ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

気づくことの大切さ

今日テレビで木村藤子さんが言っていました。
この気づくという体験をすることこそ、この世界に生まれてきた目的で何かと思います。
そのためにわざわざ気づいていない状態で生まれているのです。

本当はすべてわかっているのに、わからない状態で生まれてきて、ああわかったと再認識をするためにここにいるのです。
ですから今わからない状態でいるので、いいのです。
この出来の悪い状態で、いいのです。

わかってしまっていたら、わかったという体験はできないのです。
神は自分がいかにすばらしいかをわかるために、こうやっているのです。
すばらしいままでは、自分がどれほどすばらしいかわからないのです。

そのためにすばらしくない状態から、自分のすばらしい状態を見ればどれほどすばらしいかがわかります。
この世界の日常でそれに気づくことこそ、この世界に生まれてきた目的です。
それは魂が成長することです。

それがわかっていてもなかなか気づけません。
今の状態で入れることとが、どれだけありがたいか気づけば、今すぐ幸せな気持ちになれます。
外側の状態は変わらなくともです。

それは外側の問題ではありません。
自分の内側の問題です。
これこそ木村藤子さんが言っていることだと思います。

自分でもこのことを何回も何回も言っているのに、いまだによく忘れてしまいます。
最近やっとだいぶんん意識できるようにはなってきました。
それでもまだまだで、これはいくら言っても言い過ぎることはありません。
by human-space | 2007-12-25 22:01 | diary | Comments(0)