ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

2008年 03月 21日 ( 1 )

昨日テレビで若年性のアルツハイマー病についてやっていました。
テニスがあって最後まで見れませんでしたが、けっこう衝撃的でした。
記憶がなくなるというのが、こんなたいへんなことだとは思いませんでした。

記憶がなくなると、自分という個性もなくなってしまう?
自分であって自分でなくなるのです。
50代のまだまだしっかりしている人が、あんなふうになってしまうのはショックです。

人間とは何だろうと考え込んでしまいます。
当たり前ですが、まだまだわからないことだらけです。
わかったのは、今こうして普通にいられることが、いかにすばらしいことかということです。

普通に何でもできることがとてもありがたいことなのに、何でもないことに意識がいってしまって、不平不満ばかりいっています。
近ごろだいぶん切り替えれてきていますが、まだまだいつの間にかいつも通りに戻ってしまっています。
気をつけなければと思います。

こうして何でもできるときに、悔いのないようやりたいことをやっていきます。
文句ばかりいっているどころではありません。
今やらなくて、いつやるのです。
by human-space | 2008-03-21 22:28 | diary | Comments(0)