ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

人生の流れに身を任せる

昨日いつもの本を読んでいて心を動かされた言葉です。
すっと楽な気分になりました。
あー何だそうしていればいいんだ、と思いました。

いままでのようにジタバタせずに、身を任せていればいいんだ。
最初からそうしていれば、こんなに苦労しなくて済んだのに。
そんなことを思いました。

身を任せて人生の流れに乗っていればいいのです。
そうすればスムーズにうまくいきます。
物事がうまく進んでいきます。

そうせずに、自我が働いてその流れに逆らっていっています。
身を任せてゆったりとしていればいいのに、ジタバタしてしまっています。
自我は宇宙の流れが見えていないのでしょう。

自分のなかの記憶や勝手な推測からいろいろやろうとしています。
それは往々にしてその流れに乗っていません。
ですからバタバタするわりには前に進みません。

じっとしていれば前に進んでいくのに。
どうしてこんなにジタバタしてしまうのでしょう。
これは自我の習性みたいなものなのでしょうがないかもしれません。

自我は時間と相対性のなかに閉じ込められています。
そのなかでいくら考えてもうまくいきそうもありません。
全体が見えないで、自分の中しか見えないからです。

宇宙の流れは、この宇宙全体から一番あったものになっています。
ですから必ずうまくいきます。
ただそれをじゃましなければです。

どうすればいいのでしょう。
ただ身を任せていればいいだけです。
何も考えないです。

ただ今にいていればいいのです。
今にいるということは、その流れに乗っているということです。
自我の外にいるので自我に邪魔をされていません。

身を任せている状態です。
昨日これを読んで、心が動きました。
これです。

これを意識していきます。
身を任せているだけでいい。
これだけで気が楽になりました。
by human-space | 2005-08-11 21:09 | diary | Comments(0)