ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

先週のわかった!という感覚は一週間続いています。
本当にわかったのでしょうか。
困ったときにもちゃんと意識できていて、すべては自分の成長のために起きてると思い直せています。

もちろん完璧にやれているわけではありませんが、カーッときたりせず、まずまず気分を切り替えられています。
悪く思わないようにしたので、フラットな気持ちでいれました。
今週は合格点でしょう。

といっても神意識というものではさらさらありません。
それでも平静でいられたぶん、楽に過ごせました。
とりあえずしばらくこれでいきます。

マイナスな方向にいかないよう、常に内側を見張っていきます。
まずはこれを基本にしていきます。
何があってもこれだけは意識するようにします。
by human-space | 2007-08-10 22:26 | diary | Comments(0)
今日のテニスがそんな感じです。
この頃はすべて肯定的考えるようにしています。
それは同じですが、それは楽をするということではありません。

肯定的に考えてはいきますが、じっとしているだけではありません。
動かなくてはいけないときは、一生懸命頑張ります。
目の前にそういう状況があれば、やるべき時はやります。

その時はたいへんですが、あとが楽です。
まあこれは性格の問題かもしれません。
そのほうが充実感があって、後悔しなくて済みます。

ともかく肯定的に考えることだけでなく、やるべき時はやるということです。
せっかく肉体を持って生まれてきているのです。
こういったスポーツなんかは、今しかできません。

魂だけになると楽になるかもしれませんが、一生懸命やった充実感というのはもう味わえないのではないかと思います。
今しかできません。
悔いのないようやっていこうと思います。
by human-space | 2007-08-10 01:57 | diary | Comments(0)
まずやるべきことはこれです。
内側さえちゃんとなれば、外側は何とでもなります。
今は外側のことは考えずに、内側を変えるようにしていきます。

いま外側のことにそれほど意識を集中しないでいい状態です。
それなりに頑張っていれば何とかなります。
今が内側に集中するチャンスです。

しばらく内側に意識を向けていきます。
もちろん起きている間ずっとです。
瞑想しているときだけではありません。

どんなときもいいように考えていきます。
あのわかった!と思ったときから、割とスムーズにできています。
想念を切り替えやすくなっています。

もちろん想念はいつもどおり起きてきます。
起こってくる想念や感情は変わりません。
あとどう対処するかです。

今のところうまく思い直せています。
まずはこの状態が続くようにします。
マイナスの想念が起こってくるのはしょうがないですが、それが心のなかに長い間占めないようにします。

それができるようになれば、外側は自然に変わってくるはずです。
これからどうなるでしょうか。
ちょっと楽しみではあります。
by human-space | 2007-08-09 01:17 | diary | Comments(0)
江原さんの天国からの手紙のエンディングのときに、生命って何て美しいのだろうと思いました。
ほんとに何回見ても素晴らしい番組です。
若干の過剰演出はありますが、圧倒的にそれを上回る内容です。

霊が見えるということが目的ではなく、そのことを通じてどう生きたらいいかを教えていく江原さんの姿勢が素晴らしいです。
最初の場合がそうです。
いうべきことはちゃんと言って、これからの方向性を示していく、これが本当のカウンセリングでしょう。

2番目の場合はその当事者だけではなく、周りの関係者までフォローしていました。
救助した人もでていましたが、保育園の関係者の方も心の傷を受けています。
ここまでやっている番組は今まで見たことがありません。

最後は生命の美しさを感じました。
この生命というものはとても貴重なものなんだなあと思いました。
こうして肉体を持って生きていれるというのは、とてもまれなことのようです。

どうもあの霊でいるほうが普通のようなのです。
こうして肉体を持って生きていることが特別なことのようなのです。
ですから実際たいへんなこのほうが多いですが、大切に生きていかなければいけません。

いつも言っているつもりですが、改めて思い直しました。
何事もやけにならず、ちゃんと生きようと思います。
命をあることをありがたいと思って。
by human-space | 2007-08-07 23:05 | diary | Comments(0)
昨日わかったような気がしたので、今日は早速腕試しです。
相変わらず仕事ではイライラが起こりますが、これも自分のために起きていると思うことでイライラを引きずらずに済みました。
まずまずです。

といっても今日特に意識したのはこれくらいで、あとはだいたいいつもどおりでした。
仕事が予定どおり進んだのも成果でしょうか。
これといってなかったのですが、何もないというのもいいことだと思います。

今日は肯定的に考えるのが、スムーズにできた気がします。
ほんとにわかってきたのでしょうか。
まだまだどうこう言えるところまではいっていませんが、少しでもよくなっているのは確かです。

油断せずに意識的になっていきます。
忘れないようにします。
まずはこれだけを考えます。
by human-space | 2007-08-06 21:27 | diary | Comments(0)
どんなこともいいように考える(すべては自分の成長のために起きている)、これは昨日いった感謝するということも含まれるのですが、これこそが人生を生きるうえでの真実だということがわかりました。
このことは今まで散々いってきたことで、始めてのことではありません。
100回では効かないと思います。

それが何故か今日、ふとわかったのです。
わかったと思ったのです。
わかったと、いう感覚があったのです。

今日になってやっと本当に理解できたということでしょうか。
人生を充実したものにするためには、行動することによって実現していくのですが、ただがむしゃらにやっていくのではなくて、まず自分の内側を変えていくということです。
内側をつねに肯定的に保っておくというものです。

内側の状態が外側に現れてくるのですから、内側さえ肯定的ならば、外側にたいへんなことは起こってこないということです。
単純な理屈です。
これこそが人生を楽に生きるための簡単な方法だと思いました。

もちろん他にもやり方は無限にあって、いいと思うことはやればいいのですが、これさえできていれば、だいたいはうまくいくと思いました。
生きることのそんなにむずかしく考えなくてもいいと思いました。
これだけを意識してやっていくだけです。

自分の心を気をつけていくだけです。
これをするためのテクニックが必要なわけではありません。
全く練習というものも必要ありません。

もちろんお金もいりませんし、場所も関係ありません。
行動するわけではないので、体力もいりません。
体も調子の良くない人でもやれます。

ですから今すぐからやれます。
これだけで人生が変わります。
今日そう思えました。

今までなんで力を入れてこなかったのだろうと思います。
思い出してやってはいるのですが、すぐ頭から抜けてしまっていました。
それでいつの間にか不平不満を言っています。

今からやります。
理屈は超簡単ですが、やるのはなかなかです。
まずはいつの間にかこのことを忘れてしまいます。

わかっていてもいいように思え直すとこができないときもあります。
なかなかできないところに、この当たり前のことが知れ渡っていないのでしょう。
ともかくやるだけです。

自然にできるようになるまでは、常に意識しておく必要があります。
車の運転と同じですね。
最初は頭の中が運転のことでいっぱいでも、しばらくすると何も考えなくても自然にできるようになります。

そうなると、もう人生にはたいへんなことが起こらなくなるでしょう。
今までの習慣を変えるので簡単にはいかないでしょうが、やるだけも価値はあります。
もうたいへんな思いはしたくないですからね。
by human-space | 2007-08-05 16:18 | diary | Comments(0)
これだけ言っていても、いつの間にか感謝することを忘れています。
うまくいっているときは誰でもできますが、うまくいっていないときに感謝できるかです。
これはなかなかむずかしいです。

わかっていてもできないときがあります。
そのときの感情に押されて、心の隅では覚えてるのに感謝できないときもあります。
それより一番多いのは、感謝すること自体を忘れていることです。

感謝することを思い出せていれば、感謝することで感情のバランスをとることができるのに、判然と過ごしてしまっています。
これは何回も自分に言い聞かすしかないようです。
これだけやっていてもまだまだです。

今日もそれほどたいしたことではありませんが、心のなかで不平不満を言っていました。
だいたい一日そんな感じでした。
今頃になってやっと感謝することを思い出しました。

これでやっとバランスが取れてきました。
落ち着いてきて、肯定的に思えるようになってきました。
もっと早く思い出せば、一日有意義に過ごせたのになあと思います。

また明日からです。
ともかくやるだけです。
感謝、感謝です。
by human-space | 2007-08-04 22:32 | diary | Comments(0)
この前言っていたNHK BSの宇宙の統一理論の番組が終わりました。
3回シリーズで、1回目は概要、2回目はひも理論、3回目はひも理論から導きだされる超空間についてでした。
昔この手のことに熱中していた頃を思い出し、とても懐かしく見ていました。

もちろん数学をやっていないので、ちゃんとした認識はできていませんが、一般の人向けの本を読んで何となくはわかったような気でいていました。
その当時から画期的には進んでいないようです。
多次元宇宙、高次元空間など非常に興味をそそられます。

物理学は精神世界にだんだんと向かってきているようです。
そうしないとこの世界のことをうまく説明できなくなってきているからです。
ある意味順当な方向だと思います。

まだまだ一般化していませんが、物理学者はこの世界は皆が思っているような世界ではないと感じているようです。一番わかりにくいのが、意識と物質世界の関係です。
量子力学でそのことをかいま見ることができますが、話題になるだけでとてもちゃんとした解明をするというところまではいっていません。

私が思うに、意識と物理学との関係が解明されなければ、何もならないし、間違った方向に進むこともあります。
個人的にもとても知りたいです。
これはなかなか進まないかもしれませんが、突然一人の天才が現れて、一気に解決するかもしれません。

間違いないのは、この世界がみんなが思っているような世界ではないことです。
確固たる固定したものではなくて、ぐにょぐにょした不確かなものです。
意識なくしてこの世界はないということです。
by human-space | 2007-08-03 22:37 | diary | Comments(0)
今日はこれがちょっとできました。
そんなにたいしたことではなくて、起きてくる感情を意識的に感じるということです。
感情に意識的になるということです。

感情は肉体がなければ出てきません。
厄介な肉体があるからこそ、感情があります。
生きているというのはたいへんなことのほうが多いですが、生きて肉体を持たなければ感情を体験することはできません。

今でなければできないのです。
死んで肉体から離れると、苦しむことはなくなって楽になるけれども、感情はなくなると思われます。
平穏ではあるけれども、ドキドキすることがなくなるいうことでしょうか。

肉体を持って四苦八苦していた頃が懐かしくなるのではないでしょうか。
そう思って、今のうちに感情を楽しんでおこうと思っています。
できるだけ感情に意識的になります。

意識的になるということは、第3者の目で見るということで、客観的なれます。
感情に飲み込まれていないということです。
感情に取り込まれると、たいへんな目にあいます。

それは避けようと思います。
派手な感情ではないですが、日常のちょっとした感情の変化を楽しみます。
今日はちょっとそれができました。

ちょっと心の余裕ができたということでしょうか。
この時間をできるだけ長くしていきたいです。
毎日毎日このことも意識していきます。
by human-space | 2007-08-02 21:27 | diary | Comments(0)
かなり無理をしてでも、今のままでいいと思うようにしています。
そう思っていても、いつの間にか不平不満を言っています。
口に出すほどではありませんが、心のなかではいつも文句を言っています。

いろいろ問題があるように感じているけれども、今のままでけっこう幸せでありがたいことだと、気がつけば思うようにしています。
今そう思えないなら、後どんなときでもこのままでいいとは思えないことになります。
今できないのにいつできるのかということです。

今そう思うのです。
ちゃんとした言い訳があると思えるときもです。
どんなときも例外はなしです。

目の前にそう思えないことが自分いとっての課題です。
そう思えないなら、それが今クリアーすべきものです。
そこを解消していきます。

それができてもまた次がやってくるでしょう。
生きている間はこの繰り返しになります。
これが完全にクリアーできるまでは次ぎにいけません。

この世界では他のゲームは行なわれてはいないようなのです。
楽しみを見つけながら気長にやるしかないですね。
そのへんをうまく調整しながらやっていきます。
by human-space | 2007-08-01 22:01 | diary | Comments(0)