ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

外側に起こることと、自分の力の及ぶ範囲の違いを感じた

自分にできることは、あまりにも小さく、外側に起こることは、別次元のことだと感じました。
自分は、外側に起こることに関与できないように思えました。
そうなると、人間は、現実に起こることを受け入れることしかできません。

でもそれは、マイナスに考えることではなく、自分がやらなくても、宇宙がやってくれると、肯定的に考えます。
自分が頑張らなくてもいいのです。
自分は、ただ目に前のできることをやればいいだけです。

そう思えるなら、気が楽です。
何が起きても、宇宙のせいにしていればいいのです。
だって、自分は現実を作れないのですから。

その代わり、何が起きても、受け入れなければいけません。
現実が間違っていると、意見を言うことはできないのです。
厳しいように思えますが、どうもそうではないようなのです。

現実に起きていることは、自分にとってベストなことが起きているということです。
ただ、人間の頭では理解できないだけです。
それは、人間は全てのことがわからないのですから、仕方がありません。

今日は、外側に現実に起きることと、自分がやれる範囲の区別を感じました。
外側に起きることのパワーはあまりに大きく、人間の力ではどうしようもありません。
やれるのは、目の前の小さな範囲のことだけです。

それをただやればいいだけです。
そう思えば、気持ちも楽になります。
何とかしようと頑張らなくてもいいのです。

結果に責任を持たなくていいのです。
結果は宇宙が作り出すものです。
それを、いいことだと思って、受け入れるだけです。

それが人生の基本パターンです。
これからは、気楽に生きます。
ただ自分が、目の前の、やれることをやるだけです。

by human-space | 2018-09-22 22:24 | diary | Comments(0)