ブログトップ | ログイン

スピリチャル日記3

humanspace.exblog.jp

より良い人生を送るために、新しい人間、宇宙観を考えていこうというものです

<   2018年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

たまに心の声が聞こえる時があります。
でも、その声を無視して。この世界の理屈に合うようなことの方を選択してしまうのです。
それで、この2回ばかり、痛い目をしてしまいました。

それは日常のちょっとしたことなので、ほとんど損害と言うほどのことはありませんが、気持ちの上では、やられたという感じです。
どうして、心の声の方に動けないのかなあと思います。
感覚より、理屈の方を優先してしまいます。

うちは寝る前に洗濯をして、風呂場に干し、乾燥機をかけておきます。
夜中に目が覚めて、その前を通った時、何となく気になって、ちゃんとできているか確認しました。
よく忘れるのが、風を送るための壁掛け扇風機のスイッチを入れることで、これはちょっと見て確認しました。

結局、乾燥機の位置を決められた位置まで変え忘れていて、翌朝になって気づき、うまく乾いていませんでした。
あの時、ちゃんとよく見ていれば気がついたはずでした。
悔しかったです。

自分の中の感覚を信じていなかったので、よく確認していませんでした。
後の祭りです。
朝いつもより長めに、乾燥機をかけただけで乾いたので、物理的には大したことにはならなかったのですが、心理的にショックでした。

どうも、まだまだ自分を内側を信じれていません。
意外と難しいです。
また、他にも似たようなことがありました。

これは、現実の感性を超えていくためのステップです。
精神的に新しいステージに上がっていかなければいけません。
簡単なようで、難しいです。

ともかく、こうした、ちょっとしたことからです。
こんなちょっとしたことができなくて、もっと大きなことができるはずがありません。
古い理屈より、自分の中の感覚を信じていきます。

意識してやっていると、だんだんとこんな感覚に敏感になってきます。
まさにに、宇宙と繋がっていきます。
これからも日々試行錯誤です。

by human-space | 2018-11-30 21:12 | diary | Comments(0)
昼休みは、雨が降らなければ、山あいの道を散歩しています。
ぼーっと考え事をしながら歩いていることが多く、時々、いいアイデアが浮かぶこともあります。
今日も、仕事のことやプライベートなことを考えていました。

そんな時、ふと我に帰りました。
そしたら、山の紅葉が色鮮やかに見えました。
今まで、白黒だったのが、いきなり色がついた感じでした。

今にいれば、こんな素晴らしい世界があるんだと思いました。
今まで、気持ちが他ごとに行っていて、今にいれていませんでした。
今にいる大事さを感じました。

必要なことは、現実に現れてきます。
ないものは、必要でないということです。
頭の中で考えているようなことは、必要ではないのです。

今現実にないものは、ただの空想です。
空想ばかりに気がいかないで、今に集中することです。
この現実こそ、自分のいる場所です。

そんなことを考えていると、今を、現実を大事にしなければと思います。
ここが自分の居場所です。
ここで、やらなければと思います。

by human-space | 2018-11-29 23:14 | diary | Comments(0)
現実の認識が、まだほとんど今までどおりです。
今までの現実の認識は、合っていないと思っています。
それを変えていくつもりです。

毎朝通勤の車の中で、「今が一番幸せ」の他に、「現実が絶対」、「現実がベスト」、「現実を認める」、「現実を受け入れる」、「現実に委ねる」を言っています。
頭の中の現実の概念を、変えていきます。
でもそれが、なかなか変わりません。

それもそのはず。
何十年も、これまでの概念を持っていました。
現実は、自分とは別の外側にあるもので、とてもいいものであるとは思えていませんでした。

そうではなくて、自分と密接に関係していて、自分にとってベストのことが常に起きています。
矛盾しているように思えますが、それは絶対的なものです。
相対的に、いい悪いを感じるのは自分の頭の中の問題です。

そう考えると、理屈上、スッキリと整理出来ます。
現実は絶対で動かせないのですから、修正すべきは、自分の考えです。
自分が、全てのことがわからないため、ベストのことが起きているとは考えられないのです。

この概念に慣れるため、まずは、その枠を頭にはめていきます。
毎朝言うことで、この概念に慣れていきます。
毎日言っていれば、だんだんと慣れてきて、普通に思えるようになるでしょう。

そうすると、頭の中が、霧が晴れるように、スッキリとなり、現実がクリアに見えてくるかもしれません。
ともかくやってみます。
それをやる価値はあります。

by human-space | 2018-11-28 20:40 | diary | Comments(0)
これからどうなるか、気になっていることが、いくつかあります。
でもそれは、自分の手を離れて、自分ではどうしようもありません。
そのことを考えていたら、その外側で力が働いていることを感じました。

今まで、外側に起こることは宇宙に任せて、自分のできることだけをしていればいい、ということを言ってきました。
そう信じていて、やってきていますが、どういう仕組みかはわかりません。
それが今日、そこに働いている宇宙の力を感じました。

こんなことは初めてです。
と言っても、はっきりわかったということではありません。
微かに、何となくそう思えただけです。

自分の力の及ばない外側で、何かの力が働いていて、それが現実を動かしています。
自分としては、その結果を待っていればいい、という感じです。
前に言った、果報は寝て待て、ということでしょうか。

まだ確信とまではいきませんが、一歩前進です。
今日は、新しい感覚がありました。
これからもまた何か発見があるかもしれません。

by human-space | 2018-11-27 22:06 | diary | Comments(0)
昨日の懇親テニス大会、自分としては調子がよかったと思ったら、アドレナリンが出すぎていました。
多少の失敗にも落ち込むことなく、ドンドンやれました。
おかげで楽しめたのですが、夜、目が冴えて、ほとんど眠れませんでした。

一睡もできないなんてことはありませんが、眠れなくて、ずっと音楽を聴いたりしていました。
こういう時の対処方法はわかっていて、眠れない時は、眠ろうとしないことです。
眠ろうとすると、眠れなくて、辛くなります。

それで、朝まで起きていてやる、と思っていると、意外と眠れたりします。
今まで散々、眠れなくて困った経験から、これが一番いいと思います。
それにしても昨日は、久しぶりに、全く眠れませんでした。

やはり感情は、物質で決まることを実感しました。
夜はちょっと辛かったですが、昼間楽しめたことを思うと、これでもOKです。
まだまだ、頑張ろうと思えば、アドレナリンが出てきて頑張れそうです。

「今が一番幸せ」と言っているときも、何か物質が出ているのでしょう。
どの種類かまではわかりませんが、少しはいい気持ちになります。
残念ながら、アドレナリンほど強力な物質は出てきていません。

幸せすぎて、困るようなことは全然ありません。
ともかく、感情はただの物質の産物なので、あまり気にしすぎないようにします。
ただの感情で、自分の本質のものとは違うことを認識しておかなければと思います。

by human-space | 2018-11-26 20:03 | diary | Comments(0)
今日の懇親テニス大会、予想どおり楽しめました。
風もなく暖かくて、半袖短パンでもできたくらいです。
結局、4勝4敗で、8試合もできました。

昨日も言ったように、懇親大会と言っても試合なので、それなりの緊張はあります。
そんな時、今できることをやって、結果は宇宙に任せる、は使えました。
今のポイントに、自分のできることはやって、その結果はお任せしました。

これをやると、緊張がそれほどでなくなりました。
そのポイントが取れようが、取れまいが構わないのです。
いい意味の開き直りができました。

結果も、それなりによかったです。
ともかく、それほど緊張せずに楽しめたのがよかったです。
これから寒くなって、それほどテニスができなくなってしまいますが、今日は、いやというほどできました。

これからはスキーができるようになります。
今年も北海道に行く予定です。
今日テニス三昧して、これからスキーと、いい切り替えができました。

by human-space | 2018-11-25 19:35 | diary | Comments(0)
明日は、テニススクールの親善テニス大会です。
親善とはいえ、試合なので、それなりの緊張はあって、どうしようかと思っていました。
でも、特に予定もなく、出ることにしていました。

明日は、寒気も抜け、この時期にしては、暖かい日になりそうです。
それに、テニスの調子も自分なりには上がってきて、気持ちも乗ってきました。
何か、いい巡り合わせです。

こんな時はうまくいくものです。
もちろん、明日になってみないとわかりませんが、多分大丈夫でしょう。
こんな感じで、自分で頑張らなくても、自然とうまく進んで行くとき、宇宙に流れに乗っています。

こういう時は、変に逆らわないで、その流れに乗っていけばいいです。
こういう感じが、今自分が求めているものです。
頑張って、何とかやり遂げるというのではなくて、そんなに頑張らなくても、それなりのことができるようになります。

人生、こんな感じで進んでいけばいいと思っています。
何かやるべき時が来れば、今回のように、わかります。
周りからやるようになっていき、自分も自然とその気になってきます。

そんな時は、まさに動く時です。
逆にいうと、そんな時以外は、無理して動かないようにします。
自分で頑張るより、宇宙にやってもらっている方が、楽にスムーズに進みます。

この感覚を覚えておきます。
次に動くときも、こんな感じになったときです。
わかりやすいので、もう間違うことはありません。

by human-space | 2018-11-24 22:32 | diary | Comments(0)
昨日は仕事で、重要な案件の目処がつきました。
今日は休みで、リラックスできているのか、面白い考えが浮かんできました。
相対性理論に関することです。

朝布団の中で、思考実験をしてみました。
もし、ピストルの弾丸と同じスピードで移動できると仮定したなら、この世界は、超スローモーションで動いているように見えて、いたずらをしようと思えば、何でも出来そうです。
その時、時間を支配しているように思えるでしょう。

それでもっと早く、光と同じスピードで移動できたら、どうなるでしょう。
一瞬で、未来に行ってしまえます。
ということは、現在から未来に同時にいることができるのと同じです。

それは、時間の枠を超えられたということでしょうか。
時間の枠を超えられるなら、過去へも行けることになります。
そうなれば、過去、現在、未来に、同時に存在できるのと同じです。

もっと言えば、一瞬で全ての場所に移動できるのですから、いつも、全ての場所にいることができることになります。
空間を超えられると言えます。
つまり、それは神になれるということです。

ただ物質は、相対性理論によると、光のスピードに近づくにつれて、質量が大きくなり、結局、光のスピードに追いつくことはできません。
人間でいる限り、神にはなれないということになります。
魂になると、体から抜け出ることができるので、非物質的になり神になれるということでしょうか。

そういうことなら、今あわてて神になろうとしても、無駄な努力をしていることになります。
どうせ神になれないなら、生きている間は、できるだけ楽しむようにすればいいのではないでしょうか。
ただ、楽しむためには、唯物的な考えでは、うまくいかなくなって、苦しむことになります。

人間は、精神的な部分もあるので、そこは、唯神的な考えも必要になってきます。
そこをうまくバランスするようにしなければいけないことになります。
そこが難しいので、もしこの理屈が合っていたとしても、実際的には何もなりません。

やはり、いつもやっている地道な努力が必要です。
この世界を楽しむために、これからも同じようにやっていきます。
先のことは考えず、ともかく今日一日を楽しむようにします。

by human-space | 2018-11-23 14:04 | diary | Comments(0)
昨日は、テニススクールの振替に行ってきました。
上級者のクラスで、けっこう厳しかったです。
そのせいか、帰りの車に乗ったとき、足が攣ってしまいました。

しばらく痛かったのですが、落ち着いてから、そのまま車で帰りました。
さすがに今日は、いつものウォーキングとテニスの素振りは軽めです。
いつもは、その素振りも、どうやったら上手くなるのか、力んでやっていました。

今朝は無理できなかったので、のんびりと振っていました。
そしたら、次々と、いいアイデアが浮かんできました。
緊張がなく、リラックスしていたのが良かったのでしょうか。

頭の中が真っ白になっていたのだと思います。
それで、アイデアがなだれ込んできた、ということなのかもしれません。
確かに、いい考えは、昼散歩をしているときに、浮かんでくることがよくあります。

仕事のことだったり、自分の用事だったりします。
周りが山の田舎道なので、気を使うこともなく、気持ちが落ち着いていれます。
これも同じような状況です。

こういうことに限らず、人生、あまり頑張りすぎず、気持ちを楽にしている方が、いい考えも浮かんできて、上手くいくのかもしれません。
今までは、頑張ってやることが、いいことだと思っていました。
頑張らなければいけない時もありますが、基本、のんびりとしているのが、いい道に進んでいくことになるような気がします。

これからは、そんな感じでやっていきます。
ただ、根がバタバタする方なので、そんなにはやれませんが、出来るだけボチボチとやっていきます。
そんなに慌てて、どこに行く?です。


by human-space | 2018-11-22 20:08 | diary | Comments(0)
いい悪いなどを考えて、相対世界にいるうちは、頭の中の思考だけになっていて、意識が今にいれていません。
過去や未来は、ただの記憶や考えなので、人間が何かやれる場所は、今しかありません。
意識が今にれていないと、何もできません。

相対世界にいるうちは、いいことはなさそうです。
どちらでもいい、などと思えて、相対世界から抜け出ているときは、意識が今に向いています。
頭の中の思考サイクルから、意識が離れています。

朝通勤の車の中で、「今が一番幸せ」と言っていますが、そのときも意識が今に向いています。
「今が一番幸せ」と言っているつもりでも、いつの間にか考え事をしていて、今にいれていない時がよくあります。
気がつけば戻るようにしていますが、けっこう考え事とをしているので、何にもなっていない時間もあります。

今にいる、絶対世界。
今にいない、相対世界。
そういう図式になっています。

絶対世界にいる時間を、少しでも長くいるようにしていきます。
このままでいいと思えたり、現実に起こることを受け入れる、ようなことを意識していきます。
何気ない毎日が勝負です。

by human-space | 2018-11-21 23:32 | diary | Comments(0)