ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

きょう、仕事で、トラブルがありました。
でも、そのとき、近くの人が、いいアイデアを教えてくれ、そのようにやっていると、関係者が、いいタイミングで動いてくれ、自分は、たいしたこともせず、無事解決できました。
周りが、自然に動いてくれている、感じでした。

ちょっと、神様の気分を感じました、
神様は、自分で何もしなくても、周りが動いてくれ、物事を達成していくように思います。
それが、午前中に終わり、いい気分でいました。

それが、午後になって、うまく処理できなかったと、関係者から連絡がありました。
一転、頭のなかが、真っ暗になりました。
どうも、調子に乗りすぎていたかもしれません。

何てことはない、また振り出しに戻り、結局は、一から自分で処理をするとこで、何とか解決することができました。
これなら、普通のトラブル処理です。
午前中の感覚は、幻だったのでしょうか。

なかなか、うまくはいかないものです。
でも、午前中の、自分がちょっと動き出すことで、絶妙のタイミングで、周りが、動いてくれていったときは、完璧な出来事のように感じました。
今回は、ちょっと違いましたが、あの午前中の感覚を、また体験したいものです。
by human-space | 2015-10-22 00:47 | diary | Comments(0)
ときどき、将来に対する不安だと思いますが、よくわからない不安が、起きてくることがあります。
そのとき、何が起こっても、あるがままを受け入れればいいんだ、ということを思いました。
そう思うと、心が、落ち着いてきました。

この宇宙は、因果の法則によって成り立っていて、それが、複雑に絡み合って、影響し合っています。
それは、あまりにも複雑なので、とても、人間の理解を超えています。
つまり、頭で、考えても、わからないということです。

そうなると、複雑な因果の法則の結果を、受け入れるしかありません。
それが、あるがままを受け入れる、ということになります。
それは、ただの受け身になる、ということではありません。

自分のやれることはちゃんとやって、あとの結果は、神に任すしかない、という感じです。
まず、やることをやらないのでは、結果はついてきません。
やることをやることまでが、人間のできることです。

そこから先は、心配してもしょうがありません。
あるがままを受け入れるだけです。
そう思って、毎瞬毎瞬を、生きていくだけです。
by human-space | 2015-10-21 00:33 | diary | Comments(0)
時々、他の人の気持ちがわかったらなあと、思うことがあります。
神様だったら、わかるのでしょうか。
人間にはわからないので、モヤモヤ、悩んでしまいます。

わかったらいいと思いますが、今の精神状態で、わかってしまったら、収拾がつかなくなりそうです。
どうも、わからないほうが、まだ、マシのようです。
全員が、高い精神状態になって、どう見られても、大丈夫になれば、わかるようになっても、いいのでしょう。

当たり前ですが、ほんとに、他の人の気持ちはわかりません。
ぼんやりとでも、わからないかと思いますが、全くわかりません。
何か、外側に表してくれないと、どうしようもありません。

現実的には、コミュニケーションを、よく図るしかなさそうです。
たまに、心は通じ合ったと感じることがあります。
そんなときは、気持ちのいいものです。

ただ、全てが、つながるわけではありません。
ほんの、一部分だけです。
それでも、つながったと感じられます。

自分も含めて、完璧な人間はいないので、相手の心、全てがわかってしまうと、付き合いは、できそうもありません。
ですから、相手の、いいところだけを、見ることで、うまくやっていくことができます。
これが、得策です。

誰にでも、ダークな面はありますから、それは、見えないし、見ないようにすればいいのかもしれません。
意識して、いい面だけを見ていくようにすればいです。
それが、現実、この世界で、うまくやっていく、コツかもしれません。
by human-space | 2015-10-19 21:11 | diary | Comments(0)
きのう、ネットで、この冬用の、ジャケットを注文してしまいました。
facebookの広告に出ていたもので、衝動買いです。
服は、あまり買う方ではないので、たまに気に入ったものがあると、ここぞと、買ってしまいます。

買うことは決めたのですが、色で、ブルーと黒の、どちらにしようか、迷ってしまいました。
ブルーの方が、安心して着られて、問題ないのですが、黒が、かっこう良く見えました。
実物だと、迷わなかったのかもしれませんが、ネットの写真なので、わかりかねました。

一万円くらいのもので、ジャケットとしては、それほど高いものではないのですが、いつもユニクロで買っている身としては、慎重になります。
しばらく、考えていましたが、結局、ワクワクする方にしました。
まだ、現物が届いていないので、何とも言えませんが、これでよかったと思っています。

最後は、自分の心の、感覚を信じます。
ブルーにしていれば、間違いなかったのでしょうが、どうなるでしょうか。
早く届かないか、と思います。

基本、自分の心の感覚を、信じるようにしていますが、迷ったときは、常識的判断を、するようにしています。
そのほうが、心が安心します。
ある意味、心の感覚に従っている、ともいえます。

これは生活の、どんなときにも、使っています。
大きな決断をするとき、安定より、ワクワクに進むとき、勇気がいります。
でも、心の声に従って、進んでいきます。
by human-space | 2015-10-18 22:34 | diary | Comments(0)
今朝、起き抜けなのに、いいように考えられました。
きょうは、朝早くから、祭りの神輿の巡回がやってきました。
いつも、ご祝儀を渡すことになっていて、例年あまりいい気持ちでいれなかったのですが、今年は、朝早くから、みなさんご苦労様です、という気持ちになれました。
また、右の指を、ちょっと切ったのですが、ちょうど、テニスがない時なので、ゆっくり直せるとか、いいように考えられました。

少しは、進歩してきているのでしょうか。
きょうは、入院している親戚の人の、見舞いに行ったり、一日、平静に過ごせました。
なかなかいい感じでした。

夕方になって、車のガソリンを入れに行きましたが、いつも入れるブースの、隣の車がはみ出しています。
おかげで、こちらは、斜めに入れる羽目になりました。
一瞬、ムッときました。

ガソリンを入れ終わって、出ようとすると、夕方なので、なかなか出れません。
右折なので、両方の車線が開かないと出れなく、うまくタイミングが合いません。
このときも、ムカムカ、やっぱり、たいした進化はしていないようです。

右折で出れないときは、こんなことになるのは、試されているのだろうかと思いました。
偉そうに、進化していると思っているようだけれども、神様が、どれだけのものか、見てやろうとしたのでしょうか。
残念ながら、まだまだでした。

ちょっと、精神状態が不安定だと、このザマです。
それこそ、調子に乗らないようにしなければと思います。
起こってくる感情は、軽く、受け流せるようになればと思います。
by human-space | 2015-10-17 20:01 | diary | Comments(0)
人間は、宇宙のすべてのことはわかりませんから、本当のことは、わからないことになります。
ということは、人間は、常に、勘違いをしていることになります。
よかったり、わるかったり、嬉しかったり、悲しかったり、いろいろな感情が浮かんできますが、それは常に、間違ったことによる、感情といえます。

ですから、それらの感情を、真に受けとめる必要は、ないということです。
起こってくる感情に対して、深刻に考えることは、ないということです。
きのうと同じことで、有頂天になりすぎず、落ち込みすぎないように、するということです。

それらが、全く無意味かというと、そうではなく、これが、この世界の、成り立ちだ、ということを、理解していればいいということです。
思い悩みそうになった時、ああそれは、そんなに深刻にかんがる必要はないんだ、と思えると、そこから、抜け出ることができます。
このことが、わかっていても、いざその現実にぶち当たった時は、そうもいかないことがあるでしょうが、少しでも、そこから抜け出るきっかけになればと思います。

たいへんなことをしたと思っていたとして、宇宙全体から見れば、プラスのことに働いているかもしれません。
それは、人間には、いくら考えても、わかりません。
ですから、悩む必要はない、ということになります。

できないものは、できません。
それは、何をやっても無駄だと、いうことではありません。
自分の思うように、やればいいのです。

人間には、それしかありません。
勘違いでも、起こってくる感情は、ほんとうのものです。
その起こってくる感情を、深刻に考えすぎず、楽しんでいきたいですね。

感情は、神様の贈り物です。
素晴らしい感情も、いくらでもあります。
いいように、利用したものです。
by human-space | 2015-10-16 21:19 | diary | Comments(0)
今週は、天気が良く、火、水、木と3日間、テニスができました。
できたこともあり、できなかったこともありますが、まずまずやれたかと思います。
ずっとやっていると、よくわかりますが、相手が弱いと、こちらが強くなります。

逆に、相手が強いと、こちらが弱くなります。
当たり前のことですが、今回、よくわかりました。
弱い相手に、うまくできて、うれしくなり、強い相手に、ボコボコにされ、がっくりします。

ようは、すべて相対です。
絶対的なものはありません。
この世の中すべて、これで成り立っています。

上がったり、下がったりが、当たり前です。
そういうことですから、この時の感情を、真に受けはいけません。
上がった時、有頂天にならず、下がった時、落ち込まないようにするということです。

それができれば、感情が安定してくるでしょう。
言うは易し、行うは難しですが、意識してやっていきます。
これで少しは、フラットな気持ちでいれるでしょう。
by human-space | 2015-10-16 00:42 | diary | Comments(0)
きのうの仕事ことで、ちょっとしたトラブルがありました。
いつもの、イケイケで、うまく処理をしたのですが、その時、うまく対応していたら、何でもないことでした。
きのうの段階で、ちょっと、遠慮をしてしまいました。

もう一押しできていたら、と思いました。
もちろん、時と場合によりますが、遠慮はしないほうがいいです。
遠慮したことで、今回のように、うまくいかないと、モヤモヤが残ります。

ちょっとの間、モヤモヤしていたのですが、今回の件のおかげで、遠慮はしないほうがいいという、教訓を得られました。
それが次の、大きなことに役立ったなら、今回のことは、プラスなことになります。
そんなことを思うと、モヤモヤした気持ちが、晴れてきました。

やはり、ものは考えようです。
つねに、いいように考えなければと思います。
それも、いい教訓です。
by human-space | 2015-10-15 00:06 | diary | Comments(0)
例えがわるいですが、理屈ではなく、バカの一つ覚えのように、やれるようにしておくということです。
生きているうちは、理性が、対応できなこともあります。
理性が働かなくても、覚えていて、使えるようにしておくことが必要です。

「今が一番幸せ」と、ただ、言い続けて、脳に、覚えこませるようにしています。
この回路が作られれば、理性関係なく、そう思えるようになります。
もうだいぶん、脳に定着してきているのか、朝寝起きの時にでも、浮かんでくることもあります。

朝寝起きはつらいですが、「今が一番幸せ」と思えると、少しは、気持ちが和らぎます。
こうなると、理屈の世界ではないです。
理性は必要ですが、理性では、すべては、フォローできません。

ともかく、単純に、脳に記憶させることです。
肉体で生きている限りは、脳をうまく使うことが大切です。
魂レベルのことより、まずは、脳です。
by human-space | 2015-10-14 00:46 | diary | Comments(0)
きょうは、親父の墓参りに、行ってきました。
父が亡くなってから、毎月、命日の日前後に、母に連れ立って、行っています。
いつもの墓参りですが、きょうは、「今こうしていられるのは、親父のおかげ」をいうことを思いました。

よくある話ですが、親が亡くなってから、そのありがたみがわかり、生きているうちに、親孝行しておけばよかったというやつです。
私も、多分に漏れず、これです。
生きているうちは、薄々は思っていましたが、何もせずじまいでした。

死んでからでは遅いですが、墓参りくらいは、やろうと思います。
きょうは何故か、特に、このことを思いました。
肉体的には、当たり前ですが、今こうしていられるのは、親父のおかげということを、実感しています。

小さい時から、今まで、のほほんと来れたのも、親父が、いろいろとやってくれたおかげと思います。
それがなければ、今こうしていないと思います。
自分一人で生きていると、思いがちですが、考えてみると、そんなことはないことは、明らかです。

元気だったのに、急に亡くなったのも、いつまでも独り立ちできない自分のために、独り立ちできるように、絶好のタイミングで、亡くなってくれたかと思うようなこともあります。
さすがに、そんなことはないのでしょうが、それくらい、自分のためにやってくれていると、思えるようになってきました。
もちろん、本人が、やろうとしてやっているわけはありませんが、私のことを思ってくれている気持ちが、そんな現実になっていったのではないかと、思えるくらいになっています。

そんな気持ちがあるのに、やるのは、墓参りくらいで、大したことはやっていません。
やれる範囲で、母の面倒は、見なければとは思っています。
そんな感じで、普段は、何もできていませんが、墓参りの時くらいは、このことを思い出して、感謝するようにします。
by human-space | 2015-10-12 17:44 | diary | Comments(0)