持ちにもなれるのかもしれません。

ともかく、相対世界から抜け出るということが、悟りの道です。
完全には無理でしょうが、少しでも近づいていきます。
毎日毎日が勝負です。


# by human-space | 2018-12-06 21:57 | diary | Comments(0)
昼にウォーキングをしているときに考えてみました。
「今が一番幸せ」と、心から思えないのはどうしてだろう。
どうしても、今より他に幸せなことがあるように思えます。

それで、「今が一番幸せ」と今、思えないのです。
その時考えたのは、例えば、新しい車があると、今より幸せに思えます。
それで、今が一番じゃないようになるのです。

でも、新しい車はスピードが出るので、調子に乗ってとばしていたら、事故にあうかもしれません。
それで大怪我をしたら、大変なことになります。
それはとても幸せなことではありません。

ということは、今他に幸せなことがあるように思えるのは、ただの錯覚かもしれません。
そう考えると、今何とかやれているなら、「今が一番幸せ」と言うこともできます。
何とかやれているなら、それでいいのです。

もし今、何とやれていないのなら、物理的に頑張って変えなければいけないこともあります。
でも、何とかやれているなら、考えようで、どうとでもなります。
ですから、何とかやれているなら、今が一番幸せと思えばいいのです。

何とかやれていれば、変わらなくて、今のままでいいというのを前に言ったことがあります。
こんなところで繋がりました。
この「何とかやれていればいい」というのは、かなり重要なキーワードです。

今何とかやれていれば、今が一番幸せで、今のままでいいということです。
そうなると、今何とかやれていれば、考え方ひとつで悟れるということになります。
理屈は、あっているような気がします。

もちろん、現実は簡単にはそうは思えません。
でも、方向は合っていて、悟りに近づいています。
方向があっているなら、頑張りがいがあります。

ですから、これでやってみます。
今何とかなっていれば、それだけでいいのです。
悟りは、裏表の違いだけで、ただひっくり返せば簡単になれるのかもしれません。

# by human-space | 2018-12-05 22:55 | diary | Comments(0)
「今が一番幸せ」ということを再考してみました。
家庭、仕事、自分のこと、などなどです。
考えてみれば、自分が思ったようなことではないかもしれませんが、もっと大変なことをしている人のことを思うと、十分幸せだと思います。

もちろん、いいことばかりではありません。
いろいろあったけれども、今のことを考えると、幸せだと言えます。
そして、そう考えるようにします。

今ここで幸せになれないなら、どこに行っても幸せになれません。
それは違いありません。
今ここで幸せを見つけられない人は、どこに行っても幸せにはなれません。

ここが自分の居場所です。
今ここで幸せになります。
そういうふうにやっていきます。

そして、心から幸せと思えたとき、どこに行っても幸せと感じられるでしょう。
そうなると、実際どこにでも行けます。
そうなるまでは、今ここで幸せに感じられるように努力します。

意識を、今ここ、幸せなことに向けていきます。
それは、日常のちょっとしたことから少しずつです。
それは地道な努力を続けるしかありません。

# by human-space | 2018-12-04 22:01 | diary | Comments(0)
昨日、確定申告のことで、わからないことがあり、知り合いの人に電話しようと、今日の11時にリマインダーに入れていました。
仕事が少しバタバタしていたので、11時には電話できずにいると、その知り合いの人から、11時頃に電話がかかってきました。
まさに、ドンピシャです。

また、仕事のことで、気になっていたことがありました。
今日、その時になってみると、いい考えが浮かんできて、解決できそうです。
必要な時になれば、必要な情報が得られる、です。

どちらも日常のこまごまとしたことですが、いつも言っていることが起こりました。
こんなちょっとしたことの積み重ねが、だんだんと本当の確信へ変わってくるはずです。
こういう小さなことが大事です。

大きなすごい出来事など、一生に何回もありません。
いつ起こるかわからない、そんなことに頼るわけにはいきません。
それより、身近に起こるちょっとしたことの積み重ねが、大きな力になります。

普段から、このことを意識しておきます。
そんなことは、意識していたら、いくらでもあると思います。
いつも言っている、地道こそ王道です。

# by human-space | 2018-12-03 20:14 | diary | Comments(0)