ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2016年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今度、結婚式に行くことになっています。
その時の服装を、礼服にするか、スーツにするか、たいしたことではないことで悩んでいました。
それが、ある時、ふと、ある考えが浮かんできました。

そういえば、今度の結婚式の会場は、フレンチレストランを借り切ってやるということなので、食事は期待できそうだ、ということは、形だけの礼服より、ちゃんとしたスーツで、食事を楽しもうという気になりました。
そう思えると、結婚式に行くのが、楽しみになってきました。
ちょと考え方を変えると、気分もこんなに変わるもんだと、感心しました。

今回のは、日常の些細なことですが、こういうことに積み重ねで、人生が豊かになると思います。
大事なのは、先の大きなことではなくて、目の前にあることです。
それこそが、今、自分がやるべきことです。

今にいる、というのは、そういうことです。
今にいることが、ちゃんとできなければ、何もできてないことになります。
この現実は、今しかないのですから。

今、幸せになることです。
今幸せになれる人は、いつまでも幸せになれます。
逆に、今幸せになれない人は、いつまでたっても、幸せになれません。

そんな人は、いつになっても、幸せになれない言い訳を考えてしまいます。
言い訳など、考えれば、いくらでも思いつきます。
ですから、無理やりでも、今幸せと思うことです。

何か言い訳が、浮かんでくるでしょうが、無視します。
今が幸せです。
それが、本当に幸せになる秘訣です。

by human-space | 2016-09-09 23:15 | diary | Comments(0)
今朝、錦織選手が、全米オープン準々決勝、リオの金メダリスト、マレー選手に勝ちました。
朝早く目覚ましをかけて観ましたが、すごい試合でした。
その中で、解説の松岡修造さんが、「ここからは相手ではない、自分との戦いだ」言っていたことが、印象に残りました。

私もテニスをやっているのでよくわかります。
相手がいるのはもちろんですが、まず、自分との戦いがあります。
相手や周りの状況、その時のポイントなど、自分の心を乱す要素は、山ほどあります。

それらに打ち勝たないと、まず試合には勝てません。
特に、これほどすごい試合になると、ますます自分との戦いが大きくなります。
松岡修造さんは、そのことを言っていたのでしょう。

でもこのことは、人生に対する格言でもあります。
生きていると、影響されやすい要素は、いくらでも出てきます。
それらと戦うのではありません。

それらが、自分の内側に影響してくるものと、戦うことになります。
つまり、それは、直接の相手ではなく、自分との戦いです。
自分の中の問題です。

まさにこのことは、テニスだけでなく、人生の問題です。
自分に勝てなければ、精神的安定はありません。
意識を向けるのは、外側ではなく、内側です。

by human-space | 2016-09-08 22:35 | diary | Comments(0)
何かを決めようとするときは、自分の内側の感覚が、一番しっくりくるものを、選択するようにしています。
これで、だいたい間違いありません。
自分の内側の感覚を信じられています。

今日、仕事で現場に出ていましたが、そこで、考えることがあって、その時も、自分の内側の感覚を信じてやっていました。
それで、ほぼ大丈夫です。
それがあるので、決断も早いです。

自分でも、これは強みだと思っています。
他の人は、どうしていいやら決断できなくて、モタモタしていることがあります。
端から見ていて、歯がゆくなる時がありますが、信じるものがなったら、しょうがないのかもしれません。

ともかく、パパッと決めることができるのは、ありがたいです。
今日も、現場で、パパッと決めて帰ってきました。
こうできると、精神的にも消耗しないので、楽ではいれます。

この内側の感覚は、宇宙と繋がっているのでしょうか。
いつも正解が来るので、すべてのことが見えているということでしょう。
人間は、すべてのことがわかっていないので、トラブルの連続です。

理屈だけではなく、内側に目を向けたら、答えがあるということです。
必要な時に、答えが得られるでしょう。
そう思って、あまり考え過ぎないようにしています。

by human-space | 2016-09-07 22:23 | diary | Comments(0)
だいぶん前に、ある情報をキャッチしたことがありました。
その時の感触は、今の家を建てた時と同じようなものでした。
その当時は、まず土地を探して今たのですが、車で今の場所に着いた時、ここだという感覚がありました。

でもそこは、何もなく、何かの勘違いだと思っていました。
それが、しばらくして、その辺りが造成され、売りに出されました。
たまたま知り合いが、すぐ近くに住んでいて、その情報をもらい、すぐそこに決めました。

そうなることは、その当時ではとてもわかるものでありませんでした。
人間では、予想することは不可能です。
でも、その情報を、キャッチしたのだということは、運命は決まっているということでしょうか。

そういう体験があって、運命はあるものだと思っています。
今回、同じような感覚だったので、運命の情報だと思っていますが、今のところ、何も現実には起きていません。
ただ、気がつかないだけなのかとも思いますが、その時のことを思うと、はっきりした特徴がありました。

まず、自分が心からその気になること、自宅建築の時は、本当にその気になりました。
そして、周りも認めてくれ、物事がとてもスムーズに進みました。
今回、こういったはっきりしたことがないので、まだその時期でないか、ただの勘違いだったかのどちらかになります。

自分の中のあの時の感覚は、普通はない感覚だったので、間違いないと思っています。
自分の中では、もう起きてきてもいいのではと、期待のようなものがありますが、そのことは気にしないようにはしています。
本当に運命なら、人間が何をしようとも起きてきます。

人間が、姑息に考えるようなものではありません。
自分の中では、ちょっと引っかかってはいますが、考えないようにします。
ともかく、運命なら、人間がどうこうできるものではありません。


by human-space | 2016-09-06 23:41 | diary | Comments(0)
ヤフーの記事で、町工場の女性社長の記事がありました。
その中で、30代前半の女性が経営をするのは困難連続だったと思うのですが、なぜ耐えられたのですか、という質問に、シェークスピアの言葉をあげていました。
シェークスピアの「世の中には、幸せも不幸もない、考え方次第だ」という言葉に出会って、マイナス思考で考えるのをやめることにしたそうです。

これは、いつも考えていることと同じです。
まさか、シェークスピアも言っていたとは思いませんでした。
この世界は、相対世界なので、絶対的なものはありません。

絶対的幸せ、絶対的不幸というものもありません。
それらは、考え方次第です。
自分がどう考えるかで、幸せになるか、不幸になるかが決まります。

それなら、どちらがいいかは明らかです。
ですから、どんな時も、「今が一番幸せ」と思うようにしています。
もちろん、そうは思えないような時もあります。

そんな時は、少し落ち着いてから、考えるようにしています。
わかっていても、なかなかそうは思えない時もあります。
それでも、理屈はよくわかります。

ある人にとって、マイナスなことと思えることでも、別な人には、幸せと思えることもあります。
ようは自分が、どう考えるかです。
ある時は、無理やりでも、幸せと思うような時もあります。

このことを、習慣づけることが必要です。
今まで、そういうふうに考えたことがありませんでした。
そう思っていても、いつの間にか、古い考え方をしている時があります。

それに気がついたら、変えていきます。
一度にはいかなかでしょうから、徐々に徐々にです。
ともかく、変えようとしなければ、変わりません。

やり方自体が難しいことではないので、要はやる気です。
頑張って、やるだけのことはあります。
それで、幸せになれるのですから。

by human-space | 2016-09-05 21:59 | diary | Comments(0)
今が一番幸せと思えるようになったり、今にいれるようになったおかげでしょうか、周りのいろいろなものが、完成形に向かっているような気がしています。
体が、テニスやウォーキングで、丈夫になったり、整体の先生の指導で、姿勢が良くなりました。
また、テニスの素振りを散々やったおかげか、テニスのストロークのフォームが完成形になりつつあります。

家も建築から20年が過ぎ、修繕工事をしていますが、リビングの照明をLEDに替えたら、すごく感じが良くなりました。
完成形というか、イメージどおりに向かっているとも言えます。
もちろん、気になることはありますが、それは、今はマイナスのように思えるけれども、将来に向けてのステップだと思うようにしています。

内面が外側をつくっていくと思っていますが、今回も、マイナスな思考が減り、内面が変わることで、外側も変わってきているのだと思っています。
内面さえよくなれば、あとは、宇宙に委ねていればいいんだと思っています。
外側は、宇宙がつくってくれるので、任せていればいいということです。

自分がすることは、起きてくる事柄や、想念に従って、その時、頑張ればいいということです。
必要な時、必要な情報が現れてきます。
それをやればいいだけです。

今、何もなければ、特に何もしなくていいのでしょう。
今は、エネルギーを蓄える時かもしれません。
何もしないのが、完成形ということです。

これからも、宇宙を信じて、自然体でやっていきます。
頑張るべきと感じたら、頑張ります。
今は、特に感じないので、ぼちぼちです。



by human-space | 2016-09-04 19:37 | diary | Comments(0)
今日は、パッと思いついたことを、すぐ行動に移せました。
このやり方が、だいぶん身についてきました。
この結果も、上手くいきました。

必要な情報は、必要な時に現れるということを実感しました。
でももちろん、まだすぐできないこともあります。
まだまだ、やれないこともあります。

それでも、少しずつでもやっていっていることで、宇宙との一体感が、感じられるようになるのではないかと思っています。
宇宙と自分とが、一体になっているということを、体感することができると思います。
これは、よく言っている「委ねる」ということになるのでしょうか。

「委ねる」というのは、宇宙からの情報に基づいて、行動していくというものです。
その情報は、必要な時に、必要なことがやってきます。
ちゃんと委ねられていたら、すぐ行動できますね。

「委ねる」とは、バシャールのよると、より良い選択の現実を表す、ということですから、人間がジタバタ頑張るよりは、いい結果になることになります。
このことは、今はまだ、頭の中の知識ですが、このことの経験を積むことで、腑に落ちてくるでしょう。
それを自然にやれるようになれば、それは神意識になったということでしょうか。

by human-space | 2016-09-03 19:20 | diary | Comments(0)
左手が痺れ出したので、整体に行くようになって、姿勢を意識するようになりました。
背骨を伸ばす、胸を張ることなどを言われて、思い出したら、やるようにしていました。
今日、二週間ぶりに行って、腰骨を立てるということを言われました。

確かに、座っている時、猫背気味になるのは、腰骨が寝ているせいでした。
背骨を伸ばすというのもあるのですが、腰骨を立てたら、自然と姿勢が良くなりました。
いいことを聞きました。

これから、ちゃんと実行していこうと思います。
今度の、左手が痺れ出したのが、きっかけになりました。
これがなかったら、一生、猫背だったかもしれません。

本当に、何がいいかはわからないものです。
そういえば、今週の初め、うどん屋からの帰り、ランをしている時、何でもないところで、左膝がガクってなって、痛めてしまいました。
幸いにも、何とか今週のテニスは、3日間ともやることができました。

それで今週は、朝のウォーキングは控えて、その時間、車の通らない高速の高架の下で、素振りをして、テニスのフォームの確認をしました。
これが、けっこう成果がありました。
左手の痺れと同じで、災い転じて福となるです。

フォームが決まっていなかったので、何とかしたいと思っていた気持ちが、膝のひねりを通じて、素振りをすることにつながっていったのでしょうか。
左手の痺れと、共通するものがある気がします。
ともかく、どんな時も、現実に起きてくることを信じるというのが、これらの出来事を通じた思いです。

人間はすべてのことがわからないので、理解できなこともありますが、まずは信じてみるです。
そうすれば、そのうち、その意味がわかることもあるでしょう。
ここは神の国、悪いことなど度起きるはずがないと言えます。

by human-space | 2016-09-02 22:19 | diary | Comments(0)
これは、みつをさんのカレンダーの、今月の言葉です。
こういうブログを書いていると、いいことばかりを書こうと考えてしまいますが、最初にぼろを出しておけば、あと力まないで書くことができます。
ああそうだと思いました。

あまり、頑張ろうとしないことだと思いました。
と言っても、もともとあまり頑張っていないので、今更というのはあります。
それでも、こういう心がけでいいんだと思いました。

その日にあったことを、小さなことでいいので、書いておけばいいだけです。
その小さなことでも、思い出さないこともあるので、何かあれば、メモを取るようにはしています。
そうすれば、一日、そのことを書けばいいだけです。

人間関係においても、まさにそうだと思います。
最初にぼろを出しておけば、どうせこんなものだと思われていると思えば、気が楽です。
そうなると、ぼろを出したことが、肯定されることになります。

本当に何がいいかは、わかりません。
ともかく、気楽にいきたいですね。
結局、その方が、うまくいきそうです。




by human-space | 2016-09-01 22:38 | diary | Comments(0)