ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2018年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

昨日とは、全く真逆で、脳を忙しくしないで、頭を空っぽにして、意識を内側に向けます。
休みで、時間があるときに、やってみたりします。
脳を忙しくして、外側に向いていた意識を内側に向けます。

といっても、大したことをしているわけではありません。
考えの起きるまま、ぼーっとしているだけです。
たまには、こういう時間も必要です。

想念が次から次へと浮かんできますが、起きるがままにして起きます。
それを眺めている感じです。
大した想念は浮かんできませんが、それでいいです。

ときには、意識的に、スピリチャルのことを考えます。
いつもの「今が一番幸せ」、「現実が絶対」ということを考えます。
そのとき思ったのは、こういうことを意識的に考えるのではなく、無意識でできるようになればいいということです。

そうしたら、どんなときにも、自然とできるようになっていることになります。
車は、無意識で運転できるようになっています。
ちょっとした考えごとをしながらでも、それなりに運転できています。

まさに、そんな感じです。
そのためには、繰り返し意識していく必要があります。
毎朝、通勤の車の中で、このことを繰り返し言っていることがこれに当たります。

もうしばらくやっているので、脳に記憶されているはずですが、まだ無意識でやれているとまでは思えていません。
そうなるよう、これからも言っていきます。
必要なのは、日頃の地道な努力です。

by human-space | 2018-09-30 20:08 | diary | Comments(0)
膝の怪我で、テニスがぼちぼちになりました。
その前、シングルスを頑張っていた時から、だいぶん運動量が減りました。
それなのに、同じように食べていたら、どんどん太り出しました。

それで、昼は簡素な冷凍食品にして、ダイエットしています。
よくある弁当のおかずに焼きおにぎりの冷凍食品で、量は少ないですが、品数だけはあるので、食べたような気になります。
割と腹持ちもいいので、脳をうまく騙せているようです。

他の生活においても、脳をうまく騙しておいたほうがいいです。
何もしていなと、脳はいらないことを考えすぎてしまいます。
適当に、脳を忙しくしていたほうがいいみたいです。

そうしたら、不必要な悩みが起きてきません。
きつくない仕事、楽しい趣味があれば一番です。
今は、それがうまくいっています。

それで、平和な気持ちになれているのかもしれません。
特に幸せな感じもありませんが、脳が悩む暇が少ないようです。
あまり褒めたものではありませんが、現実的な方法ではあります。

できれば、自分の好きなことができればいいです。
もしそれができなくても、そこそこ忙しくしていることです。
気持ちが安定していると、次のステップに進めます。

by human-space | 2018-09-29 21:26 | diary | Comments(0)
昨日は、テニス同好会の日でした。
それなりにはでき、楽しかったのですが、まだまだ、思ったようには打てていません。
早速、今朝のウォーキングの時の素振りで、フォア、バックとも何点か微修正しました。

こういうふうに、少しずつ修正して行って、完成に近いフォームになるのでしょう。
すぐには、脳の回路の修正ができません。
これの繰り返しを、ずっと続ける必要があります。

スピリチャルも、全くそうです。
一瞬わかったような気がしても、何もなっていないことばかりです。
気がついたら、すぐ修正していきます。

今日も、ネットを見ていたら、この前亡くなられた、山本KIDさんの、前の奥さんのことが載っていました。
「当たり前がどれだけ大切なことか、忘れないで生きていかなければいけない。大切なものは、いつも目に見えないから」ということを言っていました。
このことも前から言っていることなのに、また忘れてしまっています。

本当にそのとおりです。
今が幸せに思えないときは、まさにこのことを忘れています。
今日も、考えさせられました。

絶対に忘れないようにしようと思っても、残念ながら、また忘れてしまいそうです。
でも、すぐどこかで思い出します。
幸せに思えなくなったときは、絶対思い出します。

生きているうちは、完成されることはありません。
死ぬ直前まで、修正の連続になるでしょう。
当たり前のことと思って、力まずやっていきます。

by human-space | 2018-09-28 23:03 | diary | Comments(0)
ネットの記事で、世界最高齢のプログラマーと言われている若宮正子さんの言葉で、こういうものがありました。
色々苦労した時代があって、今できることをやっていれば、そのうち風が吹いてくる、ということでした。
これは、今自分が考えていることとピッタリなので、ピンときました。

人間に現実はつくれないので、できるのは、今目の前のことだけです。
それをやっていれば、現実に何か起きてくるので、それにのかっていくというものです。
何か起きてくるまでは、ジタバタしないということです。

ジタバタするのも人生ですが、人間がいくら頑張ってもできないものはできません。
それより、宇宙がセッティングしてくれたものに乗っかれば、自然とうまくいきます。
普通に考えれば、それが賢明です。

今が幸せと思えれば、起きてくることにこだわらずに、生きていけます。
それでもいいのです。
でも多分、何かは起きてきます。

そのとき頑張ればいいのです。
それまでは、自分のできることをやっていればいいのです。
無理をすることはありません。

そうすれば、人生、無駄な苦労をせず、のんびりを生きていけます。
といっても、実際はジタバタしてしまいますが、それも人生です。
でもできる限り、ジタバタしないようにします。

あまり考えすぎず、目の前のことだけをやっていく。
それが人生の基本です。
そうしていれば、そのうち、風が吹きます。

by human-space | 2018-09-27 22:45 | diary | Comments(0)
近頃、調子があまりよくないです。
不安な想念が起きやすく、気持ちも下降気味です。
そんな時、まだまだだと思っていた、来年のスキーツアーのパンフがネットでもう出ているのに気づきました。

ここ2年、北海道の富良野に行っています。
スキー場はいいのに、安く、混んでなくて、お気に入りでした。
今年も富良野かなあと思いながら、そのパンフを見ていたら、サホロが気になり出しました。

前から行きたいと思っていましたが、少し高いこともあって、候補になっていませんでした。
もともと、すっきりしたコースレイアウトで、適度な斜面の長いコースがありました。
来年はサホロだと思うと、ワクワクしていました。

そうすると、モヤモヤしていた気持ちも晴れてきました。
今年はお金ではなくて、ワクワクした気持ちに従います。
そういう気持ちに乗っかると、天気だったり、仕事の予定など、全てがうまくいくものです。

そういうことがわかってるので、ワクワクする気持ちが起きてくるのではないかと思っています。
未来のことも含めて、全てのことがわかっている宇宙からのメッセージでしょうか。
それに従わない手はないです。

流石にまだ早いので、そう少ししたら予約に行きます。
そういえば、この前、テニスの素振りをしている時ふと、スキーの滑り方のコツが浮かんできました。
今年もまた楽しみになってきました。



by human-space | 2018-09-26 21:16 | diary | Comments(0)
持っている服の中で、その時の感覚に一番合う服を選んでいく、ぴったりフィットできたら最高です。
生きることも、その時に感覚に一番合った生き方をしていく、それができたら、気分も最高です。
ふと、どちらも似ているところがあると思いました。

でも、大して服を持っていない、大した生き方をしていない、というのも残念ながら似ています。
そんな中でも、今自分のやれることをやっていく、それでいいと思います。
他と比較しないほうがいいです。

大事なのは、その時、ということです。
その時には、その時にできることがあります。
それは、その時でしかできません。

昨日ぴったりだった服も、今日はどうかわかりません。
それは昨日だからよかったんです。
今日はでは、何の価値もないかもしれません。

その時の感覚、エネルギーが大切です。
その時、どうかです。
それを大切にしていきます。

その時の感覚で、一番ベストなことをやれば、それでいいです。
結果は、宇宙が作ってくれます。
それに従うだけです。

人間のやれることは限られています。
やれるのは、今この瞬間にできることだけです。
それさえできれば、人間には、これ以上のものはありません。

by human-space | 2018-09-25 21:43 | diary | Comments(0)
前にも書いたことがあるのですが、夢でテレパシーを体験しました。
私がある部屋に呼ばれたのですが、そこに人が待っていました。
その部屋に入った時、その人の言いたいことが、パッとわかりました。

これがテレパシーなんだと、夢の中で実感しました。
そして、私はその答えを、テレパシーではなく、「ちょっと待ってください」と言葉で言いました。
普通、夢はすぐ忘れますが、この夢はいまだに覚えています。

その時は、待ってもらいましたが、もう待たなくてもよくなりました。
待ったもらっていたので、今まで何もありませんでしたが、これから、そのことがあるのでしょうか。
いまだに覚えているので、正夢かもしれないと思っているところもあります。

そのことを本気を思っているわけではありませんが、ちょっと気にはなっています。
それはともかく、テレパシーはあるのだと思います。
あの時にようにはっきりとわからなくても、以心伝心と言われるように、相手のことがなんとなくわかることがあります。

空気を読む、というのも、テレパシーの一種でしょう。
あると便利のように思えますが、怖いところもあります。
人のこともわかりますが、自分のことも知られてしまうのです。

テレパシーは、やましいことなくなるような、高いレベルになった時、使えるようになるらしいですが、ガッテンです。
今のままでは、大混乱になってしまいます。
あの夢の時の様に、はっきりとではなくても、少しはわかる様になりたいものです。

by human-space | 2018-09-24 21:33 | diary | Comments(0)
ファッションなんか、前はほとんど気にしていなかったのですが、いつぞやから気になるようになりました。
といっても、おしゃれになったというわけではありません。
大体はユニクロで、それなり気にしているという程度です。

仕事の時は定型ですが、休みの日で、出かける日は何を着るか考えるようにしています。
服装は、その時の天気、気温に、その時の用事や気分に影響されます。
その時の、自分の内面を表していると言えます。

着る服が、自分の気持ちとピッタリあった時、とても気持ちがいいです。
その時の、自分の感覚は、その時でないとわかりません。
ですから、前もって服を決めるということはできません。

もちろん、その時の目的によって、ある程度の分類はできます。
フォーマルかそうでないかは、前もってわかります。
でも、完全に決めることはできません。

これは、服に限らず、全てのことに当てはまります。
つまり、何でも、その時にならないとわからないのです。
というか、その時になれば、必要な情報は得られるのです。

ですから、前もって、心配しすぎることはありません。
ある程度の予備知識はもっていた方がいいですが、基本は、その時に全てを決めると思っていればいいのです。
ですから、前もって、心配しすぎても、しょうがありません。

前もって、その時の状況はわからないのですから、前もっては、どうしようもないのです。
ですから、全ては、その時にやればいいのです。
いい意味で、出たとこ勝負です。

これが人生の基本的な生き方です。
この瞬間にやればいいのです。
人生は、それの繰り返しです。

by human-space | 2018-09-23 19:55 | diary | Comments(0)
自分にできることは、あまりにも小さく、外側に起こることは、別次元のことだと感じました。
自分は、外側に起こることに関与できないように思えました。
そうなると、人間は、現実に起こることを受け入れることしかできません。

でもそれは、マイナスに考えることではなく、自分がやらなくても、宇宙がやってくれると、肯定的に考えます。
自分が頑張らなくてもいいのです。
自分は、ただ目に前のできることをやればいいだけです。

そう思えるなら、気が楽です。
何が起きても、宇宙のせいにしていればいいのです。
だって、自分は現実を作れないのですから。

その代わり、何が起きても、受け入れなければいけません。
現実が間違っていると、意見を言うことはできないのです。
厳しいように思えますが、どうもそうではないようなのです。

現実に起きていることは、自分にとってベストなことが起きているということです。
ただ、人間の頭では理解できないだけです。
それは、人間は全てのことがわからないのですから、仕方がありません。

今日は、外側に現実に起きることと、自分がやれる範囲の区別を感じました。
外側に起きることのパワーはあまりに大きく、人間の力ではどうしようもありません。
やれるのは、目の前の小さな範囲のことだけです。

それをただやればいいだけです。
そう思えば、気持ちも楽になります。
何とかしようと頑張らなくてもいいのです。

結果に責任を持たなくていいのです。
結果は宇宙が作り出すものです。
それを、いいことだと思って、受け入れるだけです。

それが人生の基本パターンです。
これからは、気楽に生きます。
ただ自分が、目の前の、やれることをやるだけです。

by human-space | 2018-09-22 22:24 | diary | Comments(0)
職場のロッカーに貼ってある日めくりカレンダー、けっこういいことが書いてあります。
今日は、こんなことが書いてありました。
コップに水が半分入っている、半分しか入ってないと考えるか、半分も入っていると考えるかは、自分の心次第だということです。

心の気持ちの問題は、外側の問題ではなく、自分がどう思っているかにかかっている、ということです。
とても、わかりやすいです。
幸せと思うかどうかも、全く同じことです。

今現在の状況を、幸せと思うかどうかは、自分の心にかかっています。
今が幸せを思ったら、幸せだし、そうでないと思ったら、そうなります。
まさに、今まで言ってきたことです。

ですから、幸せになるために、何かをしなければいけないということはりません。
自分が、今幸せと思えばいいだけです。
外側の状況は、関係ありません。

それでいつも、「今が一番幸せ」と思うようにしています。
理屈はいりません。
ただそう思い込めばいいだけです。

全く簡単で、お金も努力も必要ありません。
単純なのに、なかなかそう思えないのは、そう考えるように慣れていないだけです。
慣れてくれば、普通に幸せと思えるようになります。

そのために、毎朝通勤の車の中で、「今が一番幸せ」繰り返しています。
何年も言っているのです、何万回になるのでしょうか。
だいぶん、日常生活に滲み出てきましたが、まだ慣れていないところもあります。

よっぽど、不幸が普通になっていたからでしょうか。
これを直すためには、脳の記憶回路を変えなければいけません。
これには、この繰り返し言うことしかありません。

ともかく、今幸せになれなければ、いつまでたっても幸せになれません。
今幸せと思えてないなら、お金が入ってきても、幸せにはなれません。
お金ができても、別のことで幸せになれないことができてきます。

要は、どんな状況でも、幸せに思えるようにするだけです。
それが一番確実です。
理屈は簡単なので、あとはやるだけです。

by human-space | 2018-09-21 20:01 | diary | Comments(0)