ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

現実と想念や感情がごっちゃになっている

週明け、相変わらず調子がわるいです。
どうもよく観察していると、ただ自分の精神状態がよくないだけなのに、周りに起こることが原因ように感じられます。
周りのせいで、調子がわるくなっているように思えます。

現実と自分の感情や想念とが、ごっちゃになっています。
基本的に、現実には意味がありません。
いいか悪いが決まっているわけではないのです。

ただ人間の心が、そう決めているだけです。
現実は中立です。
現実そのものに、絶対的な価値があるわけではありません。

そう思ってよく自分の心を観察していると、かなり怪しい動きをしています。
先ほどのように、ごっちゃになって、訳がわからなくなっています。
その感情に振り回されてはたまりません。

現実には価値がなく、絶対だと思って見ていくと、かなりスッキリとします。
周りが悪く思えることも、元は自分の心が安定していないだけです。
周りが本当に悪いわけではないとわかります。

もちろん、現実が直接、感情に影響していると思えるようなこともあります。
どう見ても、現実のせいにしか思えません。
でも、よく考えてみれば、同じ現実が起きたとしても、それを受け取る人によって、どう受け取るか変わります。

それは間違いありません。
そう考えると、やはり現実には、絶対的価値がないことがわかります。
自分がどう受け取るかです。

起きてくる現実は、コントロールできませんが、どう受け取るかは、自分で決めることができます。
幸せでいたのなら、幸せなことと考えればいいだけです。
理屈は簡単です。

でも実際には、簡単にはいきません。
理屈はわかっているのですから、すぐにはできなくても、やってみる価値はあります。
今が一番幸せ、と思うようにします。

毎日言っているおかげで、少しずつそう思えるようになってきました。
それでも、まだまだなので、これからも言い続けます。
いつも、今が幸せになるまで。


by human-space | 2018-10-01 20:11 | diary | Comments(0)