ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

脳内伝達物質

感情は、何かわけのわからない精神的なものと思いがちですが、脳内伝達物質によって作られるのであることがわかっています。
前から言っていますが、感情は自分ではありません。
感情は、ただの感情です。

ですから、起きてくる感情に、真剣に向き合うことはありません。
その時の気まぐれですから、適当に対応していればいいのです。
近頃は、薬もあり、感情をある程度は調整できます。

病的にひどい時は、使うことも考えられますが、薬で一時的に良くなっても、あとのコントロールがますます難しくなります。
とても、素人で使えるものではありません。
ともかく感情は、ただの物質からきています。

神秘的なものでも何でもありません。
自分の一部で、うまくやりくりできればいいです。
自然でいれたら、言うことはないですが、ある程度は、自分から制御する必要があります。

自分が一番よく使うのは、「今が一番幸せ」と言うことです。
これで大体、オールマイティに使えます。
もちろん、パッと感情を切り替えられるわけではありませんが、ある程度は緩和できます。

これだけでも、だいぶん助かります。
ともかく、感情に入り込まないことです。
ただの感情と思って、どんなに激しくても、一時期をやり過ごせば、落ち着いてきます。

それから、冷静になって、そのことを考えてみればいいです。
ただ、その激しい時には、どうしようもありません。
そのエネルギーはかなりのものです。

考えるのは、それが過ぎてからです。
いつまでも、激しくは感情は続きません。
うまく対応することに慣れるしかありません。

by human-space | 2018-09-14 20:17 | diary | Comments(0)