ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

2018年 04月 24日 ( 1 )

昨日は、大阪に、yui率いるFLOWERFLOWERのライブに行ってきました。
生チェリーも聞けてよかったですが、2階だったせいもあって、いまいち盛り上がれずに、不完全燃焼気味です。
やはり、1階のスタンディングで頑張るべきだったでしょうか。

ともかく、スキーやテニスの専門ショップに行き、百貨店の地下食品売り場等で、美味しいものを食べ、満足しています。
時には、都会の空気を吸うのも悪くないものです。
可愛くないですが、可愛い子には旅をさせよ、ですか。

これも考えてみると、自分を通して体験していることがわかります。
同じFLOWERFLOWERのライブに行っても、大満足している人もいるでしょうし、そうでない人もいます。
そこには必ず、自分通して体験しています。

自分がいなければ、FLOWERFLOWERもいないのと同じことです。
自分を通さないものは、自分にとって、ないのと同じです。
自分の世界には、存在しないということです。

自分を通して初めて、存在すると言っていいでしょう。
それでも、必ず存在するのは自分です。
これは絶対的に存在します。

何が言いたいかというと、頼るべきは自分であって、外側のものではないということです。
外側のものは、自分を通して存在しますが、それは、その時の自分に影響され、虚ろいやすいものです。
それを中心に考えることはできません。

頼るべきは、自分の内側です。
内側さえしっかりしていれば、そとそれにあった外側のものを選択してきますで、うまくいきます。
内側が揺らいでいれば、外側ものそのようなものが選択されてしまいます。

外側は、内側次第です。
意識がしっかりしていれば、それにあった現実を選択していきます。
逆に、意識があやふやなら、そのような現実が選択されてしまい、混乱してしまいます。

つまり、外側があやふやなので、大変なことになるのではなく、もともと内側があやふやなので、外側もそうなってしまうのです。
内側がまずしっかりして、そういう現実を選択していけばいいのです。
もちろん、それでも、うまくいかないこともあります。

それは人間の力の及ばないこともあるので、どうしようもありません。
でもそれも、落ち着いて考えてみれば、マイナスと思えることも、プラスなことだったこともあります。
ちゃんと意識的であったのに、起きてきたことことがそう思えないときは、自分がそう思えないだけかもしれません。

常にちゃんと意識的でさえいれば、プラスなことを選択できますし、そうでないと思われることがあっても、それは、見方を変えれば、結局プラスなことだったということになるはずです。
わからないの自分だけで、神様から見れば、常に正解のことしかありません。
ちゃんと意識的でさえいれば、そういうことしか体験できないのです。

やるべきことは、外側をどうしようということではなく、ちゃんと意識的でいることです。
それさえできていれば、何があっても、マイナスに思うことはありません。
自信を持って生きていきましょう。


by human-space | 2018-04-24 21:20 | diary | Comments(0)