ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

2018年 02月 02日 ( 1 )

久しぶりに風邪をひいて、いろいろなことを再認識しました。
一番は、健康のありがたみですが、今回特に、食事のことです。
熱も多分ほとんどなく、食事のことも、何も言っていなかったので、普通の食事でした。

その食事をするのに、これほどのエネルギーがいるとは思いませんでした。
少しずつですが、だんだんと良くなったので、食事の制限をしていなかったのですが、体そのものは楽になっても、食事するだけで、このしんどさは初めてでした。
食事で、体力をだいぶん使ってしまう感じでした。

昔、よく母が、風邪をひくと、お粥やおじやを作ってくれていましたが、なんと今頃になって、それが理にかなっていることがわかりました。
暖かくて、柔らかくて、楽に栄養を補給するには、それが一番のような気がします。
本当に経験してみないとわからないものです。

あと、やはり少しは熱があるのか、ほとんどのものは、味が変わっていました。
食べた中で唯一、みかんが同じ味でした。
水分も補給できるし、風邪にはぴったりです。

でも、みかんの中身だけで、いつもは一緒に食べている薄皮は、食べるにエネルギーがいりそうで、食べれませんでした。
それなりの、つらい体験をしましたが、それも、無駄ではないと思います。
次に活かせるし、人にもやってあげられます。

風邪なんて、元気な時は、たまにはちょっと引いてみて、ゆっくり寝たいなんて思うこともありますが、とんでもないです。
職場でも、休む人がいますが、やっと、その人の気持ちになれました。
自分が体験してみないと、人の痛みは分からないものです。

弥勒像の慈悲深い顔は、その奥に、数え切れないほどの痛みを体験してきたということでしょうか。
そうでないと、万人に、あの慈悲深い顔はできません。
苦労も、痛みも、神様が必要があって、与えられているということでしょうか。

by human-space | 2018-02-02 21:26 | diary | Comments(0)