ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2018年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

大勢の人が絡んでいるお金のことで、ほとんど嫌な思いをせずに済んだという、不思議なくらいのことがありました。
ちょっと前に、お金のことで、嫌な思いをしたばっかりでした。
それが、今度はどうでしょう。

全くない、と言っていいいほどでした。
こんなこともあるものです。
近頃、調子がよくなっていましたが、こればっかりは、難しいだろうと思ってました。

それが、何でこんなに丸く収まっているのだろうと思います。
いい流れができていていると、ここまでうまくやれるんだと感心しました。
ともかく、ありがたいです。

これで、区切りの一連のことが、終わりました。
終わりよければ、すべてよし、と昔のことわざがありますが、まさにそんな心境です。
今までことが、これでよかったんだと思えるようになりました。

あとは、新しい生活に向けて、進んでいきます。
これも、いいように進んでいくような気がしています。
外側に起こることに任せています。

それに従っていきます。
今は、それを信頼できます。
どんなふうになっていくか、少しは不安がありますが、楽しみでもあります。

by human-space | 2018-03-31 19:47 | diary | Comments(0)
今日は、年度末の仕事の区切りの日でした。
4月から新しい生活が始まります。
今週のいい天気は、それを祝福してくれているような気がしました。

時に今日は、どこを見ても、1点の曇りもない日でした。
雨量レーダを見ると、日本中、どこにも雲は写っていませんでした。
これから先の人生、素晴らしいことが待っているような気がしました。

もちろん実際はどうなるかは分かりませんが、少なくとも、今日は、とてもいい日でした。
特別素晴らしいことがあったわけではなく、ちょっとしたことですが、思っていた人と、関係を深められたり、行き違えていた人と、気持ちの修復ができたりしました。
いい気分で、一日を終えることができました。

本当にありがたいことです。
また、それまでマイナスなことと思っていたことが、プラスに考えられるようになりました。
それは、これまでは、マイナスなことを、無理やりプラスなことに考え直していましたが、今回は無理やりではなく、実際、いいことのように思えました。

ただ、考え方が変わっただけですが、それについては、心から肯定的に考えられるようになりました。
一歩進んだでしょうか。
表面上は地味な日でしたが、心の中は、素晴らしい日でした。

見た目の派手さより、本来はこちらの方が大事です。
あまりやり過ぎなくてもいいですが、見た目もよくなれば言うことがないです。
人間、なかなか欲張りですね。

by human-space | 2018-03-30 23:14 | diary | Comments(0)
これ、いつもの日めくりカレンダーの、今日の言葉です。
外側が味方してくれていると思うことがありますが、まさにこういうことです。
どこかのコンサル会社のカレンダーですが、ただ者ではない、と思ってしまいす。

もちろん、スピリチャルカレンダーなんて、大そうなものではありません。
普通にいいことが、よく書かれていますが、たまに、ギョッとするようなことがあります。
日々めくって、ちょっと心を新たにしています。

その中で、今日のは、心に響きました。
何かをやり遂げようとするとき、もちろん自分が頑張るんですが、それだけではできないときもあります。
心を込めて一生懸命やっていれば、こういうこともあると思います。

そこに向かっている、心の思いが宇宙に届いて、そこから現実化してくるということでしょう。
それを期待するというのではありませんが、思わぬことが起きてくるということです。
そういう時は、自分の考えも及ばぬことが起きていきます。

人間には、目の前のことしか見えませんが、宇宙は全てのことがわかっているので、そこからやってくれます。
ですから、その時は、最も効率よく、スムーズに物事が進みます。
そのツボに入ったら、何となくわかるはずです。

そう感じたら、それに委ねていればいいです。
やることはありますが、気持ちもその気なっているので、苦労と思うことはありません。
あとは、自然に任せてやっていくだけです。

今までも、そんなことがあったことがあります。
今も、それに見た状況のような気がしています。
この流れに乗って、どんどん進んでいくつもりです。


by human-space | 2018-03-29 20:38 | diary | Comments(0)
昨日は送別会で、久しぶりに飲みました。
最後に話したと思っていた人と話ができたので、よかったです。
ゴチャゴチャしていたので、もう会えないかと思いましたが、最後になって、バッタリ会えました。

考えすぎかもしれませんが、何か、神様が合わせてくれたような気がしました。
送別会の直前でも、「今が一番幸せ」と「外側に起こることを信じる」が意識できていたのが、よかったのでしょうか。
そんなこともあって、けっこう楽しめました。

ところで、今まで、散歩しているときに、いいアイデアがよく浮かんできます。
今日も、いつものうどん屋に歩いて行っている途中に、ふと浮かんできました。
日常のちょっとしたアイデアですが、役に立ちます。

散歩している時は、頭の中が空っぽになっています。
そういう時がよさそうです。
頭の中が、静かなので、想念を感知しやすいのかもしれません。

考えすぎて、頭の中がいっぱいになっていたら、いい考えが浮かんでくる、余地がないのでしょう。
自分がいくら考えても、人間の脳では、限界があります。
人間は、すべてのことがわかってないので、いくらちゃんと考えても、うまくいかないことがあります。

すべてのことがわかっている、宇宙からのメッセージだと、上手くいくに決まっています。
ですから、それなりに考えることは、生きていく上で、必要なことではありますが、少しづつでも、神の思考に近づいていきます。
そのために、頭の中をできるだけ、空っぽにしておきます。

そしたら、宇宙の想念に気づきやすくなります。
ただの欲望など、紛らわしい想念の起きてきますが、自分の心をコントロールしていきます。
ともかく、基本は、外側に起きることを信じるです。


by human-space | 2018-03-28 21:07 | diary | Comments(0)
毎朝、通勤の車の中で、「今が一番幸せ」を100回以上言っていますが、今日は、「外側に起こることを信じる」もだいぶん言いました。
ここ最近、「外側に起こることを信じる」を、そのとき言うようにしていましたが、ほんのちょっとだけでした。
今日はなぜか、「外側に起こることを信じる」を言った方がいいような気がして、言っていたら、半々くらいになりました。

前から、「外側に起こることを信じる」の大事さを言ってきましたが、普段意識する習慣のないことなので、意識的にやらないと、なかなか習慣付きません。
今日は、いい感じだったので、しばらくこのペースでやってみます。
これくらい言っていたら、脳の回路に記憶されるでしょう。

近頃、この事を意識している成果か、今週はずっといい天気です。
この4月から、人生の節目を迎えることを、祝福してくれているような気がしました。
こんないい天気が続くと、気持ちよく迎えられそうです。

それで、これから、いいことが起こりそうな気もしてきます。
それでまた、外側を信じられるようになります。
こうやって意識することで、いい循環が生まれてきます。

でもまだまだ、「外側に起こることを信じる」が脳に定着していません。
これから、このペースで言っていたら、「今が一番幸せ」と同じように、定着してくるでしょう。
そのため、あまり考えすぎず、ただ、「外側に起こることを信じる」を言っていきます。




by human-space | 2018-03-26 21:17 | diary | Comments(0)
今日ふと、今まで気になっていたことの、解決方法が浮かんできました。
それは、今までなかったことで、そこまでやるか迷うところはあります。
でも、ずっと違和感を持って過ごすより、面倒くさくても、勇気を持って、チャレンジする方がいいと思っています。

今くいけば、最高の気分になれるし、うまくいかなくても、次につながります。
実際に行うのは、来月のずっと先のことなので、どうなるかわかりませんが、大筋この線でいきます。
ちょっとドキドキしそうですが、やります。

この頃だんだんと、周りのことは気にならなくなってきました。
我が道を行けています。
といっても、とんでもないことをやっているわけではありません。

目の前のちょっとしたことから、変えていっているだけです。
周りから見れば、ほとんど変わっているようには見えないかもしれません。
でも自分の中では、大きく変わっています。

今は変革期ですね。
この前の、左膝の怪我から、生活が変わってきています。
この怪我は、たまたま今起きたかもしれませんが、自分には、必然だったような気がしています。

変化するための、きっかけだったと思います。
そうなら、外側が味方してくれています。
そして、外側が信じれるようになります。

by human-space | 2018-03-25 20:44 | diary | Comments(0)
今日は、仕事があって、事務所に出向きました。
テニスの試合があるときなど、休日、早めに出かける時は、近くにあるうどん屋で、朝食にうどんを食べています。
朝6時から開いているうどん屋が近くに3件あって、南方向に行く時は2軒、北方向に行く時は1軒あります。

今日は、南方向で、2軒のうち、いつも行っているうどん屋に、車で向かっていました。
そしたら、別のもう1軒のうどん屋に行ったら、と言う思いが浮かんできました。
でも、いつものうどん屋と決めていたので、そちらに行きました。

着いてみると、駐車場に車が1台も停まっていません。
おかしいと思ったら、いつもなら6時から開いているのに、10時開店に変わっていました。
それで、車がいないはずです。

先にあんな想いが浮かんできたのは、いつものうどん屋が閉まっていることを、先に神様が教えてくれたのでしょうか。
考えたみたら、そうとしか思えません。
ここずっと、いつものお気に入りのうどん屋に行っているので、もう一つのうどん屋に行く意味は、こんなことがない限りありません。

外側が味方してくれているように思えます。
外側を信じると、意識するようにしていますが、その効果でしょうか。
ちょっとしたことですが、意味深です。

外側は、厳密には、魂の外側という意味です。
ですから、そこには、自分の外側にあるものだけでなく、自分の身体、思いも含まれることになります。
それらを信じるようにしています。

それが、ちょっと信じられました。
こんなことから、気持ちが変わってくると思います。
こういった小さな想いの積み重ねで、少しずつ神意識に向かうのではないでしょうか。

by human-space | 2018-03-24 19:08 | diary | Comments(0)
心の中には、いろいろな想念や感情が浮かんできます。
常に平穏な状態でいれればいいですが、それはまず無理です。
それらに、その都度対応しなければいけません。

その中で、欲望とワクワク感について、考えていきたいと思います。
この二つは、わかりやすいときもありますが、どっちだかわかりにくいときもあります。
でもそれぞれ特徴があるので、それで判断すればわかると思います。

欲望は、押し付けがましく、強制してくるときもあります。
まさに誘惑してきます。
逆に、ワクワク感は、強力なときもありますが、押し付けがましくなく、そっと囁くようなときもあります。

ですから、それに気がついて、こちらから意識的に動かなければ、何も起こりません。
ワクワク感がある時は、こちらから積極的に進んで行くことになります。
それが本当にワクワク感だった時は、動くことで、スムーズにうまくいきます。

それが欲望の時は、コントロールする必要があります。
押し付けがましさに流されて進んで行くと、大変なことになることがあります。
それに流されないよう、うまく制御しないといけません。

どちらも似たような場合があるので、わかりにくく、見分け方を失敗することもあるかと思いますが、それも経験です。
いろいろ経験していくうち、本当のワクワク感がわかるようになります。
どんな経験も、人生無駄なことはありません。

by human-space | 2018-03-23 19:28 | diary | Comments(0)
いつも同じようなことを言っていますが、それで意識しすぎるようなことはありません。
この感覚は、日常の感覚とは、かけ離れています。
ですから、かなり意識していないと、こういう感覚が身につきません。

そこで、毎朝「今が一番幸せ」と言っている後に、「起きてくる現実を受け入れる」と言うようにしています。
始めたたばかりなので、まだまだですが、少しずつ定着してくると思います。
この頃はこの二つがセットと思っています。

内側のことと、外側のこと両方の理解が必要です。
これが本当にできれば、神意識なのでしょうが、それに向かって少しづつです。
今世では無理でしょうが、ちょっとでも近づいていきます。

外側に起きることを信じられるようになれば、宇宙が現実を作ってくれるに任せるので、自分からジタバタしなくなります。
エネルギーを無駄遣いすることなく、楽にしていれます。
自分に起きることも、他人事のように、傍観者でいれるようになるでしょう。

ともかく、今は試行錯誤です。
毎日、特に意識していきます。
ちゃんとやっていれば、毎日、何か発見があるでしょう。


by human-space | 2018-03-22 20:37 | diary | Comments(0)
休日の朝は、特に予定がなければ、ゆっくり二度寝をしています。
そんな時、考えたことです。
外側のものは、硬い固定された客観的なものではないのではないか、ということです。

わからないけれども、例えば、モヤモヤした雲のようなものでしょうか。
それに、人間の意識を通してみれば、脳の画像処理を通じて、はっきりした固定したものに感じるようになるということです。
つまり現実は、人間がいなければ、ただのモヤモヤした、現実化する予定の確率の雲のままということです。

そうなると、人間が現実をつくっているとも言えます。
そこには、人間に意識の状態が反映されるはずです。
肯定的なことを考えていれば、肯定的な現実になり、否定的なことを考えていれば、否定的な現実がつくられます。

そう考えられると、どういう意識でいればいいか明らかです。
楽しい現実になりたいと思えば、そう考えていればいいことになります。
でも、人間が直接、現実をつくっているわけではありません。

関与しているけれども、実際に作っているのは神様です。
それは、宇宙が作っているとも言えます。
現実は、自分以外のことも考慮しながらつくっているので、自分の思い通りにはなりません。

人間は、つくってはいないけれども、関与はしているということです。
現実は自由にはならないけれども、その解釈は自由です。
同じ現実を見ても、どう解釈するかで、思いは変わってきます。

いいように考えていれば、そう思えます。
逆も真なりです。
楽しい現実をつくりたいと思っても、思い通りにはならないかもしれませんが、少なくともそう思うことはできます。

ともかく、自分の現実に責任を持つということです。
直接はつくれないけれども、関与してはいます。
現実に影響を及ぼしていることは間違いありません。

いろいろと考えてみましたが、これが全部合っているかどうかは、人間ではわかりません。
自分では、いいように考えていきます。
でも実際は、あまり考えすぎず、神のつくってくれた目の前の現実を楽しんでいればいいと思います。


by human-space | 2018-03-21 20:18 | diary | Comments(0)