ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

ここまでの試練が必要なんだろうか

昨日の江原さんの番組を見ているとそう思います。
母親が自分の娘をひき殺す、その母親はどんな気持ちでいるでしょうか。
いつも人生は魂の成長のためにある、と言っています。

それは今でも間違いなと思います。
この母親の場合もこのことによって成長していくのだと思いますが、それにしてもここまでする必要があるのだろうかと思ってしまいます。
あまりにも厳しすぎます。

こういったとき、本当に声をかけられるのだろうかと思います。
まだまだ本質がわかっていないのでしょう。
言えることは、もうそろそろこの世界の生と死の仕組みを理解しなければいけないということです。

そのことを見せてくれているのでしょうか。
死んだからといって、いなくなる訳ではないのです。
そのときはつらかもしれませんが、長い目で見ればその人にとってそれが魂の成長に必要だったのでしょう。

この生と死の仕組みがわかっていれば、これほど悲しむことはないはずです。
このことはどうしてもわかっていなくてはいけないということです。
こんな番組が堂々と放映されるようになったのは、もうみんなが知る時期が来ているのだと思います。

それがこういう番組となって表面に出てきているということです。
この世界に悲しみを減らすためにも理解しなければいけません。
こういうスピリチャルなことが前提となる社会が来つつあるのかもしれません。

人類は夜明けを迎えようてしてます。
今までの物質主義が前提ではなくて、精神主義が前提の社会です。
ともかくこれしか人類の生き残る道はないのです。
by human-space | 2007-12-27 21:27 | diary | Comments(0)