ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

想念も自分ではない

感情は自分ではないと同じで、想念も自分ではありません。
昨日は特にすることがなく、夜早く寝たので、睡眠時間がたっぷり取れました。
それで頭が冴えているような気がして、想念と自分とが明らかに別のものに感じました。

考えてみれば当たり前のことですが、想念が強く起きている時は、それが自分であると思ってしまいます。
そんな時はまず、マイナスな気持ちになっています。
気をつけなければと思います。

想念は、生活に必要な情報が与えられているだけです。
動物はまさにそうだと思います。
人間は、そうでない情報も起きてくるので、ややこしくなります。

想念にうまく対処する必要がありますが、今自分に必要な情報か、そうでない情報かに分類します。
今必要でない情報は受け流すようにします。
そうすれば、だいぶん楽になれます。

今できないことは、ただの心配事です。
いちいち対処しないで、受け流すようにします。
今気にしなくても、その時になれば、必要な情報、エネレルギーが起きてきます。

想念や感情は、ストレスが少ない時は、コントロールしやすいです。
食欲などは、まさにそうです。
逆に、ストレスが強い時は、コントロールは厳しいです。

何もしていないと、想念や感情が溢れてきて、収集がつかなくなりやすいです。
適度に脳を忙しくしている方が、いいのかもしれません。
痴呆症などは、退職してからなりやすくなるのもそうですが、収集がつかなくなって、自分を守るためになるのかもしれません。

ともかく、想念は自分でないことは間違いありません。
有益な情報以外にも、不必要な情報も溢れてきます。
そこを意識してみて、うまく受け流すようにしていけば、楽に過ごすことができると思います。

by human-space | 2018-09-17 20:22 | diary | Comments(0)