ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

先の心配はしなくて構いません。
その時なれば、対応はできます。
その時になれば、必要なエネルギーはあります。

何とかなると思っています。
その時解決できないかもしれませんが、対応はできます。
ともかく、その時やばいいのです。

その時になれば、必要な情報が入ったりします。
前からどうしようかと、心配することはありません。
言わば、出たとこ勝負です。

何か起きてきた時が、何かやるべき時なのです。
その時やればいいのです。
人生はその連続です。

これが、基本的な生き方です。
今、やるべき時に、やります。
それが一番うまくいくのです。

by human-space | 2018-05-31 22:27 | diary | Comments(0)
本田CIVICのこのCM、なかなかいいと思います。

現実は、矛盾することが、いっぱいあります。
それらを超越した、見晴らしのいい場所に行こうです。

仕事で、ゴチャゴチャした現実に引き込まれそうになりました。
その中にいると、イヤな気持ちになります。
それと、対立するのではなく、それを超えたところに行って、それが気にならなくなろうと思いました。

まさに、この本田のCMのとおりです。
それがあって、とても惹かれました。

「Go,Vantage Point.」です。

問題は、どうやって見晴らしのいい場所に行くのかですが、残念ながら、特効薬的なものはありません。
いつもの地道な努力しか思いつきません。
常に、このことを意識しておくことです。

意識できている間は、少なくとも、そこから抜け出ています。
そういうちょっとした感覚からです。
結局、それが最短な道かもしれません。

by human-space | 2018-05-30 23:39 | diary | Comments(0)
現実は、いろいろなことが起こるのが普通。
そのどんな事にも対応しなければいけません。
どんなことでも、起きてくることを、マイナスなことと考えないようにします。

こうでないといけないと、固定的な考えを持たないようにします。
頭の中を柔らかにしておきます。
そして、起きてきたとき、柔軟に対応します。

出たとこ勝負です。
現実、全く出たとこ勝負というわけにはいきません。
もちろん、ぼんやりとした予定は持っておきます。

でも対応するのは、その時その時です。
どうするかは、その時に考えます。
その時、宇宙から情報が来るかもしれません。

その時その時の、自分の感覚で処理していきます。
それが大事です。
その感覚は、その時でないとわかりません。

前もっては、わかりません。
ですから、その時にやるしかありません。
これが基本的な現実の対応のやり方です。

目新しいことではないように思えますが、とても大事なことです。
その時に、全ての答えはあります。
前もって、考えすぎることはありません。

もう先のことは考えすぎないです。
その時なったら答えはあるのですから、先の心配はすることはありません。
今までもなんとなくはやっているかもしれませんが、徹底します。

by human-space | 2018-05-29 22:25 | diary | Comments(0)
外側を変えるのではなく、現実に合わせて、自分の考えを変えていきます。
前に、現実を変えようとして、うまくいきませんでした。
今回、万全でトライしてもダメだったので、現実に合わせて、自分の方を変えていこうと思います。

過去何度かトライして見ましたが、うまくいっていませんでした。
それは、自分の思いが足りないと思っていました。
自分の思いが足りないから、現実が変わらないと思っていました。

今回、自分ではやれることはやって見ましたが、変えることはできませんでした。
ということは、自分の考えが間違っていると考える方が自然です。
それが自分の信念とも一致します。

それなら、もう考えることはありません。
自分の中の世界を再構築し直します。
今まで考えていたことは、ただの思い込みだったことが証明されました。

事実関係を、自分の都合のいいように解釈していたということです。
それで、考え直してみると、こちらも、それにあった現実だったことに気がつきました。
どうもやはり、自分の頭の中だけのことで動いていたようです。

外側に起こることをどう解釈するかは、自分次第だということがよくわかりました。
外側には、絶対的な意味はないのです。
それに自分が意味をつけているだけでした。

冷静に考えてみると、ずっと自分の中に違和感がありました。
気がついてはいましたが、大したことではないと思っていました。
本当は、これが大きなサインだったようです。

そういえば、だいぶん前に、違和感のあるままに進んでいって、後で大変な事になったことがありました。
そのことを、どう解釈したらいいか、ずっと考えていました。
それを、今回活かせば、それは無駄ではなかった事になります。

今回、早めではありませんが、大きな事になる前に気がつきました。
ですから、これでよかったのかもしれません。
心の中では、理屈通りにはさっと切り替えれていませんが、これよかったのだと思います。

やはり最後は自分の中の感覚です。
この感覚が、真実の宇宙につながっているのだと思います。
人生、迷うことが多いですが、最後に信じられるのは、自分の気持ちだということが、今回よくわかりました。

by human-space | 2018-05-27 20:59 | diary | Comments(0)
バシャールが言っていたことですが、自分の出来る限りの事はやって、あとは、結果を期待しないで、宇宙に委ねるというものです。
全てを創造する力のない人間にできるのは、これだけです。
これが、人間の基本的な生き方ではないかと思います。

ですから、目標の達成が、人生の目的ではありません。
目的は、その過程を楽しむことです。
結果は、別についてくるものです。

自分の経験からいうと、テニスは、今までできる限りの事はやってきました。
少なくとも、自分の中では、これ以上できないと思っています。
やるべきことはやりましたが、優勝という、思ったような結果は得られませんでした。

まだまだやるつもりでしたが、膝の怪我で、試合に出るのは引退といったところです。
その怪我で、最初は戸惑いましたが、しばらくそれに従っていると、ゆったりとテニスを楽しむことができるようになりました。
そして、優勝というより、綺麗なフォームで、気持ちよく打つことが、本当に自分のしたかったことだとわかりました。

それで、ゆっくり、そういうことに取り組める今が、ベストなことだと実感しました。
膝を怪我したおかげで、思わぬサプライズになりました。
まさに、できる限りの事をやって、外側、宇宙に委ねたことで、こうなることができました。

人生、ガツガツ目標に向かうより、この方が合っていると思います。
もちろん、目標が達成するに越したことはありません。
でもそれを目的にしないことです。

それを目的すると、達成できないと、マイナスな気持ちになってしまいます。
一生懸命やって、その過程を楽しめればいいのです。
そうしていれば、神様は見てくれています。

目標を達成できなくても、何かしら得るものはあるはずです。
ともかく、その瞬間を楽しむです。
遠い先の立派な目標が大事なのではなく、今の現実が大事なのです。


by human-space | 2018-05-26 22:38 | diary | Comments(0)
朝、ウォーキングの時に、いつもどおりテニスの素振りをしています。
それも、無理をしなくなったので、心に余裕があります。
そんなせいか、いいアイデアが、よく浮かんできます。

今日も、サーブに関して、体の使い方のアイデアが浮かんできました。
試合をしっかりやっているときに、何で浮かんで来なかったのだろうと思います。
これがあれば、自分のサービスゲームの時に、有利になったのにと思いました。

普段の生活においても、少し前は、何とか変えていかなければと、切羽詰まっていました。
そんな時は、頭の中が一杯一杯で、結局うまくいきませんでした。
それから、それが、変わっても変わらなくても、どちらでもいいと思えるようになって、気が楽になりました。

そうすると、気持ちも落ち着いてきて、何事も肯定的に考えられるようになってきました。
普段から、心に余裕がないといけないものです。
こうでないとけないものはありません。

どちらでもいいのです。
一見、いい悪いがあるように見えますが、どっちになっても、自分の成長のためになっています。
ですから、あまり考えすぎず、自分の思うようにやればいいと思います。

基本的には、外側に委ねていればいいです。
外側に起こることが、正解と思えばいいです。
人間の頭で考えることは、間違うことがありますが、宇宙で起こることに間違いはありません。

by human-space | 2018-05-25 21:19 | diary | Comments(0)
前から言っていますが、膝を怪我して、テニスは、ダブルスを嗜む程度で、シングルスの試合はもう出れなくなりました。
もう10年は頑張るつもりでいたので、最初はショックでした。
でも、そのおかげで、のんびりとした生活ができるようになりました。

それまでは、テニス中心で、朝のウォーキングで、氷点下の朝でも、汗を掻く程頑張っていました。
テニスも週3回、土日には試合もありました。
それが今は、テニスは週1、2回、朝のウォーキングも、ゆったりしたものです。

周りの自然を楽しむ余裕もできました。
そして何より、本当は試合に勝つより、綺麗なフォームで気持ち良く打つ、ということをしたかったということがわかりました。
今はそれを、あせらないで、ゆっくりと追求できています。

それが今までは、試合に勝つことが優先されていたので、気持ち良く打つということができませんでした。
今頃になって、心から、前より今の方がいいと思えるようになりました。
膝を怪我するということは、マイナスなことだと思ってしまいますが、何がいいかは、わからないものです。

今日、改めてそんなことを思っていると、外側が導いてくれていると思えました。
こんなことは、自分では全く意識してませんでした。
神様が導いてくれたのでしょうか。

それはともかく、外側に委ねていればいいということになります。
他にも今、気になっていることがありますが、やるべきことはやったので、外側に委ねていればいい、という気持ちになっています。
外側に起きてくることが、自分にとって一番いいことだと思うようにしています。

やるべきことをやったら、もう自分のやることはありません。
ある意味、もう委ねるしかありません。
まな板の鯉、というやつです。

前から取り組んでいる、外側を信じるです。
それを、自ら実践します。
人体実験ということでしょうか。



by human-space | 2018-05-24 21:01 | diary | Comments(0)
前に、「遠い理想より、近くの現実」というのがありましたが、それに近いものです。
はや大成してしまった、テニスの大坂なおみちゃんのコーチが言っていたことです。
いいことですね。

自分も心しなければと思います。
先のことばかり見過ぎないで、目の前の現実にちゃんと対処していくということです。
それができていれば、自然と成長していくことができるでしょう。

それが、一番の近道と思います。
理屈ばかり考えすぎず、目の前のことをちゃんとやっていくです。
その目の前のことができずに、何を言っても効果はありません。

神になる前から、神のことを、いくら言っていてもしょうがありません。
それより、今できることを一生懸命やってくことが大切です。
まだ神ではないのですから、失敗して当たり前です。

失敗を恥ずかしがることはありません。
それをバネに成長していくことです。
やるべきことをやって、それで失敗したって何を恥ずかしがる必要があるのでしょう。

そうやって、みんな成長していくのです。
何もしないで、進歩しないほうが問題です。
神になるまで、日々試行錯誤です。


by human-space | 2018-05-23 20:28 | diary | Comments(0)
自分の思うようになったり、ならなかったりしたものもありますが、今まで自分の中の位置関係が再配置されています。
自分でやれたものは、思うように外側を変えれて、自分でやれなかったものは、外側は変わらずに、自分の頭の中の考えを変えていきました。
それで、居心地がだいぶんよくなりました。

テニスのように、膝を怪我して、試合に出れなくなり、ただの趣味でやるようになりました。
結局それで、気楽にテニスができるようになって、それでよかったのではないかと思っています。
それも、外側に委ねたようになりました。

この前のように、外側は変わらずに、内側の考えを変えることで、対処したものもありました。
これも、外側に委ねたことになります。
そういうものは、自分では頑張りすぎず、外側のあるがままにしました。

それで、生活が楽に、楽しめるようになりました。
これで、いいような気がしています。
要は、やれるものはやるし、頑張ってみてもやれないものは、それが正解と思って、自分の考えを変えていく。

基本、外側にあるものは正しい、という考えです。
これでだいぶんスッキリして来ましたが、まだモヤモヤしているところもあります。
それも、そのうち自然とはっきりしてくると思っています。

自分でやれると思えれば、頑張ります。
やってもダメならそれでよしです。
いい意味で、自然体でいきます。

by human-space | 2018-05-22 23:53 | diary | Comments(0)
やれると思うことは、すべてやったつもりです。
テニスと同じで、ここまで、という感じです。
自分の思ったようなところまで達成できなかったのは残念ですが、それでも十分幸せと言えます。

テニスも膝の怪我で、優勝を目指していましたが、挫折しました。
それでも、気楽にできるようになって、よかったと思うくらいです。
こちらも正直そんなところもあります。

結果に関しては、現実を受け入れざるを得ないので、結局、頭の中を変えていくことになりました。
テニスで優勝できなかったのと同じで、ただの思い込みだったようです。
現実化できなかったのは、自分の中のただの欲望だったということでしょうか。

今回は、内側が外側に現れてくると思えていたので、そうならなかったのは、頭の中が変わりきれてなかったということでしょう。
この原理は合っていると思っているのですが、今回うまくいかなかったことで、まだモヤモヤ状態です。
納得するには、まだまだ経験を積む必要がありそうです。

内側が外側に現れてくると分かれば、誰も外側のせいにしなくなるでしょう。
この世から、犯罪等がなくなるような素晴らしい考えですが、それを実感するのは、なかなか至難の技です。
でもチャレンジする価値はあります。

それは、神にならないと実感できないのかもしれません。
完璧は無理でも、その不雰囲気だけでも、味わいたいものです。
懲りずに、いろいろとやってみます。

by human-space | 2018-05-21 22:53 | diary | Comments(0)