ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

2005年 03月 09日 ( 1 )

きょうの通勤の車のなかで思ったことです。
いまここの自分がベストの状態でいるということです。
それは自我が今どのように思っていてもです。

いまここです。
何年か先の頭のなかにある理想の自分ではありません。
いまここにいる自分です。

いまここがベストだといっても、そのままずっといいなければいけないというのはありません。
別のベストの状態に変わっていくだけです。

難しく考える必要はありません。
単純なことです。
ずっとベストの状態なのですから。

つまりベストの状態しかなりえないのです。
ここに存在しているということ自体がたいへんなことなのです。
存在していないということは、無なのです。

中途半端はないのです。
存在しているか、無かしかないのです。
存在しているというのは、たいへんなことなのです。

あるのとないのでは全然違います。
ですから在るというのは偶然ではなく必然なのです。
何か理由があって、いまここにいるのです。

その理由がわからないため、ベストだと思えないだけです。
こころの奥底がわかれば、その理由がわかるでしょう。
それがわかれば、この世界は完全に機能していることがわかります。

いまここは完全な状態ということになります。
いまここの私は完全に機能しています。
何も直すところはありません。

いま完全に働いている機能を生かして、やっていけばいいのです。
今までもそうでした。
何も反省するところはありません。

何も心配することもありません。
機能はつねに完全であるので、失敗はありません。
機能しないというのはありません。

機能しない、イコール、この世界の崩壊ということになります。
この世界が在ることが完全である証拠です。
いま個々にいる事自体が、完全なのです。

長くなってしまいましたが、いまここの私は完全に力を発揮できる状態だといことです。
どこかを直さなければいけないというのはありません。

ですから何も考える必要もなく、したいことができる状態なのです。
いまここから、やっていきます。
いまここです。

PS
眠くなって頭のなかで焦点がうまく結ばなくなってきました。
書いているうちに、ちょっと最初思っていたのと違う方向にいってしまいました。
また眠くないときに書いてみます。
by human-space | 2005-03-09 23:01 | diary | Comments(0)